元ネタの曲を知る(12):ドレイク ⇄ JAY-Z ⇄ ボビー・グレン

どうも,西原潤です。

1年半以上前ですが,2018年9月にこういう見出しを1件UPしました。

ジェイZのヒップホップ界歴史に残る名盤『The Blueprint』に収録されている「Song Cry」の元ネタを探ったものでした。

この曲が世にリリースされて,かれこれ18年以上が過ぎておりますが,その18年以上が経過した今,ヒップホップ界でベテランの域に入り始めているドレイクが,この名曲を引っ提げお手本にして,「When To Say When」という曲を今年2月にリリースしました。そして,2020年5月1日にリリースした公式ミックステープに同曲「When To Say When」を収録しました。

私の尊敬するHip-Hop JournalistにElliott Wilsonという方がいます。Elliott(YN)は80年代から米ヒップホップ雑誌(『ego trip』『The Source』『XXL』『RESPECT.』)の編集者(後に編集長)として名を上げてきた人物です。最近はTIDALで放送されている動画付きのラッパー・インタヴュー集「Rap Radar Podcast」を立ち上げております。すでに現時点で,90話まで進んでおりますので,約90名のラッパーをインタヴューしてきた計算になります。このインタヴュー集は,TIDALを月額購買していれば,視聴可能です。

昨年2019年12月25日に公開されたElliott Wilson & B.Dotとドレイク(Drake)のインタヴューは,ドレイクのトロントの自宅で行われました。インタヴューが“あの”ドレイクの自宅で行われた,というのは,どれだけElliottがヒップホップ界でリスペクトされているか,ということを物語っています。このインタヴューはTIDALを月額払って観てみる価値はありますので,お金に少し余裕のある方は,月額スタートしてみると良いですよ。

さて,そのドレイクが「When To Say When」を今年2月にリリースした際に,ミュージックビデオも同日公開されました。そのミュージックビデオは,ドレイクがジェイZの生まれ育ったブルックリンのMarcy Projectsに赴き,そこで撮影しているという感動的なものです。なぜ感動的か,というのは幾つか理由はあるのですが,1つは,タイミングです。2001年8月に亡くなったAaliyahをドレイク自身,当時好きで聴いていました。当時2001年にドレイクはラッパーとしてまだ世に出ていませんでしたが,同じ世代の人間として私も,Aaliyahを当時ヘヴィロテで聴いておりました。当時ヘヴィーローテーションで流していた大好きなアルバムの歌手が亡くなった,と。それを知ったのは,当時インターネットなんて僕はやってなかったですから,誰かアメリカに住んでいた友達から聞いたんだと思います。新聞でも見たのかな?もうアメリカと黒人音楽にどっぷり浸かっていた2001年でしたので,当時の様々な思い出が,「Song Cry」を聴くと甦ってくるのです。そういう最中のことでしたから,Aaliyahが亡くなった翌月にリリースされた『The Blueprint』収録楽曲の最も感動的である曲をサンプリング(という言葉が安っぽく聞こえてしまうので使いたくない)否,サンプリングではなく「お手本として起用させていただいた」曲をドレイクがリリースしたというのは,そして同日にリリースされたミュージックビデオを拝見した時には,あの当時を思い出して,いろいろな感情が溢れ出してきたため,涙が出てしまったのでした。

ここにその「When To Say When」と「Song Cry」と,そしてBobby Glennの「Sounds Like A Love Song」を掲載しておきます。

Drake – “When To Say When”

JAY-Z – “Song Cry”
(ミュージックビデオの冒頭で2002年という文字が出てきますが,この曲を収録したアルバムが出たのは2001年です。当時はミュージックビデオ(当時の言葉でPV)は時間をかけて製作されていましたから,曲が世に出て1年,2年後にPVが発表されても不自然ではなかったのです。最近のように,リードシングル曲ならまだしも,それ以外の曲がリリースされて,同日中にミュージックビデオも世に出るなんていうのは極めて稀なことだったのです。)

Bobby Glenn – “Sounds Like A Love Song”

(文責&キュレーション:Jun Nishihara)

