黒人若手女子アーティスト2名(米公共ラジオ局(NPR)主宰“Tiny Desk Concert”で取り上げられた黒人女子シンガー抜粋(その②))

本日ご紹介する2名のシンガー/ラッパーは,現代音楽界に於ける,とても特別なお二人です。

ひとりめは,当サイトでも以前取り上げました。
公式デビューアルバムを本年3月にリリースしたチカ(CHIKA)です。
(「第4位:大ブレイク寸前,漆黒の女子ラッパー=オラニカ又の名をCHIKA「トランプ大統領への手紙」(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)」)

ついに,チカも米公共ラジオ局(NPR)の「Tiny Desk Concert」に登場するようになりました。
以下の演奏と彼女の饒舌ぶり(間奏中の,おしゃべり達者!)をご堪能下さい。

前回,当サイトで彼女を取り上げた際には彼女が公式デビューアルバム『Industry Games』をリリースする前でしたので,彼女のフリースタイル映像をメインにご紹介いたしました。

最近はもう有名になってきておりますので,米国現代の若者文化(スローガンは“The Culture of Now”)を代表するウェブサイトUPROXXに於いて,“Rising Hip-Hop Star”(人気上昇中のヒップホップスター)として取り上げられたこともあり,その洗練されたミニセッション映像をお送りいたします。

チカのシングル曲「No Squares」も掲載しておきます。

ちなみにヒップホップを聴いている方なら誰でも知っている(べき)元Queen of Hip-Hopといえばローリン・ヒル(Lauryn Hill)ですが,彼女のメジャーヒットシングル曲「Doo Wop (That Thing)」のビートに乗っけたチカ(CHIKA)のフリースタイルがありますので,掲載しておきます。これは2017年の映像です。もう3年前!

もうひとつ,チカのフリースタイルを。これも3年前の映像です。キレッキレのフリースタイルです。韻を全くハズさない!脚韻だけでも注意して聴いてみてください。脚韻というのは各ラインの終わりのフレーズで踏む韻です。

続きまして,ふたりめはNoname(ノーネーム)です。本名ファティマ・ワーナー。当サイトでも以前,こちらで取り上げました

彼女の以下“Tiny Desk Concert”での模様は,大好きな動画の一つで,これを観て朝元気になって仕事に行くということもありました。

Nonameはシカゴ出身。シカゴはカニエ・ウェストやコモン,ルーペ・フィアスコなど,ソウルフルなラッパーを数々輩出してきた大都市です。そこにこの特別な星(スター)をわれわれファンに授けてくれるなんて,なんてありがたいことか。

Nonameのように,ラップが詩的な人,って最近はめずらしくなってきています。とくに20代のアーティストではそうです。とっても貴重なアーティストなのですよ,ノーネームは。

そんな特別な存在であるNonameのライヴが51分間堪能できる映像がありますので(YouTube, thank you!)掲載しておきます。

あまりにも有名なシングル曲「Diddy Bop」のサビでNonameは歌います。

Watching my happy block my whole neighborhood hit the diddy bop
(ハッピーな近所の隣人たちが,みんなでディディ・ボップのダンスを踊る)

この1行を聴いた時,聴いた人の頭の中では,「幸せそうな隣人たち」のイメージが浮かんだかと思いきや,その後瞬間的に,イメージは「ディディ・ボップを踊る黒人」に切り替わります。

「幸せそうな隣人たち」といういかにもゆったりした時間かと思いきや,次に飛び込んでくる映像は「ディディ・ボップ」ですからね。もう,たまんないです。

同曲から,もう少し歌詞を引用してみます。

Stop overreacting, it’s past my curfew I’m out after 6
Happily making my accident
Mama gon’ whoop on my ass again
Pray that I’m making my way before 8 and I might have to sneak in the back again

(対訳)
過剰に反応しないで,門限はとっくに過ぎてる,夕方6時を回ってる
嬉しさあまりにアクシデント起こす
ママにまたお尻ぺんぺんされるわよ
祈ってる,午後8時前までには帰宅できること,また家の裏口からこっそり入ろうかしら

