ジェイZの“B-Sides”ライヴ・コンサート(その②:ニプシー・ハッスルへの追悼フリースタイル対訳)

先日,ジェイZの「B-Sides」コンサートについて掲載いたしました。

そこで初披露されたNipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)へ贈る追悼フリースタイルを以下に掲載いたします。

JAY-Z – “FREESTYLE for Nipsey Hussle”

[Verse]
Gentrify your own hood, before these people do it
Claim eminent domain and have your people movin’
That’s a small glimpse into what Nipsey was doing
For anybody that’s still confused as to what he was doing
The neighborhood is designed to keep us trapped
They red line us, so property declines if you live by blacks
They depress the asset and take the property back
It’s a ruthless but a genius plan in fact
So now we fighting over scraps
Crabs in a barrel, but crabs don’t belong in the barrel and they ain’t never tell us that
So in the barrel, we gonna act like we act
We can easily get out the barrel if we stand on each other’s back
Whoever gets on top, as long as they stay attached
They gonna pull everybody out
I was doing just that

よそから来た連中に,おまえ自身のフッド(=地元)を手渡すんじゃない
その名高い故郷と住民を,今すぐ奮い立たせんだ
それはニプシーがやっていたことの,ほんの一部分にすぎないが
あいつが何をやっていたのか,おまえらに伝えたかった
ある地区(ネイバフッド)は,まるで牢屋のように俺らを閉じ込める
政府は俺らをマークして,「黒人」という理由だけで所有地の価値は下がる
資産は下落させられ,所有地は奪われる
容赦の無いやり方だが,「ヤツら」にしてみりゃ最も都合のいいやり方だ
ついに俺らは,残されたクズ切れを求めて戦い合ってる
樽(タル)に囚われたカニ(=低所得層),しかしカニはカニでも囚人でいる義務はない
樽に囚われていたとしても,その中でできる最良の策をとればいい
背中の上に乗ってけば,樽の中から這い上がることは可能だ
ひとりずつ背中を積み上げていけば,いちばん上にあがった者が
樽の中のカニ全員をつかみあげて,外へ逃すことができる
俺がやっていたのは,そういうことだ

I told Neighborhood Nipsey stay close
There’s a 100 million dollars on your schedule, lay low
Tell your team to be on point in the places that they go
I never dreamed that he get killed in the place that he called home
How we gonna get in power if we kill the source?
Y’all like to run off on the plug, so of course

フッド出身のニプシーに言ったことがあった「地元を大事にしろ」
「おまえのプランには1億ドルの価値がある,つまり嫉妬する連中が出てくるから,自分の動きはおおっぴろげにするな」
「チーム仲間にだけ行く先を伝えて,確実にそこへ着かせるようにしていけ」
しかし夢にも思わなかった,あいつがまさか,その地元でやられちまうとは
黒人同士でやりあってたら,いつになっても上にはあがれない
最もキーとなる人間を殺してばっかいるから,いつまでもこうなんだよ

That ain’t lit, that’s a means to an end
Me and my team was playing the plug ahead of plan
Sometimes we was only making a $1000 a joint
That ain’t no money, but that ain’t main point
So those 92 bricks was only 92 thou
So y’all can close your mouth, it ain’t nothing for y’all to wild (wow)
But it is something to study
We was chasing our goals, not chasing money
Niggas chasing hoes, we find that funny
I pull up in the Rolls, that hoe gon’ want me
But I don’t want no hoe, I want a wife
Somebody to bounce these ideas off at night
I be going to sleep hoping Nip visit me
That young king had a lot of jewels to split with me
And we ain’t gotta leave the hood physically
But we gotta leave that shit mentally

イカレちまってる,原因と結果がごた混ぜになっちまってる
俺は常にキーとなることをかなり先まで進めてから,人に行く先を伝えていった
1本1000ドルしか稼げない時だってあった
しかしカネじゃない,そこがポイントなんじゃない
つまり92本のコカで92,000ドルしか上がらなかったことも
だから黙ってハッスルしな,すぐに稼げなくても騒ぎ立てんじゃない
しかしそこから学ぶことはできる
俺らはマネーを追っかけてたんじゃない,ゴールを追っかけてた
アバズレ女を追っかけてる男がいまだにいる,見てると可笑しいぜ
ロールスロイスを横付けすれば,アバズレ女が寄ってくる
しかし俺は「女」を求めてんじゃない,一生の伴侶を求めてんだ
夜中にいろんなアイディアを出し合って話し合える人
夜寝る前に,ニプシーが俺んとこ寄ってくれるのを願ったこともあった
「若いキング(=ニプシー)」は,俺にいろんな宝(コト)を教えてくれた
フッドを出る必要なんてどこにもない
だが心に刻んどけ,おまえがいるところをフッドと考えるんじゃない
(対訳:Jun Nishihara)

Advertisements

ジェイZの“B-Sides”ライヴ・コンサート(その①)

gettyimages-1145376035-2048x2048
(4月26日開催のB-Sidesライヴにて。左=ジェイZ,右=Nas)

4月26日(金),NYCの歴史的なダンスクラブであるウェブスター・ホール(Webster Hall:2002年頃当時はヒップホップのフロアもあった)の再開を記念して,ジェイZが「B-Sides(B面)」と題するライヴコンサートを開催しました。

ウェブスター・ホールは2017年8月9日に建物の修繕を理由に一時閉鎖されておりましたが,めでたく4月26日にジェイZのライヴをもって再開いたしました。建物自体は1886年に建設されており,建立から100年以上経ている歴史的な建造物です。ロケーションはNYCのイースト・ヴィッレジに位置します。現在はフロアごとにジャンルが分けれている,マルチダンス(ナイト)クラブです。

そのre-opening nightをジェイZが飾りました。

タイトルは「B-Sides」といって,今までめったにライヴでは演じてこなかったいわゆる「B面」の曲の数々をここで(久々に)披露しました。

さらにその夜,ニューヨークのヒップホップ史として大事なことが,Nas(ナズ)と今まで犬猿の仲であったCam’ron(キャムロン),そしてJim Jones(ジム・ジョーンズ)をステージに呼んだということです。(これに関する動画はYouTubeで検索願います。)

さて,3月31日(日)に亡くなったNipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)のトリビュートとして,この夜ジェイZは追悼のフリースタイルも披露しました。こちらです。

(このフリースタイルの邦訳は次回に。)

(文責:Jun Nishihara)

第1位に輝いた「Meek Mill feat. Rick Ross & JAY-Z – “What’s Free”」ヴァース3及びサビ部分対訳

screen-shot-2015-05-04-at-4-02-24-pm-e1430771100902

(写真は,ミーク・ミルがニッキー・ミナージュと付き合っていた頃のもの。左から,ジェイZ,ビヨンセ,ニッキー・ミナージュ,そしてミーク・ミル。)

Meek Mill feat. Rick Ross & JAY-Z – “What’s Free”(ヴァース3及びサビ部分対訳)