ビヨンセを招いての「Savage REMIX」/ミーガン・ジー・スタリオン自身が振り付けを踊る動画UP!(そして愛犬のフォー)

先週,全米の女子たちを席巻したビヨンセ(Beyonce)を招いてのミーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)の楽曲「Savage Remix(サヴェッジ・リミックス)」を紹介しました。ダンサーに限らず,むしろ一般人による動画のUPが全米中で話題になりました。

そしてついに,ミーガン自身もその振り付け(choreography)を踊って,自身にインスタグラム(@theestallion)にUPされました。後ろの二人はお友達です。愛犬のフォー(@frenchie4oe)はここには登場していないですね。

ちなみに愛犬フォー(Foe Thee Frenchie(フォー・ジー・フレンチー))はコチラです。

View this post on Instagram

Señor 4oe 🐾🐶

A post shared by Foe Thee Frenchie (@frenchie4oe) on

View this post on Instagram

Who not that sleepy?🐶🐾

A post shared by Foe Thee Frenchie (@frenchie4oe) on

以上,フォーのブロマイドページでした。

(文責&キュレーション:Jun Nishihara)

JAY ELECTRONICAのアルバム『A Written Testimony』楽曲④「The Neverending Story」(独断偏見ライナーノーツ)

https___images.genius.com_7d262b149cd49d9e7bb5f34c27ade902.1000x1000x1

タイトルは「The Neverending Story」(終わりのない物語)です。

ヴァース1のジェイ・エレクトロニカ(Jay Electronica)の歌詞にこういうラインが出てきます。

What a time we livin’ in, just like the scripture says
Earthquakes, fires, and plagues, the resurrection of the dead

なんて時代に我らは生きているんだ,経典に書いていたとおりだ
地震,火事,そして疫病の繰り返し,死者がよみがえった

つまり,こういった出来事が繰り返される合間に,我らは生きている,ということをこの歌詞では言っているわけですが,現在の新型コロナウイルス(COVID-19)にしても同様です。

ジェイ・エレクの歌詞には,対比(comparison)が多く起用されています。

You could catch me bummy as fuck or decked out in designer
On I-10 West to the desert, on a Diavel like a recliner
Listen to everything from a lecture
From the honorable minister Louis Farrakhan
To Serge Gainsbourg or Madonna or a podcast on piranhas

ホームレスのような「なり」する時もあれば,デザイナーブランドの洋服に身をまとう時もある
10号線(南部を串刺しに通過する州間高速道路)に乗って,西の砂漠まで走ることもあれば
 ドゥカティ・ディアベルのバイクに乗って,背をもたれかけ,突っ走ることもある
黒人イスラム指導者であるルイス・ファラカーンの講話を聴くこともあれば
セルジュ・ゲンスブールの語りや,マドンナから,ピラニアに関するポッドキャストまで
なんだって俺は聴くんだぜ

この曲で特筆すべきことは,The Alchemist(ザ・アルケミスト)がプロデューサーとして関わっていることです。The Alchemistといえば,以下に挙げられないくらいのヒップホップ・アーティストと関わり,数多くの名曲を制作してきました。

・Fat Joe率いるTerror Squadの数々のアルバム
・クイーンズ区出身のMobb Deepのアルバム
・Royce Da 5’9のアルバム
・Tony Touchのアルバム
・2001年,Big Punの死後にリリースされたアルバム
・ジェイダキス
・ゴーストフェイス・キラー
・スタイルズ・P
・NAS
・リンキン・パーク
・50セント
・サイゴン
・State Property(!)
・パプース
・ネリー
・エミネム
・ファボラス
・Westside Gunn(!)
・キャムロン
・・・などなどなど。リストはまさに,Neverending(尽きません)。

こういったヒップホップの裏側で活躍している大物人物たちに楽曲を提供してきた歴史があるThe Alchemistのビートに,この度,表(オモテ)の人間であるジェイZ(JAY-Z)が乗った,というのは,とても興味深いことであり,どういう作品ができあがったのか,この機会をとらえて,ぜひ聴いてみてください。

ちなみに,アルケミストがプロデュースしたこの曲にもサンプリング・ネタがあります。アルゼンチン生まれのシンガー・ソングライターであるリト・ネビア(Litto Nebbia)の「La Caida」という1976年にリリースされた曲です。

