8/5に実施されたカニエ・ウェスト『DONDA』のAlbum Release Partyより(其の参)

前回に引き続きカニエ・ウェストのニューアルバム『DONDA』のアルバム・リリース・パーティー(8月5日(木)に開催)より、その模様を一部以下に掲載しておきます。

カニエ・ウェストのニューアルバム『DONDA』がリリースされる前夜に、リスニング・イベント開催。

本日は7月22日(木)の夜23時です。つい先ほどまで、カニエ・ウェスト(Kanye West)による、ニューアルバム『DONDA』(カニエの亡き母親の名前です)リリースに際しての、前夜リスニング・イベントがジョージア州アトランタ市のメルセデス・ベンツ・スタジアムにおいて、満席(チケット完売)状態で、開催されました。

その一部始終を、勿論私はリアルタイムでライヴストリーミングをとおして観ていました(現在NYに住んでおり、明日は仕事があるため、アトランタまで行けませんでした)。ただ、観るだけでは勿体無いので、一部始終をiPadを使用して録画しました。いくつかその模様の写真等を以下掲載しておきます。

午後8時に開催される予定でしたが、以下のような画面が約1時間30分ほど、流れていました。

そして午後9時30分頃を過ぎ、カニエが登場。真っ赤な服装に身を纏い(My Beautiful Dark Twisted Fantasy時代(つまり2009年)のカニエを彷彿とさせます)、巨大なスタジアムにひとり、赤い姿が映し出されます。(以下写真の右上です。)

チケット完売である証拠に、物凄い人の数です。

ネタバレさせたくないですが、アルバム『DONDA』の最終収録楽曲には、Big Brotherが登場します。

こういうことです。

リスニング・イベント、開催時間は約1時間20分を経て、おしまいです。

トラックリストはこちら。(カニエ・ウェストのインスタグラムにアップされた写真より。)

アルバムのジャケ写はこちら。

いよいよ間もなく、本22日が終わろうとしており、23日(金)に差し掛かろうとしております。カニエ・ウェスト(Kanye West)のニューアルバム『DONDA』がリリースされます。

(文責及び写真:Jun Nishihara)

2021年7月9日にリリースされたスノー・アレグラのアルバム『TEMPORARY HIGHS IN THE VIOLET SKIES』より

2021年7月9日にリリースされたスノー・アレグラ(Snoh Aalegra)のニューアルバム『TEMPORARY HIGHS IN THE VIOLET SKIES』より、5曲、掲載しておきます。

まずは、タイラー・ザ・クリエイター(Tyler, The Creator)をフィーチャリングした収録楽曲「NEON PEACH」です。

もう1曲、これも同じくタイラー・ザ・クリエイターをフィーチャリングした楽曲「IN THE MOMENT」です。

アルバム冒頭に収録されている楽曲「INDECISIVE」。このEDM感溢れるイントロで幕を開ける同曲は、00:46秒目からベース・ビートがドロップ。スウェーデンのエレクトロ・ダンス・スタイルから一変して米国のヒップホップに影響を受けた曲風へと移行します。そして2分06秒からは、さらにスローなビートへと展開します。

次の収録楽曲「IN YOUR EYES」は、ファレル・ウィリアムス率いる天才プロデューサーチームThe Neptunesの仕業です。

最後に珍しくバラード調の「TANGERINE DREAM」を載せておきます。2000年前半のアメリカン・ポップスを彷彿とさせるこの楽曲を、スウェーデン生まれのスノー・アレグラに2021年に歌わせているところがおもしろいですね。

(文責:Jun Nishihara)

NASニューアルバム『King’s Disease』リリース

king's disease_nas

NAS(ナズ)のニューアルバム『King’s Disease』とともにリリースされた新曲「Ultra Black」も併せて以下掲載いたします。

Nas feat. Hit-Boy – “Ultra Black”

こちらもどうぞ。その昔,もうあれは1996年のことじゃった,The Firmというスーパーグループが結成された。メンバーはNas, Foxy Brown,そして,AZの御三方。マネージャーはスティーヴ・スタウト,専属プロデューサーはドクター・ドレー,4人目のメンバーはCormegaが外れて代わりにNatureが後に加わったという,とんでもない偉大なるグループ。そのThe Firmをフィーチャリングした楽曲が今回の『King’s Disease』に収録された。

