黒人音楽の月であり奴隷解放記念日であるJuneteenthに,ティアナ・テイラー (Teyana Taylor)新盤をリリース。

黒人音楽の月(Black Music Month)に相応しいアルバムリリースとはこのことです。

ティアナ・テイラー(Teyana Taylor)の新盤『The Album』が2020年6月19日(黒人奴隷解放記念日=Juneteenthの日)に解放=リリースされました。

Teyana-Taylor

実はティアナ・テイラーと当サイトの進むべき方向性は似ていると思っております。彼女は1990年生まれで,まだ29歳であるにもかかわらず,まさに90年代のR&Bミュージックで奏でられた「音と声」を現在のブラック・ミュージックに蘇らせているのが彼女であります。つまり,90年代の音楽がティアナ・テイラーを媒介とさせて生きている,ということです。「旧い音楽」というものが,こうしてティアナ・テイラーのようなアーティストが出現することにより,30年の周期で蘇っているのであれば嬉しいです。

勿論新しい体系の音楽も若者の黒人音楽も素晴らしいですが,同時に「聴き続けられるべき音楽」をこのように蘇らせてくれるのも素晴らしい。この両サイドをバランス良くとらえて楽曲に昇華させているのがティアナ・テイラーであり,それは同時に当サイトが目指すところでもあります。

ティアナ・テイラー(Teyana Taylor)の新盤『The Album』では,エリカ・バドゥ(Erykah Badu・・・出た!)やローリン・ヒル(Ms. Lauryn Hill)をフィーチャリング・ゲストとして迎えており,ティアナの芸への熱が感じられます。

楽曲4「Lowkey」でエリカの声が聞こえる瞬間,たしかに「おぉっ!」となりますね。ティアナとエリカのヴァースはこの楽曲では明確に区別されており,そこがエリカの偉大さに対するティアナの敬意のように感じられます。

楽曲5「Let’s Build」はしっとりとしたメロディーの楽曲です。ミーゴスのメンバーであるラッパーQuavoを迎えておりますが,これはQuavoがジョインした曲の中でも最もオトナっぽいしっとりとした曲の類に入るのではないでしょうか。

楽曲6「1800-One-Night」は,ティアナ自身がプロデューサーとして関わった楽曲です。つまり,「ワン・ナイト・スタンド(一夜だけの愛)」をテーマにした曲ですが,官能的な歌詞にしても,ティアナが制作したアンビアンス溢れるメロディーにしても,そういった夜があれば,まさにこの曲,使えます。そして次の楽曲7「Morning」(一晩明けた後の朝)へ移る移行(transition)は格別です。このあたり,楽曲5でしっとりとして,楽曲6でエロくして,楽曲7で朝を迎える,という風にグラデーションのように並べられているのはシングル曲では味わえないアルバムならではの聴き方でもあります。そして次・・・

楽曲8でミッシー・エリオット(Missy Elliott)を迎え,プロデューサーはティンバランド(Timbaland),簡単に踊れる曲ではないですが,メロディアスなビートにもかかわらず「静かに踊れる」曲になるでしょう。ここら辺はちゃんと90年代〜2000年代初期のR&Bを聴いて大きくなったティアナの生粋ぶりが発揮されていると思います。これは5分31秒の楽曲ですが,5分00秒に入った時点で,いきなりベース音とドラムマシンのサウンドが強くなり,曲が終わる寸前5分26秒でビートがダン・ダン・ダンとトラップ・ミュージックに変更しかけるのは,これは昔っからティンバランドが使っている手法で「次の曲への移行(transition)を予告することもあれば,新しい別の曲を披露しようとするがしないという寸止めのワザ(teasing)」でもあります。ティンバランドはこういうワザをたまに入れ込んでくるので,無意識的にもっと聴きたいという欲望が強くなります。この5分26秒のトラップ・ビートの箇所は,ヘッドフォンか何かで良く聴かないと聞こえないですので,御留意下さい。

楽曲10「Killa」及び楽曲11「Bad」は中南米の雰囲気が味わえる曲です。カリビアンもしくはジャマイカン。リアーナを彷彿とさせますが,声は全く違います。ティアナのドスの効いた奥深い声が響きます。このアルバムでは珍しい毛色になりますが,決して孤立していない(浮いていない)というところが,一貫性(consistency)を感じさせます。

楽曲16「Concrete」は名曲となる予感がします。コンクリートの街であるニューヨークはハーレム(Harlem)出身のティアナらしい題材です。同曲に,こういう歌詞があります。

Gaslightin’ my emotions
Somehow you got the notion
A woman’s better broken, but nigga, don’t provoke me
When I get reactive you tell me to chill
That’s that toxic shit that I don’t feel

