今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング:第17位「ドレイクとトラヴィス・スコットの”Sicko Mode”という3段階の曲」。

この曲の魅力は「曲の途中に突然,3段階でビートとフローが一変するところ」です。

2018年総まとめヒップホップ曲ランキング《トップ30》です。

本日は第17位の発表です。

第17位:Travis Scott feat. Drake “SICKO MODE”

この曲の凄いところは3つ。

1.冒頭でも申し上げた「曲の途中で突然,曲調(ビート)とフローが変化するところ」がまず1つ。

2.やり過ぎていない。ビートが変化する1回目に誰かがバックで「ウー!」と言います。これがぜんぜん邪魔でない。「ウー!」というのは,間違えると邪魔に聞こえたり,飽きたりしますが,何回聴いても飽きない。

3.ラップの調子(フロー)にちゃんと息継ぎがある。これはどういうことかと言うと,言葉を羅列するだけの,ぎちぎちのラップになっていない,ということです。ちゃんとスペースもあり,空白もあり,息継ぎもあるフローをしています。古さを感じさせない(実際に古くない),新鮮で,若者にもウケる,ということです。しかも,真似してラップすることもできる。メロディーに乗っている。たとえば・・・

It’s absolute, yeah (Yeah), I’m back, reboot (It’s lit!)
LaFerrari to Jamba Juice, yeah (Skrrt, skrrt)
We back on the road, they jumpin’ off, no parachute, yeah
Shawty in the back
She said she workin’ on her glutes, yeah (Oh my God)

これを歌う(ラップする)ときに・・・

It’s absolute
(息継ぎ)
I’m back, reboot
(息継ぎ)
LaFerrari
(息継ぎ)
to Jamba Juice
(息継ぎ)
We back on the road, they jumpin’ off, no parachute
(息継ぎ)
Shawty in the back
She said she workin’ on her glutes
(息継ぎ)

と歌える,ということです。
これはヒップホップビートを逸れない韻律(cadence)であります。

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements

今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング《トップ30》:第30位「Pusha-Tがドレイクをディスった曲」。

師走になりました。今年2018年も残すところ1ヶ月です。

2018年の総まとめとして,今年リリースされたヒップホップ曲で,最も素晴らしい曲のランキング《トップ30》を今日から毎日,1曲ずつ発表していきます。

早速始めましょう。

2018年総まとめヒップホップ曲ランキング《トップ30》の開幕です。

初日は第30位の発表です。

第30位:プッシャTがドレイクをディスった曲「The Story of Adidon」です。

それは2018年の初夏のことじゃった。
カニエ・ウェスト軍団とドレイク軍団がアルバムを続々とリリースする直前のこと。
いわゆる「アルバム・リリース対決」が始まる前の引き金(トリガー)となった事件として,カニエ・ウェスト軍団に所属するラッパー,プッシャT(Pusha-T)が,ライバル軍団のリーダーであるドレイク(Drake)をディスった曲「The Story of Adidon」をリリースした。

しかし,この事件の前にもボヤがあり,それがドレイクが発表した「Duppy Freestyle」であった。このフリースタイルでドレイクは,ライバルのカニエ・ウェストをディスっている。それを聞いたカニエの弟子的存在であるプッシャTが上記のディス・ソングを発表したというわけである。

2018年に出たヒップホップ曲ランキングの初動として相応しい,エキサイティングな1曲である。こういう「対決」がたまに起こるからこそ,ヒップホップ・アーティストの間にも張り詰めた空気が流れ,緊張感を感じることができる。こういったディスりとか対決とかいうものは,ヒップホップの醍醐味の1つであり,やっている本人も,それを聞いている我々にとっても,エキサイティングなことである。

(文責:Jun Nishihara)

元ネタの曲を知る⑤:ドレイク⇆スノー・アレグラ

2017年にリリースされたドレイクのアルバム『More Life』のラスト・トラックを飾ったのが楽曲「Do Not Disturb」です。

曲は・・・

Yeah, stylin’ though
Dissin’ but got pictures with me smilin’ though

で始まります。

これはまさにビギー(The Notorious B.I.G.)の歌詞のモジりです。
こういう2行をさらっと言えるのは,ドレイクの格好良さのひとつです。

日本語に訳すと・・・

そう,スタイル,キメて
ディスってる,でも俺と笑顔で写メ撮ってる

こうなります。
解説すると,これはドレイクが当時,ライバルだったミーク・ミルに宛てた歌詞です。「ディスり合ってる仲だけど,おまえと二人で,笑って写真撮ってた。しかもスタイルはバッチリ決めてた。」