[Verse 3: JAY-Z]
In the land of the free, where the blacks enslaved
Three-fifths of a man, I believe’s the phrase
I’m 50% of D’USSÉ and it’s debt free (Yeah)
100% of Ace of Spades, worth half a B (Uh)
Roc Nation, half of that, that’s my piece
Hunnid percent of TIDAL to bust it up with my Gs, uh
Since most of my niggas won’t ever work together
You run a check up but they never give you leverage
No red hat, don’t Michael and Prince me and ‘Ye
They separate you when you got Michael and Prince’s DNA, uh
I ain’t one of these house niggas you bought
My house like a resort, my house bigger than yours
My spou- (Come on, man)
My route better, of course
We started without food in our mouth
They gave us pork and pig intestines
Shit you discarded that we ingested, we made the project a wave
You came back, reinvested and gentrified it
Took niggas’ sense of pride, now how that’s free?
And them people stole the soul and hit niggas with 360s, huh
I ain’t got a billion streams, got a billion dollars
Inflating numbers like we ‘posed to be happy about this
We was praisin’ Billboard, but we were young
Now I look at Billboard like, “Is you dumb?”
To this day, Grandma ‘fraid what I might say
They gon’ have to kill me, Grandmama, I’m not they slave
Ha-ha-ha-ha-ha, check out the bizarre (Ah)
Rappin’ style used by me, the H-O-V
Look at my hair free, carefree, niggas ain’t near free
Enjoy your chains, what’s your employer name with the hairpiece?
I survived the hood, can’t no Shaytan rob me
My accountant’s so good, I’m practically livin’ tax free
Factory, that’s me
Sold drugs, got away scot-free
That’s a CC, E-copy
Guilt free, still me
And expect me to not feel a way to this day
You would say y’all killed me
Sucker free, no shuckin’ me, I don’t jive turkey
Say “Happy Thanksgiving,” shit sound like a murder to me
Smoke free, all of y’all callin’ out toll free
Label rob you for millions yet you wanna put a hole in me
Sugar free, seasoned but I’m salt free
You lay a hand on Hov, my shooter shoot for free
I promise World War Three
Send a order through a hands free
Kill you in 24 hours or shorter, you can’t ignore the hand speed
On god, it’s off the head, this improv but it’s no comedy
Sign I fail? Hell nah
(Ha-ha-ha-ha-ha) Hahahahahahahahaha

(ヴァース3:ジェイZ)
自由という名の国で,黒人は奴隷と化してきた
「1人の人間の価値の5分の3」そう信じさせられてきた
そんなヤツがD’USSEの50%を保有し,債務ゼロ
アルマンドブリニャック(シャンパン)に至っては100%,ビヨンセの半分の価値に匹敵
ROC NATIONの半分は俺のモン
TIDALの全財産は仲間と分け合うためにある
だって黒人連中は協力し合うってことが少ねえからさ
チェックを切っても,レバレッジを与えることは無い
あの赤いキャップじゃねえけど,俺とカニエの関係を,MJとプリンスのように思わないでくれ
マイケルとプリンスのようなDNAを受け継いでると,人は俺らを仲違いさせようとする
俺は,あんたが雇った屋内奴隷じゃねえ
俺の家はまるでリゾート,あんたの家よりイカシてる
俺の嫁も・・・(言うまでもない)
俺のルートはあんたのよりもイカシてる
メシもロクに食えねえ幼少期を生きてきた
豚肉や豚の内臓食わされて
あんたがゴミに捨てるような食い物を俺らの胃は消化した,ソウルフードを文化に昇華した
そしてあんたがやって来てカネを投資し,NYを美化させちまった
そうやって黒人のプライドを奪ってった,それを自由の国と呼べるか
音楽業界の連中に至っては,黒人のソウルを奪い,360度のレコードディールを打ち付けた
ストリーミング再生回数は億万には行かないが,資産は億万を超える
数字を膨らませるだけが幸福だと勘違いしてる
若い頃は俺たちもビルボードを崇めていたが
今となってはビルボードつっても,大したことねえって反応
いまだに世の中のバアちゃんたちは,ジェイZが何言うかヒヤヒヤしてる
「バアちゃん,俺はヤツらに殺されるまで,もう奴隷にはならねえぜ」
ハッハッハッハッハッ,奇妙な野郎チェック
俺が創出するラップスタイル,ジェイことホヴァ
髪型をフリーに羽ばたかせ,屈託無い野郎,ここまでフリーな連中は珍しい
「チェーンを楽しめ」ヘアピース付けたあんたの主の名は何だ
フッドを生き抜いた,もはや悪魔にさえも俺を強盗に合わすことはできねえ
俺の会計士もやる事が上手い,実質無課税で生活してる
ファクトリー,俺の手柄
ドラッグ売り捌いた,それでも無罪でやってきた
ケース・クローズド,いいか,伝わってっか
無実,いまだにそう
だから思い上がってもおかしくねえだろう
おまえらによって失われたもの
カモは寄せつけず,騙しは利かず,ふざけたマネはさせない
「ハッピーサンクスギヴィング」なんて言葉は罵りにしか聞こえない
煙は立たせず,あんたらが電話かけるフリーダイヤル
レーベルに百万ドル強奪されて,それでも俺を銃殺したがってる
シュガーフリー,それでも味はある,ソルトフリー
ホヴァに手を出せば,俺の片腕が瞬く間に発砲
そうなれば第三世界大戦が勃発
ハンズフリーで命令下す
24時間もしくはそれ以内でおまえヤる,そのスピード無視できねえ
神の名に賭けて,即興のフリースタイル,コントじゃねえぜ
サインフェルドならぬ,俺がフェイル? ありえねえ。
(ハッハッハッハッハ)ハハハハハハハハハ

[Intro: Meek Mill]
You know what free is, nigga?

[Chorus: Meek Mill]
What’s free?
Free is when nobody else could tell us what to be
Free is when the TV ain’t controllin’ what we see
Told my niggas, “I need you”
Through all the fame, you know I stayed true
Pray my niggas stay free
Made a few mistakes but this ain’t where I wanna be
Before I’m judged by 12, put a 12 on my V
Told my niggas, “I need you”
Stay up, I know these times ain’t true
Real life, what’s free?

(イントロ:ミーク・ミル)
“フリー”って何かわかるか,おまえら

(サビ:ミーク・ミル)
フリーって何だ?
フリーとは,誰にも命令されないことだ
フリーとは,TVが俺らの思考を左右しないことだ
仲間に「おまえが必要だ」と言われれば
どんだけ名声欲しくても,俺は忠誠をつらぬいた
仲間が全員「フリー(自由)」でありますように
間違いも犯してきた,今はここにいるべきじゃない,と思った
12人の陪審員に裁かれる前に,V12のエンジンで車を乗り回した
仲間に言った「おまえらが必要だ」
ぶっ倒れんな,今は辛抱する時だ
リアルな生き様,フリーって何だ?

