アルバム『Khaled Khaled』より、楽曲⑨「THIS IS MY YEAR」です。

DJキャレド(DJ Khaled)が本年4月30日にリリースしたアルバム『Khaled Khaled』より、ビッグ・ショーン(Big Sean)、リック・ロス(Rick Ross)、エイ・ブギー・ウィット・ダ・フディー(A Boogie Wit Da Hoodie)及び(DJキャレドのデビューより20年前からキャレド並み(それ以上?)のエネルギーで働いていた)パフ・ダディー(Puff Daddy)を迎えた楽曲⑨「THIS IS MY YEAR」です。

今でこそ、DJ連中の中で最もポジティブなエネルギーをぶち巻いている野郎といえば、という話が出れば、DJキャレド!と答えが出てきますが、DJキャレドがここまで名を馳せていなかった時代(つまり90年代から2000年代にかけて)には、似たようなことをやっていた人間にパフ・ダディ(Puffy Daddy)という大物プロデューサーが君臨していました。ビギー(The Notorious B.I.G.)を有名にさせた黒幕ですね。もう今となってはオモテの顔となっておりますが。パフ・ダディは、もともと「パフ・ダディ(Puff Daddy)」という芸名で仕事していましたが、それが時代を経て、「パフィ(Puffy)」となり、はたまた「P. Diddy(P.ディディ)」となり、かと思うと「Diddy(ディディ)」となり、現在、大元の「パフ・ダディ(Puff Daddy)」に原点回帰しております。パフ・ダディ(Puff Daddy)という名の響きは、昔からパフ・ダディの音楽を聴いてきた我々の世代にとっては、やはり、ビギーのことを思い出します。やっぱり「パフ・ダディ」は「パフィ」でもなく、「ディディ」でもなく、「Puff Daddy」が一番しっくりきます。

そのポジティブなエネルギーをぶち巻く総本山である「パフ・ダディ」(これこそオリジナル版のDJキャレド)がハイプマンとして本楽曲のクレジットに名を並べます。

DJ Khaled feat. Big Sean, Rick Ross & Puff Daddy

(キュレーティング:Jun Nishihara)

Leave a Reply