なんて素朴な歌詞!
Rauryというノーネーム仲間のヴァースです。

まぁ,これがノーネーム(Noname)なのです。まったく飾らない,素朴な歌詞を曲にするのです。

そして冒頭のチカ(CHIKA)とは対照的で,ノーネームには脚韻はあまり関係ないのです。その分,ラップにキレ感は無いのですが,しかしながら,脚韻なんて踏まなくても,すでに詩的になっている。

もう一丁,歌詞,行ってみましょう。

B2K in the stereo, we juke in the back seat
Or juke in the basement, in love with my KSWISS’s
This feel like jumping in a pool and I’m knowing I can’t swim
Ooh, you about to get your ass beat
For stealing that twenty dollars like “baby, just ask me”

(対訳)
ステレオで流れるB2Kの歌,後部座席でバカ暴れするアタシたち
お気に入りのKSWISSのスニーカー履いて,家の地下でバカ暴れ
まるで気分は,プールに飛び込んで,アタシ,泳げないんだけどね
ウゥゥ,あんた,ママにお尻蹴飛ばされるわよ
20ドル札ドロボーしたでしょ「ベイビー,いつでも言って」って

良いですねえ。

歌詞中の「B2K」っていうのは2000年代前半に流行った黒人のボーイバンドです。↓これです。

gettyimages-2819389-2048x2048

2行目の「KSWISS」っていうのは,これも2000年代前半に流行ったスニーカーです。懐かしいですね。今でも売れていますよ。

で,そのKSWISSを履いて,家の地下で踊りまくるっていうイメージです。まず,KSWISSで1ポイント。それに加えて,アメリカの家はよく地下に部屋がありますよね。郊外の中流階級の家庭では地下の部屋にpool table(ビリヤード台)を置いて,ちょっとした遊びの場所にするっていう。で,もちろんアメリカの家は靴を履いたまま家の中に入りますから,KSWISSを履いて踊るという映像。そういったアメリカの素敵なイメージを思い浮かばせといて,その後に「you ’bout to get your ass beat」というフレーズを繰り出す。まったりした白人の日常かと思いきや,リスナーが安心した瞬間に上記のようなフレーズを繰り出して「アタシは黒人よ!」というアイデンティティの表出を成功させます。

その素敵なシングル曲「Diddy Bop」を掲載して,本日終わりにします。

(対訳,文責及びキュレーション:Jun Nishihara)

「ガタ・カタ・ラタ・アダ・ヤ・ビッチ・オナ・ガナ・ワナ・・・」と続く最新のラップ曲。

2020年5月22日にリリースされたニューアルバム『Wunna(ワナ)』は米国ジョージア州出身の若手ラッパー=Gunna(ガナ)の仕業によるものです。

リードシングルであるアルバムタイトルと同名の楽曲「Wunna」は,フック(サビ)が「ワナ」に韻を踏む語の羅列を用いてリスナーの耳に心地良い錯覚を与えるデキとなっています。

ビジュアルはこんなヤツです。

View this post on Instagram

Still a Kid I Love Barney 🥵🧡

A post shared by ❕WUNNA❕ (@gunna) on

以下のミュージックビデオでも聴けますが,そのサビの部分は英文で表記するとこうなります。

Money puddles (puddles) got a cutter (cutter)
Lotta orders (Orders), dollars, quarters (Ayy)
Wrist water (Ayy), Rich Porter (Ayy)
Your bitch on now (On now), Gunna Wunna (Wunna)
Commas, commas (Racks), hundreds, hey (Hey)
I’m a stunna (sauna) summer (Hey)
Benihana (‘Hana), cook up, hey (Hey)
My crew paid (Paid), surf a wave (Wave)

