DJキャレド,新曲「Higher」を故ニプシー・ハッスルを迎えてミュージックビデオと同時リリース。

ニプシー・ハッスルが亡くなる数日前に撮影されたミュージック・ビデオ「Higher」は,DJキャレドのニューアルバム『Father of Asahd』に収録されております。

https___images.genius.com_bc546b0db1c5b1db00102de88e86495e.1000x1000x1-1
(写真はDJキャレドが溺愛する息子=アサド(Asahd)です。)

5月15日(水),自身のインスタグラムでDJキャレドは,新曲「Higher」の全収益を故ニプシー・ハッスルの遺族へ寄付することを発表いたしました。

ニプシー・ハッスルには二人の子供がいました。イマーニちゃんとクロス君です。この曲「Higher」で,ニプシー・ハッスルはこうラップしております。

Los Angeles love kinda of like Hussle and Boog
Emani turned ten, Kross turned two

ロサンゼルスへの愛,ハッスルとブーグのよう
イマーニは10歳になり,クロスは2歳になったばかり

註釈:
ブーグとは,ニプシーのフィアンセ=ローレン・ロンドンのこと。

ニプシーは亡くなる直前にこうして家族の名前を自身のラップに含めた,というのは,なんというか,不思議なものです。よくやるギャングの闘争のこととか,コカインを売りさばいてどれだけ稼いだとか,そういうことをラップするのではなく,死ぬ前に収録した曲に,こんな素晴らしいリリック(歌詞)を書くのは,彼がどれだけ家族思いだったかというのを象徴しているようです。

ニプシーは曲の冒頭でこうラップしています。

My granny 88, she had my uncle and then
A miscarriage back-to-back every year for like ten
Pregnant with my moms, doctor told her it was slim
Was bed rode for nine months, but gave birth in the end
Pops turned 60, he proud what we done
In one generation, he came from Africa young
He said he met my moms at the Century Club

バアちゃんは88歳,俺の叔父を最初に産んで,その後・・・
流産を繰り返した,毎年,それを10年間
そしてついに子を身ごもって,ドクターの検診で,栄養失調と言われた
9ヶ月ベッドで寝たっきり,でもついに産んでくれた,俺のかあちゃんを
オヤジは今60際,俺らがやってきたことを誇りに思ってくれている
世代をしょって,アフリカから若くして,移民としてこの国に行き着いた
オヤジは言う,「センチュリー・クラブって飯屋で,おまえのかあちゃんと出逢った」と

ニプシーのおばあさんは流産を11回繰り返した後に,ようやくニプシーの母親を身ごもったようです。ニプシーはインタヴューでこう語っておりました。「もしあの時,流産を繰り返していたバアちゃんが妊娠することを諦めていたら,じぶんはここに生まれていなかった」と。

曲中のサビでジョン・レジェンド(John Legend)がピアノを弾きながら,「We keep goin’ higher… higher…」と歌う時,ニプシーの魂が大空に高く,舞い上がっていくように感じられます。

ヴァース1は家族への想い,ヴァース2は生まれ育ったL.A.のストリートについてラップするニプシー。こうして見ると,この曲はニプシーの生き様をぎゅっと凝縮したような内容になっております。

【ご参考】
ニプシー・ハッスル(本名:アーミアス・アスゲドム(Ermias Asghedom))については以下もご参照願います。

☆第8位「本物のヒップホップファンであるのなら,ニプシー・ハッスルのアルバム『Victory Lap』を通しで聴くべし」(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング)

☆追悼:ニプシー・ハッスル(Nipsey Hussle)

☆スヌープ・ドッグからの追悼の言葉(ニプシー・ハッスルへ)

☆ジェイZの“B-Sides”ライヴ・コンサート(その②:ニプシー・ハッスルへの追悼フリースタイル対訳)

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

Advertisements

スヌープ・ドッグからの追悼の言葉(ニプシー・ハッスルへ)