この曲「Do Not Disturb」は,スノー・アレグラというスウェーデン出身の歌手の曲「Time」をサンプリングしています。

ドレイクの「Do Not Disturb」は・・・

この原曲となっているのはスノー・アレグラの「Time」です。

(文責:Jun Nishihara)

元ネタの曲を知る①:ドレイク ⇄ マライア・キャリー

ヒップホップの楽しみ方の1つに「元ネタで遊ぶ」というものがあります。あるヒップホップ曲を聴いて,その曲に起用されているおおもととなっている曲ネタを探す,というものです。

ネタは時にメロディーであったり,ビートであったり,はたまたリリックであったりもします。

この元ネタを知ることによって,同じヒップホップ曲でも,たんなる平面的な音楽ではなく,奥深い,立体的な音に聞こえるようになってきます。

そこにはこれまで綿々と連ねられてきた歴史を感じることができます。それを知ってしまえば,その1曲はもはや「たんなる点」などではなく,遠いむかしから綿々とつづく「線状にある途中」の1曲として,「つながり」をその曲に感じることができるようになります。

イマドキの流行りに乗っかった「one hit wonder(一発屋)」のように聞こえる曲でさえ,その曲の「元ネタ」を知ればたちまち,「おっ,これはアノ曲か」と,つながりを感じることができるようになります。

このコーナーでは,現代のヒップホップにつながる「元ネタ」となっている曲を紹介します。元ネタとなる曲は,むかしの曲もありますが,けっして古い曲だけでなく,最近リリースされた曲もあります。

たとえば,こういうものです。

ついこのあいだ(2018年6月29日に)リリースされた,ドレイク(Drake)のニューアルバム『Scorpion』から収録楽曲「Emotionless」の元ネタとなっている曲=マライア・キャリー(Mariah Carey)の「Emotions」を紹介します。

ドレイクの「Emotionless」を聴いていただいた後に,元ネタとなっているマライア・キャリーの「Emotions」を聴いていただくと分かるかと思いますが,この曲は「リリックを元ネタにしたパターン」の曲です。

マライアが歌う下記の歌詞部分をループで回し,起用しています。

You’ve got me feeling emotions
Ayy, higher
Ahhhhhhh
You’ve got me fe–
You, ohhhh

R-521219-1351520934-2327.jpeg

ドレイクがマライアの声を起用したり,アリーヤ(Aaliyah)の声とメロディを起用したりすることは今までもありました。特にアリーヤの声を起用したドレイクの曲は,どれも感慨深いものがあります。

こうして過去の偉大なる音楽が,現代のヒップホップを媒介としてよみがえります。

マライア・キャリー「Emotions」

(文責:Jun Nishihara)

Guest Versesのコーナー:ジェイZ(ドレイク「Talk Up」より)

このコーナーでは,カニエ・ウェストもしくはジェイZが人の曲にヴァース(歌詞)を提供している曲を紹介します。

今日は6月29日にリリースされたドレイクのアルバム『Scorpion』より,収録楽曲「Talk Up feat. Jay-Z」を取り上げます。

Drake feat. Jay-Z – “Talk Up”

(Verse: Jay-Z)
Yo, get close enough to HOV, smell like a kilo still
First album 26, I ain’t need no deal
Already a hood legend, I ain’t need no shine
First Rollie flooded out, I ain’t see no time, woah
Stand-up niggas, we only duckin’ indictments
Dope boys, Off-White, lookin’ like soft white on ’em
Heh, you know what I’m sayin’?
We in the buildin’, we came for a billion, ain’t nobody playin’
Live every word that I’m rappin’
Say I lost 90 bricks and it happened
You probably wouldn’t believe everything that you seein’ right now if it wasn’t live action
I ain’t on the ‘Gram, they record who I am
God to these dope boys, how do you not be a HOV fan?
I’m what Meech shoulda been
I’m what Supreme didn’t become
If Alpo didn’t snitch, niggas’d be like Young
I got your President tweetin’, I won’t even meet with him
Y’all killed X and let Zimmerman live, shhh, s-streets is done

