久しぶりにカニエ・ウェストがのこした偉大なる“Sunday Service”の瞬間を。

 まずは1つ目の映像です。2020年3月フランスはパリで行われたカニエ・ウェスト・クワイアー聖歌隊の“Sunday Service”です。タイムライン3:20の箇所で打つ手拍子(clap)のタイミングは絶妙です。これだけの人数の聖歌隊であるにもかかわらず、全員で全く同じタイミングで手拍子するという抜群のリズム感。複数の人ではなく、まるで単体でクラップやっているかのように聞こえる。
 (1:29に皆一緒に「power」と合唱(コーラス)するところも素晴らしい。)
 兎にも角にも、日曜日の朝にふさわしい讃美歌、“Sunday Service Choir”です。

 そして2つ目の映像です。こちらはケニー・G(Kenny G)のサックス🎷が見どころ、聴きどころです。2019年10月にリリースされたアルバム『Jesus Is King』収録楽曲「Use This Gospel」です。

 3つ目の映像はHBCUであるハワード大学(Howard University)で実施した“Sunday Service”。曲目は「Never Would Have Made It」です。

 4つ目は、2019年、デトロイトで開催した“Sunday Service”からのワンクリップです。

 最後に、2019年1月(カニエが“Sunday Service”シリーズを開始して初期の頃)に実施したものです。名盤『Graduation』から収録楽曲「I Wonder」です。

(文責及びキュレーティング:Jun Nishihara)

出ました、プッシャ・Tのニューアルバム『It’s Almost Dry』!

1曲目からファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)の怪しげなビートでスピットするプッシャ・T(Pusha T)です。

1曲目:Pusha T (prod. by Pharrell Williams) – “Brambleton”

2曲目も引き続きファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)のイカレたビートでスピットする同じくプッシャ・T(Pusha T)。

2曲目:Pusha T (prod. by Pharrell Williams) – “Let the Smokers Shine the Coupes”

大ボスが出現したシーンでかかりそうな音楽です。なんじゃこれは。

アルバム全体的に、ファレルとカニエのビートで創作されているという、なんとも贅沢な仕上がり。

●ファレル(Pharrell)が手掛けたビートの楽曲番号:1、2、4、8、9、11
●カニエ(Kanye)が手掛けたビートの楽曲番号:3、5、6、7、10、12

全楽曲12曲で構成されているアルバム中、丁度ファレルとカニエで半々(6曲)ずつ手分けしてプロデュースしたアルバムという構成です。

ファレルとカニエの音の違いを聴いてみるだけでもおもしろいアルバムですが、プッシャ・T(Pusha T)が描き出すイメージを想像して聴いてみるのも良いでしょう。

飛んで、こんどはカニエ・ウェスト(Kanye West)制作のビート、12曲目の「I Pray For You」を掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

第9位:さらば,Virgil Ablohよ。そしてカニエとファレルがノってるビデオ。(2021年最高のHIP-HOPモーメントBEST 10)

ハイエンドのストリート・ブランド「Off-White」の創設者であり,世界中の若者だけに限らず,大御所のファッション・デザイナーたちに認められ,ヒップホップ音楽に非常に近い存在で居続けてくれたファッション・デザイナーであるヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が2021年11月28日にこの世を去りました。彼はファッション・デザイン以外の世界でも,建築家やDJとして活躍をしておりましたが,最も世に知られているのは,やはりファッション・デザイナーとしてでしょう。

その彼(Virgil Abloh)の葬儀に盟友であるカニエ・ウェスト(Kanye West)やドレイク(Drake)も勿論参列しました。そして彼が生前最後に手がけたルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)メンズコレクションのランウェイが12月2日,マイアミで開催され,カニエやファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)も出席し,ヴァージル最後のコレクションを見届けました。

同ランウェイに出席するカニエとファレルのこのような動画がSNSにアップされ,一躍話題となりました。

この映像をよく見ると,カニエが反応する部分とファレルが反応する部分が微妙に異なっていて,おもしろいなぁと思いながら何回も見ていました。

その曲が,こちらです。
Quarteto Em Cy – “Tudo Que Voce Podia Ser”

今やHIP-HOP界のみならず,音楽界全体的にといっていいほど,異才プロデューサーとして知られるカニエとファレルが二人揃って,ノってる(vibin’する)映像というのはレコーディングスタジオ以外では非常に珍しい瞬間です。その瞬間が少しでも垣間見れたというのは,有難いことであることから,これを2021年の第9位として自信を持ってここに掲載いたします。

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト改めイェイ(Ye)、N.O.R.E.の「DRINK CHAMPS」登場!