Nas feat. The Firm, AZ, Foxy Brown, Cormega – “Full Circle”

フォクシー・ブラウンのフロウ節,すたれてないですねぇ。

(キュレーティング:Jun Nishihara)

黒人音楽の月であり奴隷解放記念日であるJuneteenthに,ティアナ・テイラー (Teyana Taylor)新盤をリリース。

黒人音楽の月(Black Music Month)に相応しいアルバムリリースとはこのことです。

ティアナ・テイラー(Teyana Taylor)の新盤『The Album』が2020年6月19日(黒人奴隷解放記念日=Juneteenthの日)に解放=リリースされました。

Teyana-Taylor

実はティアナ・テイラーと当サイトの進むべき方向性は似ていると思っております。彼女は1990年生まれで,まだ29歳であるにもかかわらず,まさに90年代のR&Bミュージックで奏でられた「音と声」を現在のブラック・ミュージックに蘇らせているのが彼女であります。つまり,90年代の音楽がティアナ・テイラーを媒介とさせて生きている,ということです。「旧い音楽」というものが,こうしてティアナ・テイラーのようなアーティストが出現することにより,30年の周期で蘇っているのであれば嬉しいです。

勿論新しい体系の音楽も若者の黒人音楽も素晴らしいですが,同時に「聴き続けられるべき音楽」をこのように蘇らせてくれるのも素晴らしい。この両サイドをバランス良くとらえて楽曲に昇華させているのがティアナ・テイラーであり,それは同時に当サイトが目指すところでもあります。

ティアナ・テイラー(Teyana Taylor)の新盤『The Album』では,エリカ・バドゥ(Erykah Badu・・・出た!)やローリン・ヒル(Ms. Lauryn Hill)をフィーチャリング・ゲストとして迎えており,ティアナの芸への熱が感じられます。

楽曲4「Lowkey」でエリカの声が聞こえる瞬間,たしかに「おぉっ!」となりますね。ティアナとエリカのヴァースはこの楽曲では明確に区別されており,そこがエリカの偉大さに対するティアナの敬意のように感じられます。

楽曲5「Let’s Build」はしっとりとしたメロディーの楽曲です。ミーゴスのメンバーであるラッパーQuavoを迎えておりますが,これはQuavoがジョインした曲の中でも最もオトナっぽいしっとりとした曲の類に入るのではないでしょうか。

楽曲6「1800-One-Night」は,ティアナ自身がプロデューサーとして関わった楽曲です。つまり,「ワン・ナイト・スタンド(一夜だけの愛)」をテーマにした曲ですが,官能的な歌詞にしても,ティアナが制作したアンビアンス溢れるメロディーにしても,そういった夜があれば,まさにこの曲,使えます。そして次の楽曲7「Morning」(一晩明けた後の朝)へ移る移行(transition)は格別です。このあたり,楽曲5でしっとりとして,楽曲6でエロくして,楽曲7で朝を迎える,という風にグラデーションのように並べられているのはシングル曲では味わえないアルバムならではの聴き方でもあります。そして次・・・

楽曲8でミッシー・エリオット(Missy Elliott)を迎え,プロデューサーはティンバランド(Timbaland),簡単に踊れる曲ではないですが,メロディアスなビートにもかかわらず「静かに踊れる」曲になるでしょう。ここら辺はちゃんと90年代〜2000年代初期のR&Bを聴いて大きくなったティアナの生粋ぶりが発揮されていると思います。これは5分31秒の楽曲ですが,5分00秒に入った時点で,いきなりベース音とドラムマシンのサウンドが強くなり,曲が終わる寸前5分26秒でビートがダン・ダン・ダンとトラップ・ミュージックに変更しかけるのは,これは昔っからティンバランドが使っている手法で「次の曲への移行(transition)を予告することもあれば,新しい別の曲を披露しようとするがしないという寸止めのワザ(teasing)」でもあります。ティンバランドはこういうワザをたまに入れ込んでくるので,無意識的にもっと聴きたいという欲望が強くなります。この5分26秒のトラップ・ビートの箇所は,ヘッドフォンか何かで良く聴かないと聞こえないですので,御留意下さい。

