6月リリースされたストリートシングル曲。

ひとまずは6月9日にリリースされたケヴィン・ゲイツ(Kevin Gates)の「Super General (Freestyle)」です。これはコダック・ブラック(Kodak Black)の「Super Gremlin」をフリップしたものですね。

① Kevin Gates – “Super General (Freestyle)”

② Jack Harlow feat. Drake – “Churchill Downs”

③ Lakeyah feat. Latto – “Mind Yo Business”

④ Pharrell Williams feat. 21 Savage & Tyler, The Creator – “Cash In Cash Out”

⑤ Doja Cat – “VEGAS” (From the Original Motion Picture Soundtrack ELVIS)

⑥ Rae Sremmurd(久しぶり!) – “Denial”

⑦ Nia Sultana feat. Rick Ross – “Proven”

⑧ Chris Brown – “Wheels Fall Off” (From The Batcave Performance)

⑨ Post Malone feat. Doja Cat – “I Like You (A Happier Song)”

⑩ Polo G – “Distraction

おまけ:Kehlani – “melt”
(これは5月にリリースされたものですが、ケラーニ(Kehlani)は特別なので、おまけとして、ここへ掲載しておきます。

まだ6月15日ですが、6月リリースの楽曲/ミュージックビデオだけでこのようなバラエティに豊富な楽曲が溢れているというのは嬉しいことです。

久しぶりにRae Sremmurdの「Black Beatles」を聴きたくなった人もいるのではないでしょうか。ちなみにこのブラジルの「階段」はスヌープとファレルのミュージックビデオ「Beautiful」で起用されたロケーションと同じ場所ですね。ビデオがYouTubeにアップされたのは2009年と記載されていますが、この曲がリリースされたのは2009年なんて“最近”のものではなく、もっともっと前の2003年です。この曲をかけると、2003年に住んでいたNYを思い出しますが、その頃のNYと現在住んでいるNYの受けるイメージというのが全く違うのが衝撃的です。この19年間で様々なことが変わってしまった。たま~に、このNYの匂い変わらないな~とか地面のグリルの下からふわっと湧いてくる地下鉄の匂いを感じて想うのですが、それくらいで、当時といろいろなこと/イメージが変わったなぁと思います。

これは私が変わったからですね。マルクスは「自然を変えようとすると、一番変わるのはこちら側(じぶん)のほうである」と言ったそうですが、まさにそれを教えてくれた吉本隆明的な思想のとおりで、NYが変わったのではなく、こちら側(わたし)が変わったため、楽曲「Beautiful」を聴いて想起するイメージと、実際住むNYの雰囲気が異なるのは、そういうことでしょう。

先日、スタテンアイランド(Staten Island)のSt. Georgeエリアを歩いていて、Staten Island Yankeesの野球場が閉鎖し、周辺が閑散としていたのは、寂しく感じました。しかし隣にEmpire Outletsはできて、子どもたちが遊べる「広場」が少しできているのは、嬉しかったです。

(文責:Jun Nishihara)

ビギー生誕50周年記念を祝い幾つか懐メロを。

ビギーの生誕50周年記念を祝い、ここにビギー(The Notorious B.I.G.)の代表作5件を掲載しておきます。

① The Notorious B.I.G. – “Juicy” (1994)

② The Notorious B.I.G. – “Hypnotize” (1997)

③ The Notorious B.I.G. – “Who Shot Ya?” (1995)

④ The Notorious B.I.G. feat. Ma$e & Puff Daddy – “Mo Money, Mo Problems” (1997)

⑤ The Notorious B.I.G. feat. Bone Thugs-n-Harmony – “Notorious Thugs” (1997)

(キュレーティング:Jun Nishihara)

ビギーの生誕50周年記念(2022年5月21日)

本年5月21日は、ビギー(The Notorious B.I.G.)の生誕50周年でした。
NYの地下鉄MTA当局は、ビギーが生まれた1972年5月21日からの生誕50周年を記念して、先週土曜日に地下鉄切符の裏面にビギーの肖像画を載せたメトロカードを販売し、生誕を祝いました。

MTA当局は50,000枚限定で販売をし、下記4箇所のブルックリンの地下鉄のみで売り出しました。私も早速記念に購入してきました。

売り出されている場所は、下記4つの地下鉄のみです。
・Lafayette Av on the C line
・Clinton-Washington Av on the C line
・Clinton-Washington Av on the G line
・Atlantic Av – Barclays Ctr on the 2, 3, 4, 5, B, D, N, Q, and R lines

もしNYにお住みの方がいればぜひ。
(50,000枚限定ですので、もう売り切れているかもしれませんので、駅の窓口で訊いてみるとよいかもしれません。5月21日に販売が開始され、私が行った22日(日)はまだありましたがかなり長い列に並びました(1人で複数枚を購入している方が大半でしたので、列に時間を要しました。))

