若手アーティストの街角:Rayana Jay – “Sunkissed”

それは昨年のことであった。最近お気に入りの若手アーティスト,Nonameという女性ラッパー/シンガーのデビューアルバム『Telefone』を視聴者が好きな金額を出し合って購入できるサイト=bandcampで購入しようとしていた時であった。もちろん『Telefone』は購入した。そのあと,もっと黒人女性のヴォーカルが聴きたかったので,引き続きbandcampでいろいろとさぐってみた。

するといいのを見つけてしまった。Rayana Jayという新人歌手である。R&Bでもない,ジャズでもない。でも声はまさに私が求めていたものであった。Apple Musicで無料で聴ける時代に,お金を出して買って聴きたくなる声であった。

それから彼女のアルバム『Sorry About Last Night』と『Morning After』を何度聴いたことか。

彼女の声は色っぽくて,ちょっぴりエロいけれど,ぜんぜん下品じゃない。ジャズでもないけれど,ジャジーに聞こえる。メロディーは洗練されている。でも上品すぎない。だって,歌詞に「nigga」とか言ってるんだし。でもやっぱり,ぜんぜん下品に聞こえない。黒人女性が「nigga」という時,なぜかエロく聞こえる。呼びかけの「nigga」じゃなくて,文法的にちゃんとしたセンテンスの中に含む「nigga」である。
たとえば・・・

You are my Rhythm and Blues, the one who invented the cool
The one’s who dented the rules
And showed the world what my niggas could do, ay!
– Rayana Jay “Sunkissed”

私にとって,あなたの存在は“リズム&ブルース”/元祖クールな連中
ルールなんてぶち破ってくれる
世界中に見せつけてやりな,黒人野郎たちが秘めてるスゴイところを,エィ!
– Rayana Jayのシングル曲「Sunkissed」より

黒人女性が同胞の男たちを「niggas」と呼ぶとき,その根底には「共通理解/暗黙の了解」が流れている。「わたしはあなたのことをniggaと呼ぶけど,わかってるわよね」ということである。

また,歌詞中の「dent」の使い方がドキドキする。普通「rules」に付ける動詞は「break」である。それなのに,先の「invented」と韻を踏ませるために過去形の「broke」ではなく「dented」を使っているのだけれども,「niggas」という言葉を使っているような若者の女が「dented」なんていう,よく考え出された知的な語彙を使っているところが,もうたまらなくエロく感じてしまう。

さて,彼女の素顔をこの映像で見てみてほしい。まだ23歳。

そして,先ほど取り上げた歌詞が含まれている楽曲「Sunkissed」をライヴで歌っているRayana Jayは以下のとおりである。

ときにRayana Jayの読み方は「レイアナ・ジェイ」である。まだ彼女の情報は現時点(2018年11月28日時点)では英語版ウィキペディアにも載っていないし,日本盤のCDも出ていないので,彼女の名前の公式な日本語表記はどこにも無いが,読み方は「レイアナ・ジェイ」でございます。(ウィキペディアにも載っていない頃からRayana Jayの音楽をどっぷり聴いているんだけれど,これから近い将来にはRayanaもウィキペディアに掲載されるようになって,そのうちメジャーデビューを果たしたりするんだと思う。もちろんメジャーデビューして,もっともっと金儲けしてもらいたいのだけれど,そうなると,なんか遠くへいってしまったように感じたりするのだろうか。アーティストっていうのは,そんなものよね。なんちゃって。)

Rayanaの生まれはカリフォルニア州リッチモンド市。10歳の頃に教会のクワイヤーで歌い始めて,2012年の夏に初めてプロの歌手として働き始める。出だしはまったく稼げないので,アルバイトと兼業していた。Rayanaとツイッター上で何度かメッセージを交わしたことがあるが,今年になってアルバイトを辞めるだけのお金が稼げるようになり,今年2018年の夏に晴れてニューヨークへ引っ越し,シンガーソングライターとして全面的に働けるようになったという。

これからの活躍に期待大です。

最後に彼女の言葉で締めくくります。

“My friend once said that the church is like the hood Juilliard…like everything starts here.”
(あたしの友達がかつて言ってた。地元の教会って,ゲットーのジュリアード大学みたいなもんよ,ってね。何もかもそこから始まったわ。)

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements

元ネタの曲を知る③:ジェイZ⇄ローズ・ロイス⇄ビヨンセ

前回はジェイZの名曲「Song Cry」の元ネタとなっている1976年の曲を紹介いたしました。

引き続いてジェイZの曲です。
ジェイの隠れた傑作である「Wishing On A Star」(1998年3月11日リリース)という曲を紹介します。「隠れた」というのは米国で公式にリリースされたジェイZのアルバムには,この曲は収録されたことがないからです。現時点(2018年9月時点)では,月額サービスのApple Musicでも聴くことはできません。

もともとこの曲は,ジェイZのアルバム『In My Lifetime Vol.1』のUK(英国)盤のボーナストラックとして収録されました。その後,日本では,ジェイZの『Chapter One: Greatest Hits』(2002年リリース盤)に収録され,聴くことができます。

聴き比べてみてください。

Jay-Z – “Wishing On A Star”

その元ネタがこちらです。
Rose Royce – “Wishing On A Star”

ジェイZはこの曲を1998年にリリースしましたが,その6年後,2004年にビヨンセが同曲をカバーしました。

こちらです。

Beyonce – “Wishing On A Star”

元ネタは,1978年にリリースされたローズ・ロイス(Rose Royce)という女性歌手の曲です。1978年の曲がこうして,20年の年月を経て,ジェイZにサンプリングされたことがよみがえり,その6年後にビヨンセがカバーしました。

まさにこれがヒップホップの醍醐味のひとつであります。古い曲が現代に“真新しく”よみがえり,これを聴いている老若男女が「おおもとの曲(元ネタの曲)」を探しに行く,また,探したくなる,見つけて,聴きたくなる,という欲を掻き立ててくれるものだと感じております。そうなると,たまらなくおもしろいです。

(文責:Jun Nishihara)

元ネタの曲を知る②:ジェイZ ⇄ ボビー・グレン

さて,このコーナーでは,現代のヒップホップ曲で起用されている「おおもととなっている曲ネタ」を紹介しています。

前回は,ドレイクがマライア・キャリーの曲をネタにした「Emotionless」⇄「Emotions」を紹介しました。

このように「もとのネタ」を知ることによって,ヒップホップのおもしろさが少しでも伝われば幸いです。

さて,今回はこんな曲を紹介します。

カニエ・ウェストよりも少し前に出現した異次元ビートメイカーにジャスト・ブレイズ(Just Blaze)というビート・プロデューサーがいます。カニエ・ウェストは「元ネタづかい」を世界中のヒップホップ界に広めたビートメイカーとして知られていますが,カニエが世に出るよりもずっと前に「元ネタあそび」をグヅグヅとアングラで温め続けてきたのは,ジャスト・ブレイズです。

ジャスト・ブレイズがプロデュースしたヒップホップ曲には,数々の名曲が生まれています。

その豊富なレパートリーの中から,ジェイZの名盤『The Blueprint』に収録されている楽曲(名曲!)「Song Cry」を取り上げます。

jay-blueprint1

この「Song Cry」は2001年9月11日(世界同時多発テロ事件と同日)にリリースされたアルバム収録楽曲ですが,この曲のおおもととなっている曲は,美しきまさに名曲(名曲をサンプリングにしたからこそジェイZの名曲が生まれたという,なんというビート・プロデューサーのセンス!)である,ボビー・グレン(Bobby Glenn)の1976年リリースの楽曲「Sounds Like A Love Song」を元ネタにしています。

それでは聴いてみましょう。

Bobby Glenn – “Sounds Like A Love Song”

(文責:Jun Nishihara)

コラボ曲:ビヨンセ&ジェイZ対訳「SALUD!」

554fcc950d22a4c4779260e2fba33879.1000x1000x1

The Carters – “SALUD!”

