第2位「今年のグラミー賞で,現代アメリカへの怒りと憤りをヒップホップという音楽に昇華させたケンドリック・ラマーのパフォーマンス!」(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング)

今年2018年1月28日,ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン(Madison Square Garden)で,「第60回グラミー賞」(60th Annual Grammy Awards)が開催されました。そのステージで見せてくれたケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)のパフォーマンスが素晴らしかった。まずはそれをご覧あれ。

Kendrick Lamar – 60th Grammy’s Performance 2018 from Pablo Andres Vizcarra Montaño on Vimeo.

これは現代のアメリカ国への怒りと憤りに満ちた映像です。パフォーマンスの途中,バックのスクリーンに大きく「THIS IS A SATIRE by KENDRICK LAMAR(これはケンドリック・ラマーによる諷刺だ)」と映し出されます。現代アメリカへの怒りと憤りをヒップホップに昇華させたパフォーマンスでした。これをヒップホップと呼ばず,他に何をヒップホップと呼べるか。

さて,途中デイヴ・シャペル(Dave Chappelle)の一言が混じります。もちろんこれも意図的なものです。デイヴ・シャペルが言うとおり,「こんなものを国営放送で流しいいのか?!」ということですが,それをOKしたCBS局にも感謝です。もしCBSがこれをOKしていなければ,こんなに素晴らしいパフォーマンスは今頃は日の目を見ていなかったでしょう。

これこそ今年のヒップホップ,第2位に相応しいパフォーマンスでした。

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements

第20位「シェック・ウェスのMo Bambaという猿暴れできる曲」。(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング)

メロディはカワイイのに,言ってることと,ラップしてることと,叫んでることはイカレてるという組み合わせの曲です。

2018年突如,NYCのヒップホップシーンに現れた新星!

シェック・ウェス(Sheck Wes)です。

NYCはハーレム出身のシェック・ウェスですが,音もラップもサウスっぽい。南部っぽい感じがするでしょう。NYC出身でありながら,まったくNYCの匂いがしない。言ってみれば,「土臭い」。この土臭さというのは日本人もアメリカ人も感じるところは万国共通なのか,彼のアルバム・タイトルも『MUDBOY』(訳すなら=“ドロ野郎”)です。

泥をかぶった自身の写真がアルバム・ジャケに起用されています。

2018年のNYCを他とは違った角度から象徴しているアーティストです。
NYのヒップホップシーンも変化を遂げている最中ということが分かります。

ということで,今年第20位はシェック・ウェスです。

第20位:シェック・ウェスの「Mo Bamba」

アイスクリーム・トラックの「カラカラカラカラ」というメロディがループで回っていますが,シェック・ウェスの荒いラップフローと組み合わされて,不気味さが耳に残るおもしろい曲ですね。

2018年のNYCヒップホップシーンを語る上で欠かせないアーティストでしょう。

(文責:Jun Nishihara)