ケンドリック・ラマー『Mr. Morale & The Big Steppers』出た。現時点での印象について。

米国時間5月13日(金)午前0時に、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の新盤『Mr. Morale & The Big Steppers』がリリースされました。

現在こちらNYは14日(土)午前11時ですが、リリースされて1日が経ち、少しおちついて聴き始めることができている状況です。

聴き始めてまだ時間は経っておらず、聴く回数も追いついておらず、全く理解もできておらず(というか、これから)というこの段階で本アルバムについて書くことはまだ何も無いのです。

ただひとつ受けた印象といえば楽曲「Worldwide Steppers」で「全てを捨てた」、ということ。この楽曲をぶち込んだことにより、本アルバムに対するグラミー賞の期待を捨て、世の中の評論家が下すアルバムに対する評価なんて気にしない、まさか2度目のピューリッツァー賞なんて求めていない、ということを世に発表したような印象を受けた。このリリックをあえてスピットすることにより、ポリティカルコレクトネス(PC)に沿った評価を下す世の当局・政府・国・評論家軍団の期待を裏切った、ということ。評価の対象ではなくなった(というかケンドリック側から、評価の対象とされることを断った)ことにより、あとは(4曲目以降は)ケンドリックの思うがまま自由に羽ばたいて芸術作品を作ることができるようになった、ということを示唆している印象を受けた。

世の中がどういった評価を下すか気にして作った音楽なんておもしろくないので、世界中の「steppers」へ向けた楽曲を1つぶち込むことにより、ステップをしない評論家を遠ざけたアルバムにした、ケンドリックの意志がこちらに伝わった。

欲張ってもうひとつ言えることがあるとすれば、成長。
ジェイ・Zにおける『4:44』が、ケンドリックにおける『Mr. Morale & The Big Steppers』であるように見受けられる。が、それにしても成長のスパンが短すぎるように思う節も正直ある。ジェイ・Zに関しては、デビュー後21年目に『4:44』をリリースした。公式アルバム13枚目。ケンドリックに関しては、デビュー後10年目に本アルバムをリリースした。公式アルバムとしては5枚目。世代も変わり、成長のスパンも短期化しているのかもしれない、という印章を受けた。(アルバムリリース前夜の楽曲「The Heart Pt.5」では、あらゆる人に入れ替わって、人生についても語った。それも成長の一部と見ることができるかもしれない。)

ということで、今のところはこの2つです。
①評論家の期待に対するケンドリックによる意図的な裏切り
②ケンドリックの成長

2022年5月14日(土)時点では以上です。
引き続き本件アルバムに対する思想は変わりゆくかもしれませんが、記録しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

ブラック・スター(black star)再結成!ヤシーン・ベイとタリブ・クウェリ。

1998年に当時モス・デフ(Mos Def)という名で活動していたブルックリン出身の天才MCが同じくブルックリン出身の同輩であるタリブ・クウェリ(Talib Kweli)とユニットを組み、ブラック・スター(Black Star)という名で1枚の名盤アルバムをリリースしました。

それが・・・

『Mos Def & Talib Kweli are Black Star』というアルバムでした。

あれから24年の年月を経て、ふたりは再結成。もっともモス・デフ(Mos Def)は改名していまやヤシーン・ベイ(Yashiin Bey)という名であまり公には顔を出さずに活動をしています。タリブ・クウェリ(Talib Kweli)はヤシーンとは対照的で、引き続きアルバムをリリースしており、直近では昨年(2021年)4月に『Gotham』(ゴッサムシティ=ニューヨークシティ)を出したばかりでした。

その盟友ふたりが再結成したブラック・スター(black star)として新たにリリースしたのが、こちら。

タイトルは『no fear of time』。
「時間を怖がらない」(時間が経つのを怖がらない)という意味ですが、まさにこのふたりは今やHIP-HOP界で長年生き残ってきた言わば大ベテラン・アーティストです。もう「ラッパー」と呼ぶには年を取りすぎている(ヤシーンは49歳、クウェリは47歳)。「若者」とは言えない。ラップ(Rap)じゃなくて、ヒップホップ(Hip-Hop)と呼ぶのがしっくりくる年代。ラッパーではなく、MCと呼ぶのがしっくりくるふたり。