音声をカタカナで表記するとすれば,こうなります。
「マネー」が「マニ」,「ウォーター」が「ワラ」,「コンマ」が「カマ」になります。

マニ・パド・(パド)・ガタ・カタ・(カタ)
ラタ・アダ・(アダ)・ダラ・クォタ・(エィ )
リス・ワラ・(エィ)・リチ・ポタ・(エィ )
ヤ・ビッチ・オナ・(オナ)・ガナ・ワナ(ワナ)
カマ・カマ・(ラク)・ハニッ・ヘイ(ヘイ)
アイマ・スタナ・(ソナ)・サマ(ヘイ)
ベニ・ハナ・(ハナ)・クカッ・ヘイ(ヘイ)
マクル・ペイ・(ペイ)・サファ・ウェィ(ウェィ)

さて,日本語意味に対訳するとなると,こうなります。

カネ・たんまり・(たんまり)・忍ばす・銃・(銃)
どっさり・注文・現ナマ・硬貨(エィ )
手首・ギラギラ・(エィ )・リッチ・野郎(エィ )
おまえの・女・抱く・俺が・ヤる(ヤる)
1万・10万・(札束)・100万・ヘイ(ヘイ)
俺は・スタナ・(サウナ)の如く・夏のよに・アツい・野郎
高級・レストラン・コックの・料理・ヘイ(ヘイ)
仲間も・カネも・(儲け)・波に・ノッてる(ノッてる)

真夏の・夜の・眠れなき・暑さの・中で・こんな・曲は・どで・っか?

1993年生まれのラッパー=ガナ(Gunna)は,同郷であるアトランタ出身の大人気ラッパー野郎ヤング・サグ(Young Thug)に見出されて,ヤング・サグ自身が創設したレコード・レーベル=YSN Recordsに迎えられた。まさに現代の若者ラップをリードするヤング・サグ(Young Thug)に認められたラッパーであり,昨年2019年にはデビューアルバム『Drip Or Drown 2』を発売し,米ビルボードチャート第2位を獲得した。そして先日リリースされた本アルバム『Wunna』では,現在最も勢いあるウェッサイはコンプトン出身のラッパー=ロディ・リッチ(Roddy Ricch)をフィーチャリングした楽曲「Cooler Than A Bitch」も収録。ガナ自身はサウス・ラップのど真ん中であるATL(アトランタ)はカレッジ・パーク出身。カレッジ・パーク出身のラッパーには,2チェインズ(2 Chainz)やリュダクリス(Ludacris),ヤング・ジョック(Yung Joc)等,大物ラッパーが並ぶ,と書くと,ガナにプレッシャーを与えるかな,カナ?

これまで出てきたサウスのラップ調子をさらに鋭敏化させたこの「ガナ・ワナ調」ラップを以下ミュージック・ビデオでお聴き下さい。

Gunna – “Wunna”

(文責&キュレーティング:Jun Nishihara)

JAY ELECTRONICAのアルバム『A Written Testimony』楽曲⑤「Shiny Suit Theory」(対訳:ジェイZのヴァース)

https___images.genius.com_7d262b149cd49d9e7bb5f34c27ade902.1000x1000x1

楽曲⑤「Shiny Suit Theory」対訳:ジェイZのヴァース

[Verse 2: Jay-Z]
In this manila envelope, the results of my insanity
Quack said I crossed the line ‘tween real life and fantasy
Can it be the same one on covers with Warren Buffett?
Was ducking the undercovers, was warring with muh’fuckers
Went from warring to Warren, undercovers to covers
If you believe in that sort of luck, your screws need adjusting
In the world of no justice and black ladies on the back of buses
I’m the immaculate conception of rappers-slash-hustlers
My God, it’s so hard to conceive
But it all falls perfect, I’m like autumn is to trees
Aw, the doc interrupted
He scribbled a prescription for some Prozac, he said, “Take that for your mustard
Boy, you must be off your rocker
If you think you’ll make it off the strip before they ‘Pac ya
Nigga, you gotta be psychotic or mixing something potent with your vodka
It takes a lot to shock us but you being so prosperous is preposterous
How could this nappy-headed boy from out the projects
Be the apple of America’s obsession?
You totally disconnected with reality, don’t believe in dreams
Since when did black men become kings?”