(対訳及び文責:Jun Nishihara)

2019年に最も活躍したHip-Hopアーティスト及び名曲名場面ベスト50

昨年2019年に最も活躍したHip-Hopアーティスト及びHip-Hop / R&Bの名曲と名場面をおさらいしておきます。昨年11月中旬から12月,そして2020年1月初旬にかけて,この企画を開催いたしました。

その第50位〜第1位までを下記のとおり,おさらいしておきます。件名をクリックするとそれぞれのページに飛びます。

第50位:ダンサーAlyson Stoner,ミッシーとMTV授賞式で再会果たす。

第49位:ScHoolboy Qのシングル曲「Numb Numb Juice」

第48位:Bluefaceの“Thotiana”そしてRemixにはカーディB登場

第47位:Young M.Aの“Thotiana”フリースタイル(後にニッキー・ミナージュ版も)

第46位:YGの“Stop Snitchin”

第45位:21 Savage feat. J. Coleの“a lot”

第44位:Normaniのシングル曲「Motivation」

第43位:Fabolousのシングル曲「Choosy」

第42位:Tierra Whackの15分間アルバム『Whack World』

第41位:Snoop Doggのウェッサイ・ノリが効いたシングル曲「Countdown」

第40位:ヒップホップ・ダンサーに大人気=DaniLeighとクリス・ブラウンの曲「Easy Remix」

第39位:女子ラッパー&Migos “Quavo”の恋人=SaweetieのEP『ICY』リリース

第38位:UK生まれでジャマイカンの血を継ぐ女子ラッパー=Stefflon Donのシングル曲「Phone Down」

第37位:今年の37位はKash Doll? もしくはDoja Cat? 二人とも今年メインストリームデビュー!

第36位:Nonameのインディーズ出版のアルバム『Room 25』をスルメのように味わう

第35位:Donald GloverことChildish Gambino&リアーナ主演の映画『Guava Island』公開。

第34位:Nick Grantのシングル曲「Pink Starburst」

第33位:Big K.R.I.T.のニューアルバム『K.R.I.T. Iz Here』

第32位:今年最高の盛り上がりを見せたリル・ナズ・Xの曲「Old Town Road」

第31位:現代ヒップホップの教科書=Rapsodyアルバム『Eve』リリース

第30位:6ix9ineの楽曲「MAMA」に乗っかったカニエ・ウェストのヴァース

第29位:Tyler, The Creatorから今夏の名盤『IGOR』

第28位:Dreamvilleから今年イチのリリカル・ヒップホップ曲「Down Bad」

第27位:Chris Brown x Drakeの大ヒット曲「No Guidance」

第26位:Waleのアルバム『Wow… That’s Crazy』もしくはTory Lanezのミックステープ『Chixtape 5』

第25位:Blood Orangeのアルバム『Angel’s Pulse』

第24位:Jhene Aikoのフリースタイル「Triggered Freestyle」及び元カレ=Big Seanとの「None Of Your Concern」

第23位:黒人女性の(それも若者の)代弁者として艶麗な声で歌うわずか20代のRayana Jay。

第22位:Drakeのアルバム『Care Package』

第21位:Big SeanのNYラジオ局,HOT97でのフリースタイル。

第20位:姉御Trinaと令妹Nicki Minajのコラボレーション曲「BAPS」

第19位:ウェッサイはオークランド出身の現在ノリノリの若手女子MC=Kamaiyahの新曲「Still I Am」

第18位:アメリカ中を巻き込んだエロい歌詞とバリバリのリア充ぶり=シティ・ガールズのシングル曲「Act Up」

第17位:新人MCがバトるフリースタイル祭り=2019年のBET Cypher。

第16位:出ました!ファボラスの『Summertime Shootout 3』

第15位:2019年なのに1996年にこの世をさったヒップホップ史上最高のラッパーとされる2Pacを彷彿とさせるFreddie Gibbsのフリースタイル。

第14位:アメリカ中の女子の間で話題・共感を呼んだSummer Walkerのアルバム『Over It』

第13位:R&Bの王道=Bryson Tillerのシングル曲「Blame」

第12位:メアリーJブライジのBETパフォーマンスと授賞式(特別功労賞)。

第11位:イマドキラッパー最前線!若者黒人の間で今年超ハヤったDaBaby,おまけに今覚えておくべき4人のラッパー!