そのふたりがどのような音楽を作るのか。
ここで聴けます(↓)(注:Luminaryという米ポッドキャストをサブスク必要ありますのでご留意を。)

Luminary Podcasts

ご参考までに、楽曲1「o.G.」を掲載しておきます。

このカッコ良さは、昔からMos Def及びTalib Kweliを聴いてきている人にはすぐわかります。このケイダンス(cadence)と間の取り方、スワガー(swagger)、その他諸々、この辺の奥行き、奥深さは、最近の若手ラッパーが出す作品ではあまり楽しめないので、ベテランのMCならではの楽しみ方のひとつではあると思います。

(文責:Jun Nishihara)

ここへ来てフューチャー(Future)のアルバム『I NEVER LIKED YOU』がリリース!

5月にニューアルバムをリリース予定のケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)へ告ぐ。
フューチャー(Future)が出したこのアルバム『I NEVER LIKED YOU』を聴いて、慄くが良い。このアルバムを凌ぐことは相当難しいぜよ。

と、若干挑戦的な出だしで始めてみました。

プッシャ・T(Pusha T)のアルバムの次はケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)のアルバムだな、と思っていた諸君。

あいだにフューチャー(Future)がぶち込まれてきました。しかも、今回、クオリティ、かなり高めです。

2曲、掲載しておきます。
この2曲だけでは、アルバム全体の良さが伝わらないかもしれない。
というくらい、質は高いです。

まずは、カニエ・ウェスト(Kanye West)をfeat.したこの楽曲 - 「KEEP IT BURNIN」です。
カニエのヴァースが狂気の沙汰。
何回、set it offいうんやと。
フューチャーのふざけたbankのところとかね。
完全に真剣にラップやってるやつらをあざ笑うが如くの余裕さで恰好良い。

先週金曜日(4/29)にオフィシャルミュージックビデオが出ました。

2曲目は雰囲気がガラッと変わって、バラード系を。
ドレイク(Drake)及び最近ドレイクのアルバム『Certified Lover Boy』でもfeat.されたナイジェリア出身のソウル・シンガー=テムス(Tems)をfeat.した楽曲「WAIT FOR U」です。

Future feat. Drake & Tems – 「WAIT FOR U」

おまけに、調子に乗ってもう1曲。

Future – 「LOVE YOU BETTER」

先日リリースされたPusha Tの『It’s Almost Dry』アルバムとは景色/毛色は全く異なりますが、いずれも、2022年トップ10に余裕で入るというアルバムがはやくも登場してしまいました。

益々、ケンドリックのアルバムが愉しみでなりません。

(文責:Jun Nishihara)

出ました、プッシャ・Tのニューアルバム『It’s Almost Dry』!

1曲目からファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)の怪しげなビートでスピットするプッシャ・T(Pusha T)です。

1曲目:Pusha T (prod. by Pharrell Williams) – “Brambleton”

2曲目も引き続きファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)のイカレたビートでスピットする同じくプッシャ・T(Pusha T)。

2曲目:Pusha T (prod. by Pharrell Williams) – “Let the Smokers Shine the Coupes”

大ボスが出現したシーンでかかりそうな音楽です。なんじゃこれは。

アルバム全体的に、ファレルとカニエのビートで創作されているという、なんとも贅沢な仕上がり。

●ファレル(Pharrell)が手掛けたビートの楽曲番号:1、2、4、8、9、11
●カニエ(Kanye)が手掛けたビートの楽曲番号:3、5、6、7、10、12

全楽曲12曲で構成されているアルバム中、丁度ファレルとカニエで半々(6曲)ずつ手分けしてプロデュースしたアルバムという構成です。

ファレルとカニエの音の違いを聴いてみるだけでもおもしろいアルバムですが、プッシャ・T(Pusha T)が描き出すイメージを想像して聴いてみるのも良いでしょう。

飛んで、こんどはカニエ・ウェスト(Kanye West)制作のビート、12曲目の「I Pray For You」を掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