先週のハイライトは、誰が何を言おうと、カニエ・ウェスト(Kanye West)改めイェイ(Ye)のREVOLTテレビ番組「DRINK CHAMPS」への登場でしょう。

あまりにも話題沸騰したので、2回に亘り登場しました。

まずは、1回目(放映日:11月4日(木))から掲載いたします。

そして、2回目(放映日:11月11日(木))です。

それぞれ全てを観るにはけっして短くないですので、ポテチ&ビールでも用意して、堪能してください。

(文責:Jun Nishihara)

楽曲③対訳「Revelations 19:1」(カニエ・ウェスト率いるSunday Serviceのニューアルバム『Jesus Is Born』より)

楽曲③「Revelations 19:1」対訳
(カニエ・ウェスト率いるSunday Serviceのニューアルバム『Jesus Is Born』より。カニエ自身のアルバム『Jesus Is King』の対訳については,こちらをどうぞ。)

kanye-west-sunday-service-jesus-is-born-1577304784-640x637

Is there anybody love the God that we serve?
Yes, yes
He’s been kind to us, He’s been wonderful to us
Yes, Hallelujah
We just love Him with all of our heart
Thank you, God
Come on, let’s sing this great praise unto Him
Lift it up, Hallelujah

われわれは神に仕え,神を愛す者たちか
はい,はい
神はわれわれに親切にしてくれ,とても良くしてくれている
はい,ハレルーヤ
心の底から,神を愛す
ありがとう,神よ
さぁ,偉大なる神への賛美歌を歌おうじゃないか
手を挙げて,ハレルーヤ

Hallelujah, salvation, and glory
Honor and power unto the Lord, our God
For the Lord, our God is mighty
Yes, the Lord, our God is omnipotent
The Lord, our God, He is wonderful

ハレルーヤ,救い,まばゆき光
神に捧げます,栄誉と力を
神へ捧げよ,全能の神へ
そう,われわれの神は全能たる神
神,われわれの神は,素晴らしき存在

Come on, that’s it, lift it up to Him and sing it, Hallelujah

さぁ,そうだ,天まで手を伸ばし,歌いましょう,ハレルーヤ

Hallelujah
Salvation
Salvation and glory
Give Him honor and power
Honor and power unto the Lord, our God
For the Lord, our God is mighty
For the Lord, our God is mighty
Yes, the Lord
Yes, the Lord, our God is omnipotent
Come on, call Him the Lord
The Lord, our God, He is wonderful
Come on now, sing this song to the king

ハレルーヤ
救い
救い,そして,まばゆき光
神に捧げます,栄誉と力を
栄誉と力を,神へ,われわれの神へ
神へ捧げよ,全能の神へ
神へ捧げよ,全能の神へ
そう,神へ
そう,神へ,われわれの神は全能たる神
さぁ,神の名前を呼んで
神様,われわれの神,素晴らしき存在
さぁ歌え,キングのために

Our praises speak to the king of kings
And the Lord, our God, He is wonderful
Sing it again
Our praises speak to the king of kings
And the Lord, our God, He is wonderful
Come on, sing your song to Him

この賛美歌は,キングの中のキングのために
神は,われわれの神は,素晴らしき存在
歌え,もういちど
この賛美歌は,キングの中のキングのために
神は,われわれの神は,素晴らしき存在
さぁ,あなたの歌声を神に捧げて

Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Come on, sing it again, Hallelujah
Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Come on, everybody together

ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
さぁ,歌って,もういちど,ハレルーヤ
ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
さぁ,みんな一緒に

Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
His name is like no other name
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, yes
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah

ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
こんなに偉大なる存在は他にいない
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,はい
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ

Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful

ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき

(対訳:Jun Nishihara)

楽曲①対訳「Count Your Blessings」(カニエ・ウェスト率いるSunday Serviceのニューアルバム『Jesus Is Born』より)

楽曲①「Count Your Blessings」対訳
(カニエ・ウェスト率いるSunday Serviceのニューアルバム『Jesus Is Born』より。カニエ自身のアルバム『Jesus Is King』の対訳については,こちらをどうぞ。)

kanye-west-sunday-service-jesus-is-born-1577304784-640x637

[Intro]
One, two, three
Oh

(イントロ)
いち,に,さん
オゥ

[Chorus: Sunday Service Choir]
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Can’t you see?
Oh (What God has done), what God has done (Come on, lift it up again, oh)
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Can’t you see? (What God has done)
What, what God has done (C’mon, tell ’em)