[Chorus: Beyoncé & Dre]
Put it on ice (ice, ice, ice), celebrate that we made it
I put it on Christ (that’s on God, yeah)
Lord knows it takes hella patience
When your name is a verb and these comments absurd
And they swear they know you better than you know yourself
Cause you control yourself, cheers to me and you, salud!
Baby, look me in my eye, take a cheers to you and I, cheers to you
Baby, look me in my eye, make a cheers to you and I, salud!

(サビ:ビヨンセ&ドレー)
アイスに乗せて(アイス,アイス,アイス)祝いましょう,ここまでやってこれた
神に懸けて(神に懸けて,yeah)
神は分かってくれている,これまで尋常ない忍耐力を強いられてきた
私の名前が動詞で使われ,理不尽なコメントもされてきた
自分のことを他人のほうがよく知っているかのように
でも自分を上手くコントロールしてきた,あなたと私にチアーズ,乾杯!
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,君に乾杯
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,乾杯!

[Verse 1: JAY-Z & Beyoncé]
Mazel tov, gold bottle talk, wife got a model walk
(wife got a model walk)
House all glass, slide the doors you ain’t gotta walk (gotta walk)
And to top it off (top it off), got another one in Montauk
(Montauk, Montauk, Montauk)
Trifecta down in Tribeca (Tribeca, Tribeca), bonjour (bonjour)
French crib in the French Quarters (yeah)
Champagne in the glass, toast to the importers (yeah)
Spill some out for the past

(ヴァース1:ジェイZ&ビヨンセ)
めでたい,金のボトルに,嫁はモデル・ウォーク
(嫁はモデル・ウォーク)
ガラス張りの家,ガラスドアは自動で開く,歩かなくていい(勝手に開く)
極めつけは(極めつけは)モントークにある別荘
(モントーク,モントーク,モントーク)
トライベッカに3つ目の家(トライベッカ,トライベッカ),ボンジュール(ボンジュール)
フレンチ・クォーターにフランス様式の家(yeah)
グラスにシャンパンそそいで,輸入元に乾杯(yeah)
これまでの過去に,ちょっぴりそそぐ

[Chorus: Beyoncé & Dre]
Put it on ice (ice, ice, ice), celebrate that we made it
I put it on Christ (that’s on God, yeah)
Lord knows it takes hella patience
When your name is a verb and these comments absurd
And they swear they know you better than you know yourself
Cause you control yourself, cheers to me and you, salud!
Baby look me in my eye, take a cheers to you and I, cheers to you
Baby look me in my eye, take a cheers to you and I, salud!

(サビ:ビヨンセ&ドレー)
アイスに乗せて(アイス,アイス,アイス)祝いましょう,ここまでやってこれた
神に懸けて(神に懸けて,yeah)
神は分かってくれている,これまで尋常ない忍耐力を強いられてきた
私の名前が動詞で使われ,理不尽なコメントもされてきた
自分のことを他人のほうがよく知っているかのように
でも自分を上手くコントロールしてきた,あなたと私にチアーズ,乾杯!
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,君に乾杯
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,乾杯!

[Verse 2: JAY-Z & Beyoncé]
Hola (hola), thank the most high for the coca
Salud! (salud, salud, salud, salud)
God protect babies and fools, I was both (both)
It’s not just a popular trope (both)
The wind comes and I’m just a flute (oh)
The winds come and I’m not a fluke (oh)
I’m convinced that I’m truly the GOAT (GOAT, GOAT, GOAT)
Sosa, the Elohim intervene like boy you the truth
Don’t die (don’t die, don’t die)
Angels on both sides, toast with mimosas (both sides, both sides)
Your president tweeting about Hov like he knows us
My road to the top was to take what you owe us
I give a fuck what that man find vulgar
Just look in my eyes when you toast us

(ヴァース2:ジェイZ&ビヨンセ)
やぁ(やぁ)全知の神に感謝,コカのおかげ
乾杯!(乾杯,乾杯,乾杯,乾杯)
神は赤ん坊と愚か者を守りたまう,俺は両者だった(両者だった)
たんなる比喩じゃないぜ(両者だった)
いぶきを吹き込み,俺はフルートとなる(オゥ)
勝利をおさめ,俺は落ちこぼれでなくなる(オゥ)
これで納得した,俺は最高に偉大な野郎(偉大,偉大,偉大な野郎)
そうさ,ヘブライ神が間に入り,俺に言った「真実はおまえだ」
死ぬな(死ぬな,死ぬな)
両手に天使,ミモザで乾杯(両手に,両手に)
大統領がホヴァのこと知ってるかのようにツイートしてたが
あんたのような奴に奪われたものを取り返すため,俺はのし上がってきた
あんたが「下品」と呼ぶものが何だか知らねえが
あんたが酒かざして乾杯する時,俺のこの目を見てやってみろ

[Chorus: Beyoncé & Dre]
Put it on ice (ice, ice, ice), celebrate that we made it
I put it on Christ (that’s on God, yeah)
Lord knows it takes hella patience
When your name is a verb and these comments absurd
And they swear they know you better than you know yourself
Cause you control yourself, cheers to me and you, salud!
Baby, look me in my eye, take a cheers to you and I, cheers to you
Baby, look me in my eye, take a cheers to you and I, salud!

(サビ:ビヨンセ&ドレー)
アイスに乗せて(アイス,アイス,アイス)祝いましょう,ここまでやってこれた
神に懸けて(神に懸けて,yeah)
神は分かってくれている,これまで尋常ない忍耐力を強いられてきた
私の名前が動詞で使われ,理不尽なコメントもされてきた
自分のことを他人のほうがよく知っているかのように
でも自分を上手くコントロールしてきた,あなたと私にチアーズ,乾杯!
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,君に乾杯
ベイビー,私の瞳を見つめて,二人にチアーズ,乾杯!