第10位:リゾ(Lizzo)の歌,踊り,そしてフルート演奏。全体的なパーフォマンスの完成度の高さ。

第9位:Frank Oceanの新曲「DHL」

第8位:男と女,黒と白をグチャグチャに混合させた,ソランジュ(Solange)の傑作アルバム『When I Get Home』

第7位:ティアナ・テイラー引き続き2019年もHip-Hop/R&Bナツメロをフリップし,楽曲「Morning」及び「HYWI」をリリース

第6位:ニプシー・ハッスルが生前,DJ Khaled達とともに収録したシングル曲「Higher」

第5位:Hip-Hop界の女子代表=Missy ElliottのMTV授賞式及びライヴパフォーマンス模様

第4位:大ブレイク寸前,漆黒の女子ラッパー=オラニカ又の名をCHIKA「トランプ大統領への手紙」

第3位:お正月から絶えず毎週日曜日に開催し続けたカニエと“Sunday Service”チームの忍耐力と継続力,そしてアルバムに昇華させたその芸術力へ

第2位:ビヨンセのコーチェラHomecoming映画&ダンス現象を巻き起こした#BeforeILetGo Challenge!

第1位:2019年の夏を制し,遂に1年まるごとヒップホップ界を盛り上げてくれた大・大・大ブレイクアーティスト登場!Megan Thee Stallion!

(文責及びキュレーティング:Jun Nishihara)

第1位:2019年の夏を制し,遂に1年まるごとヒップホップ界を盛り上げてくれた大・大・大ブレイクアーティスト登場!Megan Thee Stallion! (2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

2019年を一言で表現するとすれば,これかもしれません。「今年は女子ラッパーが活躍した一年だった」と。

シティ・ガールズ(City Girls)しかり,カーディB(Cardi B)しかり,ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj),カマイヤ(Kamaiyah),ドージャ・キャット(Doja Cat),キャッシュ・ドール(Kash Doll),ティエラ・ワック(Tierra Whack),トリーナ(Trina),ノーネイム(NoName),ステフロン・ドン(Stefflon Don),そしてラプソディ(Rapsody)などなど。いま挙げたのは全員女性です。

必ずしもヒップホップとは呼べませんがポップ界では,黒人女性として歌手のリゾ(Lizzo)も大活躍しました。

そしてさらに追い討ちをかけるかのように,ヒップホップ界の超重鎮黒人女性ラップ・アーティストのミッシー・エリオット(Missy Elliott)も今年のMTV Video Music Award賞受賞会でその伝説的なカムバックを果たしました。おまけにニューEPもリリース!

こんなにも黒人女性及び女子ラッパーが活躍した2019年,なかでも特に,そう,特に,そう,くりかえします,特に!大・大・大ブレイクしたのが,この女性でした。それがMegan Thee Stallion!

ヒップホップ業界ではよく「夏を制すものは,一年を制す」といわれます。つまりその夏に売れたものは,一年をとおして売れる,その一年でもっともHOTなものといえる,ということです。

そして今年の夏を制し,ついには一年をも制すこととなったヒップホップアーティストが,そう,Megan Thee Stallionです。

英語読みは「メーガン・ジー・スタリオン」ですが,日本語表記は「ミーガン・ジー・スタリオン」と書いたり,「メーガン・ザ・スタリオン」と書いたり,「ミーガン・ザ・スタリオン」と書いたりと,あらゆる場所で別記載をしています。英語で読む場合はあくまでも「メー」にアクセント(強調)を置いて「メーガン・ジー(“the”の強調形,舌を噛んで発音)・スタリオン(タにアクセント)」です。

英語表記は満場一致の“Megan Thee Stallion”です。彼女の名前を呼ぶときは仲間たちは「Megan(メーガン)」や「Meg(メグ)」と呼びます。サウス出身の人たちは「メィガン」と呼ぶ場合もあります。愛称は「Stalli(スタリー)」です。

