カニエ・ウェスト“Sunday Service”まとめ(つづき:9月1日,9月8日,9月15日開催分) あと,黒人の「揺れ」について。

カニエ・ウェスト軍団が毎週日曜日に開催する“Sunday Service”(日曜のミサ)ゴスペルを今年初の日曜日から欠かさずアップしてきました。カニエ・ウェストのこのサンデー・サーヴィスは初回分からかなりの盛り上がりを見せてきましたが,ここへ来て,アメリカ全土の主要都市を回り始めております。今までは,主にカリフォルニア州カラバサス(カニエの豪邸近隣)で実施されてきましたが,カラバサス市を飛び出します。ついに8日,15日にはカリフォルニア州さえも出ます。

9月1日(日):カリフォルニア州ワッツ市(歴史的黒人コミュニティが集まる市街)

9月8日(日):カニエの生まれ故郷であるイリノイ州シカゴ市

9月15日(日):ジョージア州アトランタ市(←これまでのSunday Serviceとは,確実に異なっております。ミニコンサートと呼んでもよいほど,本格的になってきました。この観客(audience)の数はこれまでとは確実に違います。4月のイースター祭の日に開かれた特別な“Kanye West’s Easter Sunday Service”を除いては。)
※特に下記映像0:44秒から始まる観客側にいる複数メンバーが同時に揺れる映像は,これはこのブログで今までも何度も買いてきましたが,これこそが「奴隷時代を経た先祖の血が入った黒人にしかできないリズム感とともに“体のうねり”」ですね。しかも一人でやっているのではなく,一人一人各人のうねりが合わさって,映像2:41からの爆発力ある黒人の女性も含めたバワーとエネルギーは物凄いものです。これに近いものをこの人たちは毎週日曜日にやってきているのですから,この継続するエネルギーもすぐれています。何度も何度もこれでもかと突き続ける,といいますか,揺れ続けるエネルギーは圧巻です。そしてその上にさらに声!メンバーの中には白人もちらっといますが,この黒人の揺れに付いていけるでしょうか。たとえば下記映像7:28の箇所で,まわりの黒人は揺れていますが,真ん中にポツンと映る白人は静止していたり。これはもう体の作りというか,魂の熱(=体温)の違いであるから,もうしょーがない!黒人が揺れていて,白人が揺れていないなんて,もうこの子は責められない。「揺れる」はもうこのブログのキーワードでもあります。下記映像17:29からはウケのいい曲「Father Stretch My Hands」も鳴り始めます。映像タイムライン18:16からの黒人たちの「揺れ」もまことに見事です。映像タイムライン20:45からの黒人の手拍子(clapping)と揺れも,まさにこの映像の真骨頂です。

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements

カニエ・ウェストの“Sunday Service” (さらに前回,前々回,前々々回・・・からのつづき)

本日もカニエ・ウェストが毎週日曜日に開催しつづけている“Sunday Service”を掲載いたします。本日は8月25日(日)にオハイオ州デイトン市で開催されたミサ(service)です。これは同年8月4日に同市で起こった無差別銃殺人事件の犠牲者に捧げた弔いの意味を込めた“Sunday Service”でした。

以下映像は全米TVネットワークであるNBCで放映された映像です。その一部始終が掲載されております。

なお,別の角度から撮影された同サービスの映像をいくつかご紹介いたします(TMZ含む)。

途中Dave Chappelle(デイヴ・シャペル)が話しますが,後にCNNのインタヴューでこう言っております。“These aren’t numbers. These are people’s lives.”(死者何人とか言ってるが,人の命は数字じゃないんだ。)“Good people got to be louder than bad people.”(悪意のある人たちよりも,善意のある人たちが,もっと大きな声を出すべきだ。)

カニエ・ウェストがデイトン市で“Sunday Service”を開催することにより,「声の無い弱者」たちにカニエやシャペルの「声」を届ける,そして与えることができたならば,ようやくアメリカという国も,少しは振り向いてくれることになるのではないかと,そう願っております)。

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェストの“Sunday Service” (前回,前々回,前々々回・・・からのつづき)

カニエ・ウェスト(Kanye West)の世界では毎週日曜日恒例となっております「Sunday Service(カニエ版・日曜のミサ)」のつづきをお届けします。

当サイトではこれまでのカニエ・ウェストのサンデー・サービス模様を全てお伝えしてきました。しかしながら,ネットに投稿されているサンデー・サービス模様は限られております。ここからは所々断片的に特別なものを抽出し,掲載していくことにいたします。