(文責:Jun Nishihara)

ロバート・グラスパーの“Black Radio”シリーズの第三弾『Black Radio III』リリース。

『Black Radio III』のリリース前に米NBC局の「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」でロバート・グラスパー(Robert Glasper)と仲間たちがシングル曲「Black Superhero」をお披露目しました。

Robert Glasper feat. Rapsody, BJ the Chicago Kid, Amir Sulaiman, DJ Jazzy Jeff

上記ライヴの冒頭で重要と思われるワンセンテンスのみ、訳しておきます。
アルバムの冒頭でもこのセンテンスが繰り返し出てきます。本アルバムを聴くにあたって理解しておくべき1文です。

We don’t play music / We pray music

音楽は遊びではなかった、音楽は祈りだった

過去形に訳すか、現在形で訳すかは、同文が語られるコンテキストに拠るのですが、つまり、この1文は「現代アメリカで黒人が差別的に殺されるという現実」に始まり、500年以上続いた奴隷制度まで遡り、トウモロコシ畑で過酷労働を強いられていた私たちの先祖が「歌ってきた」音楽は「決して遊びではなく、あれは私たちにとって「祈り」であった」、というコンテキストで語られているものです。「あの音楽は私たちにとって何であったのか」を事後的に得心した(もしくは奴隷として亡くなっていった先祖たちの魂が往生できるように納得させた)きわめて核心的なところに触れた1文であると思料いたします。これは、本アルバムを聴くにあたって重要な部分であるので、まずは訳しておこうと思った次第です。

さて、アルバムから収録楽曲を3曲、掲載しておきます。

“Better Than I Imaginged” by Robert Glasper feat. H.E.R., Meshell Ndegeocello

“Everybody Wants To Rule The World” by Robert Glasper feat. Lalah Hathaway, Common

“Forever” by Robert Glasper feat. PJ Morton, India.Arie

(文責及びキュレーティング:Jun Nishihara)

2022年のNYアンセム、Fivio Foreign x Alicia Keys x Kanye West出る。

2022年のNYアンセムは、まだ2月であるにもかかわらず、早くもこれに決まりです。
ファイヴィオ・フォーリン(Fivio Foreign)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)そしてカニエ・ウェスト(Kanye West)でコラボ作として発表した「City of Gods」。ミュージックビデオは未発表ですので、現時点では音源のみです。

途中、カニエがこう言い放ちます。
おっと、その前に、ファイヴィオがこう言います。
ブルックリン・ドリル(Brooklyn Drill)の威力を世界に知らしめた今は亡きポップ・スモーク(Pop Smoke)へ曲の冒頭でシャウトアウトを捧げます。

Pop was the king of New York, now I’m the nigga in charge
(NYのキングはポップ(・スモーク)だった、俺が後を継ぐ)

そしてカニエは自身のヴァースでこう言います。

Ayy, Fivi, excuse me, but this is the feature of the year
(エィ、ファイヴィ、すまん、これ、今年イチのフィーチャーだわ)

そして、これがその今年イチのフィーチャーです。

Fivio Foreign x Alicia Keys x Kanye West – “City of Gods”

(文責:Jun Nishihara)

全米スーパーボウル、ハーフタイムショー出演者発表の件を続けます。

本年(2022年)の全米スーパーボウル(Superbowl)のハーフタイムショー出演者が発表された件で、出演予定のうちの一人であるMary J. Blige(メアリー・J.ブライジ)がリリースした楽曲のうち5曲を下記に掲載しておきます。この5曲は、現代ヒップホップ&R&Bの基本を成すものであることから、どれも覚えておくべき楽曲であります。

1.「ファミリー・アフェア(Family Affair)」はヒップホップ・プロデューサーの神と呼ばれるドクター・ドレー(Dr. Dre)制作の楽曲。2001年にリリースされ、収録されたアルバム『No More Drama」は全米ビルボード第2位、Hip-Hop/R&B枠では第1位を記録。全米で200万枚のセールス、日本国内だけでも10万枚セールスという記録を打ち出しました。

2.「リアル・ラヴ(Real Love)」は1992年8月25日にリリースされたメアリー・J.ブライジの代表作の一つ。90年代をまさに生き続けたシングル曲です。日本では中山美穂&WANDSが「世界中の誰よりもきっと」というシングル曲をリリースした年です。その同じ年に、米国側では、メアリー・J.ブライジは「Real Love」をリリースし、この「Real Love」は全米ビルボードシングル曲ランキングで第7位、US Hot R&B Singles部門で第1位を飾りました。

3.「ユー・リマインド・ミー(You Remind Me)」下記映像は非常に貴重な映像です。YouTubeがこれを観られるようにアーカイブとして残してくれていることに感謝。