(文責:Jun Nishihara)

ジェイZのアルバム『The Black Album』より,楽曲13対訳「Allure」。

ジェイZの名作に2003年リリースの『The Black Album』というアルバムがあります。ジェイZが現在までにリリースしてきたアルバムの中で,3本の指に入るものであると考えております。

さて,本日12月4日(TODAY!)はジェイZの49年目の誕生日です。それを祝うという意味でも,そのアルバムから「Allure」を取り挙げます。ビートはファレル・ウィリアムズやチャド・ヒューゴ率いるThe Neptunesプロダクション・チームの作品です。

内容は,ジェイZのハスリング時代について,「コカインを捌いていた頃,いくらでも金儲けができた。その生きザマがいまだに俺につきまとうんだ,俺の名を呼んでんだ。だがその人生を続けてれば,今頃はムショに入ってたか,それとも死んでたか。だが,あそこまで「生きてる感じ」を味わったのは,その後の人生に無かった」といったものです。ジェイZが2004年にヒップホップ界から「暫定的に」身を退けた,その直前にできた曲です。

よく「ヒップホップのグラマラスな人生」と「ハスリング時代の生きザマ」を重ねてラップするジェイZですが,それがこの曲にはよく表現されていると思います。私の翻訳はまだまだですが,私の翻訳以上に,ジェイZの原語の歌詞はすばらしいものであることを念頭に,読んでいただければ幸いです。

ジェイZの歌詞を訳すにあたり,常に「まだまだ(ジェイZの原語には)到達できないな」と思いながら訳しているのですが,これは生涯の仕事として,ジェイZの歌詞対訳を随時「レベルアップ」させていきたいと思っております。ジェイZの歌詞と「同等の日本語訳」をすることは,死ぬまで出来ないと思いますが,99.999999%まで達することは,いつかは,いけるんじゃないかとか,夢見ながらやっているところです。

その点,カニエ・ウェストの歌詞を訳す時の緊張感とはまた違ったものを感じます。

jayz-blackalbum2_1800x

Jay-Z feat. The Neptunes

[Intro: Pharrell (Jay-Z)]
(Young! It’s the life)
(Once again it’s the life, yes)
I don’t know why, I.. get so high oh
(It’s intoxicating man, y’all don’t know why you do what you do)
Get so high oh, get so high, high off the life

(イントロ:ファレル(ジェイ・Z))
(ヤング!この生きザマに)
(もういちど人生に乾杯)
理由は言えねえ・・・ただハイになるんだ,オゥ
(やみつきだぜ,何をやるにも,理由は今わからなくとも)
ハイになれ,オゥ,ハイになれ,ハイになって生きろ

[Verse 1: Jay-Z]
The allure of breaking the law
Was always too much for me to ever ignore
I’ve got a thing for the big-body Benzes, it dulls my senses
In love with a V-Dub engine
Man, I’m high off life, fuck it, I’m wasted
Bathing Ape kicks, Audemars Piguet wrist
My women-friends get tennis bracelets
Trips to Venice, get their Winters replaced with
The sun…it ain’t even fun no more, I’m jaded
Man, it’s just a game, I just play it to play it
I put my feet in the footprints left to me
Without saying a word, the ghetto’s got a mental telepathy
My brother hustled so, naturally
Up next was me, but what perplexes me
Shit, I know how this movie ends, still I play
The starring role in “Hovito’s Way”

(ヴァース1:ジェイZ)
法を犯すという誘惑
とても魅力的で,シカトするわけにはいかなかった
デカい車体のベンツにあこがれて,もはや感覚麻痺してた
フォルクスワーゲンのエンジンに恋い焦がれて
生きることにハイになってた,クソッ,イカレちまってた
NIGOのアベイジングエイプのスニーカーに,オーデマピゲの腕時計
女友達にはダイヤモンドのブレスレット
ヴェニスに旅行して,暖かい場所で冬を過ごす
太陽の光,もう笑えねえほど,たそがれてる
ただのゲームだと分かってる,プレーが好きでプレーしてる
俺のために残された足跡に導かれて
ひとこともしゃべらなくとも,連中とはゲットー・メンタルで通じ合える
兄弟もハスラーだった,だから自然に俺もそうなった
次は俺の出番,だがひとつ不可解なのは
この映画のエンディングを知ってしまったこと,それでも俺は“プレー”する
『ホヴィートズ・ウェイ(ホヴィートの道)』(『カリートの道』のホヴァ(ジェイ)版)の主演男優として

[Chorus: Jay-Z (Pharrell)]
It’s just life, I solemnly swear
To change my approach, stop shaving coke
Stay away from hoes, put down the toast
Cause I be doing the most (OH NO!)
But every time I felt “That was that”, it called me right back
It called me right back
Man, it called me right back (OH NO!)

(サビ:ジェイZ(ファレル))
ただ人生を生きてるだけさ,俺はここに誓う
もうこの生きザマは変える,コカを捌くことから手を引く
アバズレ女から身を引いて,シャンパングラスは置いて
つい,やり過ぎちまうからな(オゥノゥ!)
だが毎回「もう辞めにする」と言う度に,また呼び戻されんだ
すぐに呼び戻されるんだ
そうさ,ほら,呼び戻された(オゥノゥ!)

[Verse 2: Jay-Z]
I’m like a Russian mobster, drinking distilled vodka
Until I’m under the field with Hoffa, it’s real
Peel the top up like a toupée,mix the water with the soda
Turn the pot up, make a soufflé
All of y’all can get it like group-page on your 2-way
I’m living proof that crime do pay
Say “hooray” to the bad guy, and all the broads
Putting cars in their name, for the stars of the game
Putting ‘caine in their bras and their tomorrows on the train:
All in the Name of Love
Just to see that love locked in chains and the family came
Over the house to take back everything that they claimed
Or even the worse pain is the distress
Learning you’re the mistress only after that love gets slain
And the anger and the sorrow mixed up leads to mistrust
Now it gets tough to ever love again
But the allure of the game, keeps calling your name
To all the Lauras of the world, I feel your pain
To all the Christies in different cities and Tiffany Lanes:
We all hustlers in love with the same thing

(ヴァース2:ジェイZ)
俺はロシアン・マフィアのごとく,蒸留ウォッカを飲み干す
しまいにはホッファの隣で,グラウンドの土の中に埋められて,生々しい
オープンカーの天井をめくる,カツラばり,重曹と水を混ぜ合わせ
コンロを焚いて,泡立てたスフレ,一丁上がり
おまえら全員一気に,金儲けさせてやる,全員配信のポケベルごとく
「犯罪はカネになる」の生きた証
ワル者に万歳,そしてオンナたちへ
このゲームのスター達のため,クルマの名義を貸してくれたオンナたち
ブラの中にコカイン忍ばせて,アムトラック列車に乗って運び,彼女たちの将来を犠牲にしてくれた
愛という名のそのもとに
くさりで縛られた愛を見るために,そして俺にも家族が出来た
家を持つようになり,今まで掴んできた手柄を全て,放り投げた
さらなる苦悩とストレスは
自分が単なる愛人だったことに気づく時だ,ほんとうの愛が滅多斬りされた後
残るのは怒りと悲しみが混ざり合った不信感でしかない
そしてもはや,二度と愛することがさらに難しくなる
だがこのゲームの誘惑が,また俺の名前を呼ぶんだな
世界のローラたちへ,君たちの苦悩に共感するよ
あらゆる街のクリスティーやティファニー・レーンたちへ
俺らは全員,同じものを愛するハスラーなのさ

[Chorus: Jay-Z (Pharrell)]
It’s just life, I solemnly swear
To change my approach, stop shaving coke
Stay away from hoes, put down the toast
Cause I be doing the most (OH NO!)
But every time I felt “That was that”, it called me right back
It called me right back
Man, it called me right back (OH NO!)

(サビ:ジェイZ(ファレル))
ただ人生を生きてるだけさ,俺はここに誓う
もうこの生きザマは変える,コカを捌くことから手を引く
アバズレ女から身を引いて,シャンパングラスは置いて
つい,やり過ぎちまうからな(オゥノゥ!)
だが毎回「もう辞めにする」と言う度に,また呼び戻されんだ
すぐに呼び戻されるんだ
そうさ,ほら,呼び戻された(オゥノゥ!)