29週目:7月21日(日)
この週は,カニエ・ウェストとキム・カーダシアンが結婚式を挙げた際,実際に結婚式を取り仕切った牧師さんが指揮してくださいます。カニエ・ウェストの音楽は出てきませんが,なるほど「日曜のミサらしい」牧師さん(Pastor Rich)からの説教(sermon)が聴けます。まだ若い彼はこう説教しております。
“Today, if you’re feeling something, understand it’s not a vibe. And I like the vibe. It’s not an energy. And I like the energy. But what you are sensing is the tangible presence of a living God.”(今日この日に君たちが感じるものがあれば,それはヴァイブスではない。ヴァイブスは大好きだけど。エネルギーでもない。エネルギーは大好きだけど。君たちが感じているもの,それは生きた神のまぎれもない存在感だ。)

33週目:8月18日(日)
今年お正月にカニエ・ウェストがサンデー・サービスを開始して以来,初めて,本物の教会で開催することが実現されました。場所はカリフォルニア州サンヴァレーに位置するCalifornia Worship Centerです。この教会は女性ゴスペルユニット=メアリー・メアリーの片割れであるエリカ・キャンベルとその旦那=ウォーリン・キャンベルが通っている地元の教会でもあります。カニエ・ウェストとウォーリン・キャンベルの縁は深く,カニエのアルバム『Graduation』等に関わったプロデューサーとしても有名です。そういった意味でも,“Sunday Service”を開始して以来初の教会としてCalifornia Worship Centerを選ぶことはとても意義深いことであると思量いたします。

(文責:Jun Nishihara)

イースター以降のカニエ・ウェスト“Sunday Service”まとめ(17週目〜19週目)

4月21日(イースターの日曜日)に全米最大ミュージック・フェス=コーチェラ祭で開催されたカニエ・ウェストのSunday Service(サンデー・サービス)以降も,実は,カニエ・ウェストは引き続き,休むことなく,“Sunday Service(日曜のミサ)”を開催しております。

イースター以降の“Sunday Service”を以下にまとめておきます。

4月28日(日)開催“Sunday Service”(17週目)

5月5日(日)開催“Sunday Service”(18週目)

5月12日(日)開催“Sunday Service”(母の日:Mother’s Day Service)
この日は母の日ということで,世界中のママに捧げたサンデー・サービスとなりました。カニエは2007年に母親をなくし(その後カニエは『ハートブレイク&808』というアルバムを発表),母への追悼の曲として楽曲「Hey Mama」を捧げました。これはこじんまりとしたコンサートというよりも,毎週開かれているジャム・セッションですが,カニエ・ウェスト(とキム・カーダシアン)の自宅があるカリフォルニア州カラバサスの近郊で行われました。

(以下の映像はBillboard Newsより。)

(以下の映像はキム・カーダシアン(Kim Kardashian)のインスタグラムより。)

以下はご参考までに,2005年8月30日にリリースされたカニエ・ウェストの楽曲「Hey Mama」を掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

カニエ,生放送決定! 2019年コーチェラ・ライヴ・コンサート Kanye @ Coachella LIVE!

米ビルボード誌のウェブニュースで,カニエ・ウェストが4月21日(日=イースターサンデーの日)にアメリカ最大の音楽祭=コーチェラ(Coachella Fest)で行う「Easter Sunday Service LIVE」をYouTubeチャンネルで生放送(Live Streaming)することを決定したと報道しました。

詳細は以下のとおりです。

<Kanye West @ 2019 Coachella LIVE>
日時:4月21日(日)午前9時(米国西海岸(カリフォルニア)時間)
場所:カリフォルニア州インディオ市コーチェラ音楽祭会場(カニエのコンサートのみ山奥で開催)
生放送:YouTubeのコーチェラ・ライヴ・チャンネル
URL:https://www.youtube.com/user/coachella

見逃さないように,カレンダーにメモるべし!

本サイトでは,今までカニエ・ウェストが開催してきたソウルフルなジャムセッション=「Sunday Service」を毎週掲載してきました。以下をご参照願います。

Kanye West’s “Sunday Service”:第1週〜第10週
Kanye West’s “Sunday Service”:第11週
Kanye West’s “Sunday Service”:第12週
Kanye West’s “Sunday Service”:第13週

以下の映像は,4月14日(日)に行われた「Sunday Service」の映像です。コーチェラ・ライヴ本番まで1週間を切りました!