(サビ:サンデー・サーヴィス・クワイヤ)
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ
見えますか
オゥ(神が為したことを)神の御慈悲を(さぁ,また両手を翳して,オォ)
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ
見えますか(神が為したことを)
神の御慈悲を(さぁ,歌いましょう)

[Verse: Sunday Service Choir]
Look and see
Look and see
Take a look and see what God has done (Look and see)
Look and see (Look and see)
Look and see (Take a look and see)
Take a look and see what God has done (Look and see)
Look and see (Look and see)
Look and see (Look and see)
Take a look and see what God has done (Let’s go)
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh (Oh)
Oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh (Sing it again)
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh (Oh)
Oh, oh (Oh)

(ヴァース:サンデー・サーヴィス・クワイヤ)
見てみなさい
見てみなさい
見えますか,神の御慈悲を(見てみなさい)
見てみなさい(見てみなさい)
見てみなさい(見てみなさい)
見てみなさい,神の御慈悲を(見てみなさい)
見てみなさい
見てみなさい
見えますか,神の御慈悲を(さぁ出発しましょう)
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ(オゥ)
オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ(さぁ歌いましょう)
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ(オゥ)
オゥ オゥ(オゥ)

[Chorus: Sunday Service Choir]
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing (Can’t you see?)
Can’t you see? (What God has done)
Oh (What God), what God has done (Oh)

(サビ:サンデー・サーヴィス・クワイヤ)
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ
オゥ,オゥ,神の恵みよ(見えますか)
見えますか(神が為したことを)
オゥ(神の)神の御慈悲を(オゥ)

[Verse: Sunday Service Choir]
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh (Oh)
Oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh, oh, oh
Oh, oh (Oh)

(サビ:サンデー・サーヴィス・クワイヤ)
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ(オゥ)
オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ オゥ オゥ
オゥ オゥ(オゥ)

[Chorus: Sunday Service Choir]
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Oh, oh, the blessing
Can’t you see?
Oh (God has done), what God has done

(サビ:サンデー・サーヴィス・クワイヤ)
オゥ オゥ 神の恵みよ
オゥ オゥ 神の恵みよ
オゥ オゥ 神の恵みよ
オゥ オゥ 神の恵みよ
見えますか
オゥ(神が為したことを)神の御慈悲を

(対訳:Jun Nishihara)

久しぶりに今週のカニエ・ウェスト“Sunday Service”模様をお届けします。おまけにカニエ論を。

カニエ・ウェストが10月25日(私の誕生日)に名作『Jesus Is King』をリリースしてから,しばらく“Sunday Service”の模様をアップしておりませんでした。以下のとおり,今年に入ってから,今年初旬から毎週日曜日にはぶっ続けで,休むことなくカニエ・ウェストはソウルフルなジャムセッション=“Sunday Service”を開催してきました。こんなことはラッパー,否,ヒップホップアーティストでは(ここでは何回も書いてきましたが)前代未聞なのであります。

これまでの“Sunday Service”の模様は,ここら辺(↓)でご覧ください。

カニエ・ウェストの“Sunday Service”まとめ(10月6日&10月12日開催分)

カニエ・ウェスト“Sunday Service”を金曜日に開催 (9月27日分) & アルバム『Jesus Is King』のリスニングパーティー

カニエ・ウェストの“Sunday Service” (前回,前々回,前々々回・・・からのつづき)

そして本日,先週末12月8日(日)に実施されたばかりの“Sunday Service”をお届けいたします。
(於:フロリダ州のVOUS Church)

そしてもうひとつ,11月10日(日)にヒューストン市の刑務所に於いて,囚人相手に開催した“Sunday Service”も以下のとおり掲載しておきます。

今年の冒頭でこのサイトで,カニエ・ウェストの与えるエナジーで2019年を一気に乗り越える,と書きましたが,そのエナジーはやむことなく,ここまで火はともされ続けてきました。もう12月も半分を超えたばかりですが,カニエ・ウェストのエナジーは,ほぼ1年経ったいまも,消える気配がしません・・・と,そんなことを今こうして書いておりますが,思い返せば2003年にカニエ・ウェストのmixtapeをニューヨーク市かクリーブランド市がどちらか忘れましたが買った時にも,同じようなエナジーを感じたことは確かです。2003年のあの頃から現在2019年の終盤を迎えようとしている今も,まだまだ健在です。