さて,このメィガン AKA メグ,今年の夏前から,こういうハッシュタグで話題になりました。「#HotGirlSummer 」です。

ツイッターやインスタグラム,Facebook,スナップチャットまで,アメリカ中,西から東,北から南まで,女子,いや,クィアな男子たちまでも,#HotGirlSummerで今年の夏を盛り上げてくれました。

実はまだ大学生のメィガン。つまり,まだ学生。まさに,いまのトレンドをいっちばん理解している世代の女子なのです。学校はTexas Southern University(テキサス南部大学)。つまりですよ,キャンパスはほぼ黒人の,いわゆる「HBCU (Historically Black Colleges & Universities=歴史的黒人大学)」と呼ばれる大学に通学しています。

1995年2月15日生まれ。今年で24歳。いま,何が流行っているかをいちばん理解して,そのど真ん中を生きている女の子です。

その彼女=メィガンが,今年の夏,ニッキー・ミナージュとコラボレートを果たしました。

この写真です。

Nicki-Minaj-and-Megan-Thee-Stallion-pic
(左がニッキー,右がメィガン)

そしてその曲が以下です。

Megan Thee Stallion feat. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign

メィガンは昨年からジワジワとヒップホップ界,ラップ界を湧かせてきておりました。

昨年2018年に発表したシングル曲が以下の曲です。これは今年になってもストリーミング及びダウンロードされまくり,売れ続けまくりました。

Megan Thee Stallion – “Big Ole Freak”

以下は11月に開催されたAmerican Music Awardsの帰り際にカマした即興フリースタイルです。

12月には遂に,NPR Music: Tiny Desk Concertにも登場いたしました。

メィガンのフリースタイルをもう一本,掲載しておきます。

最近のフィメール・ラッパーつまり女子ラッパーと何が異なるかというと,リリシズム(リリックを重視する)という態度です。

もちろん,タイトなルックスで,奇抜な服を着て(もしくは太ももを露出して)お尻を突き上げて,ダンスもしますが,それ以上に彼女の才能はそのリリシズムにあらわれています。

容赦ないフロー。スピード感あるラップ。90年代から2000年代にかけて,流行ったハードコアラップをも彷彿とさせます。リリックの内容はストリッパーだけじゃない。エロだけじゃない(もちろんエロもありますが,内容をセックスやドラッグばかりに頼っていない。

古き良き時代?!(いや,ヒップホップはそんなに古くない)のヒップホップをbring it back (よみがえらせた)ラッパーとも言えます。そういう点で優れているにもかかわらず,そういう点を差し置いたとしても,今年#HotGirlSummerのハッシュタグでヒップホップ界最高にアツい夏を魅せてくれました。

もうひとつ,メィガンについて,特筆しておくべき点は,アメリカのディープサウス(深南部)出身ということです。その深南部出身という肌感覚から,同じ深南部であるメンフィス出身のジューシーJ(Juicy J)とタッグを組んでラップしております。

肌感覚はよく曲にあらわれます。メィガンの肌感覚は,その昔,深南部で奴隷が経てきた苦しみを深い歴史に刻んでいます。500年間つづいた奴隷制度です。その奴隷の感覚がメィガンの肌感覚に残っている。その肌感覚から溢れ出るメィガンの音楽,といいますか,ラップといいますか,ヒップホップには,北部出身のラッパーには出せないソウルがあります。それはビートによってもあらわれます。コーンフィールドという畑を,鍬をふりかざして,耕す黒人奴隷。その「耕す」という行為には,早いテンポのビートが求められました。ビート(当時は「掛け声」)とともにふりかざして耕さないと,白人のご主人様にムチでぶったたかれますからね。だからダラダラしたラップで,間延びするラップのフローでは,いけなかった。間延びしちゃいけない。そこに深南部出身ラッパーの独特のラップスタイルがあります。それをメィガンも綿々と受け継いでいる。意識的に,無意識的に,どちらかはさて置いて,確実に受け継いでいる。そこにわずか40年という若い歴史のヒップホップを超えた,500年続いた奴隷制度の深い歴史を感じることができます。

Megan Thee StallionがJuicy Jとタッグを組んだ曲に,以下の曲があります。これはエロがメインテーマです。(Juicy Jはエロに生きる男ですから,彼と組めばこういう曲内容になるのは必然でしょう。うなずけます。)

つい先日1月10日(金)にリリースされた,Normani(ノーマニ)との新曲MVも以下に掲載しておきます。現在YouTubeにてトレンド第8位!

