第9位:全米大流行り!今年イチの若手女子ラッパーはグロリラ (GloRilla) に決まり!(2022年Hip-Hop名曲名盤ベスト20!)

2022年Hip-Hop名曲名盤ベスト20、第9位の発表です。

若手ラッパーで2022年彗星のようにシーンに現れ、今年イチ爆発的に売れた女子ラッパーといえば・・・

グロリラ!

GloRilla!

本名、グロリア・ハレルーヤ・ウッズ(Gloria Hallelujah Woods)、アメリカ南部テネシー州メンフィス出身。ジューシー・Jら、Three 6 Mafiaの同胞ですね。

さて、グロリラが2022年イチ流行ったキッカケとなった映像はこちら。今年TikTok上で「#FNFChallenge」のダンスが全米で激流行りしました。(ちなみに「FNF」は「F*** N**** Free」の略ですので(といってもほぼ放送禁止用語)ご参考まで。)

BET Hip-Hop Awards 2022の映像もどうぞ。冒頭(1曲目)の曲「Tomorrow」は助走に過ぎず、本当に流行ったのは、2曲目の「F.N.F.」。この「F.N.F.」が始まった瞬間、アワード・ショーは一気にクラブと化しました。

そして、最近ではカーディ・B(Cardi B)とタッグを組んで「Tomorrow 2」をリリースしました。

GloRilla feat. Cardi B – “Tomorrow 2”

と、いうことで、第9位はグロリラ!GloRilla!でした。

(文責:Jun Nishihara)

女子MC=ドリージー(Dreezy)も「Gotta Move On」フリースタイルに乗っかった。そしてそれが超良い。

今となっては2022年の名曲と呼ばれるまでになった「Gotta Move On」ですが、その「Gotta Move On」の生みの親であるディディ(Diddy)自身が認めた女子ラッパー=ドリージー(Dreezy)もフリースタイルに乗っかりました。DreezyのフリースタイルについてDiddy自身、こう言っています。その投稿がこちらです。

(文責:Jun Nishihara)

REMIXという概念はコイツが創始した=パフ・ダディことP.ディディがイマ旬のYung MiamiとAshantiを迎え2022年の名曲「Gotta Move On」のREMIXを発表

シティ・ガールズ(City Girls)の片割れであるヤング・マイアミ(Yung Miami)(下記MVの冒頭でエロい格好で踊る女(ちなみに「穿いてます」))と,R&B界の大御所である(2001年に日本でも明石家さんまちゃんが大好きと言っていたアルバム『Ashanti』でデビューしたその名のとおり)アシャンティ(Ashanti)を迎え,米ヒップホップ界の“ビッグ3”の一人であるパフ・ダディことP.ディディ(P. Diddy)が今年だいぶ流行った楽曲「Gotta Move On」のREMIXをリリースしました。(ちなみにのちなみに,City Girlsのヤング・マイアミは最近こちらのTV番組を放映開始して,アメリカの若者女子に大人気であります。)

それがこちらです。

Diddy feat. Bryson Tiller REMIX with Yung Miami & Ashanti – “Gotta Move On REMIX”

ちなみに下記のMVはニューヨーク市で撮影されました。こうして観ると,ニューヨークに住んでいるのもわるくないと思ってしまいます。ここにいられることに感謝。

(文責:Jun Nishihara)

Caresha Please:インタヴュー映像(City Girls, Megan Thee Stallion, そしてディディ)

現代ヒップホップに最も影響を与えている3名のMCのインタヴューを掲載いたします。

まず1人目はシティ・ガールズ(City Girls)から、ヤング・マイアミの相方であるJTです。ヤング・マイアミ(本名:カレーシャ)がインタヴュアーを務める新番組『Caresha Please』から、相方(JT)をインタヴューするというものです。

そして2人目、メィガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)です。最近ニューアルバム『Traumazine』をリリース。当サイトでも何度も取り上げさせてもらったアーティストです。

そして3人目、ディディ(Diddy)AKA パフ・ダディ(Puff Daddy)です。最近、ブライソン・ティラー(Bryson Tiller)をfeat.した新曲「Gotta Move On」を発表しました。90年代~2000年代初頭にかけてのクラブ全盛時代へのオマージュ曲です。

(文責&キュレーティング:Jun Nishihara)

今年のRolling Loud2022出演者の一人=Lakeyahのミュージックビデオを5曲。


(上記の黄色ハイライトで囲んだ人です。)

まずはラットー(Latto)をfeat.した激アツのストリート・シングル曲=「Mind Yo Business」から。

① Lakeyah feat. Latto – “Mind Yo Business”

② Lakeyah – “Record Straight”

③ 2021年米誌XXL開催のFreshman Cypher

④ Lakeyah Freestyle “Fire in the Booth”

⑤ Lakeyah feat. City Girls – “Female Goat”

なかなかヤルやん,このギャル姐やん。

(文責:Jun Nishihara)

さらに再び、アトランタ出身の最近ノッてる女子MC=LATTO深夜バラエティ番組登場!