[Outro: Beyoncé & Blue Ivy Carter]
Mazel tov, put up your glass
Put up your last, put up yo bag (put up yo bag)
Throw up a light, show that we bright, blow money fast (salud)
This for my kinfolk (salud)
Let down my window (salud)
Let them all know (salud)
This what we ball for, yo
Shout out to Rumi and Sir, love Blue

(アウトロ:ビヨンセ&ブルー・アイヴィー・カーター)
おめでとう,グラスを持ち上げて
グラスを挙げて,バッグも挙げて(バッグも挙げて)
ライトかざして,みんなの輝き見せて,金ばら撒いて(乾杯)
仲間のみんなに(乾杯)
窓をおろして(乾杯)
みんなに向けて(乾杯)
全てはこの瞬間のために,ヨゥ
シャウトアウト,ルミ&サーへ,愛を込めて,ブルーより

(文責:Jun Nishihara)

ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love』より,楽曲①対訳「SUMMER(サマー)」。

"On The Run Tour: Beyonce And Jay-Z" - Houston

[Intro: Rory]
Right now inside the place to be with the one JAY-Z and Bey
Slowing down the dance to a different type of speed
You know it’s Cool & Dre deh pan the beat
You know, a bloodclaat heat
(Right)

(イントロ:ローリー)
よってらっしゃい,みてらっしゃい,唯一無二のビヨンセとジェイZ
みんなで踊って,スローダンス,一変するスピード
ビートをくりだすのは,みんな知ってるクール&ドレー
きいてらっしゃい,アッツアッツのを届けるよ
(いくよ)

[Chorus: Beyoncé & JAY-Z]
Let’s make love in the summertime, yeah
On the sands, beach sands, make plans
To be in each other’s arms, yeah
Let it breathe, let it breathe
I wanna drown in the depth of you, yeah, yeah
When the water’s so blue (so blue, so blue)
So blue (so blue)
I need to take my time, oh yeah
Show you somethin’ real (so real)
So real (let it breathe), so real (let it breathe, so real)
I want you to come inside right now
So you know just how I feel
How I feel (let it breathe, let it breathe), yeah

(サビ:ビヨンセ&ジェイZ)
愛し合いましょう,真っ盛りの夏に
砂の上で,ビーチで,計画立てて
ふたりで抱きしめあって
吹き込め,息を吹き込め
あなたの胸の奥で溺れたい
海はとってもブルー(とてもブルー,とてもブルー)
とてもブルー(とてもブルー)
ゆっくりと味わいたい
ほんものを見せてあげる(見せてあげる)
ほんものを(吹き込め)ほんものを(息を吹き込め,見せてあげる)
私の中に入ってきてちょうだい
共感してほしい
私が感じているものを(吹き込め,息を吹き込め)

[Verse 1: Beyoncé]
We never been this far from the shore
We might not ever go back anymore
Got you all in your emotions, hit you with the force then
Tell me your desires, I won’t ever tire
You’d rather play the game than to throw the fight
Boy you know that ain’t right
When I’m needing your affection, I need that attention
Up and down motion, come swim in my ocean, yeah yeah

(ヴァース1:ビヨンセ)
こんな遠くの沖まできたのは初めて
もう岸には戻れないかもしれない
私のパワーで,あなたの情熱を掻き立て
あなたの欲望をみせて,一生飽きさせない
喧嘩するよりも,火のお遊びがお好き
あなたってほんとワルい男ね
あなたの愛情を求めている時は,無視しないで
あがったり,さがったり,私の大海で泳がせてあげる

[Chorus: Beyoncé & JAY-Z]
Let’s make love in the summertime, yeah
On the sands, beach sands, make plans
To be in each other’s arms
Let it breathe, let it breathe
I wanna drown in the depth of you, yeah, yeah (yeah, yeah)
Where the water’s so blue
So blue (so blue)

(サビ:ビヨンセ&ジェイZ)
愛し合いましょう,真っ盛りの夏に
砂の上で,ビーチで,計画立てて
ふたりで抱きしめあって
吹き込め,息を吹き込め
あなたの胸の奥で溺れたい
とってもブルーな海で
とてもブルー(とてもブルー)

[Verse 2: JAY-Z]
I brought my sand to the beach
Hopped out the Lam’ with the sheep
Skin rugs on the floor
We hugged, made love on the seats
We tried to hide in the hills
We watched the sky turn peach
Summer’s light like, summer’s night
It’s like, Christ masterpiece
She taste like Corona Light, sweet
Even the lime gotta squeeze
She gave me a lil’ swig, to chase behind my weed
If I can stay in her hair forever, that’d be fine by me
I don’t have no concept of time
Even with a rose gold Concept on me
I remember summer nights in the projects
Bullet rounds interrupting my Chi
When the worst thing that could happen
Zipped up his jacket and ran back down the street
In Bel-Air, only the nights get cold
I wrapped a yellow jacket ’round Bey
It’s not lost on me, music has my kids sound asleep

(ヴァース2:ジェイZ)
砂浜に自分の砂を持ってきた
羊毛シートのランボルギーニを飛び乗って
フロアリングは毛皮のラグ
抱き合って,シートで愛し合った
丘の上で,誰も見えないところで
夜空がピーチ色に染まった
夏の夜空は,夏の輝き
まるでキリストが創り上げた傑作品
彼女の唇はコロナライトの味,スイート
ライムを搾って入れたやつ
俺にも少し飲ませてくれた,ハッパのチェーサーに
彼女の髪の中で一生過ごせるなら,それも悪くない
時間の感覚はもうない
ローズゴールドの腕時計やってても
プロジェクツ(ゲットー)時代の夏の日を憶えている
銃声が鳴り響き,俺の気は滅入ってた
最悪のシナリオは死体を袋詰めすることだった
俺はジャケットを着て,ストリートを走り去った
しかし今は,L.A.のベルエア,夜空がひんやり
イエロージャケットをBに羽織らせて
まだまだいける,音楽かけて,子供たちはぐっすり眠る

[Chorus: Beyoncé & JAY-Z]
Oh, let’s make love in the summertime, yeah
On the sands, beach sands, make plans
To be in each other’s arms, yeah
Let it breathe, let it breathe
I need to take my time to show you somethin’ real (so real)
This is real (so real)
I want you to come inside right now
So you know just how I feel, how I feel
Let’s make love in the summertime
Let’s make love in the summertime
Be in each other’s arms
Let it breathe, let it breathe
Let’s make love in the summertime, yeah
On the sands, beach sands, make plans
To love in each other’s arms, yeah

(サビ:ビヨンセ&ジェイZ)
愛し合いましょう,まっさかりの夏に
砂の上で,ビーチで,計画立てて
ふたりで抱きしめあって
吹き込め,息を吹き込め
急がないで,ゆっくりと見せてあげる,ほんものを(ほんものを)
夢じゃない(ほんものを)
私の中に入ってきてちょうだい
同じものを感じてほしい
愛し合いましょう,まっさかりの夏に
愛し合いましょう,まっさかりの夏に
ふたりで抱きしめあって
吹き込め,息を吹き込め
愛し合いましょう,まっさかりの夏に
砂の上で,ビーチで,計画立てて
ふたりで胸の中で,愛し合って

[Outro: Damian Marley]
Love is universal
Love is going to express itself as a form of forgiveness and compassion for each other

(アウトロ:ダミアン・マーリー)
愛は万国共通だ
愛はお互いへの許しと憐れみをもってそれは表現される

(文責:Jun Nishihara)

ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love』より,楽曲⑧対訳「Black Effect(ブラック・エフェクト)」。

b505a32eee564c7de4a3ef1c42533541_w630_h629_nocrop

[Intro]
Can you tell us about love?
Hmm, well there’s love of children
Love of self
Love of God
Love of a partner
All of them have a different shape
But all of them is the same in the end
It’s about sensitivity, it’s about passion
It’s about unconditional giving of self to another person
And there’s love of humanity
That’s the love that is right now needed most
Love of humanity
But in everything, in all of that love, there is a soul
It’s like when you take some eggs and break them
And you take the shells and mix them up
Trying to find the ones that match
And you find the perfect match
When you find the perfect match
That compatibility results in passion
Results in unconditional giving of self