なお,こちらは年末年始のバケーション中に撮影したMegan Thee Stallionのフリースタイルです。

2019年,メィガン AKA メグは,ジェイZが築き上げたレーベル=Roc Nationに引き抜かれました。しかし,彼女がRoc Nationに入隊したのは,結果論。メィガンの魅力は彼女がRoc Nationに入ったことではなく,Roc Nationに入る前に,すでに魅力であふれておりました。Roc Nationに入ったのはオマケ。Roc Nationに入る事実を知る前から,Megan Thee Stallionは今年ナンバー1の女子ラッパー,いや,女子も男子もひっくりめての,「まるごと第1位」のヒップホップアーティストとして,ここに記載いたします。

2020年は明けました。2019年(平成31年/令和元年)もありがとうございました。今年も,当サイトに来ていただいて,ありがとうございます。これまでベスト50として,毎日アップをし続けましたが,あさってからは通常どおりのパターンに戻り,ほぼ毎週水曜日と土曜日の朝のアップいたします。2019年は皆さんにとってヒップホップに溢れた一年だったことと願っております。新年2020年はさらに素敵なヒップホップと出会えますように。どうもありがとうございました。

(文責:Jun Nishihara)

第2位:ビヨンセのコーチェラHomecoming映画&ダンス現象を巻き起こした#BeforeILetGo Challenge! (2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

2019年4月,ファンを驚かせたのは,2018年の米国最大のミュージックフェスと云われるコーチェラ音楽祭(Coachella Music Festival)で披露されたビヨンセのステージが,Netflix映画でよみがえったことでした。ジェイZとカニエが云うまさに“Black Excellence”を象るかのように,物凄い迫力です。

以下はそのtrailer(予告編)です。

さて,映画と同時にリリースされたのがライヴ・アルバムで,アルバム収録楽曲中に「Before I Let Go」も収録されておりました。この曲のオリジナルはフランキー・ベヴァリー(Frankie Beverly)原曲で,1981年リリース,コーチェラでビヨンセが同曲をカバーしました。

ビヨンセがコーチェラでこの曲をカバーし,2019年Netflix映画で生き返らせたことにより,全米女子及び男子がたちまちSNS等で「#BeforeILetGoChallenge」とハッシュタグし,各人それぞれの媒体(medium)にアップしていくという社会現象が起こりました。

とびきり上手いのを5つ,ピックアップしておきます。2019年春〜夏は,これで盛り上がりました。

大学のキャンパスで,というパターンは多くありました。

タイムズスクエアど真ん中にやらかした連中もいました(↓)。

しかしながら,2019年ビヨンセの活躍はこれだけでなく,映画『ライオン・キング』の声優もやり遂げ,同映画のサウンドトラック制作にもたずさわりました。

また,オバマ大統領夫妻のお気に入り曲としても,同サントラから楽曲「MOOD 4 EVA」がリストアップもされました。

今日も,当サイトに来てくれてありがとうございます。
2020年も初旬からビヨンセで縁起良きでございます。

(文責:Jun Nishihara)

第4位:大ブレイク寸前,漆黒の女子ラッパー=オラニカ又の名をCHIKA「トランプ大統領への手紙」(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

チカ(CHIKA)という凄いラッパーがいます。日本ではまだ知られていないでしょう。アンダーグラウンドで活動し,最近はグツグツと煮え滾っており,間も無く大ブレイク寸前,漆黒の女子ラッパー,それがチカ(CHIKA)又の名をオラニカ(Oranicuhh)と言います。

