全米スーパーボウル、ハーフタイムショー出演者発表の件を続けます。

本年(2022年)の全米スーパーボウル(Superbowl)のハーフタイムショー出演者が発表された件で、出演予定のうちの一人であるMary J. Blige(メアリー・J.ブライジ)がリリースした楽曲のうち5曲を下記に掲載しておきます。この5曲は、現代ヒップホップ&R&Bの基本を成すものであることから、どれも覚えておくべき楽曲であります。

1.「ファミリー・アフェア(Family Affair)」はヒップホップ・プロデューサーの神と呼ばれるドクター・ドレー(Dr. Dre)制作の楽曲。2001年にリリースされ、収録されたアルバム『No More Drama」は全米ビルボード第2位、Hip-Hop/R&B枠では第1位を記録。全米で200万枚のセールス、日本国内だけでも10万枚セールスという記録を打ち出しました。

2.「リアル・ラヴ(Real Love)」は1992年8月25日にリリースされたメアリー・J.ブライジの代表作の一つ。90年代をまさに生き続けたシングル曲です。日本では中山美穂&WANDSが「世界中の誰よりもきっと」というシングル曲をリリースした年です。その同じ年に、米国側では、メアリー・J.ブライジは「Real Love」をリリースし、この「Real Love」は全米ビルボードシングル曲ランキングで第7位、US Hot R&B Singles部門で第1位を飾りました。

3.「ユー・リマインド・ミー(You Remind Me)」下記映像は非常に貴重な映像です。YouTubeがこれを観られるようにアーカイブとして残してくれていることに感謝。

4.「ビー・ウィズアウト・ユー(Be Without You)」ぐっと現在に近づいて2005年。YouTube上で再生回数2億回を超す楽曲です。

5.「エヴリシング(Everything)」1997年リリースのシングル曲です。

最後にメアリーに対するリアーナからの祝辞を送ります。

おまけとして、全米BET局での、Mary J. Bligeのパフォーマンスです。Diddy(パフ・ダディ)がイントロを務めます。

ヒップホップの歴史にとって極めて重要な存在であるMary J. Bligeをここで紹介しておく使命を感じたため、ここに書かせていただきました。これがどれだけ後世に伝えられるかはわかりませんが、ここに掲載している楽曲はヒップホップ史上非常に重要な遺産であると感じておりますので、ここに残しておきたいと感じました。メアリーが涙で歌に詰まっても、観客全員が合唱できるアーティストってそうそういないですね。

最後にもう1曲、おまけのおまけです。

あと、こちらも、おまけのおまけのおまけです。

(文責:Jun Nishihara)

Leave a Reply