ラトー(LATTO)については当サイトにて、ここでも、ここでも、さらにここでも、掲載いたしましたので、紹介はもう不要かと思います。

そのラトーが、いよいよ、全国ネットのTV番組に登場しました。本年(2022年)4月7日(木)の深夜バラエティ番組である「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に於いて、全米TVネットワークで新曲を披露しましたので、下記に掲載しておきます。

Latto – “Sunshine” & “Big Energy” (Medley) (from The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)

(文責:Jun Nishihara)

再び、アトランタ出身のラトー(Latto)のフリースタイルを3件。

以前、ラトー(Latto)について書きましたが、彼女は最近ノリに乗っているので、このまま勢いを継続させるという意味合いから、引き続いてフリースタイルを3件、掲載しておきます。

1.NYのヒップホップ&R&Bラジオ局=HOT97のファンクマスターフレックスの「Funk Flex Freestyle」に登場したラトー(Latto)をどうぞ。

2.LAのヒップホップラジオ番組=L.A. Leakersでフリースタイルした彼女をどうぞ。

3.コダック・ブラックのシングル曲「Super Gremlin」をフリップしたフリースタイル「Super Gremlin Freestyle」をどうぞ。

(文責&キュレーティング:Jun Nishihara)

Megan Thee Stallion 及び Dua Lipa による新曲「Sweetest Pie」登場。

前回のLattoに続いて、今回はMegan Thee Stallion(メーガン・ジー・スタリオン)及びデュア・リパ(Dua Lipa)です。メーガン・ジー・スタリオンについては、本サイトで幾度となく取り上げました

ヴィジュアルのコンセプトはメーガンによるもの。3月11日(金)にMVとともにリリースされました。

Megan Thee Stallion & Dua Lipa – “Sweetest Pie”

(文責:Jun Nishihara)

Lattoの新曲「Wheelie」、妖麗な姿でMV登場。

Jermaine Dupri(ジャーメイン・デュプリ)という音楽界の「生きた化石」のようなHip-Hopプロデューサーがおりますが、そのデュプリ(以下、J.D.)が主催の「次世代ラッパー発掘TV番組」=『The Rap Game』のシーズン1を飾る優勝者がMiss Mulatto(現在、Lattoに改名)です。

Latto(ラトー)については、こちらでも取り上げたことがありますが、現在もその人気とラップスキルとエロさはグングン伸び上昇中です。

この週末に、1曲、リリースしましたので、掲載しておきます。また、相棒の21サヴェッジ(21 Savage)のラップがたまんねぇですね。

Latto feat. 21 Savage – “Wheelie”

(文責:Jun Nishihara)

これは、来る。今年、来る。最強女子ラッパー=ネジ・モモドゥ登場!!

最強女子ラッパー、現る。
2022年2月4日にリリースされた、まだまだ無名の最強女子ラッパー=ネジ・モモドゥ(Nezi Momodu)がこのようなミッシー的なミュージックビデオをリリースしました。

Nezi Momodu – 「N.E.Z.」

ミッシー的な、と言ったのには理由があり、1997年5月にリリースされた「The Rain (Supa Dupa Fly)」もこちらに掲載しておきます。

Missy Elliott – 「The Rain (Supa Dupa Fly)」

ネジ・モモドゥ(Nezi Momodu)は数年ぶりに上記のシングル曲をリリースしましたが、実は、彼女、6年前の学生時代にこういうフリースタイルを載っけています。

Nexi Momodu Freestyle Cypher at Texas Tech University

私の個人的な印象としては、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)やカーディ・B(Cardi B)などのラティーナ系アメリカ人の女子ラッパーが名を馳せることが多い中、このようにアフリカにルーツを持ち、アメリカ深南部であるテキサス育ちの女子ラッパーが今年“キタ”らおもしろいなぁと思っています。

最後にフージーズ(The Fugees)のビートを下敷きにしてラクラクフリースタイルをカマすネジを掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)