楽曲10「Killa」及び楽曲11「Bad」は中南米の雰囲気が味わえる曲です。カリビアンもしくはジャマイカン。リアーナを彷彿とさせますが,声は全く違います。ティアナのドスの効いた奥深い声が響きます。このアルバムでは珍しい毛色になりますが,決して孤立していない(浮いていない)というところが,一貫性(consistency)を感じさせます。

楽曲16「Concrete」は名曲となる予感がします。コンクリートの街であるニューヨークはハーレム(Harlem)出身のティアナらしい題材です。同曲に,こういう歌詞があります。

Gaslightin’ my emotions
Somehow you got the notion
A woman’s better broken, but nigga, don’t provoke me
When I get reactive you tell me to chill
That’s that toxic shit that I don’t feel

溢れる感情にライターで火を点けて
あなたは気づいているフリをする
女は傷ついた状態が最高の状態なんて,ニガ,ふざけんな
あたしが激昂すると,あんたはチルしろ(おちつけ)なんて言う
そんな言葉にあたしは毒されないわ
 ー Teyana Taylor「Concrete」ヴァース2より。
(対訳:Jun Nishihara)

他にもほんとうに話題に溢れる楽曲満載の同アルバムですが,最後にもう1曲取り上げます。楽曲20「Friends」は解りますか?ミュージック・ソウルチャイルド(Musiq Soulchild)の名曲「Just Friends (Sunny)」を元ネタにサンプリングしているのです。2000年にリリースされた曲,ちょうど20年前!もうここら辺が私は,ティアナに共感・共鳴する大きな要素となっているんですよねぇ。

ちょっと聴き比べてみてください。まずはティアナから。

Teyana Taylor – “Friends”

そして元ネタ。

Musiq Soulchild – “Just Friends (Sunny)”

ティアナ・テイラーのこのアルバム,ひとまずは一通り,ご一聴してみてください。

(文責:Jun Nishihara)

楽曲⑥対訳「Father Stretch」(カニエ・ウェスト率いるSunday Serviceのニューアルバム『Jesus Is Born』より)

楽曲⑥「Father Stretch」対訳
(カニエ・ウェスト率いるSunday Serviceのニューアルバム『Jesus Is Born』より。カニエ自身のアルバム『Jesus Is King』の対訳については,こちらをどうぞ。)

kanye-west-sunday-service-jesus-is-born-1577304784-640x637

[Intro]
Some call Him Jehovah
Yes, that’s right
Some call Him Yahweh
Yes, they do
Some call Him Adonai
Yes, that’s right
But we lift our eyes to heaven and call Him

(イントロ)
主のことを,エホバと呼ぶ者もいれば
イエス,そうです
主のことを,ヤハウェと呼ぶ者もいる
イエス,そうです
はたまた,主のことを,アドナイと呼ぶ者もいるという
イエス,そうです
しかしながら,われわれは,天を見上げ,主をこういう風に呼ぶ

[Refrain 1]
Father, I stretch my hands to Thee
No other help I know
My Lord, my Lord
My blessings, if I should count them all
As countless as the stars
My Lord, my Lord

(リフレイン1)
神よ,あなたまで両手を伸ばします
他に救いはいらないです
神よ,神よ
いただいた御恵みを,ひとつひとつ数えたい
そしてそれは星の数ほどある
神よ,神よ

[Verse]
‘Cause You’re the only power (Power)
That can take this world today (Power)
Jesus, You’re the only power (Power)
That can take this world today (Power)
You’re the only power (Power)
That can take this world today (Power)
You’re the only power (Power)
That can take this world today (Power)
Ohh, (C’mon and lift your voice) ohh (Did anybody come to praise God today?)
Ohh (Put your hands up, let’s go), Father

(ヴァース)
なぜなら,あなたが唯一の力(力)
こんにちの世界を救うことができる(力)
ジーザス,あなたが唯一の力(力)
こんにちの世界を救うことができる(力)
あなたが唯一の力(力)
こんにちの世界を救うことができる(力)
あなたが唯一の力(力)
こんにちの世界を救うことができる(力)
オゥゥ(さぁ,歌声を挙げて)オゥゥ(神への賛美を捧げたい人はいますか)
オゥゥ(両手を伸ばして,いくぞ),神よ