(ヴァース2:ジェイZ)
この黄褐色の封筒に,俺の狂気の沙汰が封されている
ヤブ医者に言われた「おまえは現実と幻想をはき違えてる」
ウォーレン・バフェットに並び,これが表紙を飾ったヤツか
覆面ポリを避けて,連中たちと争いを続けてきた
争いからウォーレンへ,覆面から雑誌の表紙へと
そのような運を信じるのなら,あんたの脳味噌のネジに調整が必要だ
正義なんて無い世界,バスの後部に追いやられた黒人女性
ラッパー兼ハスラーの無原罪懐胎説,俺はその象徴
なんてこった,難産の極み
全てがピッタリハマる,紅葉の秋立ち
オゥ,医者が割り込んだ
俺に抗うつ剤を処方してくれた,こう言われた「おまえのその脳味噌にくれてやれ」
まるでイカレてんぜ
ベガスのカジノ通りを,パックのように撃たれず,生きて通れると思うのか
精神病にでもやられたか,もしくはウォッカに強烈な麻薬をぶち込まれたのか
俺らは簡単には驚かねえが,おまえが裕福ってのはまるで荒唐無稽
ゲットー生まれのチリチリ髪した鼻垂れボウズが
どうしてここまでの全米の羨望の的となり得たのか
まるで現実味がひとかけらも感じられねえ,夢を信じてどうなる
黒人野郎がキングになるなんて,いつのハナシだ

(対訳:Jun Nishihara)

第13位:R&Bの王道=Bryson Tillerのシングル曲「Blame」(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

2019年には,R&Bの王道を行くシングル曲が発表されました。それがブライソン・ティラー(Bryson Tiller)のシングル曲「Blame」です。ブライソン・ティラーは2015年頃からグツグツと人気を博してきており,根強いR&Bファンの間で不動の地位を確立してきております。デビューアルバム『Trapsoul』はこのご時世にもかかわらず,米国内だけでも200万枚のミリオンセラーを売り上げ,米ビルボードチャートでは最高8位を記録し,米ビルボードR&B/Hip-Hop部門では第2位を記録しました。おまけに,ビルボード・ミュージック・アワード賞にてノミネートされ,アメリカン・ミュージック・アワード賞においてもノミネートされ,ソウル・トレイン・ミュージック・アワード賞の「Album Of The Year」という最も重要な部門でもノミネートを受けた重要アルバムでした。

そして2019年はシングル曲「Blame」を発表しました。2分という短さ。しかしながらこの2分の間に,R&Bの王道ぶりである「リズム」=ドラムが聴いたビートと,「ブルース」=切なきリリックが詰まっているというものです。

You say “I didn’t love you”, you know a nigga loved you
Did you forget to mention?
All the things I did for you, times I made a trip
‘Cause I know you hate the distance
Baby, it’s alright (It’s alright)

君は俺のこと愛していないと言う,でも俺は(黒人は自分のことをよく“a nigga”と不定冠詞を付けて呼ぶますね)おまえのことを愛してた
もう忘れちまったかい
君のために尽くしてきた,遠距離はイヤだって言ったときも
俺は距離を縮めようと,幾たびも君のもとへ飛んできた
でもねベイビー,もう大丈夫だよ(もう大丈夫だよ)

2019年も「黒人音楽の研究室」に来てくれてありがとうございました。
2020年のお正月,今日も来てくれてありがとうございます。
今年はますます素敵なヒップホップに出合えますように。
明けまして,おめでとうございます。

(文責:Jun Nishihara)

第27位:Chris Brown x Drakeの大ヒット曲「No Guidance」(今年出たHip-Hop名曲名場面ベスト50)

R&B界の王子=クリス・ブラウンと,ヒップホップ界の6God=ドレイク,この二人がゼータクなタッグを組んでリリースした曲。それが今年イチのヒップホップダンス曲「No Guidance」でした。これはもう説明不要。これを今年のヒット曲と呼ばず何をヒット曲を呼ぶというのか,と。これをメインストリームと呼ばず,何をメインストリームと呼ぶのか,と。これを王道と呼ばず何を王道と呼ぶのか,と。以下にMVを掲載しておきます。