まずはこちらをご覧下さい。ゲイの代弁として,オンナの代弁として,漆黒の肌を持つ者の代弁として,トランプ大統領へレターを放ちます。

チカ(CHIKA)はアメリカ深南部(deep south)のアラバマ州出身。Alabama-Obama-Mamaという彼女にとって重要な3つの単語が韻(rhyme)を踏んで彼女のライムに共鳴します。

“They want us to wallow.”
(連中は私たちがもがき苦しむのを見たがっている。)

「連中」というのはトランプ大統領を筆頭にした現政府の官僚のことでしょう。
「私たち」というのは深南部,とくにアラバマ州のようにゲイの権利や,女性の権利等が共和党政権(Republicans)によって剥奪された人間のことでしょう。

これほどの苦しみと憤りをここまで冷静に音楽に昇華させるのは,2年前のケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)のMTVステージでのライヴ・パフォーマンスを思い起こさせます。

曲の後半でオバマ前大統領の名前が出ます。10年前,当時12歳だった小学生のチカ(CHIKA)はランドセル(book bag)を背負って,そこに自分で描いたオバマ大統領の肖像画の画用紙を入れて,家に帰ってママに見せようと胸を張って歩いた,という文が出てきます。この部分です。

I think it’s crazy when I look back
I remember being 12 and in my book bag I tucked away the drawing of Obama
I was so proud I couldn’t wait to show my Mama
He was larger than life
Bigger than black
Made me rethink what’s holding me back and kill these excuses I ever had to be anything less successful.

唖然とするよ,あの頃を思い出すと
12歳の頃,私はオバマの肖像画を描いてランドセルに入れた
それを提げて誇らしげに,ママに見せるのが待ちきれなかった
オバマは英雄だった
「ブラック」以上の存在だった
それを見て私は自分の人生を考え直した,「ブラック」であることを言い訳に,黒人だから成功できないなどと,私は何を馬鹿なことを考えていたのかと。
(歌詞起こし及び対訳:Jun Nishihara)

チカ(CHIKA)のその他のフリースタイルを以下のとおり3件,掲載しておきます。

ローリン・ヒル(Lauryn Hill)をフリップしたフリースタイルは美しい。
カニエ・ウェストに対する反骨フリースタイルはハングリーで醜い。
美しきは醜く,醜さは美しい。

P.S.ローリン・ヒル(Lauryn Hill)の名盤『The Miseducation of Lauryn Hill』がリリースされた1998年,チカ(CHIKA)は1歳。

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

第5位:Hip-Hop界の女子代表=Missy ElliottのMTV授賞式及びライヴパフォーマンス模様(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

ヒップホップが1970年に誕生して以来,これほどまでに女子ラッパーが活躍した年代は無かった。その2019年のMTV授賞式において,ミッシー・エリオット(Missy Elliott)がビデオ・ミュージック・アワード賞で称えられるという出来事は,2019年の象徴的なニュースといえるでしょう。

ミッシー・エリオット(Missy Elliott)は,diversity(多種多様性)という言葉が叫ばれる現代において,多種多様なセクシュアリティ,多種多様な体型,多種多様な人種を認める,という意味における先駆者です。今でこそ,あらゆる場面で「多種多様性」とかって叫ばれておりますが,ミッシーはそれを90年代後半において,すでに始めていた。

ミッシーの90年代後半のMV「The Rain (Supa Dupa Fly)」はその象徴的なビデオです。当時,ヒップホップ界で,ミッシーのような体型で踊ってラップし,カッコよくスワッグをキメていた,というのは非常に稀でした。それを観たアメリカ中の体型にコンプレックスを持つ黒人女子たちは,「私たちも,やっていいんだ」と思えた。じぶんたちを認めさせてくれた。しかし,実際にやろうと思うと,これがむつかしい。とは言え,希望を与えてくれたことは間違いなかった。

ミッシー・エリオットの偉大さについては,こちらをご参照下さい

2001年にリリースされたミッシーの「Get Ur Freak On」は,衝撃的なMVでした。当時こんなにフリーキーなビデオはどこにもなかった。超カッコ良かったし,ラップも真似たし,ダンスも真似ようとした。男も女も関係なく。まさにジェンダー・フリー。

