第4位に輝いた「Nas feat. The-Dream & Kanye West – “everything”」ヴァース2の対訳

danny-clinch-photo-11

Nas feat. The-Dream & Kanye West – “everything”(ヴァース2対訳)

[Verse 2: Nas]
From the birth of a child, the world is foul
Excursions of a searchin’ child
Should learn to take nothin’ personal
A parent hates to watch his baby’s face
Takin’ his first immunization shots, but this is great
The child’s introduction to suffering and pain
Understands without words, nothin’ is explained
Or rushed to the brain, lookin’ up at his parents’ face
Like, “I thought you would protect me from this scary place?”
“Why’d you let them inject me?”
“Who’s gonna know how these side effects is gonna affect me?”
Who knew I would grow to meet presidents that respect me?
If Starbucks is bought by Nestlé, please don’t arrest me
I need to use your restroom and I ain’t buy no espresso
Soon enough, assume the cuffs, the position
Not new to us, since back on the bus sittin’
Said, “Screw that bus!” – boycotted that bus outta business
The future’s us, yet every citizen’s in prison

(ヴァース2:ナズ)
子どもは生後まもなく,この世の醜さに直面する
真実を求め,さまよい歩く子
決して孤独ではないよと,励ましてやりたい
どんな親も,子供が苦しんでいるのは見たくない
生まれて初めてのワクチン接種,あたかも良いことのように思うだろう
しかしそれはその子の痛みと苦しみの始まりでしかない
子どもは子なりに理解している,全て言葉では説明できる訳じゃないことを
そのクスリが脳にまわって,子どもは親を見上げてこう言う
「怖い場所から僕を守ってくれるんじゃなかったの?」
「どうして僕にワクチンの注射をしたの?」
「副作用で僕がどうなるか,誰もわからなかったの?」
誰にも想像できなかった,俺のようなヤツをリスペクトしてくれる大統領が出てくるなんて
ネスレがスタバを買収することになっても,責めんじゃないぜ
エスプレソを買わずにスタバのトイレを使いたくなる時だってあるからさ
やがて手錠を嵌める運命,覚悟はいいか
今に始まったことじゃない,市営バスの白人優先席に乗っていたあの頃から
叫んだ「もうバスなんて乗るか」,そして市営バスは倒産に追い込まれた
未来は俺たちが握る,ムショに囚われている仲間が多すぎる

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements

第4位に輝いた「Nas feat. The-Dream & Kanye West – “everything”」ヴァース1の対訳

Nas feat. The-Dream & Kanye West – “everything”(ヴァース1対訳)

[Verse 1: Nas]
When the media slings mud, we use it to build huts
Irrefutable facts, merciful, beautiful black beloved brother
You fail to embarrass him, harassin’ him
To my life, your life pales in comparison
So go write whatever blog, messiness is not ever the God
Do what’s necessary, I’m never worried
Listen vultures, I’ve been shackled by Western culture
You convinced most of my people to live off emotion
That’s why we competin’, death by the chrome barrel
Forgot the secrets, my Kilimanjaro bone marrow’s the deepest
You can peep at the comments, but don’t fall for that
We want freedom, I’m a scholar, an almanac
People do anything to be involved in everything
Inclusion is a hell of a drug
Some people have everything they probably ever wanted in life
And never have enough

(ヴァース1:ナズ)
マスコミに泥を投げつけられれば,その泥で小屋を作り上げてきた
まぎれもない事実,慈悲深く,美しい黒人のブラザーとともに
いくら嫌がらせを受けたとしても,もう恥には思わねえ
この人生に比べりゃ,奴らの人生は薄っぺらいもんだ
好き勝手にネットなんかで批判すればいい,デタラメは神には通用しねえ
満足するまでやればいい,もう不安には感じない
強欲冷酷なハゲタカどもよ,「西洋のやり方」という名の鎖で俺たちを縛り付け
感覚だけで仕事をするよう俺たちを仕向け,教育は受けさせようとしなかった
競争を繰り返し,銃に死す生き様ばかりを選ばされてきた
秘密は失われた,キリマンジャロ渓谷のように深い俺の骨髄
コメント欄を見てればいい,だが,まんまと騙されんじゃないぜ
俺らは自由を求める学者であり歴史である
人は,なり振り構わず,いろんなことに首を突っ込もうとしてくる
仲間内にされている間は麻薬のように心地良いからな
欲しいものがいとも簡単に手に入る人生を歩んでる連中は,時に
いくらあっても物足りないというだろう

(文責:Jun Nishihara)

第4位「ナズ(Nas)とカニエとザ・ドリームの“Everything”という曲は今年イチの感動ヒップホップであった。」(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップランキング)

今年No.4の曲はナズ(Nas)とカニエ・ウェストとザ・ドリームの「Everything」です。

音楽に精通している方が以前こう言っておりました。「ヘビメタバンドが作るバラードほど素晴らしいものはない」と。つまり,ヘビメタバンドという普段は激しいヘビーメタル(めちゃめちゃ激しいロック音楽)を作っているバンドが,バラード曲を作るとそれはもう格別(最高)であると。

そしてその文脈で語られるのが,本日第4位にランクインしたこの曲です。

ヒップホップのど真ん中を行く(ヒップホップ界で最も偉大なるアーティストの1人である)ナズ(Nas)をMCとして,ビートメイカーとボーカルはザ・ドリーム(The-Dream),そしてプロデュースはカニエ・ウェストという素晴らしいタッグで制作された楽曲です。

この壮大なる素晴らしい楽曲をまずは聴いてみて下さい。ヒップホップにはめずらしい,7分32秒の大作です。

(文責:Jun Nishihara)