[Verse 3: Jay-Z]
I never felt more alive than riding shotgun
In Klein’s green 5, until the cops pulled guns
And I tried to smoke weed to give me the fix I need –
What the game did to my pulse – with no results
And you can treat your nose and still won’t come close
The game is a light bulb with eleventy-million volts
And I’m just a moth addicted to the floss
The doors lift from the floor and the tops come off
By any means necessary, whatever the cost
Even if it means lives is lost
And I can’t explain why I just love to get high
Drink, “life!” smoke the blueberry sky, blink twice
I’m in the blueberry 5, you blink three times
I may not even be alive
I mean even James Dean couldn’t escape the allure
Dying young, leaving a good-lookin corpse, of course

(ヴァース3:ジェイZ)
あの頃は生きてる感じがした,サツから逃げ回って
クライン(=ジェイZのかつてのドラッグディーラー仲間)のベンツの助手席に乗って,コカ捌いてた
ハッパ吸って冷静になろうとしたが
この生きザマ,心臓バクバク,ハッパじゃ足りねえ
鼻から一気に吸っても,これっぽっちも物足りねえ
あの人生は110万ボルトのネオンライトの様だった
だが俺は,その灯(魅惑)に集まる単なる蛾(ガ)
ドアが垂直に開き,天井がスライド式のオープンカー
どんなことがあっても,どんな犠牲を払っても
たとえ命が犠牲になったとしても
理由は言えねえ,ただハイになるのが好きなんだ
乾杯!この生きザマに,ハッパを吸って,まばたき2回
ブルーベリー色のベンツ,ウィンカー3回
とっくに死んだっておかしくない人生
かのジェイムス・ディーンでも,この誘惑に勝てなかった
若くして死に,ハンサムな遺体を遺していった,オフコース

[Chorus: Jay-Z (Pharrell)]
It’s just life, I solemnly swear
To change my approach, stop shaving coke
Stay away from hoes, put down the toast
Cause I be doing the most (OH NO!)
But every time I felt “That was that”, it called me right back
It called me right back
Man, it called me right back (OH NO!)

(サビ:ジェイZ(ファレル))
ただ人生を生きてるだけさ,俺はここに誓う
もうこの生きザマは変える,コカを捌くことから手を引く
アバズレ女から身を引いて,シャンパングラスは置いて
つい,やり過ぎちまうからな(オゥノゥ!)
だが毎回「もう辞めにする」と言う度に,また呼び戻されんだ
すぐに呼び戻されるんだ
そうさ,ほら,呼び戻された(オゥノゥ!)

[Outro: Jay-Z (Pharrell)]
Once again its the life
Yeah I said its the life
Once I again its the life
(OH NO! I don’t know why, I…
Get so high oh
Get so high oh
Get so high, high off the life)

(アウトロ:ジェイZ(ファレル))
もういちど人生に乾杯
そうさ,人生に乾杯
もういちどこの生きザマに乾杯
この生きザマに乾杯
(オゥノゥ!理由は言えねえ,ただ・・・
ハイになるんだ,オゥ
ハイになるんだ,オゥ
ハイになるんだ,この生きザマに)

(文責:Jun Nishihara)

Guest Versesのコーナー:ジェイZ(ドレイク「Talk Up」より)

このコーナーでは,カニエ・ウェストもしくはジェイZが人の曲にヴァース(歌詞)を提供している曲を紹介します。

今日は6月29日にリリースされたドレイクのアルバム『Scorpion』より,収録楽曲「Talk Up feat. Jay-Z」を取り上げます。

Drake feat. Jay-Z – “Talk Up”

(Verse: Jay-Z)
Yo, get close enough to HOV, smell like a kilo still
First album 26, I ain’t need no deal
Already a hood legend, I ain’t need no shine
First Rollie flooded out, I ain’t see no time, woah
Stand-up niggas, we only duckin’ indictments
Dope boys, Off-White, lookin’ like soft white on ’em
Heh, you know what I’m sayin’?
We in the buildin’, we came for a billion, ain’t nobody playin’
Live every word that I’m rappin’
Say I lost 90 bricks and it happened
You probably wouldn’t believe everything that you seein’ right now if it wasn’t live action
I ain’t on the ‘Gram, they record who I am
God to these dope boys, how do you not be a HOV fan?
I’m what Meech shoulda been
I’m what Supreme didn’t become
If Alpo didn’t snitch, niggas’d be like Young
I got your President tweetin’, I won’t even meet with him
Y’all killed X and let Zimmerman live, shhh, s-streets is done

(ヴァース:ジェイZ)
ヨゥ,ホヴァ(=ジェイZ)に近寄れば,いまだにコカが匂う
26歳でデビューアルバム,当時レコード会社には雇われず
それでも腕時計(ロレックス)はダイアだらけで,針が見えねえ,ウォゥ
ピン芸人の野郎どもと,裁判沙汰を上手くかわしてきた
ドラッグディーラー,“オフ・ホワイト”,白い粉末が光ってた
なんのことかわかるだろう
俺らが一発売れば,億単位で稼ぎ,中途ハンパなことはしなかった
ラップで言ってきた一言一言,全部リアルに生きてきた
90キロのコカを失った話(*註1),それもマジ
こうしてナマで届けなきゃ,おまえら何にも信じねえからな
インスタはやってない,TVが俺を追いかけてるから
ドラッグディーラーにご加護あれ,ホヴァのファンたちに幸あれ
ビッグ・ミーチ(=ドラッグディーラー)も俺の様にはなれなかった
シュープリーム(=同上)も俺になれなかった
もしアルポ(=同上)が人のことチクらなければ,俺の様になれていただろう
おまえらの大統領がツイートしてる,あんな野郎に俺は合わねえ
おまえらX(=エックスエックスエックステンタシオン)は見殺しにして
ジョージ・ジマーマン(*註2)は救うのか?
もう「ストリート」は終わりだな

註1:ジェイZの名盤『The Blueprint』収録の楽曲「Never Change」より。
註2:黒人の若者(トレイヴォン・マーティン)を銃殺した容疑者。

(文責:Jun Nishihara)

コラボ曲:ビヨンセ&ジェイZ対訳「SALUD!」

554fcc950d22a4c4779260e2fba33879.1000x1000x1

The Carters – “SALUD!”

[Chorus: Beyoncé & Dre]
Put it on ice (ice, ice, ice), celebrate that we made it
I put it on Christ (that’s on God, yeah)
Lord knows it takes hella patience
When your name is a verb and these comments absurd
And they swear they know you better than you know yourself
Cause you control yourself, cheers to me and you, salud!
Baby, look me in my eye, take a cheers to you and I, cheers to you
Baby, look me in my eye, make a cheers to you and I, salud!

(サビ:ビヨンセ&ドレー)
アイスに乗せて(アイス,アイス,アイス)祝いましょう,ここまでやってこれた
神に懸けて(神に懸けて,yeah)
神は分かってくれている,これまで尋常ない忍耐力を強いられてきた
私の名前が動詞で使われ,理不尽なコメントもされてきた
自分のことを他人のほうがよく知っているかのように
でも自分を上手くコントロールしてきた,あなたと私にチアーズ,乾杯!
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,君に乾杯
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,乾杯!