(ヴァース:ジェイZ)
ヨゥ,ホヴァ(=ジェイZ)に近寄れば,いまだにコカが匂う
26歳でデビューアルバム,当時レコード会社には雇われず
それでも腕時計(ロレックス)はダイアだらけで,針が見えねえ,ウォゥ
ピン芸人の野郎どもと,裁判沙汰を上手くかわしてきた
ドラッグディーラー,“オフ・ホワイト”,白い粉末が光ってた
なんのことかわかるだろう
俺らが一発売れば,億単位で稼ぎ,中途ハンパなことはしなかった
ラップで言ってきた一言一言,全部リアルに生きてきた
90キロのコカを失った話(*註1),それもマジ
こうしてナマで届けなきゃ,おまえら何にも信じねえからな
インスタはやってない,TVが俺を追いかけてるから
ドラッグディーラーにご加護あれ,ホヴァのファンたちに幸あれ
ビッグ・ミーチ(=ドラッグディーラー)も俺の様にはなれなかった
シュープリーム(=同上)も俺になれなかった
もしアルポ(=同上)が人のことチクらなければ,俺の様になれていただろう
おまえらの大統領がツイートしてる,あんな野郎に俺は合わねえ
おまえらX(=エックスエックスエックステンタシオン)は見殺しにして
ジョージ・ジマーマン(*註2)は救うのか?
もう「ストリート」は終わりだな

註1:ジェイZの名盤『The Blueprint』収録の楽曲「Never Change」より。
註2:黒人の若者(トレイヴォン・マーティン)を銃殺した容疑者。

(文責:Jun Nishihara)

番外編:ドレイク対訳「Marvin’s Room」

この「番外編」の項目では,当サイトでメインで取り上げているカニエ・ウェストやジェイZ以外にも,現代のヒップホップに強い影響を与えている人物を取り上げています。前回はケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)を取り上げました。

さて,今回取り上げるのは,ドレイク(Drake)です。ケンドリック・ラマーとドレイクは,ラップスタイルもリリックも似ても似つかぬアーティスト同士ですが,2人とも,現代のヒップホップにとって,どれだけ影響力のある人物か,紹介できれば幸いと考えて,この「番外編」を作りました。

前回はケンドリック・ラマーの「Fuck Your Ethnicity」という,人種に関する力強いメッセージ性を含んだ楽曲を紹介しました。今回はそのイメージからも,ラップスタイルからも,リリックからも全く真逆,対極にあるドレイクの「Marvin’s Room」という曲を紹介します。現代のヒップホップ界に現在最も影響を与えている2人ですが,何から何まで,曲の雰囲気も含めて,全く違います。聴き比べてみてください。

Marvins_Room_-_Drake

Drake – “Marvin’s Room”

[Intro: Ericka Lee on the phone]
Hello? Yeah, I just walked in
Yeah, I’m good… You still working?
Tonight… Right now? Did I go out?
Yeah, I went out, I went…
I went to a couple of clubs
I never went to bed, shit…
Wine or water
You said something about a cold drink?
I don’t know, I’m delirious…

(イントロ:エリカ・リー(電話先で))
もしもし,今家に着いたところ
うん,元気・・・まだ仕事?
今晩?・・・今? 外へ行ってた
うん,そう
クラブへ行って
まだ寝てない
ワインとか水とか
冷えたお酒って聞こえたけど
わかんない,ちょっと酔っちゃった

[Verse 1: Drake]
Cups of the rosé
Bitches in my old phone
I should call one and go home
I’ve been in this club too long
The woman that I would try
Is happy with a good guy
But I’ve been drinkin’ so much
That I’ma call her anyway, and say…

(ヴァース1:ドレイク)
グラスにローゼ
使い古したケータイにいつもの女たち
女に電話かけて,家路についた
同じクラブに長居しすぎた
俺が惚れてた女は
今イケメンと幸せにやってる
一杯,飲みすぎた
女に電話かけて,こう言った

[Chorus: Drake]
Fuck that nigga that you love so bad
I know you still think about the times we had
I say fuck that nigga that you think you found
And since you picked up, I know he’s not around

(サビ:ドレイク)
君が好きっていう彼,クソ喰らえ
君が俺と一緒に過ごした日々,恋しくしてるじゃん
君が運命の人っていう彼,クソ喰らえ
君が電話に出たってことは,彼は近くにいないんだね

[Bridge: Drake & Ericka Lee]
(Are you drunk right now?)
I’m just sayin’ you could do better
Tell me, have you heard that lately?
I’m just sayin’ you could do better
And I’ll start hatin’ only if you make me

(ブリッジ:ドレイク&エリカ・リー)
(もしかして酔ってる?)
あのね,君にはもっといい男いるよ
ねえ,そう言ってくれる人いた?
あのね,君にはもっといい男いるよ
君のことはどうしても,嫌いになれない

[Verse 2: Drake]
Uh, cups of the XO
All my people been here
I see all of her friends here
Guess she don’t have the time to kick it no more
Flights in the morning
What you doin’ that’s so important?
I’ve been drinkin’ so much
That I’ma call you anyway, and say…