Chris Brown & Drake – “No Guidance”

(文責:Jun Nishihara)

第33位:Big K.R.I.T.のニューアルバム『K.R.I.T. Iz Here』(今年出たHip-Hop名曲名場面ベスト50)

ビッグ・クリット(Big K.R.I.T.)というアーティストは安定してアルバムをリリースしてきております。日本での認知度はまだ低いのかもしれませんが,アメリカ南部,とりわけミシシッピ州では彼を知らないラップファンはいないほど有名,人気者です。彼の有名なリリックに以下があります。

King city, king, king city
Third coast representer, Mississippi-ssippi-land
Three hundred, three hundred, my stomping ground
Three hundred, three hundred, my stomping ground
Three hundred, three hundred, my stomping ground
King city, M-town, hometown hero

キングの街,キング,キングの街
第3の海岸をレペゼン,そこはミシシッピ,ミシシッピの地
300,300,そこが俺のたまり場
300,300,そこが俺のたまり場
300,300,そこが俺のたまり場
キングの街,Mで始まる地,地元のヒーロー

「キングの街」というのはキング牧師を示唆し,「第3の海岸」というのは,東海岸でもなく西海岸でもないというところ。数字の「300」はビッグ・クリットが育ったミシシッピ州メリディアン市の30アベニュー,そこを俗語で「スリーハンドレッド(300)」と呼んでいます。

彼に希望を見るところは,「田舎者でもここまでやっていけるんだ」という共感する思いです。ミシシッピ州のメリディアンというわずか4万人足らずの人口密度の街で生まれ育ちました。じぶんを田舎者(country boy)と呼び,時に名曲「Hometown Hero」をリリースし(2010年),南部のMCやラッパーたちから根強い支持を受けてきました。

そういう素晴らしき南部ラッパーが今年リリースしたアルバムが『K.R.I.T. Iz Here』。東京に似合わないラップアルバムです。もしあなたが田舎出身でラップ好きであるならば,聴いてみる価値は必ずあります。決して,大都会に依ることなく,東海岸や西海岸のヒップホップに染まることもなく,デビューしてすでに14年,ここまでやってきました。

今年リリースしたアツいシングル曲,ここに掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

第41位:Snoop Doggのウェッサイ・ノリが効いたシングル曲「Countdown」(今年出たHip-Hop名曲名場面ベスト50)

ヒップホップの重鎮=スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)が今年17枚目のアルバム『I Wanna Thank Me』を発表しました。西海岸をレペゼンするスヌープが,東海岸きってのプロデューサーでビッグ4と称される人物=スウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)とタッグを組んで,以下のシングル曲を発表しました。

Snoop Dogg feat. Swizz Beats “Countdown”

クリップス色モロのブルーチャックスで登場するスヌープとスウィズ。こんな豪華な組み合わせ,ありまっか。スヌープの冒頭の一言,「Nigga… Understand」の一言ならぬ二言で,こちらは千くらいを理解することを強いられる厳しい曲です。

同アルバムからもう1曲。スヌープ・ドッグの永遠の仲間=故ネイト・ドッグ(Nate Dogg)をフィーチャリングしたこの曲「Wintertime In June(冬の6月)」を掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

第42位:Tierra Whackの15分間アルバム『Whack World』(今年出たHip-Hop名曲名場面ベスト50)

ティエラ・ワック(Tierra Whack)の才覚はフリースタイルにあり,と私は思っております。フィラデルフィアのゲットー=ノース・フィリー(North Philly)で育った彼女は,まわりの人間たちがサイファー(Cypher)つまりフリースタイルをできるような連中のなかで大きくなりました。生まれは1995年で,まだ24歳の彼女ですが,そのフリースタイルはちゃんとリリカルで,不動のものでしょう。彼女がリリースしたデビューアルバム『Whack World』は全体を通して15分で聴けます。1曲ずつがものすごく短い。だから今すぐ聴いても15分で全曲を聴きおえられます。しかし,そのアルバムはあくまでもオマケともいえます。なぜなら,ティエラの才覚は,again,フリースタイルにあります。下記ビデオを少し観てみてください。