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェストの“Sunday Service”(さらなる,さらなる,つづき:Week 13&コーチェラ発表)

ここまで律儀に続けるのは,異例のケースでしょう。やるとなったら,とことんやり続けるのがカニエ・ウェストというアーティスト,いや,芸術家,なのであろうと言えるでしょう。

しばらく前からカニエ・ウェストとキム・カーダシアンが開催する「日曜のミサ」と名付けられた“Sunday Service”についてここに掲載してきました

先々週も,そして先週も欠かさず,カニエ・ウェストは“Sunday Service”を開催してきました。

そして今13週目まで突入しております。カニエの快進撃はつづきます。

ついに発表されました。

今年のイースターサンデイ(Easter Sunday=復活祭の日曜日)は,4月21日(日)にあたります。この日に,カリフォルニアのインディオ市で毎年開かれるコーチェラ・ヴァレー音楽祭(Coachella Valley Music Arts and Festival)で,カニエ・ウェスト率いる“Sunday Serviceメンバー達”がフィーチャリング・アクトを務めることを発表しました。コーチェラ・ヴァレー音楽祭はアメリカ最大のミュージック・フェスとも呼ばれています。これは,2週間(週末)かけて開催されるフェスで,2017年のヘッドライナーは,金曜日はレディオヘッド,土曜日はレディ・ガガ,日曜日はケンドリック・ラマーが務めました。昨年のヘッドライナーは,金曜日はザ・ウィークエンド,土曜日はビヨンセ,日曜日はエミネム,でした。

そして今年は,キリストが蘇ったとされる復活祭の日曜日に,その名にふさわしい“Sunday Service”のメンバーを連れて,カニエ・ウェストとその仲間たちがパフォーマンスを披露してくれる,というのは,ありがたいニュースでございます。

今年のフルラインアップはこちらです。

D3PnaDZUUAA46Ir

今年2019年のヘッドライナー・アクトは,4月12日(金)及び19日(金)は,チャイルディッシュ・ガンビーノ,4月13日(土)及び20日(土)はテーム・インパラ,4月14日(日)及び21日(日)のヘッドライナー・アクトはアリアナ・グランデですが,この21日(日)のみ,カニエ・ウェスト率いる仲間たちがフィーチャリング・アクトを務めることが決定いたしました。

これはけっこうなおおごとであります。

もともとは,内輪のみでやっていた小さなジャム・セッションが,アメリカ最大の音楽祭へたった13週間後に出演することが決定されたとは,おそるべしパワーであります。

(文責:Jun Nishihara)

コーチェラ音楽祭(Coachella)LIVE STREAM

現在週末のみ開催されているアメリカ最大の音楽祭=コーチェラ(Coachella Music Festival)は,以下でストリーミングライヴ視聴が可能です。(今年2019年は4月12日(金),4月13日(土),4月14日(日),4月19日(金),4月20日(土),4月21日(日)のみ開催。なお,ストリーミング(生放送Live Streaming)も同日のみ可能です。カニエ・ウェスト率いる“Sunday Service”のコーチェラステージは4月21日(日)開催です。)

コーチェラ(Coachella)は複数のステージで同時にミュージックライヴを行いますので,生ストリーミングもチャンネルが複数あります。

YouTubeのLive Stream(生放送)では,チャンネルが2つ用意されております。
(上記開催日以外は,チャンネルは無効となっております。)

全ては以下のリンクで閲覧可能です。
https://www.youtube.com/user/coachella

(↓上記開催日以外は,チャンネルは無効です。開催日(4/19~21)に復活します。)
チャンネル1(Channel 1)

チャンネル2(Channel 2)

出演アーティストの一部(これでも一部!この他にもたくさん出演します。)は以下のとおりです。

アンダーソン・パーク
ジャネル・モネ
ディプロ
ブラックピンク(K-Pop)
チャイルディッシュ・ガンビーノ
ティアラ・ワック
DJスネーク
ジュース・ワールド
ウィズ・カリファ
キッド・カディ
J.バルヴィン
ビリー・アイリッシュ
テーム・インパラ
プレイボーイ・カーティ
リコ・ナスティ
YG
プッシャT
バッド・バニー
リゾー
グッチ・ギャング
ケイトラナダ
ブラッド・オレンジ
ゼッド
カリード
H.E.R.
アリアナ・グランデ
(他)

(英語版)
Anderson .Paak
Janelle Monae
Diplo
BLACKPINK
Childish Gambino
Tierra Whack
DJ Snake
Juice WRLD
Wiz Khalifa
Kid Cudi
J Balvin
Billie Eilish
Tame Impala
Playboi Carti
Rico Nasty
YG
Pusha T
Bad Bunny
Lizzo
Gucci Gang
KAYTRANADA
Blood Orange
ZEDD
Khalid
H.E.R.
Ariana Grande
(and more and more!)

これだけのアーティストのライヴが生放送で,しかも無料で閲覧できるというこんなゼータクなことはそうそうありませんね。

(文責:Jun Nishihara)