(ヴァース2:ドレイク)
グラスにコニャック
友達みんな来てくれた
彼女の友達も来ていた
でも今は,一緒に過ごす余裕ないんだろう
早朝のフライト
君が言う「大事な用事」って何なんだい
一杯,飲みすぎた
彼女に電話して,こう言った・・・

[Chorus: Drake]
Fuck that nigga that you love so bad
I know you still think about the times we had
I say fuck that nigga that you think you found
And since you picked up, I know he’s not around

(サビ:ドレイク)
君が好きっていう彼,クソ喰らえ
君が俺と一緒に過ごした日々,恋しくしてるじゃん
君が運命の人っていう彼,クソ喰らえ
君が電話に出たってことは,彼は近くにいないんだね

[Bridge: Drake & Ericka Lee]
(Are you drunk right now?)
I’m just sayin’ you could do better
Tell me, have you heard that lately?
I’m just sayin’ you could do better
And I’ll start hatin’ only if you make me

(ブリッジ:ドレイク&エリカ・リー)
(もしかして酔ってる?)
あのね,君にはもっといい男いるよ
ねえ,そう言ってくれる人いた?
あのね,君にはもっといい男いるよ
君のことはどうしても,嫌いになれない

[Verse 3: Drake]
I think I’m addicted to naked pictures
And sitting talking ’bout bitches that we almost had
I don’t think I’m conscious of makin’ monsters
Outta the women I sponsor ’til it all goes bad
But, shit, it’s all good
We threw a party, yeah, we threw a party
Bitches came over, yeah, we threw a party
I was just calling, ‘cause they were just leavin’
Talk to me, please, don’t have much to believe in
I need you right now, are you down to listen to me?
Too many drinks have been given to me
I got some women that’s livin’ off me
Paid for their flights and hotels, I’m ashamed
Bet that you know them, I won’t say no names
After a while, girl, they all seem the same
I’ve had sex four times this week; I’ll explain
Havin’ a hard time adjustin’ to fame
Sprite in that mixture
I’ve been talkin’ crazy, girl, I’m lucky that you picked up
Lucky that you stayed on
I need someone to put this weight on
“Well, I’m sorry.”

(ヴァース3:ドレイク)
彼女の裸の写真,たまんない
あともう少しでイケた女のこと,ずっと話してる
今までカネつぎ込んで,尽くしてきた女たち
いつのまにかバケモノになるまで,俺はずっと気づかなかった
でも今はそれも思い出さ
パーティー開いた,パーティー開いた
女たち呼んで,パーティー開いた
でも女たちもう帰るからさ,君に電話かけた
ねえ無視しないで,電話取ってよ,信じてくれないのかい
今すぐ君と会いたい,話してくれるかい
一杯,飲みすぎた
俺のカネで食ってる女性たち
フライトにホテル,恥ずかしいくらい支払った
君の知ってる女だよ,でも名前言わないよ
ある一定を超えると,みんなおんなじに思えてくる
今週はセックス4回やった,言い訳させてよ
この名声ってやつに,慣れるのに時間かかった
スプライトでお酒を割って
イカレそうさ,君が電話取ってくれてよかった
君がいてくれて,俺はラッキーさ
話を聞いてくれる人が必要なのさ
「ねえ,ごめんね」

[Bridge: Drake & Ericka Lee]
(Are you drunk right now?)
I’m just sayin’ you could do better
Tell me, have you heard that lately?
I’m just sayin’ you could do better
And I’ll start hatin’ only if you make me

(ブリッジ:ドレイク&エリカ・リー)
(もしかして酔ってる?)
あのね,君にはもっといい男いるよ
ねえ,そう言ってくれる人いた?
あのね,君にはもっといい男いるよ
君のことはどうしても,嫌いになれない

[Interlude: Drake]
You’re not gonna come?
Guess I’m ’bout to just kick it here then

(インタールード:ドレイク)
来ないのかい?
じゃあ一人でゆっくりするよ

[Outro: Drake]
Just throw up while I hold your hair back
Her white friend said “You niggas crazy”
I hope no one heard that
I hope no one heard that
‘Cause if they did, we gonna be in some trouble
We gonna be in some trouble, trouble

(アウトロ:ドレイク)
俺は君の後ろ髪をまとめて持って,君は吐いた
君の白人の女友達がこう言ってた「アンタら黒人の男,クレイジーよ」
誰にも聞こえなかったよな
誰にも聞こえなかったよな
もし誰かに聞こえたら,だって,トラブル起きちまう
トラブル起きちまう,だって,トラブル起きちまう

(文責:Jun Nishihara)