ニューヨークの大学に通っていた際,クラスメートが当時,「50セントはもう終わりね,ラッパーってのはだいたい10年が寿命よ」と言い放ちましたが,カニエ・ウェストは10年どころか,プロデューサー時代にジェイZにビートを提供していた時代から考えると20年経た今も,まさにこんな新しいことをやっているっていうのは,イカレているというか,まさにこれを人は「天才的」と呼んでいるのでしょうが,カニエ・ウェストほど「天才」という言葉が似合わないアーティストはいないでしょう。カニエは天才ではなく,芸術家なのです。

何が芸術家なのか,というと,それを象徴しているのは,カニエが2004年にデビューシングルを出したとき,当時,それまでのヒップホップのサグやゲットーやハスラーのイメージの「逆」からスタートした。それはカニエの意図的なものなのであったか否かは別として,それまでのヒップホップのイメージに逆らうように,対抗していった。みずから師(=big brother)と仰ぐジェイZの「真逆」を行った。

そこに彼の「芸術」は端を発するのではないかとずっとモヤモヤと感じてきたのですが,誰かがカニエは天才などということをどこかで書いていたので,それは違うだろう〜と違和感を感じ,初めて文字にしたまでなのです。カニエ論なんていうことばがあるのならば,そこを地点にスタートするのもおもしろいかもしれない,というひとつのアイデアです。

ひとまずは,ここで終わりにしますが,カニエのことを天才だと思ったことは,20年以上カニエの音楽を聴いてきて,感じたことはなかった。(Jay-Z feat. Scarface & Beanie Sigel “This Can’t Be Life”はジェイZの『The Dynasty』アルバムに収録。カニエ・ウェストがプロデュース。リリースは1999年。)ひとまずはそれをクリアーにしておきたいです。

カニエ論は,気が向いた時に,ひょっこりと,また続けます。

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェストの“Sunday Service”まとめ(10月6日&10月12日開催分)

引き続きカニエ・ウェストの“Sunday Service”を掲載しておきます。

10月6日(日) 於:ユタ州ソルト・レイク・シティ
“Sunday Service”ファンにはお馴染みの曲を,タイムライン9:07秒からどうぞ。

 

10月12日(土) 於:ハワード大学(名門黒人大学)
アメリカには「歴史的黒人大学(HBCU=Historically Black Colleges and Universities)」という言葉があります。ハワード大学(Howard University)はその中でも名門と呼ばれる大学です。土曜日の“Sunday Service”ですが,そのハワード大学にカニエが登場しました。
以下は,そのハワード大学のツイッターより抜粋します。

以下はTMZからです。冒頭の曲は,なかなかアツいですね。Mad fireですね。

そしてなんと,カニエ・ウェストは2003年にも同大学でライヴを開催していました。2003年といえば,16年前,まだデビューアルバムさえもリリースしていなかった頃です。まだアルバムを1枚も出していなかった頃!(カニエにもそんな時代があったのです。)その貴重な映像が以下です。なにせ16年前の映像ですので,映像クオリティの悪さには悪しからず。(カニエ・ウェスト,2003年ハワード大学にて。)

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェストの“Sunday Service” (9月22日分:ワイオミングにて)

当サイトでは,カニエ・ウェストが今年初旬から日曜のミサならぬソウル・ミュージックのミニコンサートを毎週日曜日に休まず開催し始めてから,そのつどアップデートして参りました。

本日は9月22日(日)にワイオミングで撮影された,カニエ・ウェストのSunday Serviceの模様を掲載いたします。カニエの前出アルバム『Ye』のレコーディングもワイオミング州のスタジオでレコーディングされ,そしてアルバムジャケに映された山もワイオミング州に連なる山脈,グランド・ティトン山脈を撮影したものでした。

Grand_Teton_in_Winter-NPS
(カニエ・ウェストが自身のiPhoneで撮ったグランド・ティトン山脈の一部を自身のアルバム『Ye』のジャケにしました。グランド・ティトンに雪が積もると,上記のようになります。)

さて,カニエ・ウェストはワイオミングといろいろな意味で縁があるのですが,このたび今週の“Sunday Service”をそのワイオミングで撮影することになりました。

(文責:Jun Nishihara)