コーチェラ(Coachella)でケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)登場。

先々週末及び先週と2週に亘って米国カリフォルニア州コーチェラで開催されたアメリカ最大のミュージック・フェス=Coachella(コーチェラ)ですが、ヒップホップ・ヘッズにとって最大のサプライズの1つは、4月22日(金)、ベイビー・キーム(Baby Keem)のステージにケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が登場したことでしょう。(因みに、ベイビー・キーム(Baby Keem)は今年4月3日に開催されたグラミー賞でケンドリック・ラマーをfeat.した楽曲「family ties」において、「Best Rap Performance(ベスト・ラップ・パフォーマンス)賞」を受賞しました。)

ケンドリック・ラマーが登場したステージがこちらです。

因みに、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)は、自身のpgLangレーベルをとおして、全世界が待望する次のアルバムのリリース日を以下のとおり発表したところでした。それも先週の大ハイライトの1つ。

ニューアルバムのリリース予定日は2022年5月13日。タイトルは『Mr. Morale & The Big Steppers』。
moraleというのは「士気、意気込み、気力」という意味で、ビッグ・ステッパー達の中で異彩を放つ一人のMr. Morale野郎。倫理を意味するモラル(moral)とは異なりますのでご注意を。

因みに、我らがメーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)のステージの映像を2件、掲載しておきます。

Megan Thee Stallion – “Plan B”

Megan Thee Stallion – “Megan’s Piano”

なお、ついでに、2022年のコーチェラ(Coachella)フェスでの見どころはいろいろありますが、livestreamを介し、生で観ていて、最も演出的に凄まじかったのは、マデオン(Madeon)でした。画面越しだとパイロテックスやライティングが物凄く、目が痛かったのですが、いや、しかし、これもマデオンが創る意図的な世界だったのだと、彼が創る音楽の世界に全く魅了されてしまいました。

https://youtube.com/shorts/GlW8Rwwvt7I?feature=share

最後に、コーチェラ(Coachella)での注目度は低かったですが、コアなファンは勿論こちらも観てました。フレディ・ギブス&マッドリブ(Freddie Gibbs & Madlib)のステージです。

Freddie Gibbs & Madlib – “Something to Rap About (Live at Coachella 2022)”

(文責:Jun Nishihara)

アリシア・キーズ(Alicia Keys)のニューアルバム『KEYS』から数曲掲載。

アリシア・キーズ(Alicia Keys)が昨年12月にニューアルバム「KEYS」をリリースしておりますので、同アルバムから収録楽曲を数曲掲載しておきます。

まずはマイク・ウィル・メイド・イットがビートプロデュースを手掛け、同アルバムのリードシングルとしてリリースされた「LALA (Unlocked)」です。

続いてHip-Hop界の大物プロデューサーであり、アリシア・キーズの旦那であるスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)をカメオに迎えたMV(楽曲名は「Best of Me」)です。ビート・プロダクションはこちらもマイク・ウィル・メイド・イットの仕業。RCAレコーズから2021年10月28日にシングルカットされ、リリースされました。シャーデー(Sade)の「Cherish The Day」を下敷きにサンプリングとして起用しております。

次は、Pusha Tをフィーチャリングに迎えた「Plentiful」です。

最後にこちら。
アリシア・キーズが今回のアルバム『KEYS』をリリースするにあたって、”KEYS: A Short Film”と題してドラマ風の動画を配信しましたので掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

レイアナ・ジェイ(Rayana Jay)のニューアルバム『Last Call』はムードたっぷりのR&Bミュージック。

レイアナ・ジェイ(Rayana Jay)については、当サイトでも数回取り上げました

そのレイアナ・ジェイが本年1月28日にニューアルバム『Last Call』をリリースしましたので、同アルバムの収録楽曲を幾つか掲載しておきます。

Rayana Jay – “Intro”

Rayana Jay – “Last Call”

Rayana Jay – “Blame It”

なお、以下の動画については、2020年6月にこちらのページでも取り上げましたが、久しぶりに再掲しておきます。

(キュレーティング:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト、次のアルバム『DONDA 2』が出るとされる2022年2月22日までスマホを使わない宣言。

右腕のマッサージを受けながら、カニエはこう言います。

I don’t have a phone until 2.22.22.
My focus is taking my kids to school and finishing the album.