(イントロ)
愛って何だろう
そうね,愛というのは,子供への愛もあれば
自己愛もある
神への愛もあるし
相方(パートナー)への愛もある
ひとつひとつ違った形をしているけれど
最終的には全て同じもの
気づかいでもあるし,情熱でもある
見返りを求めず,相手に尽くすことでもある
それから,人類への大きな愛もある
いま世界で最も必要とされている愛,それは
人類への愛
大切なことは,全ての愛には,魂(ソウル)が内在されていること
最高の出会いを見つけることは,喩えれば
卵をいくつか割って,卵の身もカラも一緒に混ぜ合わせ
その中からまた卵のカラを元に戻すことのように
奇跡であることに等しい
でもその奇跡が起きて,最高の出会いを見つけた時
二人の相性は情熱を生む
見返りを求めず,相手に尽くすようになる

[Chorus: JAY-Z]
I’m good on any MLK Boulevard
I’m good on any MLK Boulevard
See my vision with a TEC, bitch, I’m Malcolm X
Haters dreadin’ my effect, they want that Das EFX
Get your hands up high like a false arrest
Let me see ’em up high, this is not a test
Yes, put ’em up, this is not a test
Now hands where I can see them, fuck a false arrest

(サビ:ジェイZ)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける
銃を片手にビジョンが見えるか,マルコムXと呼んでくれ
嫉妬深いヤツらは俺の影響力に慄(おのの)く,EFX(90年代ラップデュオ)の如く
両手を空高く挙げな,勘違いが元で逮捕された時みたく
高く挙げな,これはテストなんかじゃない
そうだ,もっと高く挙げな,これはリアリティ
全員に見えるまで両手を挙げて,勘違いが元で逮捕されるのは,もう懲りごりだ

[Verse 1: JAY-Z]
This Off-White fit that I rock, shit permanent
Hmm, the fro that I grow got no perm in it
Hmm, a nigga late but he best dressed
Got slowed down by the weight of my necklaces
Parked the Lexus in the projects, bitch I’m reckless
Extra magazine hopped on a jet with my Ebony chick
Blacker than the Essence fest
The behind the back pass is so effortless
LeBron James to you Omaroses
Dapper Dan at 4AM, shit, I am the culture
I made my own waves so now they’re anti-Tidal
I’m livin’ the no sock life despite you
Since the Kalief doc, they’ve been at my neck
Y’all can tell ’em Trayvon is comin’ next
The SEC, the FBI or the IRS
I pass the alphabet boys like an eye test

(ヴァース1:ジェイZ)
オフ-ホワイト*(註)色の皮膚は,こすっても消えないぜ
ふむ,俺のアフロは生まれつき,パーマじゃないぜ
ふむ,やっと来た,だがファッションセンスは抜群だ
ネックレス・チェーンが重すぎて,軽快に歩けねえ
低所得者居住区(プロジェクツ)にレクサス駐車,ぶっ飛んでる
黒人(エボニー)の彼女とジェット機乗って,雑誌めくって
エッセンス・フェスより真っ黒だぜ*(註)
裏口から入って,ヤスヤスとやってのける
俺は,オマローサのような連中に対するレブロン・ジェイムス
早朝4時でもキマってる,俺こそがカルチャーだ
自分で波を作り出した,すると”Tidal(波潮)”に反するヤツらが現れた
それでも俺は,裸足で革靴履くほどリッチな生活
カリーフ(ブラウダー)のドキュメンタリー作れば,それを批判するヤツもいた
次はトレイヴォンの映画を作ってやるよ
証券取引委員会,連邦捜査局,米国国税庁
漢字ばっかりのヤツらを横目で追い抜いてきた

[Chorus: JAY-Z and Beyonce]
I’m good on any MLK Boulevard (I’m good)
I’m good on any MLK Boulevard (He good)
See my vision with a TEC, bitch, I’m Malcolm X (I’m Malcolm X)
Haters dreadin’ my effect, they want that Das EFX (Yeah)
Get your hands up high like a false arrest (put your hands up high)
Let me see ’em up high, this is not a test (let me see ’em up high)
Yes, put ’em up, this is not a test
Put your hands where I can see them, fuck a false arrest

(サビ:ジェイZ,ビヨンセ)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける(私も)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける(あなたも)
銃を片手にビジョンが見えるか,マルコムXと呼んでくれ(私はマルコムX
嫉妬深いヤツらは俺の影響力に慄(おのの)く,EFX(90年代ラップデュオ)の如く
両手を空高く挙げて,勘違いが元で逮捕された時みたく(両手を高く)
高く挙げて,これはテストなんかじゃない(みんなに見せて)
そうよ,高く挙げて,これはリアリティ
全員に見えるまで両手を挙げて,勘違いが元で逮捕されるのは,もう懲りごりよ

[Post-Chorus: Beyonce]
Higher, higher
Higher, higher
Higher, Higher
Higher, higher
Higher

(後サビ:ビヨンセ)
もっと高く,高く
もっと高く,高く
もっと高く,高く
もっと高く,高く
もっと高く

[Verse 2: JAY-Z, Beyonce and both]
I’m good anywhere I go, anywhere I go (go)
I pull up like the Freedom Riders, hop out on Rodeo
Stunt with your curls, your lips, Sarah Baartman hips
Gotta hop into my jeans like I hop into my whip yeah
Mobbin’ in a hoodie like Melo
Come up out that pretty motherfucker like “Hello, Hello”
I will never let you shoot the nose off my Pharaoh
I like purple and purple rain
Tryin’ to put red and blue together, bitch, that’s on gang
These people tryna get me out the paint
‘Cause I cook collard greens and yams better than your aunt
Man, we started with a mustard seed
Now we in the gray 911 with the mustard seats
Sheesh! Matte black puma jet
Shining my light on the world just like “UMI Says”
Got the Richard Mille all colors
Might hit you with the Rose Gold all summer
For the culture
They even biting cornrows, put your scarecrows up
I come from the finest crop
Tell em the god’s on row, watch them line the block
The Chitlin’ circuit is stopped
Now we in stadiums, Eighty Thou a wop, Watch

(ヴァース2:ジェイZ,ビヨンセ)
どこ行ってもイケてる,イケてる
自由解放運動のように走り,ロデオ通りで車を降りる
髪はカールでキメて,リップグロス塗って,豊満なお尻で
ジーンズをタイトに履いて,車に飛び乗る
フードをかぶって,カーメロのようにワルに
可愛い顔だして,みんなに「ハロー,ハロー」
このファラオの鼻は誰にも撃たせない
俺はパープル色も,プリンスのパープル・レインも,両方好きだ
赤と青を混ぜ合わせ,東と西のギャングだ
ペンキ塗りは俺に任せとけ
俺が料理した菜っ葉にヤマノイモ料理はあんたの叔母さんのより絶品さ
ガキの頃,カラシナのタネ売ってちびちび稼いでいたが
今となっちゃ,外装はグレーで,シートはマスタード色のポルシェ乗り回し
わかるか,マット・ブラック色のヒョウ柄ジェット機
「自分が発した光で,世界を明るくさせな」,おふくろの言葉だ
リチャード・ミルの腕時計,全カラー揃えた
今年の夏は,ローズ・ゴールドで決めてやるか
このヒップホップ・カルチャーのために
三つ編みのコーンロウならぬモロコシ畑,案山子(カカシ)を立たせ
一流の作物が育ったぜ
神が舞い降りた,ブロック中が外へ出て敬礼
黒人差別のチトリンサーキット時代はもう終わり
今は黒人2人で満席のスタジアム,1本8万ドル,見とけ