[Chorus]
Beautiful mornin’, you’re the sun in my mornin’, babe
Nothin’ unwanted
Who can I turn to?
Beautiful mornin’, you’re the sun in my mornin’
You’re the help I know
Ah, hey, hey, hey
Who do I turn to?
Ah, You’re the help I know
Ah, hey, hey, hey
Who do I turn to?
Ah, You’re the help I know

(サビ)
素晴らしき朝,太陽の光を朝放つ,ベイビー
救われないものはいない
頼りの存在
素晴らしき朝,太陽の光を朝放つ
ずっと知る救い
アァ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
頼りの存在
アァ,ずっと知る救い
アァ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
頼りの存在
アァ,ずっと知る救い

[Bridge]
I wanna wake up with You in my beautiful morning
Who can I turn to?
Ah, You’re the help I know

(ブリッジ)
あなたのもとで目を覚ましたい,この素晴らしき朝に
頼りの存在
アァ,ずっと知る救い

[Break]
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, hey, hey

(ブレイク)
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ

[Bridge]
I wanna wake up with You in my beautiful morning
Who can I turn to?
Ah, You’re the help I know

(ブリッジ)
あなたのもとで目を覚ましたい,この素晴らしき朝に
頼りの存在
アァ,ずっと知る救い

[Outro]
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey, hey
Hey, hey, hey, hey, okay, hey, okay, hey
Hey, okay, hey, okay, hey, hey, hey, hey

(アウトロ)
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ
ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,オーケイ,ヘイ,オーケイ,ヘイ
ヘイ,オーケイ,ヘイ,オーケイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ,ヘイ

(対訳:Jun Nishihara)

楽曲③対訳「Revelations 19:1」(カニエ・ウェスト率いるSunday Serviceのニューアルバム『Jesus Is Born』より)

楽曲③「Revelations 19:1」対訳
(カニエ・ウェスト率いるSunday Serviceのニューアルバム『Jesus Is Born』より。カニエ自身のアルバム『Jesus Is King』の対訳については,こちらをどうぞ。)

kanye-west-sunday-service-jesus-is-born-1577304784-640x637

Is there anybody love the God that we serve?
Yes, yes
He’s been kind to us, He’s been wonderful to us
Yes, Hallelujah
We just love Him with all of our heart
Thank you, God
Come on, let’s sing this great praise unto Him
Lift it up, Hallelujah

われわれは神に仕え,神を愛す者たちか
はい,はい
神はわれわれに親切にしてくれ,とても良くしてくれている
はい,ハレルーヤ
心の底から,神を愛す
ありがとう,神よ
さぁ,偉大なる神への賛美歌を歌おうじゃないか
手を挙げて,ハレルーヤ

Hallelujah, salvation, and glory
Honor and power unto the Lord, our God
For the Lord, our God is mighty
Yes, the Lord, our God is omnipotent
The Lord, our God, He is wonderful

ハレルーヤ,救い,まばゆき光
神に捧げます,栄誉と力を
神へ捧げよ,全能の神へ
そう,われわれの神は全能たる神
神,われわれの神は,素晴らしき存在

Come on, that’s it, lift it up to Him and sing it, Hallelujah

さぁ,そうだ,天まで手を伸ばし,歌いましょう,ハレルーヤ

Hallelujah
Salvation
Salvation and glory
Give Him honor and power
Honor and power unto the Lord, our God
For the Lord, our God is mighty
For the Lord, our God is mighty
Yes, the Lord
Yes, the Lord, our God is omnipotent
Come on, call Him the Lord
The Lord, our God, He is wonderful
Come on now, sing this song to the king

ハレルーヤ
救い
救い,そして,まばゆき光
神に捧げます,栄誉と力を
栄誉と力を,神へ,われわれの神へ
神へ捧げよ,全能の神へ
神へ捧げよ,全能の神へ
そう,神へ
そう,神へ,われわれの神は全能たる神
さぁ,神の名前を呼んで
神様,われわれの神,素晴らしき存在
さぁ歌え,キングのために

Our praises speak to the king of kings
And the Lord, our God, He is wonderful
Sing it again
Our praises speak to the king of kings
And the Lord, our God, He is wonderful
Come on, sing your song to Him

