“City of Gods”のミュージックビデオも出ましたので、掲載しておきます。

Fivio Foreign x Kanye West x Alicia Keys – “City of Gods”
ファイヴィオ・フォーリン、カニエ・ウェスト、アリシア・キーズ「シティー・オヴ・ゴッズ」

あの米NPR局の“Tiny Desk (Home) Concert”シリーズに、西海岸の生きるレジェンド=Too $hortが出ます。

あのToo $hort(トゥー・ショート)がNPR Musicの“Tiny Desk (Home) Concert”に出るとは、誰もイメージしなかったですよね。たとえばあなたが米NPR局に勤務していたとして、Music部門を任されるとします。それで、週1の部会議で、関係者と会議をするわけですけれど、そこでみんなで「“Tiny Desk (Home) Concert”に次は誰に出てもらおうか」、と話し合っています。

そこで、「次はToo $hortに出てもらおう」・・・って出ますか?あなたの口から。誰が彼を呼ぼうと提案(発案)したのか、って思いますよ。その人、天才とまでは言いませんけど、なかなかのアイデアだと思いますね。

で、1983年に米ヒップホップ界にデビューした(これはドクター・ドレー(Dr. Dre)よりも前です)Too $hortが“Tiny Desk (Home) Concert”に出たというわけです。その映像がこちらです。

What’s my favorite word?!
-Bitch!
って、NPR局でいちばん言っちゃいけないことですよね?

なのに、NPRはそれをやってのけているわけです。

なかなかおもしろい番組だとおもいますよ。

(文責:Jun Nishihara)

2022年のNYアンセム、Fivio Foreign x Alicia Keys x Kanye West出る。

2022年のNYアンセムは、まだ2月であるにもかかわらず、早くもこれに決まりです。
ファイヴィオ・フォーリン(Fivio Foreign)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)そしてカニエ・ウェスト(Kanye West)でコラボ作として発表した「City of Gods」。ミュージックビデオは未発表ですので、現時点では音源のみです。

途中、カニエがこう言い放ちます。
おっと、その前に、ファイヴィオがこう言います。
ブルックリン・ドリル(Brooklyn Drill)の威力を世界に知らしめた今は亡きポップ・スモーク(Pop Smoke)へ曲の冒頭でシャウトアウトを捧げます。

Pop was the king of New York, now I’m the nigga in charge
(NYのキングはポップ(・スモーク)だった、俺が後を継ぐ)

そしてカニエは自身のヴァースでこう言います。

Ayy, Fivi, excuse me, but this is the feature of the year
(エィ、ファイヴィ、すまん、これ、今年イチのフィーチャーだわ)

そして、これがその今年イチのフィーチャーです。

Fivio Foreign x Alicia Keys x Kanye West – “City of Gods”

(文責:Jun Nishihara)

2022年スーパーボウル(Superbowl)ハーフタイムショー。

米国東部時間18時から開始したスーパーボウル(Superbowl LVI)ですが、本年はNBCチャンネルで観戦することができました。

そして待ちに待ったハーフタイムショー(Halftime Show)。
Dre & Snoopが真っ先に登場し、そしてサプライズゲストとして50セント(50 Cent)、その後メアリー・J.ブライジへ(Mary J. Blige)と移り、メアリーがやり切った後は、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が登場。エミネム(Eminem)が名曲「Lose Yourself」をラップやっているときに、ドラムを叩いていたのはアンダーソン・パーク(Anderson .Paak)。

そして最後にDre & Snoopでしめるっちゅう、15分だけじゃ到底足りない品目となっていた。

NFL公式ウェブサイトから下記ビデオを掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

久しぶりにYG、新曲を出す。J. コール及びマネーバッグ・ヨーをフィーチャリング。

2022年2月4日、ウェッサイはコンプトン出身のYGが久しぶりに新曲をリリースしました。「Scared Money」、フィーチャリングアーティストはJ. コール(J. Cole)及びマネーバッグ・ヨー(Moneybagg Yo)です。

それぞれ異なるスタイルを持つ3名のMCが、三種三様のフローで、このヘヴィーなビートに挑みます。挑みますっちゅうか、完全に楽しんでます。

これだけオンポイントにビートに乗っかることができたら、おもしろいでしょうねえ。

YG feat. J. Cole & Moneybagg Yo – 「Scared Money」

(文責:Jun Nishihara)

これは、来る。今年、来る。最強女子ラッパー=ネジ・モモドゥ登場!!

最強女子ラッパー、現る。
2022年2月4日にリリースされた、まだまだ無名の最強女子ラッパー=ネジ・モモドゥ(Nezi Momodu)がこのようなミッシー的なミュージックビデオをリリースしました。

Nezi Momodu – 「N.E.Z.」

ミッシー的な、と言ったのには理由があり、1997年5月にリリースされた「The Rain (Supa Dupa Fly)」もこちらに掲載しておきます。

Missy Elliott – 「The Rain (Supa Dupa Fly)」

ネジ・モモドゥ(Nezi Momodu)は数年ぶりに上記のシングル曲をリリースしましたが、実は、彼女、6年前の学生時代にこういうフリースタイルを載っけています。

Nexi Momodu Freestyle Cypher at Texas Tech University

私の個人的な印象としては、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)やカーディ・B(Cardi B)などのラティーナ系アメリカ人の女子ラッパーが名を馳せることが多い中、このようにアフリカにルーツを持ち、アメリカ深南部であるテキサス育ちの女子ラッパーが今年“キタ”らおもしろいなぁと思っています。

最後にフージーズ(The Fugees)のビートを下敷きにしてラクラクフリースタイルをカマすネジを掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

オーラヴル・アルナルズ(Ólafur Arnalds)の2021年「冬至」の日に捧げるパフォーマンス。

本日は少し毛色を変えて、アイスランドの作曲家・演奏家であるオーラヴル・アルナルズ(Ólafur Arnalds)が2021年12月21日(冬至の日)に捧げた演奏を下記のとおり掲載しておきます。彼はこう云います。

To celebrate the winter solstice this year we decided to try something a little different. Sunrise Session II features my friend Josin on vocals and 13 wonderful musicians from the Reykjavík Recording Orchestra.

On this shortest day of the year, this is our tribute to brighter days ahead and I truly hope you enjoy it.

今年の冬至を祝福するため、少し変わったことをしようと考えました。私の友人であるジョシン(Josin)をヴォーカリストに、そしてレイキャビク・レコーディング・オーケストラより素晴らしき13名の演奏家を迎えて「Sunrise Session II」を開催します。

この1年で最も短いといわれる冬至の日に、この演奏を、さらに素敵な未来のために捧げます。たのしんでいただけることを祈ります。

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト、次のアルバム『DONDA 2』が出るとされる2022年2月22日までスマホを使わない宣言。

右腕のマッサージを受けながら、カニエはこう言います。

I don’t have a phone until 2.22.22.
My focus is taking my kids to school and finishing the album.

2022年2月22日までスマホは持たない。
子どもを学校に通わせることと、アルバムを完成させることに集中したいんだ。