溢れる感情にライターで火を点けて
あなたは気づいているフリをする
女は傷ついた状態が最高の状態なんて,ニガ,ふざけんな
あたしが激昂すると,あんたはチルしろ(おちつけ)なんて言う
そんな言葉にあたしは毒されないわ
 ー Teyana Taylor「Concrete」ヴァース2より。
(対訳:Jun Nishihara)

他にもほんとうに話題に溢れる楽曲満載の同アルバムですが,最後にもう1曲取り上げます。楽曲20「Friends」は解りますか?ミュージック・ソウルチャイルド(Musiq Soulchild)の名曲「Just Friends (Sunny)」を元ネタにサンプリングしているのです。2000年にリリースされた曲,ちょうど20年前!もうここら辺が私は,ティアナに共感・共鳴する大きな要素となっているんですよねぇ。

ちょっと聴き比べてみてください。まずはティアナから。

Teyana Taylor – “Friends”

そして元ネタ。

Musiq Soulchild – “Just Friends (Sunny)”

ティアナ・テイラーのこのアルバム,ひとまずは一通り,ご一聴してみてください。

(文責:Jun Nishihara)

「黒人音楽の月(Black Music Month)」=6月,そして黒人デモ・ムーヴメント。

アメリカ合衆国には「黒人音楽の月(Black Music Month)」として制定された月があります。「6月」ですが,これは1979年のジミー・カーター大統領政権が定めたもので,同年6月7日に施行されました。

正式名称は「African-American Music Appreciation Month(アフリカ系アメリカ人音楽を味わい楽しむ月)」ですが,2016年オバマ大統領は,この月に,オバマ自身の言葉で「to dance, to express our faith through song, to march against injustice, and to defend our country’s enduring promise of freedom and opportunity for all.(踊って,歌をとおして信条を表現し,世の不当な仕打ちに対してマーチングする月である。そして,国民全体のため,自由と機会を約束するというこの国(米国)の土壌を守るための月である。」として,オバマ大統領は黒人音楽の月である6月にそういった意味を込めました。

現在,白人警察による黒人への暴行事件に対するデモが全米各地で勃発しておりますが,それがこの月6月に起きているということと,加えてJuneteenth(黒人奴隷解放記念日)である6月19日も6月にあたるということ。なにかとこの6月という月は,いろいろな意味で黒人音楽に関係している月であります。

この6月にむかしから連綿と続く黒人音楽の良さをカラダ全体で感じることを目的として,以下,「これこそが黒人音楽!」というものを「ヒップホップ及びラップ以外の黒人音楽」という制限のみを設けて,キュレーティングしておきたいと思います。

Marvin-Gaye-I-Want-You-album-cover-820

まずは,オバマ大統領も言っていたように「to dance, to express our faith through song」という表現が似合う「黒人音楽のおとん(父)=James Brown」からスタートです。

1. James Brown – “Say It Loud – I’m Black and I’m Proud”(以下ビデオでは,ジェイムス・ブラウンのみが踊り,観客の白人はほとんどカラダを動かしていないシーンがある,というのが時代を反映しているようで興味深いところがあります。)

2. Marvin Gaye – “What’s Going On”(これは1972年のライブ映像ですが,この7年後にカーター政権が黒人音楽の月を制定したのでした。この曲そのものも,まさに「白人警察による黒人への暴行事件に影響を受けて書かれた曲」だったのでした。)

3. Donna Summer – “I Feel Love”

4. Earth, Wind & Fire – “September”

5. Chaka Khan – “Through The Fire”

6. Melba Moore – “You Stepped Into My Life”

7. Banda Black Rio – “Miss Cheryl”

8. Patti LaBelle – “The Spirit’s In It”

9. Bob Marley & The Wailers – “Get Up, Stand Up”(これは1973年に書かれた曲で,当時のハイチの貧困さに影響されて制作された楽曲です。サビでは「起き上がれ,立ち上がれ」とひたすら連呼されます。)

10. Diana Ross – “Brown Baby / Save the Children”

11. Carol Williams – “Dance The Night Away”

12. Solange – “Binz”(黒人女性の肌の色や身体をまさにappreciate(敬慕する)ということをテーマに描かれた楽曲が2曲続きます。1曲目はソランジュです。)

13. Ari Lennox – “BUSSIT”(アリ・レノックスの官能的な映像ですが,黒人女性が誇りとすべきものをもう少し世に広めるべしといった信条さえも窺えます。)

14. Erykah Badu – “On & On”(エリカ・バドゥの奇才ぶりを世に知らしめることとなった,そのおおもとの楽曲です。)

15. Stevie Wonder – “Black Man”

16. Curtis Mayfield – “The Makings of You”

17. Al Green – “Simply Beautiful”

18. Ohio Players – “I Want To Be Free”

19. Teddy Pendergrass – “Love T.K.O.”

20. Aretha Franklin – “Call Me”

(文責及びキュレーティング:Jun Nishihara)