[Chorus: Jay-Z and Beyonce]
I’m good on any MLK Boulevard (He good)
I’m good on any MLK Boulevard (We good)
See my vision with a TEC, bitch, I’m Malcolm X (I’m Malcom X)
Haters dreadin’ my effect, they want that Das EFX (Yeah)
Get your hands up high like a false arrest
(Get your hands up high like a false arrest)
Let me see ’em up high, this is not a test
(Let me see ’em up high, this is not a test)
Yes, put ’em up, this is not a test
(Yes, put em up, this is not a test)
Now hands where I can see them, fuck a false arrest

(サビ:ジェイZ&ビヨンセ)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける(私も)
キング牧師の名のストリートなら,どこでもやってける(あなたも)
銃を片手にビジョンが見えるか,マルコムXと呼んでくれ(私はマルコムX)
嫉妬深いヤツらは俺の影響力に慄(おのの)く,EFX(90年代ラップデュオ)の如く
両手を空高く挙げて,勘違いが元で逮捕された時みたく
(両手を空高く挙げて,勘違いが元で逮捕された時みたく)
高く挙げて,これはテストなんかじゃない
(高く挙げて,これはテストなんかじゃない)
そうよ,高く挙げて,これはリアリティ
(そうよ,高く挙げて,これは現実)
全員に見えるまで両手を挙げて,勘違いが元で逮捕されるのは,もう懲りごりよ

[Outro]
I know I’ve only come half the way
But looking the mirror I see an older me
Not realizing all the years that past away
But I know I’ve only come half the way

(アウトロ)
これでもまだ道の途中
鏡を見ると,少しオトナの自分が見える
知らない間に何年も走り続けてきた
これでもまだ道の途中

*註釈
①オフ–ホワイトは,建築家でグラフィック・デザイナーでもあるヴァージル・アブローのファッションブランド。ジェイZはここで,「オフ–ホワイト」ブランドのシャツと,「オフホワイト」(白人ではない)の肌の色を掛けている。「オフホワイト」の皮膚は,こすっても白にならない,と。
②どれも黒人用のファッション雑誌。雑誌の固有名詞(「EBONY」「JET」「ESSENCE」)をここでは,普通一般名詞として使っている=ジェイがよくやる二重韻踏(ダブル・アンタンドレ)。

(文責:Jun Nishihara)

ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love』より,楽曲⑦対訳「Heard About Us」。

jay-z-beyonce-new-album-review-2018-be2598b5-dbcf-4439-bc37-1043fc64866e

楽曲⑦対訳「Heard About Us」

[Chorus: Beyoncé]
No need to ask you heard about us
No need to ask you heard about us
Already know you know about us
No need to ask you heard about us
No need to ask you heard about us
Watch your mouth when you around us

(サビ:ビヨンセ)
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
もう知ってるよね,私たちのこと
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
軽々口にしないで,近くにいるのならね

[Verse 1: Beyoncé]
Pull up, hop out, wreck
Got no time, but we got Pateks
I come around, stepping on necks
My nigga got niggas upset, why?
Oh, why these bitches so mad for?
They don’t want Yoncé on their door
Louis slugger to your four door
Careful you get what you asked for
We go, ooh
Go to Cuba then Aruba in the middle of the winter (skrt, skrt)
Brand new sprinter, we laugh to the bank
But we ain’t no joke, yeah
You better act like you know, yeah

(ヴァース1:ビヨンセ)
車を横付け,飛び降りて,踊り出す
暇は無い,パテック・フィリップの腕時計して
颯爽と歩き,やってくる
連中が旦那に嫉妬してる,どうして
オゥ,女たちはどうしてぷんぷんしてるの
ビヨンセがドアまでやってきた
野球のバット持って,車をボコボコにした
気をつけて,現実になっちゃうわよ
一緒に行こう,オゥゥ
キューバの次はアルーバへ,冬真っ盛りにね(スカー,スカー)
まっさらのスプリンター(メルセデス)で,大笑いで銀行まで
でもジョークじゃないわよ
もちろんわかってるでしょ,yeah

[Chorus: Beyoncé]
No need to ask, you heard about us
No need to ask, you heard about us
Already know you know about us
Ain’t no need to ask, you heard about us
No need to ask, you heard about us
Watch your mouth when you move around us

(サビ:ビヨンセ)
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
もう知ってるよね,私たちのこと
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
軽々口にしないで,近くにいるのならね

[Post Chorus: Beyoncé & JAY-Z]
If you don’t know, now you know, nigga
He smoking, we drank D’USSÉ to the face (yeah)
If you don’t know, now you know, nigga
Put hoes in their place, bitch, stay in your lane
(Bitch, stay in your lane)
Talk that talk, B

(後サビ:ビヨンセ&ジェイZ)
知らなかったなら,これでわかったでしょ
旦那は煙吐いて,ドゥーセを飲んでる(yeah)
知らなかったなら,これでわかったでしょ
アバズレ女は出てくんな,ビッチ,そこに留まってな
(ビッチ,出てくんな)
言ってやれ,ビー

[Verse 2: JAY-Z]
Billie Jean in his prime
For the thousandth time, the kid ain’t mine
Online they call me “dad,” kiddingly
You’re not supposed to take this dad thing literally
That’s too famous, we don’t even really do famous
I’m cool on that, chuck the two fingers
Everyday I’m gettin’ sued famous
I show up to court without a suit famous
Your every move is on the news, ain’t it?
Shit has its perks too, ain’t it?
Shootin’ videos in the Louvre, ain’t it?
It could be far worse for you, can’t it?
Pain comes with penthouse views, ain’t it?
Bitch know me, I been me since the cocaine
Bitch know B, she don’t even need a whole name

(ヴァース2:ジェイZ)
血気盛りのビリー・ジーン
これで言うの1000回目だけど,あれは俺の息子じゃない
SNSで「僕のパパ」とか言いふらしてるらしいけど,あれは嘘
マジで信じちゃ困っちゃう
ここまで顔が知れ渡ってるのに,そんな馬鹿な真似はしない
クールにかわして,2本指立てて,あばよ
毎日のように有名だからって訴えられる
裁判所には,かの有名なスーツは着ず現れる
どこ行ってもニュースで報道されて
でもそれが利点をもたらすこともある
ルーブル美術館でMV撮影したり
あんたの立場だったら,状況は違ってただろう
苦しみはやがて,高級マンションの最上階の景色に変わる
女はみんな知ってる俺のこと,コカイン捌いてた時代から変わってない
女はみんな知ってるBのこと,アルファベット一文字で誰のことかもう分かる