[Verse 1: JAY-Z & Beyoncé]
Mazel tov, gold bottle talk, wife got a model walk
(wife got a model walk)
House all glass, slide the doors you ain’t gotta walk (gotta walk)
And to top it off (top it off), got another one in Montauk
(Montauk, Montauk, Montauk)
Trifecta down in Tribeca (Tribeca, Tribeca), bonjour (bonjour)
French crib in the French Quarters (yeah)
Champagne in the glass, toast to the importers (yeah)
Spill some out for the past

(ヴァース1:ジェイZ&ビヨンセ)
めでたい,金のボトルに,嫁はモデル・ウォーク
(嫁はモデル・ウォーク)
ガラス張りの家,ガラスドアは自動で開く,歩かなくていい(勝手に開く)
極めつけは(極めつけは)モントークにある別荘
(モントーク,モントーク,モントーク)
トライベッカに3つ目の家(トライベッカ,トライベッカ),ボンジュール(ボンジュール)
フレンチ・クォーターにフランス様式の家(yeah)
グラスにシャンパンそそいで,輸入元に乾杯(yeah)
これまでの過去に,ちょっぴりそそぐ

[Chorus: Beyoncé & Dre]
Put it on ice (ice, ice, ice), celebrate that we made it
I put it on Christ (that’s on God, yeah)
Lord knows it takes hella patience
When your name is a verb and these comments absurd
And they swear they know you better than you know yourself
Cause you control yourself, cheers to me and you, salud!
Baby look me in my eye, take a cheers to you and I, cheers to you
Baby look me in my eye, take a cheers to you and I, salud!

(サビ:ビヨンセ&ドレー)
アイスに乗せて(アイス,アイス,アイス)祝いましょう,ここまでやってこれた
神に懸けて(神に懸けて,yeah)
神は分かってくれている,これまで尋常ない忍耐力を強いられてきた
私の名前が動詞で使われ,理不尽なコメントもされてきた
自分のことを他人のほうがよく知っているかのように
でも自分を上手くコントロールしてきた,あなたと私にチアーズ,乾杯!
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,君に乾杯
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,乾杯!

[Verse 2: JAY-Z & Beyoncé]
Hola (hola), thank the most high for the coca
Salud! (salud, salud, salud, salud)
God protect babies and fools, I was both (both)
It’s not just a popular trope (both)
The wind comes and I’m just a flute (oh)
The winds come and I’m not a fluke (oh)
I’m convinced that I’m truly the GOAT (GOAT, GOAT, GOAT)
Sosa, the Elohim intervene like boy you the truth
Don’t die (don’t die, don’t die)
Angels on both sides, toast with mimosas (both sides, both sides)
Your president tweeting about Hov like he knows us
My road to the top was to take what you owe us
I give a fuck what that man find vulgar
Just look in my eyes when you toast us

(ヴァース2:ジェイZ&ビヨンセ)
やぁ(やぁ)全知の神に感謝,コカのおかげ
乾杯!(乾杯,乾杯,乾杯,乾杯)
神は赤ん坊と愚か者を守りたまう,俺は両者だった(両者だった)
たんなる比喩じゃないぜ(両者だった)
いぶきを吹き込み,俺はフルートとなる(オゥ)
勝利をおさめ,俺は落ちこぼれでなくなる(オゥ)
これで納得した,俺は最高に偉大な野郎(偉大,偉大,偉大な野郎)
そうさ,ヘブライ神が間に入り,俺に言った「真実はおまえだ」
死ぬな(死ぬな,死ぬな)
両手に天使,ミモザで乾杯(両手に,両手に)
大統領がホヴァのこと知ってるかのようにツイートしてたが
あんたのような奴に奪われたものを取り返すため,俺はのし上がってきた
あんたが「下品」と呼ぶものが何だか知らねえが
あんたが酒かざして乾杯する時,俺のこの目を見てやってみろ

[Chorus: Beyoncé & Dre]
Put it on ice (ice, ice, ice), celebrate that we made it
I put it on Christ (that’s on God, yeah)
Lord knows it takes hella patience
When your name is a verb and these comments absurd
And they swear they know you better than you know yourself
Cause you control yourself, cheers to me and you, salud!
Baby, look me in my eye, take a cheers to you and I, cheers to you
Baby, look me in my eye, take a cheers to you and I, salud!

(サビ:ビヨンセ&ドレー)
アイスに乗せて(アイス,アイス,アイス)祝いましょう,ここまでやってこれた
神に懸けて(神に懸けて,yeah)
神は分かってくれている,これまで尋常ない忍耐力を強いられてきた
私の名前が動詞で使われ,理不尽なコメントもされてきた
自分のことを他人のほうがよく知っているかのように
でも自分を上手くコントロールしてきた,あなたと私にチアーズ,乾杯!
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,君に乾杯
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,乾杯!

[Outro: Beyoncé & Blue Ivy Carter]
Mazel tov, put up your glass
Put up your last, put up yo bag (put up yo bag)
Throw up a light, show that we bright, blow money fast (salud)
This for my kinfolk (salud)
Let down my window (salud)
Let them all know (salud)
This what we ball for, yo
Shout out to Rumi and Sir, love Blue

(アウトロ:ビヨンセ&ブルー・アイヴィー・カーター)
おめでとう,グラスを持ち上げて
グラスを挙げて,バッグも挙げて(バッグも挙げて)
ライトかざして,みんなの輝き見せて,金ばら撒いて(乾杯)
仲間のみんなに(乾杯)
窓をおろして(乾杯)
みんなに向けて(乾杯)
全てはこの瞬間のために,ヨゥ
シャウトアウト,ルミ&サーへ,愛を込めて,ブルーより

(文責:Jun Nishihara)

ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love』より,楽曲①対訳「SUMMER(サマー)」。

"On The Run Tour: Beyonce And Jay-Z" - Houston

[Intro: Rory]
Right now inside the place to be with the one JAY-Z and Bey
Slowing down the dance to a different type of speed
You know it’s Cool & Dre deh pan the beat
You know, a bloodclaat heat
(Right)

(イントロ:ローリー)
よってらっしゃい,みてらっしゃい,唯一無二のビヨンセとジェイZ
みんなで踊って,スローダンス,一変するスピード
ビートをくりだすのは,みんな知ってるクール&ドレー
きいてらっしゃい,アッツアッツのを届けるよ
(いくよ)

[Chorus: Beyoncé & JAY-Z]
Let’s make love in the summertime, yeah
On the sands, beach sands, make plans
To be in each other’s arms, yeah
Let it breathe, let it breathe
I wanna drown in the depth of you, yeah, yeah
When the water’s so blue (so blue, so blue)
So blue (so blue)
I need to take my time, oh yeah
Show you somethin’ real (so real)
So real (let it breathe), so real (let it breathe, so real)
I want you to come inside right now
So you know just how I feel
How I feel (let it breathe, let it breathe), yeah

(サビ:ビヨンセ&ジェイZ)
愛し合いましょう,真っ盛りの夏に
砂の上で,ビーチで,計画立てて
ふたりで抱きしめあって
吹き込め,息を吹き込め
あなたの胸の奥で溺れたい
海はとってもブルー(とてもブルー,とてもブルー)
とてもブルー(とてもブルー)
ゆっくりと味わいたい
ほんものを見せてあげる(見せてあげる)
ほんものを(吹き込め)ほんものを(息を吹き込め,見せてあげる)
私の中に入ってきてちょうだい
共感してほしい
私が感じているものを(吹き込め,息を吹き込め)

[Verse 1: Beyoncé]
We never been this far from the shore
We might not ever go back anymore
Got you all in your emotions, hit you with the force then
Tell me your desires, I won’t ever tire
You’d rather play the game than to throw the fight
Boy you know that ain’t right
When I’m needing your affection, I need that attention
Up and down motion, come swim in my ocean, yeah yeah

