第2位:ドレイク『HONESTLY, NEVERMIND』及び,ビヨンセ『Renaissance』のアルバム (2022年Hip-Hop名曲名盤ベスト20!)

2023年、新年に相応しいアルバムはこちらです。

第2位、ドレイク(Drake)のアルバム『HONESTLY, NEVER MIND』と,
ビヨンセ(Beyonce)のアルバム『Renaissance』です。

上記両方のアルバムは,2022年にリリースされた名盤中の名盤です。
ドレイクの『HONESTLY, NEVERMIND』については,ドレイクが意図したものか意図しなかったものかは分かりませんが,Hip-Hopという音楽のジャンルに対してある種革命的な衝撃をもたらしたアルバムであることは否定できない事実でしょう。
ビヨンセの『Rennaisance』も然りです。
この2枚のアルバムに共通していることは,これまでのHip-HopやR&Bといったジャンルに与えられていた固定観念をぶち壊してくれたアルバムである,ということ。それは「ダンス」という芸術表現にだいぶ助けられました。もっと言うと「ダンス・ミュージック」という表現です。ドレイクとビヨンセ,いずれも長年のキャリアを持つ今となっては大ベテランの二人が,この2022年に「ダンス」を選んだ(それは意識的になのか,無意識なのかはさておき)というのは感動すべきことであるということをあまり多くの人は気づいていないかもしれません。

ドレイク(Drake)に至っては今年2022年にアルバムを2枚リリースしました。第3位の『HER LOSS』と第2位の『HONESTLY, NEVERMIND』です。

アメリカでは,というか,世の中は『HER LOSS』のほうを名作と呼んでいる傾向にあるようです。YouTube上のあらゆるHip-Hopアルバム評論ユーチューバーたちを見ても,そういった論評が多いですね。『Her Loss』と『HONESTLY, NEVERMIND』、この2枚のアルバムの違いは,つまり,こういうことです。
偶然の賜物(自然(ゼロ)から誕生したもの)を選ぶか,その偶然を生かして作り上げた創造物(いわば副産物)を選ぶか,という判断に委ねられます。ここは個々人の判断が分かれるところかもしれませんが,私は「自然」のほうを選びました。なので,『HER LOSS』(副産物)を第3位にして,『HONESTLY, NEVERMIND』(自然)をそれより上位の第2位としました。

なぜ,『HONESTLY, NEVERMIND』が“自然”なのか。それは,これまでドレイクが作り出すことを期待されてきた音楽とは全く異なるものを作り出したということ,だからです。期待どおりにしなかった。これまでドレイクのキャリアで,『More Life』というダンス・ミュージックをメインに入れ込んだアルバムはあったものの,それはドレイクの方向性であるべきではないとずっと言われてきた。評論家や一般リスナーたちから。むしろ,一般的なヒップホップリスナーたちの論調としては,ドレイクはダンス・ミュージックを作るべきではなく,Hip-Hopに回帰すべきである,という論調が大多数の意見であった。しかしながら,ここで,今年2022年,ドレイクはそれに反して,ダンス・ミュージックをフルに使った『HONESTLY, NEVERMIND』を世に出した。人間が意識的に作り出した人工物なぞは、自然の力の前には到底及びもしません。それだけ自然の力には、破壊力というとんでもない威力が潜んでいます。まさにHip-Hopの世界において,このアルバム『HONESTLY, NEVERMIND』は破壊力がでかく、衝撃的なアルバムであった。それに気づいていないヒップホップリスナーたちは,いまだに最後の収録楽曲である「Jimmy Cooks」が一番良い曲であると,勘違いをしている。ドレイクが21サヴェッジ(21 Savage)とコラボした曲は,これまで何曲かありますが,どれもヒットしているところを見ると,「Jimmy Cooks」がこのアルバムで最高の曲であると勘違いする輩(やから)が多いのも理解はできますが,しかしそれがドレイクの良さではない。ヒットすれば良いという訳ではない。全米ビルボードで1位になれば,それがHip-Hopで同じように評価されるかというと,そうではない。ドレイクと21サヴェッジの相性がいいのは確かでしょう。しかしながら,ドレイクの本当の良さはそこではなく,何も無いところから,ゼロから,『HONESTLY, NEVERMIND』のようなアルバムを作れるところにあるのです。ついては,『HER LOSS』は,21サヴェッジとのコラボレーション曲(「Jimmy Cooks」)を気に入ってくれたファンに対するプレゼントのようなもので,これは偶然ではなく,ドレイクもしくは業界が意図して作り出したものにすぎないと考えます。しかし,期待されて作り上げたものが期待以上のデキであるというところが,ドレイクの凄いところなのですが,いくら期待以上のデキだとしても,それは“自然”には到底勝てるものではありません。

ここで話をガラッと変えて,ビヨンセ(Beyonce)の2022年最高傑作アルバム『Renaissance』に移りたいと思います。

名曲が幾つも輩出されました。ここに3曲掲載しておきます。どれもTikTok上,Twitter上,Instagram上で,あらゆるSNS上で、素人たちがダンスを踊って投稿する音楽(ダンス・ミュージック)として起用されました。

Beyonce – “CUFF IT”

Beyonce – “ENERGY”

そして,アルバム収録楽曲の中でも衝撃的だったのが,こちらです。是非ともこれを爆音にして聴いてください。
Beyonce – “ALIEN SUPERSTAR”

そして,こちらの楽曲も掲載しておきます。ビヨンセの「Virgo’s Groove」です。このアルバム『Renaissance』には名曲に次ぐ名曲が収録されていますので,通して聴くべきアルバムです。

2023年,ドレイクとビヨンセの新しきダンス・ミュージックの世界はしばらく続きそうです。

(文責:Jun Nishihara)