[Chorus: Beyoncé & JAY-Z]
No need to ask, you heard about us
(It’s Beyoncé, nigga)
No need to ask, you heard about us
(Oh, my God)
Already know you know about us
No need to ask, you heard about us
No need to ask, you heard about us
Watch your mouth when you move around us

(サビ:ビヨンセ)
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
(ビヨンセよ,おまえたち)
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
(オーマイガー)
もう知ってるよね,私たちのこと
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
言わなくても,知ってるよね,私たちのこと
軽々口にしないで,近くにいるのならね

[Post Chorus: Beyoncé]
And if you don’t know, now you know, nigga
He smoking, we drink, D’USSÉ to the face
And if you don’t know, now you know, nigga
Put hoes in their place, bitch stay in your lane
Yeah, we the ones that you heard about
Make big noise, big noise
We don’t need no voucher
Yeah, we the one’s y’all worried about
We good, we good, keep us out your mouth
If you don’t know, now you know, nigga
If you don’t know, now you know, nigga

(後サビ:ビヨンセ&ジェイZ)
知らなかったなら,これでわかったでしょ
旦那は煙吐いて,ドゥーセを飲んでる(yeah)
知らなかったなら,これでわかったでしょ
アバズレ女は出てくんな,ビッチ,そこに留まってな
Yeah,そうよ,それが私たちのこと
いろんなところで,ノイズを掻き立てる
私たちには保証人は不要
Yeah,心配なんでしょ,私たちが何やらかすか
いい感じ,いい感じ,軽々口にしないでね
知らなかったなら,これでわかったでしょ
知らなかったなら,これでわかったでしょ

(文責:Jun Nishihara)

ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love』より,楽曲⑥対訳「FRIENDS(フレンズ)」。

EVERYTHING IS LOVE

[Chorus: Beyoncé]
My friends, real friends, better than your friends
That’s how we keep poppin’ out that Benz, yeah
No foes, real friends, we ain’t even got to pretend, yeah
Get bands, get bands, spend it all on my friends

(サビ:ビヨンセ)
私の友達は,リアルな友達,誰のよりもステキな友達
ベンツに乗って,イキってる,yeah
無敵,リアルな友達,ありのままでいられる,yeah
札束片手に,札束片手に,全部友達のために使う

[Refrain: Beyoncé]
Gon’ pull me up, pull me up, pull me up (pull me up, pull me up, pull me up)
And never let me down (They never let me down)
Gon’ pull me up, pull me up, pull me up (pull me up, pull me up, pull me up)
And never let me drown (never let me drown)
Gon’ pull me up, pull me up, pull me up
And never let me drown (never let me drown)
Gon’ pull me up, pull me up, pull me up (pull me up, pull me up, pull me up)
I’ll never hit the ground (never let me drown, never let me drown)

(リフレイン:ビヨンセ)
私を持ち上げて,持ち上げて,持ち上げて(持ち上げて,持ち上げて)
がっかりさせないで(がっかりさせないで)
手を離さないで,離さないで,離さないで(離さないで,離さないで)
溺れさせないで(溺れさせないで)
手を離さないで,離さないで,離さないで(離さないで,離さないで)
溺れさせないで(溺れさせないで)
私を持ち上げて,持ち上げて,持ち上げて(持ち上げて,持ち上げて)
地面に落っこちないように(落っこちない,落っこちないように)

[Chorus: Beyoncé]
My friends, real friends, better than your friends, yeah
That’s how we keep popping out that Benz, yeah
For friends, real friends, better than your friends, yeah
That’s them, that’s them, they know all my business

(サビ:ビヨンセ)
私の友達は,リアルな友達,誰のよりもステキな友達
ベンツに乗って,イキってる,yeah
無敵,リアルな友達,ありのままでいられる,yeah
札束片手に,札束片手に,全部友達のために使う

[Verse 1: Beyoncé]
I don’t know what I would do without all of my crew, yeah
I ain’t makin’ no room, yeah, I ain’t makin’ no new friends
I don’t make no moves, yeah, without tellin’ my crew, yeah
That just how we do, yeah, that just how we do, oh
Goddammit it, I love my life, Styrofoam cups, no ice
Party ‘fore we go inside
Never let them out my sight (ooh), they’re right by my side (woo)
Them my ride-or-dies (ride) , them my ride-or-dies (ride)
My friends are goals, your friends are faux (faux)
We fly, why cry? Our souls exposed, yeah
We smoke, we laugh, your stress, my stress
Closer than kin, I’m blessed, you blessed (blessed)

(ヴァース1:ビヨンセ)
途方に暮れてたわ,仲間がいなきゃね,yeah
もう空きはない,いまさら新しい友達は作らない
新しい動きをするときは,必ず仲間に知らせてから,yeah
それが私たちのやり方,yeah,私たちのやり方
マジで,最高の人生,発泡スチロールのコップ,氷は無しで
玄関入る前から,パーティー始まってる
絶対独りにはさせない,いつだってそばにいる
「乗っても反っても」私の仲間,死ぬまで仲間
全ては仲間のために,他人のはウワベだけ
イケてる,もう泣かなくていい,むき出しのソウル
ハッパ吸って,笑い合って,あなたのストレス,私のストレス
血の繋がりよりも親密で,私の恵みは,あなたの恵み(恵まれている)

[Verse 2: JAY-Z]
Ten toes, ten toes, we was out in that road, uh
Lookin’ for love in wrong places, we proposed to a stove, yeah
Shared jewels, shared clothes, that’s how deep this shit goes, yeah
Every week, ya got bros, all of y’all fake close, yeah
Y’all switchin’ sides like NBA teams just after halftime
I’m pullin’ up on my dog, make sure he okay, I don’t even have time
He copped me a Porsche with butterscotch seats, this ‘fore they had mils
Live better than rappers and they don’t even have deals, that real
Bought Emory a BM as soon as he came home
We hopped on a plane, headed straight to the Bay
That’s how we turn the game on, it’s game on

(ヴァース2:ジェイZ)
両足で,両足で,あの道を走ってた
よくない場所に愛を求めてた,コンロの前で愛を誓った
共用のアクセ,共用の服,二人の関係は深かった
毎週,キミは別の男を連れてきた,でもそんなヤツらは「タテマエだけの関係」
NBAのハーフタイムが終われば,違うチームを応援してるようなヤツらもいれば
俺みたいに仲間のもとまで飛んでいき,安否を確認し,暇は無いヤツもいる
ビンボーだった頃,仲間がバタースコッチ色のシートのポルシェを買ってくれた
ラッパーよりもいい暮らししてた,ディールもまだない頃,マジだぜ
エモリーがムショでお務めを果たして帰ってきた時,BMW買ってやった
飛行機に飛び乗って,すぐベイエリアまで飛んでった
それが俺らの遊び方だった,デッカく遊んでた