そして出た「One Minute Man」のリュダクリスとのリミックス。ジェイZとのリミックスヴァージョンも登場し,めちゃめちゃ惚れた。

それからしばらく後の2004年,「I’m Really Hot」というシングル曲がリリースされ,ミュージックビデオも出ました。当時はNYでインターネットがまだ光回線になっていなかった頃,画質の悪い動画で観たのを憶えておりますが,同ビデオの途中,タイムライン2:50の箇所でビートが一変し,ラップ及びダンスのスタイルがスウィッチアップするところがめちゃカッコ良いと感じました。当時は同じ曲でのビートのスウィッチアップもとても珍しかった。

そして時は経て2005年,ミッシーの「Meltdown」をアルバム『The Cookbook』で聴いたときは,感動しましたねえ。なんて素敵な曲なんだと。いままでハードなラップで,ダンサブルなチューンでやってきたミッシーがこういったアンビアンスなビートでもラップするんだ〜ってね。さらにミッシーのことが好きになりました。

さてその好きな曲「Meltdown」を入れときます。この曲は,あたいにとってスペシャルな曲ですよ。

Missy Elliott – “Meltdown”

ミッシーについては,話し出すと話が終わらないですので,本日はここら辺で切り上げときます。ほな,また。

(文責:Jun Nishihara)

第6位:ニプシー・ハッスルが生前,DJ Khaled達とともに収録したシングル曲「Higher」(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

Lauren-London-Nipsey-Hussle-T.I.P.

2019年の春,4月〜5月にかけて1ヶ月以上,西海岸を中心に,ニプシーへの追悼は続きました。それだけ現代のヒップホップに多大なる影響を及ぼしたアーティストとして,西海岸のみならず,アメリカ中,いや,世界中のヒップホップファンたちが,ブルーもレッドも関係なく,ブラッヅもクリップスも関係なく,哀悼をニプシーに捧げました。

それに呼応するかのように,ニプシー本人が最後に遺したレコーディング,そしてミュージックビデオとして,DJ Khaled feat. Nipsey Hussle & John Legend – “Higher”が,ニプシーが亡くなった1ヶ月半あとの2019年5月17日にリリースされました。

ヒップホップ史にのこる重要人物として,ニプシー・ハッスルの功績は受け継がれます。The MARATHON continues.

DJ Khaled feat. Nipsey Hussle & John Legend – “Higher”

(文責:Jun Nishihara)

第7位:ティアナ・テイラー引き続き2019年もHip-Hop/R&Bナツメロをフリップし,楽曲「Morning」及び「HYWI」をリリース(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

Teyana_Taylor_Wikipedia
(Teyana Taylor: source Wikipedia)

昨年2018年に第3位にランクインしたティアナ・テイラー,2019年はアルバムをリリースしていないにもかかわらず,トップ10入りを果たしました。

2019年もどうしてこうもティアナ・テイラー(Teyana Taylor)はヒップホップ及びR&Bのナツメロを新しき楽曲にするのがウマいのでしょうか。まさに当サイトが目標としている「古き良きヒップホップを現代に生き返らせる」ことを音楽という媒体をもちいて表現してくれています。

この「古き良きヒップホップ(またはR&B)を現代に生き返らせる」という大テーマを2019年も引き続き遂行してくれたことにより,ティアナ・テイラーに第7位を捧げることといたしたく,以下ティアナの2019年リリースMVを掲載いたします。

Teyana Taylor feat. Kehlani – “Morning”

Teyana Taylor feat. King Combs (ディディの息子!) – “How You Want It”

ちなみにこの曲,1997年10月にリリースされた当時ディディのチーム=Bad Boy Records所属であったラッパーMa$eとR&BアーティストTotalの名曲「What You Want」を下敷き(元ネタ)にしております。

その当時から12年の歳月を経て,Total役をティアナ・テイラーが,Ma$e役をディディの息子=King Combsがやってのける,しかもMVの映像の撮り方も90年代のR&Bを真似ている!という,凝りにこったミュージックビデオをリリースしてくれました。

90年代のR&Bを10年代(2010年代)によみがえらせるという,ティアナ・テイラーの味,2020年はますます楽しみです。

(文責:Jun Nishihara)