View this post on Instagram

let’s all tag @willsmith #philly

A post shared by @ tierrawhack on

上記フリースタイルでも言及されておりますが,彼女の楽曲「Mumbo Jumbo」のミュージックビデオが2019年グラミー賞にノミネートされました(「最優秀短編ミュージックビデオ賞部門」)。しかしグラミー賞ノミネートも彼女にとってはオマケ。彼女が真価を発揮するのは,やはりフリースタイルラップです。

ちなみに上記1つ目のフリースタイルは,JAY-Zの名曲「Nigga What, Nigga Who (Originator’99)」からですね。1998年にリリースされた曲ですが,いまだに「聴ける」という素晴らしさ。この曲の名物ぶりはさて置いて,ティエラ・ワックが同曲で上記フリースタイルをカマシてるっつうのは,まさに将来有望でしょう。

ティエラ・ワックがフリースタイル集を作ってリリースすれば間違いなくトップ10でしょう。しかしながら,15分間アルバムは短すぎた。すぐ聴けていい!のですが,逆にいえば,すぐ聴けて終わってしまうので,もうちょっと聴いていたかった。

なお,上記2つ目のフリースタイルは,これもJAY-Zの曲「La-La-La (Excuse me Miss Again」からです。(オリジナルの曲「Excuse Me Miss」ではないでござんすよ!)

久しぶりに,観ときまっか?!下記ビデオです。2003年です。憶えてます??

(文責:Jun Nishihara)

第46位:YGの“Stop Snitchin” (今年出たHip-Hop名曲名場面ベスト50)

ピアノの低音がニクい。ウェッサイの音(サウンド)はどうしてこうもニクいのか。とても特徴的で,忘れたくても忘れられないこのビート。放送禁止用語を乱発しまくるリリック。中毒的なテンポ。衝撃的な曲です。

まあ,“snitch”というのは,ギャングの間でいちばんやっちゃいけない,という行為といわれています。難しい語では「密告」と訳されますが,いわば「チクり」のこと。ギャング同士で相手が悪業に手を染めているところを目の当たりにしたとしても,決してポリースにそれをチクっちゃいけない。暗黙のルール。だからお互いにそこはリスペクトし合ってる。ゲームの外へ出ちゃいけない。それがname of the game。ゲームのルール。

これにはDaBabyをfeat.したリミックスも後日,リリースされました。

(文責:Jun Nishihara)

第49位:ScHoolboy Qのシングル曲「Numb Numb Juice」(今年出たHip-Hop名曲・名場面ベスト50)

83-og

ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)と同じレーベル=TDE (Top Dawg Entertainment)所属の同胞=スクールボーイQ(ScHoolboy Q)が今年アルバム『CrasH Talk』をリリースしました。同アルバムからファースト・シングルである「Numb Numb Juice」を発表。イントロはめちゃめちゃカッチョよかったです。

同アルバムは米ビルボード200で第3位を獲得。リリース後1週間で8万1000枚売り上げるというこのアルバム売上不調の昨今においてはまずまずの記録でした。

全体的な売り上げはまずまずの記録としても,このシングル曲で,この冒頭のフレーズというのは,ツカみは完ぺき,記録よりも記憶に残る楽曲となりました。

Two-door coupe, hoppin’ out like Jack-in-the-Box, nigga
I’m gon’ shoot if this 30’s all that I got, nigga

ツードアのクーペで,ビックリ箱のごとく飛び出すぜ
両手にグロック銃,ぶっ放っちまうぜ

というふうにNワードを必ず語尾につけてラップをカマす一節です。
ここから次のヴァース「Time’s Up / Got my coins up, my bars up / Soon we find ’em」に入るくだりは絶妙です。「Soon we find ’em」で少しライム(韻)をズラすのは,最近の同じTDE仲間であるジェイ・ロック(Jay Rock)を彷彿とさせるラップをカマシてくれました。

(文責及び対訳:Jun Nishihara)