2022年2月22日までスマホは持たない。
子どもを学校に通わせることと、アルバムを完成させることに集中したいんだ。

第1位:カニエ・ウェスト (YE) のアトランタ及びシカゴでの計3回のリスニング・パーティー,日曜日のサンデー・サービス,ドレイクとのLIVEコンサート,Revolt TV番組「Drink Champs」への出演,Rolling Loud 2021でのフューチャーとの共演,そして,アルバム『DONDA』のリリース(2021年最高のHIP-HOPモーメントBEST 10)

表題のとおりです。
ひとつずつ,挙げていきます。

カニエ・ウェスト(Kanye West)のリスニング・コンサート第1回目 @ アトランタ(7月22日)

カニエ・ウェストのリスニング・コンサート第2回目 @ アトランタ(8月9日)

カニエ・ウェストのリスニング・パーティー第3回目 @ シカゴ(8月26日)

カニエ・ウェスト率いるサンデー・サービス(Sunday Service)(下記の映像は12月26日のもの)

カニエ・ウェスト(Kanye West)及びドレイク(Drake)との共演LIVEコンサート(12月9日)

カニエ・ウェストのREVOLT TV番組「Drink Champs」への出演(第1回目:11月5日)

カニエ・ウェストのREVOLT TV番組「Drink Champs」への出演(第2回目:11月11日)

Rolling Loud 2021でのフューチャー(Future)のステージにカニエ・ウェスト(Kanye West)登場(12月12日)

そしてアルバム『DONDA』リリース(8月29日)

2021年の第1位は,ようやくカニエ・ウェスト(Kanye West)に決まりです。このサイトを始めて,毎年,年末年始にランキングをやってきましたが,2018年:ミーク・ミル(Meek Mill),2019年:メーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion),2020年:2年連続でメーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)でしたが,ようやくカニエが第1位を飾る年がやってきました。

なお,ドレイク(Drake)については,ランキングを開始してから毎年トップ10入りを果たしていましたが,今年ニューアルバム『Certified Lover Boy』をリリースしたにもかかわらず,初めてランクインから外れてしまいました。

2021年も当サイトに来てくださり,ありがとうございました。
本年2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

(文責:Jun Nishihara)

第4位:2021年,あの世にいっちまったDMXへ捧げる俺からの個人的な哀悼。

個人的に高校生の頃初めて聴いて度肝を抜かれたDMXというラッパーがいました。初めて聴いたアルバムは『…And Then There Was X』でした。まず囁き声で「Ruff Rydersss」と聞こえ始め,その後,本物の猛犬が鳴いているのか,DMXの鳴き声なのか判別し難いほど,あらゆる犬の鳴き声が聞こえてくるという冒頭で開始するアルバムです。そして,吃(ども)り声のお経がはじまったのかと思わせるようなDMXのラップ及びフロー。こんなアルバムは聴いたことがないと,当時Limp Bizkitにのめり込んでいた私は思ったわけです。その頃から,地元の高校の近くにあったTower Recordsに通っては,お金があんまり無かったので,CDの視聴コーナーでDMXとジェイ・Zがどちらが強いか(当時,私はどっちが“強いか
”という打撃力でラッパーたちを比較していました)と聴き分けながら,遊んでいました。その頃から,ラップを「聴き分ける」というスキルを身につけたんだと思います。当時から英語は得意・好きでしたから,英語のラップもなんとなく解りました。当時はインターネットなんて無い時代でしたから,リリックは歌詞カード(をWAYというレンタル屋さんで借りては家に唯一あったFAX機で大量にコピーして,歌い込んで覚え込んでいました)が頼りでした。

