ケンドリック・ラマー『Mr. Morale & The Big Steppers』出た。現時点での印象について。

米国時間5月13日(金)午前0時に、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の新盤『Mr. Morale & The Big Steppers』がリリースされました。

現在こちらNYは14日(土)午前11時ですが、リリースされて1日が経ち、少しおちついて聴き始めることができている状況です。

聴き始めてまだ時間は経っておらず、聴く回数も追いついておらず、全く理解もできておらず(というか、これから)というこの段階で本アルバムについて書くことはまだ何も無いのです。

ただひとつ受けた印象といえば楽曲「Worldwide Steppers」で「全てを捨てた」、ということ。この楽曲をぶち込んだことにより、本アルバムに対するグラミー賞の期待を捨て、世の中の評論家が下すアルバムに対する評価なんて気にしない、まさか2度目のピューリッツァー賞なんて求めていない、ということを世に発表したような印象を受けた。このリリックをあえてスピットすることにより、ポリティカルコレクトネス(PC)に沿った評価を下す世の当局・政府・国・評論家軍団の期待を裏切った、ということ。評価の対象ではなくなった(というかケンドリック側から、評価の対象とされることを断った)ことにより、あとは(4曲目以降は)ケンドリックの思うがまま自由に羽ばたいて芸術作品を作ることができるようになった、ということを示唆している印象を受けた。

世の中がどういった評価を下すか気にして作った音楽なんておもしろくないので、世界中の「steppers」へ向けた楽曲を1つぶち込むことにより、ステップをしない評論家を遠ざけたアルバムにした、ケンドリックの意志がこちらに伝わった。

欲張ってもうひとつ言えることがあるとすれば、成長。
ジェイ・Zにおける『4:44』が、ケンドリックにおける『Mr. Morale & The Big Steppers』であるように見受けられる。が、それにしても成長のスパンが短すぎるように思う節も正直ある。ジェイ・Zに関しては、デビュー後21年目に『4:44』をリリースした。公式アルバム13枚目。ケンドリックに関しては、デビュー後10年目に本アルバムをリリースした。公式アルバムとしては5枚目。世代も変わり、成長のスパンも短期化しているのかもしれない、という印章を受けた。(アルバムリリース前夜の楽曲「The Heart Pt.5」では、あらゆる人に入れ替わって、人生についても語った。それも成長の一部と見ることができるかもしれない。)

ということで、今のところはこの2つです。
①評論家の期待に対するケンドリックによる意図的な裏切り
②ケンドリックの成長

2022年5月14日(土)時点では以上です。
引き続き本件アルバムに対する思想は変わりゆくかもしれませんが、記録しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

Leave a Reply