Ty mama died, I was there, my nephew died, he was there
He in my house more than I be there, more than Bey there
Ty-Ty there, E there, Breezy there, Juan there
High here, Chaka there, Law there, they all here, ah yeah
Dez there, Kwanna here, shit feel like Nirvana here
Crib like the Soho House, I might stay in and grow out my hair
Tight circle, no squares, I’m geometrically opposed to you
Y’all like to try angles, y’all like to troll, do you?
Y’all talk around hoes, do you? Y’all don’t follow codes, do you?
You know everything you say from niggas close to you, you emotional
When I say, “Free the dogs,” I free ’em, that’s how Meek got his freedom
Y’all put niggas on a t-shirt, it hurts you ain’t never meet ’em
You got niggas in the feds, you ain’t even tryna feed ’em
I’m tryna free the world, that’s how deep I’m in
I ain’t goin’ to nobody nothin’ when me and my wife beefin’
I don’t care if the house on fire, I’m dyin’, nigga, I ain’t leavin’
Ty-Ty take care of my kids, after he done grievin’
If y’all don’t understand that, we ain’t meant to be friends

親友タイタイのお袋が死んだときも,甥が死んだときも,エモリーはいてくれた
エモリーは俺よりも俺の実家に帰ってくれてる,ビヨンセよりもな
タイタイもいた,イーもいた,ブリージーもいた,フアンもいた
ハイもいた,シャカもいた,ロウもいた,みんなそこにいてくれた
デズもいた,クワンナもいた,まるでニルバーナだな
SoHoハウス(=クラブ)如く広い家,ひきこもりして長髪に伸ばそうかな
密な仲間たち,おカタいヤツは入れない,幾何学的におまえとは正反対
違ったアングルから試してみな,ネット荒らし,やってんのか
女に告げ口やってんのか,決まりを守ろうとしないのか
おまえが言ってること全部,他人から聞いたことだろ,そりゃ感情的すぎる
俺が「仲間を解放しろ」と言えば,本気でやる,そうやってミーク・ミルも俺が釈放させた
おまえは黒人の名前を書いたTシャツを着てるが,実際会ったことはない,なんて憐れ
FBIで黒人も働いているが,白人と比べて儲けは低い
俺は世界を解放させようと企んでる,そこまで本気
俺がヨメと喧嘩してるときは,誰のどんなイベントにも行かない
家庭がトラブってるなら,他のことはどうでもよくなる,命が懸かってるなら他のとこへは行かない
タイタイは嘆き悲しみを終えた後は,俺の子供たちの面倒だって見てくれる
それを理解できないやつのことは,もはや友達と呼べないかもしれない

[Refrain: Beyoncé]
Gon’ pull me up, pull me up, pull me up (pull me up, pull me up, pull me up)
And never let me down (They never let me down)
Gon’ pull me up, pull me up, pull me up (pull me up, pull me up, pull me up)
And never let me drown (never let me drown)
Gon’ pull me up, pull me up, pull me up (pull me up, pull me up, pull me up)
And never let me drown (never let me drown)
Gon’ pull me up, pull me up, pull me up (pull me up, pull me up, pull me up)
I’ll never hit the ground (never let me drown, never let me drown)

(リフレイン:ビヨンセ)
私を持ち上げて,持ち上げて,持ち上げて(持ち上げて,持ち上げて)
がっかりさせないで(がっかりさせないで)
手を離さないで,離さないで,離さないで(離さないで,離さないで)
溺れさせないで(溺れさせないで)
手を離さないで,離さないで,離さないで(離さないで,離さないで)
溺れさせないで(溺れさせないで)
私を持ち上げて,持ち上げて,持ち上げて(持ち上げて,持ち上げて)
地面に落っこちないように(落っこちない,落っこちないように)

[Verse 3: Beyoncé]
They pray, pray for me, they pray, pray for me
See better things for me, want better days for me, unselfishly
They pray, pray for me, they pray, pray for me
Whenever I’m in need, they in the backseat, with the aux bumpin B
There ain’t no pride involved, there ain’t no pride involved
In my heart, heart, heart, you know 4-4-4
That’s my dog, dog, dogs, see your dogs, dogs, dogs
Point ’em out, out, out, point ’em out, out, out
What would I be without my friends? (What would I be without my friends?)
I ain’t got no understanding (I ain’t got no understanding)
‘Bout them, you might just catch these hands
We fall out and we make amends, yeah, yeah

(ヴァース3:ビヨンセ)
祈ってくれる,私のために,友達は祈ってくれる,私のために
もっと良いものを手に入れて,もっと幸せになるように,利己は捨ててもいい
祈ってくれる,私のために,友達は祈ってくれる,私のために
寂しくなれば,友達はいてくれる,後部座席でビヨンセの曲をかけて
私のハート,ハート,ハート,そうよ,4−4−4
私の仲間,仲間,仲間たち,あなたの仲間,仲間,仲間は
言ってごらん,言ってごらん,言ってごらん
途方に暮れてたわ,仲間がいなかったら(途方に暮れてたわ,仲間がいなかったら)
誰にも理解されずに(誰にも理解されずに)
今までのこと,たがいの手を掴んで
仲たがいしても,こうして仲直りした,そうよ,そうよ

[Chorus: Beyoncé]
Your friends are faux, my friends are goals
Closer than kin, our souls exposed
Your friends are frauds, all they want is applause, yeah
And my friends, real friends, closer than kin

(サビ:ビヨンセ)
嘘っぱちな友達だらけの中で,本物の友達は貴重
血の繋がりよりも濃い仲,むき出しのソウル
嘘の友達っていうのは,「よくやった」って褒められたいだけ
私の友達は,リアルな友達,血の繋がりよりも濃い仲

[Outro: Beyoncé]
Them pull me up, pull me up, pull me up
Them never let me drown
Them pull me up, pull me up, pull me up
Them never let me down
Them pull me up, pull me up, pull me up
Them never let me down
Them pull me up, pull me up, pull me up
Them pull me up, pull me up, pull me up
Them pull me up, pull me up, pull me up
Them pull me up, pull me up, pull me up

(アウトロ:ビヨンセ)
手を離さないで,離さないで,離さないで
溺れさせないで
私を持ち上げて,持ち上げて,持ち上げて
がっかりさせないで
私を持ち上げて,持ち上げて,持ち上げて
がっかりさせないで
手を離さないで,離さないで,離さないで
手を離さないで,離さないで,離さないで
手を離さないで,離さないで,離さないで
手を離さないで,離さないで,離さないで

(文責:Jun Nishihara)

ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love」より,楽曲⑤対訳「713」。

EVERYTHING IS LOVE

[Intro: Dre]
Uh, uh, uh
This (uh, uh) is (uh, uh), ouu!

(イントロ:ドレー)
Uh, uh, uh
これ(uh, uh)は(uh, uh)アウゥ!

[Chorus: JAY-Z & Beyoncé]
Cash, hit deposit, 24-carat faucets
Louis V and Goyard trunks all in the closet
Ain’t shit change, the streets is still watchin’
And my little baby Blue is like, “Who gon’ stop us, huh?”
Ain’t no way to stop this love
Ain’t no space if everything is love
Representin’ for my hustlers all across the world (still)
Still dippin’ in my low-lows, girl! (still)
I put it down for the 713 and we still got love for the streets (ow!)