(ヴァース1:ビヨンセ)
こんな遠くの沖まできたのは初めて
もう岸には戻れないかもしれない
私のパワーで,あなたの情熱を掻き立て
あなたの欲望をみせて,一生飽きさせない
喧嘩するよりも,火のお遊びがお好き
あなたってほんとワルい男ね
あなたの愛情を求めている時は,無視しないで
あがったり,さがったり,私の大海で泳がせてあげる

[Chorus: Beyoncé & JAY-Z]
Let’s make love in the summertime, yeah
On the sands, beach sands, make plans
To be in each other’s arms
Let it breathe, let it breathe
I wanna drown in the depth of you, yeah, yeah (yeah, yeah)
Where the water’s so blue
So blue (so blue)

(サビ:ビヨンセ&ジェイZ)
愛し合いましょう,真っ盛りの夏に
砂の上で,ビーチで,計画立てて
ふたりで抱きしめあって
吹き込め,息を吹き込め
あなたの胸の奥で溺れたい
とってもブルーな海で
とてもブルー(とてもブルー)

[Verse 2: JAY-Z]
I brought my sand to the beach
Hopped out the Lam’ with the sheep
Skin rugs on the floor
We hugged, made love on the seats
We tried to hide in the hills
We watched the sky turn peach
Summer’s light like, summer’s night
It’s like, Christ masterpiece
She taste like Corona Light, sweet
Even the lime gotta squeeze
She gave me a lil’ swig, to chase behind my weed
If I can stay in her hair forever, that’d be fine by me
I don’t have no concept of time
Even with a rose gold Concept on me
I remember summer nights in the projects
Bullet rounds interrupting my Chi
When the worst thing that could happen
Zipped up his jacket and ran back down the street
In Bel-Air, only the nights get cold
I wrapped a yellow jacket ’round Bey
It’s not lost on me, music has my kids sound asleep

(ヴァース2:ジェイZ)
砂浜に自分の砂を持ってきた
羊毛シートのランボルギーニを飛び乗って
フロアリングは毛皮のラグ
抱き合って,シートで愛し合った
丘の上で,誰も見えないところで
夜空がピーチ色に染まった
夏の夜空は,夏の輝き
まるでキリストが創り上げた傑作品
彼女の唇はコロナライトの味,スイート
ライムを搾って入れたやつ
俺にも少し飲ませてくれた,ハッパのチェーサーに
彼女の髪の中で一生過ごせるなら,それも悪くない
時間の感覚はもうない
ローズゴールドの腕時計やってても
プロジェクツ(ゲットー)時代の夏の日を憶えている
銃声が鳴り響き,俺の気は滅入ってた
最悪のシナリオは死体を袋詰めすることだった
俺はジャケットを着て,ストリートを走り去った
しかし今は,L.A.のベルエア,夜空がひんやり
イエロージャケットをBに羽織らせて
まだまだいける,音楽かけて,子供たちはぐっすり眠る

[Chorus: Beyoncé & JAY-Z]
Oh, let’s make love in the summertime, yeah
On the sands, beach sands, make plans
To be in each other’s arms, yeah
Let it breathe, let it breathe
I need to take my time to show you somethin’ real (so real)
This is real (so real)
I want you to come inside right now
So you know just how I feel, how I feel
Let’s make love in the summertime
Let’s make love in the summertime
Be in each other’s arms
Let it breathe, let it breathe
Let’s make love in the summertime, yeah
On the sands, beach sands, make plans
To love in each other’s arms, yeah

(サビ:ビヨンセ&ジェイZ)
愛し合いましょう,まっさかりの夏に
砂の上で,ビーチで,計画立てて
ふたりで抱きしめあって
吹き込め,息を吹き込め
急がないで,ゆっくりと見せてあげる,ほんものを(ほんものを)
夢じゃない(ほんものを)
私の中に入ってきてちょうだい
同じものを感じてほしい
愛し合いましょう,まっさかりの夏に
愛し合いましょう,まっさかりの夏に
ふたりで抱きしめあって
吹き込め,息を吹き込め
愛し合いましょう,まっさかりの夏に
砂の上で,ビーチで,計画立てて
ふたりで胸の中で,愛し合って

[Outro: Damian Marley]
Love is universal
Love is going to express itself as a form of forgiveness and compassion for each other

(アウトロ:ダミアン・マーリー)
愛は万国共通だ
愛はお互いへの許しと憐れみをもってそれは表現される

(文責:Jun Nishihara)

ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love」より,楽曲⑨対訳「LOVEHAPPY(ラブハッピー)」。

https_hypebeast.comwp-contentblogs.dir6files201807beyonce-rumi-sir-carter-first-photo-1

[Verse 1: Beyoncé & Jay-Z]

Happily in love, haters please forgive me

I let my wife write the will, I pray my children outlive me

I give my daughter my custom dresses, she gon’ be litty

Vintage pieces by the time she hit the city, yeah-ah

Vintage frames, I see nobody fuckin’ wit’ him

Pretty thug, out the third ward, hit me

Sir acts just like his dad, shit is trippy (uh-huh)

Twinning, Blue and Rumi, me and Solo how fitting

(Happy in love)

Sitting, dock of the bay wit’ a big yacht

Sippin’ Yamazaki on the rocks
He went to Jared, I went to JAR out in Paris

Yeah, you fucked up the first stone, we had to get remarried

Yo, chill man! We keepin’ it real with these people, right?

Lucky I ain’t kill you when I met that b- (Nah, aight, aight)

Y’all know how I met her, we broke up and got back together

To get her back, I had to sweat her

Y’all could make up with a bag, I had to change the weather (uhh)

Move the whole family West, but it’s whatever

In a glass house still throwing stones

Hova, Beysus, watch the thrones

(Happy in love)

(ヴァース1:ビヨンセ&ジェイZ)
幸せに愛し合う仲,それが嫌なヤツら,許してくれ
自分の遺書は嫁に書いてもらい,自分の子には俺より長生きしてもらう
娘にはオーダーメイドのお下がりあげて,娘もイカシた女よ
おでかけする時にはヴィンテージのジュエリー
ヴィンテージのグラサン,誰にもかないやしない
可愛いくサグッて,ゲットーの出で,いくわ
息子のサーはまるで父親似,惚れちゃいそう(ダメよ)
双子で勝利,ブルーとルミ,あたしとソランジュ,お似合いだわ
(幸せに愛し合う)
腰掛けて,波止場で,でっかいヨットを繋げて
山崎のウィスキー,ロックですすって
普通はジャレドの量産宝石店,俺はパリにあるJAR(高級宝石店)へ
そうね,あなたが初めてくれたダイヤ,大したことないから結婚やり直し
ちょ待てよ!この曲聴いてくれてる人には,ほんとのこと言いたいから
あの女見たときに,あんたのこと殺しそうになった(おいおい,落ち着け)
出会いはフツーじゃなかった,俺たちは別れても,ヨリを戻した
ヨリを戻すには,努力するしかなかった
普通なら高級バッグで済むけれど,あたしの場合は気候の違う国へ連れてって
家族全員西海岸へ引っ越した,大したことじゃないけどね
ガラスの家に住んでも,“石ころ”は投げてるわ
ホヴァ,ビーザス,二人の『ウォッチ・ザ・スローン』
(幸せに愛し合う)