4.「ビー・ウィズアウト・ユー(Be Without You)」ぐっと現在に近づいて2005年。YouTube上で再生回数2億回を超す楽曲です。

5.「エヴリシング(Everything)」1997年リリースのシングル曲です。

最後にメアリーに対するリアーナからの祝辞を送ります。

おまけとして、全米BET局での、Mary J. Bligeのパフォーマンスです。Diddy(パフ・ダディ)がイントロを務めます。

ヒップホップの歴史にとって極めて重要な存在であるMary J. Bligeをここで紹介しておく使命を感じたため、ここに書かせていただきました。これがどれだけ後世に伝えられるかはわかりませんが、ここに掲載している楽曲はヒップホップ史上非常に重要な遺産であると感じておりますので、ここに残しておきたいと感じました。メアリーが涙で歌に詰まっても、観客全員が合唱できるアーティストってそうそういないですね。

最後にもう1曲、おまけのおまけです。

あと、こちらも、おまけのおまけのおまけです。

(文責:Jun Nishihara)

8/5に実施されたカニエ・ウェストによるAlbum Release Partyより(其の壱)

カニエ・ウェスト(Kanye West)による先々週の「Album Listening Party」に続いて、8月5日(木)には「Album Release Party」が実施されました。

そのワンシーンを以下に掲載しておきます。

共演ヴァースには、ジェイ・エレクトロニカ(Jay Electronica)のみならず、D-Block(LOX)メンバー3名全員が登場します。先般の『Dipset vs. LOX』を観た方もいらっしゃるでしょう。なんてタイムリーな楽曲でありながら内容はタイムレス(不変の)テーマで、非常に心にグッとくるものです。

文責:Jun Nishihara

NY州の規制も終わり、踊るフレンチ・モンタナ。

出ました、フレンチ・モンタナ(French Montana)の新曲「FWMGAB」-“Fuck WITH ME GET A BAG”の頭文字、あえて訳すなら「俺と連れて、がっつり稼げ」。テーマはシンプル、曲は超ダンサブル。聴いてみ、がっつり稼げ。

ちなみに、同曲の冒頭は、数多のヒップホップ曲のサンプリングとして起用されてきた「アモレス・コモ・ヌエストロ」を元ネタに回しています。

ついでに、こちらの名曲もどうぞ。シャキーラのヒップは嘘つかない。

ちなみに(が多いですが)、フレンチ・モンタナはモロッコ国のカサブランカ生まれで、NYのブロンクス育ちです。

(文責:Jun Nishihara)

ブラック・ロブの「ウォゥ!」なゲットー・ラップ。

今からおおよそ11年前,2000年2月15日に「Whoa!(ウォゥ!)」というゴテゴテのゲットー系ヒップホップ曲がリリースされた当時,この曲を耳にして,内側の五臓六腑を抉り出し,暴動にでも飛び出したくなるような相当キケンな匂いがする曲のように感じたのを憶えている。

この曲「Whoa!」はパフ・ダディ(改めP. Diddy改めDiddy)が指揮を執るバッド・ボーイ・レコーズ(Bad Boy Records)に所属するブラック・ロブ(Black Rob)の曲である。

これはいわゆる小ぎれいでナーディなヒップホップを生み出したカニエ・ウェストが登場する「カニエ以前」の時代のヒップホップである。まさに,汚らしく美しい“庶民の”ゲットー・ラップを反映し,しかもそこへパフ・ダディ節を根底に流したゴテゴテのヒップホップ曲であった。

当時,ゲットー出身の連中はこの曲に共鳴し,ストリートに於いて爆音で流した。

イルなもん見たらその時は叫べ「ウォゥ!」。アップタウンのイケイケ女見たとき叫んだぜ「ウォゥ!」。ダイヤとパールでまとった女「ウォゥ!」。腕にかざしたアイス(=ジュエリー)見ろよ「ウォゥ!」。カネは問題じゃねぇ,いくらでも積んだるぜ「ウォゥ!」。おまえらの動きにかけたるぜ急ブレーキ「ウォゥ!」。俺ら野郎たちはドウ(金)儲けて,ドロー(ハッパ)焚いて,ニトロ飛ばして,フロウかまして,かっこよくキメてヨゥ,ウォゥ!っていう内容の曲です。

そのブラック・ロブ(Black Rob)が先日,2021年4月17日にこの世を去りました。その前々週4月9日に伝説の男DMXが亡くなったばかりでした。二人であの世でヒップホップ曲を爆音で響かせ,同郷NY出身のビギーらとともに暴れてるに相違ないでしょう。

その「ウォゥ!」を以下に掲載しておきます。本物のヒップホップっちゅうもんはこういうもんだったというのを未来の世代の野郎どもへ,時々,思い出すようにしてくれや。

(文責:Jun Nishihara)