(サビ:ジェイZ&ビヨンセ)
現ナマを預金へ,24カラットの水道蛇口
クローゼットには,ルイ・ヴィトンとゴヤールの高級トランク
何も変わっちゃいない,“ストリートは今も目を光らせている”
娘のブルーに言われたぜ「誰にも止められないわ」
誰にもこの愛は止められない
全てが愛でできているなら,スキは無い
世界中のハスラーの代表として(変わらず)
それでもロウ・ロウ*(註)を身にまとって,ガール(変わらず)
713(ヒューストン)に懸けて,ストリートを変わらず愛してる(アゥ!)

[Verse 1: JAY-Z]
We played it cool at the pool of the Cancun, VMA
Confidence you exude make the fools stay away
Me, I played my room, let the fools have they say
Fate had me sittin’ next to you on the plane
And I knew straight away, uh
The next time we would speak was like two years away
You had a man, you shut it down until you two had a break
I bet that dude rued the day
You kept me up on the phone while you were away
You came back, I let you set the date, Nobu on the plate
I brought my dude to play it cool, my first foolish mistake

(ヴァース1:ジェイZ)
カンクンのプールサイド,VMA(MTVのミュージックビデオ賞)ではクールにキメた
君が醸し出す自信で,もう愚か者は近寄れない
やることやって,愚か者にもしゃべらせてやった
飛行機で君がとなりに座ったのは,運命のおかげ
あれは君だったって,俺はすぐに気づいてた,uh
その後,君と話したのは,その2年後だった
君には別の男がいた,そいつにうんざりしていた君は,その男とついに別れた
ヤツはその日を悔やんだだろう
僕ら遠距離でも電話し合って,二人でずっと話してたっけ
再会して,デートにさそって,NOBU(高級レストラン)でディナーして
そん時,俺は自分のダチも連れてきた,クールにキメようと思って,でもかえってそれが仇になった

[Chorus: JAY-Z & Beyoncé]
Cash, hit deposit, 24-carat faucets
Louis V and Goyard trunks all in the closet
Ain’t shit change, the streets is still watchin’
And my little baby Blue is like “Who gon’ stop us, huh?”
Ain’t no way to stop this love
Ain’t no space if everything is love
I’m representin’ for my hustlers all across the world (still)
Still dippin’ in my low-lows, girl! (still), I put it down for the 713
And we still got love for the streets (ow!)

(サビ:ジェイZ&ビヨンセ)
現ナマを預金へ,24カラットの水道蛇口
クローゼットには,ルイ・ヴィトンとゴヤールの高級トランク
何も変わっちゃいない,“ストリートは今も目を光らせている”
娘のブルーに言われたぜ「誰にも止められないわ」
誰にもこの愛は止められない
全てが愛でできているなら,スキは無い
世界中のハスラーの代表として(変わらず)
それでもロウ・ロウ*(註)を身にまとって,ガール(変わらず)
713(ヒューストン)に懸けて,ストリートを変わらず愛してる(アゥ!)

[Verse 2: JAY-Z]
I never knew a lo-, lo-, lo-, love like this
Gotta be special for me to write this
Queen, I ain’t mean no disrespect
But the way I network, it’s hard for me to connect
My first time in the ocean went exactly as you’d expect
Meanwhile you goin’ hard, jumpin’ off the top deck
A leap of faith, I knew I was up next
I never told you, but I told a few people we wed
Me, I’m off to Rome, you goin’ back home instead
My first time in my life a live nigga felt dead
You came back, I had to act like it was cool in my head
Thoughts of jumpin’ the broom, a player never been swept

(ヴァース2:ジェイZ)
こんなラ,ラ,ラ,LOVEは初めてだ
特別なモノに違いない,こうして書いてんだから
クイーンへ,ディスってるワケじゃないけれど
時に仕事に追われて,君のことそっちのけになることさえある
初めて南の島へ二人で旅行した時,期待どおりだった
おもいっきり楽しんだ,君は船のデッキから海へ飛び込んだり
「全てを懸けて飛び込んだ」,次は俺の番だった
君には内緒で,俺は決心していた,「結婚決めた」って,仲間にも言った
俺は仕事でローマへ,君は故郷ヒューストンへ戻った時,離ればなれになって
人生で初めて,あれだけイキッてた俺は生気を失ったようになった
やがて二人は一緒になって,まるで今まで「なんてことなかった」かのように君の前で振る舞った
君との結婚に踏み切った時も,プレイヤーの俺はいつだって冷静に振る舞った

[Chorus: JAY-Z & Beyoncé]
Cash, hit deposit, 24-carat faucets
Louis V and Goyard trunks all in the closet
Ain’t shit change, the streets is still watchin’
And my little baby Blue is like “Who gon’ stop us, huh?”
I’m representin’ for my hustlers all across the world (still)
Still dippin’ in my low-lows, girl! (still), I put it down for the 713
And we still got love for the streets (ow!)

(サビ:ジェイZ&ビヨンセ)
現ナマを預金へ,24カラットの水道蛇口
クローゼットには,ルイ・ヴィトンとゴヤールの高級トランク
何も変わっちゃいない,“ストリートは今も目を光らせている”
娘のブルーに言われたぜ「誰にも止められないわ」
誰にもこの愛は止められない
全てが愛でできているなら,スキは無い
世界中のハスラーの代表として(変わらず)
それでもロウ・ロウ*(註)を身にまとって,ガール(変わらず)
713(ヒューストン)に懸けて,ストリートを変わらず愛してる(アゥ!)

[Outro: JAY-Z]
To all the good girls that love hustlers
To the mothers that put up with us
To all the babies that suffered ’cause us
We only know love because of ya
America is a motherfucka to us, lock us up, shoot us
Shoot our self-esteem down, we don’t deserve true love
Black queen, you rescued us, you rescued us, rescued us

(アウトロ:ジェイZ)
ハスラー男子好きの,女子たちへ
俺たちのような男を育ててくれた母たちへ
俺たちのせいで苦しんできた子供たちへ
君たちのおかげで,俺は愛を知ることができた
糞食らえのアメリカだけどよ,ムショにぶち込まれたり,銃で撃たれたり
自尊心を踏みつぶされて,まるで真の愛に値しないかのように
だけど「ブラック・クイーン」,あなたがそんな俺らを救ってくれた
あなたがそんな俺たちを救ってくれた,あなたが俺らを救ってくれた

*註釈:このサビはDr. Dre feat. Snoop Doggの名曲「Still D.R.E.」より。それをジェイZではなく,ビヨンセがラップしている凄まじき事実はさて置き,Dr. Dreが言う「ロウ・ロウ」とはウェッサイの象徴でもある「ロウライダー」を意味していた。しかしこうしてビヨンセがラップすることにより,「ロウ・ロウ」に新たな意味が加わり,それは時にビヨンセ自身も愛用する「マノロ・ブラニクの高級デザイナー靴」を意味することとなった。(米語でManolo Blahnikの発音は,“lo”に第2アクセントが置かれるだけでなく「ロー」ではなく「ロウ」と発音されるためである。)ロウライダー(車輪)にしても,このように高級デザイナーのヒール(両足)にしても,それはどちらも「前に進む」という隠れた意味を持たせている。さらに凄いのは,おおもとのDr. Dreのこのヴァースは,ジェイZが書いていたという事実である。ジェイZが書き,Dr. Dreがラップをしていたので,こうして17年の時を経て当楽曲に起用されたのは,時空を経た逆輸入とも言える。

(文責:Jun Nishihara)