4月11日(木),ニプシー・ハッスルのお葬式及び追悼式がニプシーの出身地であるL.A.(ロサンゼルス)の最大ヴェニューであるステープルズ・センター(Staples Center)で行われました。

190411152309-06-nipsey-hussle-memoria-screengrab-exlarge-169

190411124530-03-nipsey-hussle-memorial-0411-exlarge-169

190411135158-12-nipsey-hussle-memorial-0411-exlarge-169

いろいろな方々が追悼式に参列してくださいました。その中には同じ出身地で,同じギャング(Crips)の出であるスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)もいました。

以下は,スヌープからの追悼の言葉です。

最後にバラク・オバマ大統領からニプシー・ハッスルに宛てて書かれた追悼の言葉を掲載しておきます。

D35EhvhUYAAQJCT

(文責:Jun Nishihara)

追悼:ニプシー・ハッスル (Nipsey Hussle)

Lauren-London-Nipsey-Hussle-1024x681

これ程までに,同業者から愛されているラッパーは,今までいなかったでしょう。
いわゆるヒップホップ業界で勤めている人間,つまり,ラッパーやプロデューサー,そしてDJ達に,ここまで愛されてきたMC(ラッパー)はそうそういなかったと言えます。それが,ニプシー・ハッスル(Nipsey Hussle)でした。

彼が亡くなったのは米国西海岸時間の3月31日でした。あれから9日が過ぎようとしている現在も,あらゆるソーシャルメディア(ツイッターやインスタグラム)などで,今も,彼の写真や動画,音楽がアップされ続けています。そしてそれをアップしているのは,一般大衆のファンのみなさんであることは勿論ですが,この場合,同業者たち,つまり,ドレイクやディディ(P.Diddy),ネリー,ルーペ・フィアスコ,ビーニー・シーゲル,NBAスターのレブロン・ジェイムス,B.ドット,ミーク・ミル,ピート・ロック,DJクルー,スウィズ・ビーツ,ファボラス.DJキャレド,YG,ザ・ドリーム,ティアナ・テイラー,タイガ,プッシャT,デイヴ・イースト,そしてスヌープ・ドッグたちもあわせて,ニプシー・ハッスルの写真や動画をインスタにアップし続けています。

ニューヨーク市のベテランDJにDJグリーン・ランターン(DJ Green Lantern)という有名なヒップホップDJがいます。彼の拠点はもちろんNYですが,LA出身のニプシー・ハッスルとジェイ・ロック(Jay Rock=ケンドリック・ラマーのレーベルTDEで活躍中の今まさにアツい男)を迎えて,フリースタイルのラップを披露したことがありました。もう10年前のハナシです。こちらの映像です。

冒頭の「The night Red and Blue made Green(赤と青が緑を作った夜)」というのは,赤(Red)がジェイ・ロック,青(Blue)がニプシー・ハッスル,そしてグリーンは勿論DJグリーン・ランターンですね。

ギャング関係で色分けをしているわけですが,もう一人,西海岸(ウェッサイ)で最近の重要人物はYGです。YGも「brother from another color(色は違えど兄弟(ブラザー))」とニプシーのことを呼んでいました。

こういった際には,ギャングの色分けなど関係ないということでしょう。

ちょうど昨年,ここのブログでも,ニプシー・ハッスルを取り上げました。(→第8位「本物のヒップホップファンであるのなら,ニプシー・ハッスルのアルバム『Victory Lap』を通しで聴くべし」(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング)

なお,ニプシー・ハッスルの追悼式(Memorial Service)は,彼の生まれ育った故郷であるロサンゼルス(LA)を象徴する大ステージ=ステープルズ・センター(Staples Center)で4月11日(木)に開催される予定です。

この場所は,マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が亡くなった際にも追悼式が開かれた場所です。

一部報道では,ラッパーがこの偉大なる場所で追悼されるのは異例のケース,つまり,どれだけニプシー・ハッスルという人物が偉大であったかを物語るものである,と報道されています。

(文責:Jun Nishihara)