[Chorus: Beyoncé]

You did some things to me

Boy, you do some things to me

But love is deeper than your pain

And I believe you can change, baby

The ups and downs are worth it

Long way to go, but we’ll work it

We’re flawed but we’re still perfect for each other, baby, you

Sometimes I thought we’d never see the light

We went through hell with heaven on our side

This beach ain’t always been no paradise

But nightmares only last one night

(Happy in love)

(サビ:ビヨンセ)
あなたには,やられたわ
ねえ,あなたには,やられたわ
でも,愛は,苦しみよりも根深い
それに信じてる,あなたは変われること,ベイビー
良い時も悪い時も,一緒にやってきた
まだまだ先は長い,でも二人なら,やってける
欠点もある,でも二人にとっては完ぺき,ベイビー,あなたと
ときどき思った,もう光は見えないんじゃないかって
でも天は私たちの側についていてくれたから,地獄を乗り越えられた
二人のビーチは,いつもパラダイスってわけじゃなかった
でも悪夢は,やがて消えてった
(幸せに愛し合う)

[Verse 2: Jay-Z & Beyoncé]
No more clubs and Cali-curfews (one night)
Just private affairs in a tighter circle
Large format wines in small settings, woo
Just hood ass nigga’s in designer suits (ooh)
Follow my moves on a truth in Alaïa boots, yeah, yeah
Amelia Earhart, flyer than who? (yeah, yeah)
Fake news y’all choose, we no lie
No photoshop, just real life
(Happy in love)

(ヴァース2:ジェイZ&ビヨンセ)
もうクラブ行かないし,カリフォルニアの門限も終わり(ワンナイト)
仲良しの友達とだけで,プライベートな時間
こじんまりとした場所で,豪華な高級ワイン,ウー
デザイナーのスーツ着た,ゲットー出身野郎(ウー)
アライアのブーツ履いて,真の道をゆく,あとについてきて
アメリア・エアハート,誰よりもぶっ飛んで(イヤー,イヤー)
嘘のニュースを信じるのも人の勝手,俺らは真の道行く
フォトショップじゃない,リアルな人生
(幸せに愛し合う)

[Chorus: Beyoncé]
You did some things to me
Boy, you do some things to me
But love is deeper than your pain
And I believe you can change, baby
The ups and downs are worth it
Long way to go, but we’ll work it
We’re flawed but we’re still perfect for each other, baby, you
Sometimes I thought we’d never see the light
We went through hell with heaven on our side
This beach ain’t always been no paradise
But nightmares only last one night
(Happy in love)

(サビ:ビヨンセ)
あなたには,やられたわ
ねえ,あなたには,やられたわ
でも,愛は,苦しみよりも根深い
それに信じてる,あなたは変われること,ベイビー
良い時も悪い時も,一緒にやってきた
まだまだ先は長い,でも二人なら,やってける
欠点もある,でも二人にとっては完ぺき,ベイビー,あなたと
ときどき思った,もう光は見えないんじゃないかって
でも天は私たちの側についていてくれたから,地獄を乗り越えられた
二人のビーチは,いつもパラダイスってわけじゃなかった
でも悪夢は,やがて消えてった
(幸せに愛し合う)

[Outro: Beyoncé]
Damn, look at us now
Pray, pray for the vows
Way up now, it’s a long way, a long way down
We came, and we saw, and we conquered it all
We came, and we conquered, now we’re happy in love
(Lovehappy, lovehappy, lovehappy, lovehappy, lovehappy)
(Lovehappy, lovehappy, lovehappy, lovehappy, lovehappy)
(Lovehappy, lovehappy, lovehappy, lovehappy, lovehappy)
(Lovehappy, lovehappy, lovehappy, lovehappy, lovehappy)

(アウトロ:ビヨンセ)
ここまでやってきた
誓い,そして,祈る
高いところまで来た,長い道のりをやってきた
私たちは来た,見た,そして全てを勝ち取った
私たちは来て,全てを勝ち取って,幸せに愛し合った
(LOVEハッピー,LOVEハッピー,LOVEハッピー,LOVEハッピー,LOVEハッピー)
(LOVEハッピー,LOVEハッピー,LOVEハッピー,LOVEハッピー,LOVEハッピー)

(文責:Jun Nishihara)

ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love』より,楽曲⑧対訳「Black Effect(ブラック・エフェクト)」。

b505a32eee564c7de4a3ef1c42533541_w630_h629_nocrop

[Intro]
Can you tell us about love?
Hmm, well there’s love of children
Love of self
Love of God
Love of a partner
All of them have a different shape
But all of them is the same in the end
It’s about sensitivity, it’s about passion
It’s about unconditional giving of self to another person
And there’s love of humanity
That’s the love that is right now needed most
Love of humanity
But in everything, in all of that love, there is a soul
It’s like when you take some eggs and break them
And you take the shells and mix them up
Trying to find the ones that match
And you find the perfect match
When you find the perfect match
That compatibility results in passion
Results in unconditional giving of self

(イントロ)
愛って何だろう
そうね,愛というのは,子供への愛もあれば
自己愛もある
神への愛もあるし
相方(パートナー)への愛もある
ひとつひとつ違った形をしているけれど
最終的には全て同じもの
気づかいでもあるし,情熱でもある
見返りを求めず,相手に尽くすことでもある
それから,人類への大きな愛もある
いま世界で最も必要とされている愛,それは
人類への愛
大切なことは,全ての愛には,魂(ソウル)が内在されていること
最高の出会いを見つけることは,喩えれば
卵をいくつか割って,卵の身もカラも一緒に混ぜ合わせ
その中からまた卵のカラを元に戻すことのように
奇跡であることに等しい
でもその奇跡が起きて,最高の出会いを見つけた時
二人の相性は情熱を生む
見返りを求めず,相手に尽くすようになる

[Chorus: JAY-Z]
I’m good on any MLK Boulevard
I’m good on any MLK Boulevard
See my vision with a TEC, bitch, I’m Malcolm X
Haters dreadin’ my effect, they want that Das EFX
Get your hands up high like a false arrest
Let me see ’em up high, this is not a test
Yes, put ’em up, this is not a test
Now hands where I can see them, fuck a false arrest

(サビ:ジェイZ)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける
銃を片手にビジョンが見えるか,マルコムXと呼んでくれ
嫉妬深いヤツらは俺の影響力に慄(おのの)く,EFX(90年代ラップデュオ)の如く
両手を空高く挙げな,勘違いが元で逮捕された時みたく
高く挙げな,これはテストなんかじゃない
そうだ,もっと高く挙げな,これはリアリティ
全員に見えるまで両手を挙げて,勘違いが元で逮捕されるのは,もう懲りごりだ

[Verse 1: JAY-Z]
This Off-White fit that I rock, shit permanent
Hmm, the fro that I grow got no perm in it
Hmm, a nigga late but he best dressed
Got slowed down by the weight of my necklaces
Parked the Lexus in the projects, bitch I’m reckless
Extra magazine hopped on a jet with my Ebony chick
Blacker than the Essence fest
The behind the back pass is so effortless
LeBron James to you Omaroses
Dapper Dan at 4AM, shit, I am the culture
I made my own waves so now they’re anti-Tidal
I’m livin’ the no sock life despite you
Since the Kalief doc, they’ve been at my neck
Y’all can tell ’em Trayvon is comin’ next
The SEC, the FBI or the IRS
I pass the alphabet boys like an eye test