この賛美歌は,キングの中のキングのために
神は,われわれの神は,素晴らしき存在
歌え,もういちど
この賛美歌は,キングの中のキングのために
神は,われわれの神は,素晴らしき存在
さぁ,あなたの歌声を神に捧げて

Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Come on, sing it again, Hallelujah
Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Come on, everybody together

ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
さぁ,歌って,もういちど,ハレルーヤ
ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
さぁ,みんな一緒に

Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
His name is like no other name
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, yes
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah

ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
こんなに偉大なる存在は他にいない
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,はい
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ

Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, He is wonderful

ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ,ハレルーヤ
ハレルーヤ,神は素晴らしき

(対訳:Jun Nishihara)

第14位:アメリカ中の女子の間で話題・共感を呼んだSummer Walkerのアルバム『Over It』(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

2019年,ティーンエイジャーから20代,30代〜と,アメリカ中の女子の間で話題と共感を呼んだ女子専用のアルバム『Over It』がリリースされました。今年デビューしたR&Bアーティスト=サマー・ウォーカー(Summer Walker)はジョージア州アトランタ出身の23歳。同アルバムのリードシングル『Girls Need Love Remix』ではドレイク(Drake)をフィーチャリングしたことでまずは超話題となり,その他,アルバム収録楽曲「Come Thru」ではアッシャー(Usher)のナツメロ!!!!!!!!「You Make Me Wanna…」を元ネタのサンプリングとしてゼータクに起用し,しかも本人!!のUsherまでフィーチャリングしたという昔っからのR&B好きには堪らない曲に仕上がっています。

image-05e48d4b5589fffcd47efa2099fa32d4e24aedbc-s1300-c85

それでは,リードシングルとなったドレイクをfeat.した曲「Girls Need Love Remix」をどうぞ。

そして本人アッシャーをfeat.したことで話題の曲「Come Thru」もどうぞ。

そして,その元ネタとしてR&B史上最重要ってなもんじゃない,もうR&Bの基本として昔っから聴いておくべきアッシャー(Usher)の名曲「You Make Me Wanna…」がこちらです。リリースは1997年です。黒人音楽がメインストリームとなり始めていた当時,MTVやBETでミュージックビデオが流れまくっておりました。

今年2019年も「黒人音楽の研究室」に来てくれて,ありがとうございました。来年2020年も引き続き,どうぞ宜しくお願い申し上げます。2020年1月1日お正月は第13位から,引き続き2019年ランキングを続けます。

(文責:Jun Nishihara)

第25位:Blood Orangeのアルバム『Angel’s Pulse』(今年出たHip-Hop名曲名場面ベスト50)

ヒップホップでもなく,ロックでもなく,ジャズでもなく,R&Bでもなく,ポップスともいえない。しかしながら,同時に逆もありえる。ブラッド・オレンジ(Blood Orange)というUKミュージックシーンに登場したユニットは,ヒップホップであり,ロックでもあり,ジャズでもあり,R&Bでもあり,ポップスでもあり,時にファンクの要素をも醸し出す,まさに彼・彼女らは「音楽を制作する」グループといえる。ヒップホップ曲を作るに留まらず,音楽を制作しているという描写がよく似合うユニットである。

その彼らが前作『Negro Swan』から1年経た本年7月にニューアルバム『Angel’s Pulse』をリリースした。

音楽評論サイト=Pitchforkでも論評されているとおり今回のアルバムは「light and loose, a pre-production sketchbook presented as a charmingly finished product(軽快でゆったりした,デモテープの雰囲気さえも醸し出しているチャーミングな作品)」と描写されています。

images

堅苦しさを感じさせない,軽やかな音楽をこのアルバムで披露してくれているブラッド・オレンジ(Blood Orange)は,前作『Negro Swan』(名盤!)のようにヘヴィーなプロダクションがかった作品からは,180度転換しております。肩肘張らずに聴ける今回のニューアルバムは,気合入れて聞かなくてもいいので,日曜の朝なんかに,なかなか良いんじゃないですかね。アルバム収録楽曲10は「Tuesday Feeling」というタイトルですけれどね。

(文責:Jun Nishihara)