ラッパーを打撃力で聴き分けるというのは,当時,DEF JAMレコーズの日本支部が独自に出していたラップ・カード(当時は1998年頃ですよ!)で「HPとMP(これは攻撃力と魔力に分けたドラクエの影響ですね)」に分けて,パワーを表示していたものに起因します。それに影響を受けて,いろんなラッパーを私なりに「HPとMP」に分けて聴いていた,というわけです。

ですから,DMX愛が始まったのは,かれこれ,もう23年前のことです。

その後,私はオハイオ州の高校に高校4年生(いわゆるアメリカでいうsenior class)として留学し,白人のクラスメートの家に行って,DMXやジェイ・Zやスヌープ・ドッグの音楽を聴いたのです。別のクラスメートに,ベトナム系のアメリカ人がいて(親はベトナムからの移民で,そのクラスメートはアメリカ生まれアメリカ育ちのベトナム人ですね),そいつの部屋にはシャワーもあり(自分の部屋にシャワーがあるアメリカ人の高校生の家にあこがれた!),ベッドルームにはロッカフェラ(Roc-a-fella)レコーズのロゴやアーティストのポスターだらけだったことに感動し,その瞬間私はDMXは負けた,これからはジェイ・Zの時代だ,と悟ったのです。

その時から,攻撃力(HP)だけではダメだ,魔力(MP)が必要だ,と思うようになったのです。攻撃力だけでは確実にDMXが優っていましたが,それ以上に,ジェイ・Zには魔力がありました。マジック・パワー(MP)ですね。ジェイ・Zの攻撃力以外のパワー(ヒップホップ界への影響力だとか,フローのかっこよさだとか,金儲けの巧さだとか,そういった魔力的なもの)がすげぇ,と素直に思ったのです。

そういう高校時代を過ごしたものですから,Ruff RydersやRoc-a-fellaまわりを中心にして,私のヒップホップ愛は増幅していったのでした。

そんな私も,オトナになり,仕事を始めるようになってからも,DMXはストレス発散をしてくれる音楽として,当時ほどでもないにせよ,時々聴いていました。正直なこというと,ジェイ・Zばかり聴くようになり,大学を卒業した後,まだMySpaceやミクシーが流行っていた頃(ブログという言葉が生まれた初期の頃=2005年頃ですね),ジェイ・Z愛についてはその時代に語り尽くしましたが,それくらいジェイ・Zに傾倒していたのでした。

オトナになってから,16年経った今,時代もだいぶ変わり,CDはもはや買わない時代となった今,ストリーミング・サービス等で,月額を支払って音楽を聴くような時代になり(サブスクなんていう言葉が当たり前に使われるようになった時代になり),DMXを今,ジェイ・ZのTIDALで聴いている(どっちが勝った?やっぱり魔力の勝ちか?)という人生を送っているのです。

そんな私の人生と重なるようにいたDMXがですよ,あの世にいっちまったんです,2021年。そりゃあ,家を飛び出したくなります。でも哀しいかな,私もオトナになってしまったのかな。スピーカーをbluetoothで繋いで,DMXの曲を爆音で流したくらいです。今この瞬間はNYにいますが,DMXの故郷であるヨンカーズ(Yonkers)に行くこともなく,なんて醒めた人間になったんだ私は,と思いましたよ。

あの時代に骨の髄まで感じていたDMX愛はどこにいっちまったんだ?!と。

いま,TIDALでDMXを爆音で流しながら,これを書いています。

ついついなつかしくなっちまって,DMXについて書いてしまいました。

それが,こちらこちらこちらです。

DMXよ,あんたが俺の心の奥底に残してくれた遺産は,最近は表現することがなかったけどよ,心の奥底にそのまんまあったことは確かだ。1998年以来,23年間,消えることなく。23年間消えなかったから,このまんまおそらくずっと消えることはないだろうな。新しいラッパーが生まれてきても,ケンドリック・ラマーや21 Savageなんていうラップがそこそこ上手いヤツらが出てきても,DMX,おまえは俺の心の奥底に生きたままだ。昔も今も。

(文責:Jun Nishihara)