(ヴァース1:ジェイZ)
オフ-ホワイト*(註)色の皮膚は,こすっても消えないぜ
ふむ,俺のアフロは生まれつき,パーマじゃないぜ
ふむ,やっと来た,だがファッションセンスは抜群だ
ネックレス・チェーンが重すぎて,軽快に歩けねえ
低所得者居住区(プロジェクツ)にレクサス駐車,ぶっ飛んでる
黒人(エボニー)の彼女とジェット機乗って,雑誌めくって
エッセンス・フェスより真っ黒だぜ*(註)
裏口から入って,ヤスヤスとやってのける
俺は,オマローサのような連中に対するレブロン・ジェイムス
早朝4時でもキマってる,俺こそがカルチャーだ
自分で波を作り出した,すると”Tidal(波潮)”に反するヤツらが現れた
それでも俺は,裸足で革靴履くほどリッチな生活
カリーフ(ブラウダー)のドキュメンタリー作れば,それを批判するヤツもいた
次はトレイヴォンの映画を作ってやるよ
証券取引委員会,連邦捜査局,米国国税庁
漢字ばっかりのヤツらを横目で追い抜いてきた

[Chorus: JAY-Z and Beyonce]
I’m good on any MLK Boulevard (I’m good)
I’m good on any MLK Boulevard (He good)
See my vision with a TEC, bitch, I’m Malcolm X (I’m Malcolm X)
Haters dreadin’ my effect, they want that Das EFX (Yeah)
Get your hands up high like a false arrest (put your hands up high)
Let me see ’em up high, this is not a test (let me see ’em up high)
Yes, put ’em up, this is not a test
Put your hands where I can see them, fuck a false arrest

(サビ:ジェイZ,ビヨンセ)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける(私も)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける(あなたも)
銃を片手にビジョンが見えるか,マルコムXと呼んでくれ(私はマルコムX
嫉妬深いヤツらは俺の影響力に慄(おのの)く,EFX(90年代ラップデュオ)の如く
両手を空高く挙げて,勘違いが元で逮捕された時みたく(両手を高く)
高く挙げて,これはテストなんかじゃない(みんなに見せて)
そうよ,高く挙げて,これはリアリティ
全員に見えるまで両手を挙げて,勘違いが元で逮捕されるのは,もう懲りごりよ

[Post-Chorus: Beyonce]
Higher, higher
Higher, higher
Higher, Higher
Higher, higher
Higher

(後サビ:ビヨンセ)
もっと高く,高く
もっと高く,高く
もっと高く,高く
もっと高く,高く
もっと高く

[Verse 2: JAY-Z, Beyonce and both]
I’m good anywhere I go, anywhere I go (go)
I pull up like the Freedom Riders, hop out on Rodeo
Stunt with your curls, your lips, Sarah Baartman hips
Gotta hop into my jeans like I hop into my whip yeah
Mobbin’ in a hoodie like Melo
Come up out that pretty motherfucker like “Hello, Hello”
I will never let you shoot the nose off my Pharaoh
I like purple and purple rain
Tryin’ to put red and blue together, bitch, that’s on gang
These people tryna get me out the paint
‘Cause I cook collard greens and yams better than your aunt
Man, we started with a mustard seed
Now we in the gray 911 with the mustard seats
Sheesh! Matte black puma jet
Shining my light on the world just like “UMI Says”
Got the Richard Mille all colors
Might hit you with the Rose Gold all summer
For the culture
They even biting cornrows, put your scarecrows up
I come from the finest crop
Tell em the god’s on row, watch them line the block
The Chitlin’ circuit is stopped
Now we in stadiums, Eighty Thou a wop, Watch

(ヴァース2:ジェイZ,ビヨンセ)
どこ行ってもイケてる,イケてる
自由解放運動のように走り,ロデオ通りで車を降りる
髪はカールでキメて,リップグロス塗って,豊満なお尻で
ジーンズをタイトに履いて,車に飛び乗る
フードをかぶって,カーメロのようにワルに
可愛い顔だして,みんなに「ハロー,ハロー」
このファラオの鼻は誰にも撃たせない
俺はパープル色も,プリンスのパープル・レインも,両方好きだ
赤と青を混ぜ合わせ,東と西のギャングだ
ペンキ塗りは俺に任せとけ
俺が料理した菜っ葉にヤマノイモ料理はあんたの叔母さんのより絶品さ
ガキの頃,カラシナのタネ売ってちびちび稼いでいたが
今となっちゃ,外装はグレーで,シートはマスタード色のポルシェ乗り回し
わかるか,マット・ブラック色のヒョウ柄ジェット機
「自分が発した光で,世界を明るくさせな」,おふくろの言葉だ
リチャード・ミルの腕時計,全カラー揃えた
今年の夏は,ローズ・ゴールドで決めてやるか
このヒップホップ・カルチャーのために
三つ編みのコーンロウならぬモロコシ畑,案山子(カカシ)を立たせ
一流の作物が育ったぜ
神が舞い降りた,ブロック中が外へ出て敬礼
黒人差別のチトリンサーキット時代はもう終わり
今は黒人2人で満席のスタジアム,1本8万ドル,見とけ

[Chorus: Jay-Z and Beyonce]
I’m good on any MLK Boulevard (He good)
I’m good on any MLK Boulevard (We good)
See my vision with a TEC, bitch, I’m Malcolm X (I’m Malcom X)
Haters dreadin’ my effect, they want that Das EFX (Yeah)
Get your hands up high like a false arrest
(Get your hands up high like a false arrest)
Let me see ’em up high, this is not a test
(Let me see ’em up high, this is not a test)
Yes, put ’em up, this is not a test
(Yes, put em up, this is not a test)
Now hands where I can see them, fuck a false arrest

(サビ:ジェイZ&ビヨンセ)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける(私も)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける(あなたも)
銃を片手にビジョンが見えるか,マルコムXと呼んでくれ(私はマルコムX)
嫉妬深いヤツらは俺の影響力に慄(おのの)く,EFX(90年代ラップデュオ)の如く
両手を空高く挙げて,勘違いが元で逮捕された時みたく
(両手を空高く挙げて,勘違いが元で逮捕された時みたく)
高く挙げて,これはテストなんかじゃない
(高く挙げて,これはテストなんかじゃない)
そうよ,高く挙げて,これはリアリティ
(そうよ,高く挙げて,これは現実)
全員に見えるまで両手を挙げて,勘違いが元で逮捕されるのは,もう懲りごりよ

[Outro]
I know I’ve only come half the way
But looking the mirror I see an older me
Not realizing all the years that past away
But I know I’ve only come half the way

(アウトロ)
これでもまだ道の途中
鏡を見ると,少しオトナの自分が見える
知らない間に何年も走り続けてきた
これでもまだ道の途中

*註釈
①オフ–ホワイトは,建築家でグラフィック・デザイナーでもあるヴァージル・アブローのファッションブランド。ジェイZはここで,「オフ–ホワイト」ブランドのシャツと,「オフホワイト」(白人ではない)の肌の色を掛けている。「オフホワイト」の皮膚は,こすっても白にならない,と。
②どれも黒人用のファッション雑誌。雑誌の固有名詞(「EBONY」「JET」「ESSENCE」)をここでは,普通一般名詞として使っている=ジェイがよくやる二重韻踏(ダブル・アンタンドレ)。

(文責:Jun Nishihara)