第15位:現代の米HIP-HOP界に革命を引き起こし始めていた中で亡くなったポップ・スモーク(Pop Smoke)の名作『Shoot for the Stars, Aim for the Moon』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

ポップ・スモーク(Pop Smoke)はデビューすることなく,2020年2月19日に亡くなった伝説のラッパーです。この人物は現代の米HIP-HOP界に全く新しいジャンルをもたらすことで,革命を引き起こそうとしていたラッパーです。

ポップ・スモークなんて,またそこら中にいるようなインターネットで有名になった若手ラッパーじゃないの,とお思いのそこのあなた。ポップ・スモークはちょっと変わっています。

ひとつにはヒップホップ・シーンに「ブルックリン・ドリル(ドリル・ラップ)」という新しいジャンルの風を吹かせようとしていたアーティストであるということ。

ふたつには,それを公式デビューする前からアンダーグラウンドで始めており,既に彼を知るファンの間では,「ドリル・ラップ」の神的な存在として崇められていた,ということ。

まぁ,次の曲を聴いてみてください。他のラップ曲とはちょっと違ったラップの仕方(フロー)を感じると思います。そしてガチガチとしたベースの効いたヘヴィーなビートがさらにそのフローの重さを増幅させています。これが「ドリル」というスタイルと云われています。

ここでまた,ドレイクの2017年リリースのミックステープならぬアルバム『More Life』を参照することになるですが,この『More Life』のアルバムではUKのヒップホップシーンで活躍する数々のUKラッパーがフィーチャリングされています。UKのヒップホップシーンはドリルにかなりの影響を与えたといわれます。(今までも当サイトで様々な場面で『More Life』を参照してきましたが,それだけこれは偉大なるアルバムなのです。)

たとえば次の曲を聴いてみましょう。この楽曲(『More Life』収録)が,上記Pop Smokeの曲に与えている影響を聞き取れますでしょうか。

この特殊な「ドリル」というスタイルを全米に爆発的に広めるきっかけを作ってきたポップ・スモーク(Pop Smoke)の業績・遺蹟(legacy)は偉大なるものです。

ポップ・スモークはドリルのスタイルを失わず,こんなメロディアスな楽曲も制作しています。

いやぁー,この元ネタ,わかります?
2001年8月にリリースされた,ジニュワイン(Ginuwine)の「Differences」です。
聴いてるとあらゆる思い出がよみがえってきて涙が出てきますので,ここら辺でやめときます。

(文責(もちろんあたしです):Jun Nishihara)

第16位:この時代にこのフローで勝負するコンウェイ・ザ・マシーンのアルバム『From King To A GOD』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

コンウェイ・ザ・マシーン(Conway The Machine)は2020年9月にソロデビュー・アルバム『From King To A GOD』をリリースしました。

ヒップホップが若年化してきたこの時代に,ゴテゴテのヒップホップ・フローで勝負するコンウェイ・ザ・マシーン。コンウェイのラップは,若手ラッパーどもの最近のマンブル・ラップなど怖いもの無しのごとく,ハードコア・ラップに忠実に,昔ながらのリリカル・フローをカマしてくれています。

いわゆる“マンブル・ラッパー”に象徴される若手ラッパーのスタイルがある一方,ハードコアなリリックのラップで勝負しているグリセルダ・レコード(Griselda Records)のメンバーであるコンウェイ・ザ・マシーンには,今後も目が離せないでしょう。何が注目かと言えば,も一回言っときます,若手ラッパーどもがいる中で揺らぎないそのハードコア・ラップです。

(文責:Jun Nishihara)

第17位:ジャンルを超越したマック・ミラーの遺作アルバム『Circles』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

マック・ミラー(Mac Miller)が亡くなる直前までレコーディングに取り掛かっていたという最後の遺作アルバムが2020年1月にリリースされました。アルバム『Circles』です。これは生前2018年にリリースされた『Swimming』とあわせて三部作(trilogy)の一枚として制作されました。三作目は叶わなかったですが,アルバム『Swimming』と『Circles』の二作(ふた咲く)をあわせて「Swimming in Circles(円状を泳ぐ)」というコンセプトが思索されていたようです。

『Circles』に似たコンセプトのアルバムには,ヒップホップ史上最も偉大なるヒップホッププロデューサーと云われているジェイ・ディラ(J Dilla)の『Donuts』というアルバムがあります。これもまたJ Dillaが亡くなる3日前にリリースされたアルバム(2006年2月6日)です。

“Circles”や“Donuts”のように,ぐるぐると回り続ける,永遠に終わることのない“トリップ”を表現するものには,The Notorious B.I.G.の“Life After Death”(死後の生き様)というのもひとつ,別の観点から永遠を象徴するものでしょう。上記3名はもうこの世にはいませんが,偉大なるアルバムをとおして「永遠」の音楽を我々に贈り届けてくれた,といえるでしょう。

もうひとつ,マック・ミラーの遺作アルバム『Circles』で特筆すべきことは,収録されている楽曲のジャンルの幅が非常に広いということです。“ジャンルレス”,つまり,特定のジャンルに縛られることなく音楽を作り上げることに成功した偉大なるアルバムとも呼べます。

(文責:Jun Nishihara)

第18位:バスタ・ライムスの新盤ニューアルバム『Extinction Level Event 2: The Wrath of God』の破壊力について (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

2020年に出たHIP-HOP名曲名場面の第18位を飾るのはバスタ・ライムス(Busta Rhymes)の新盤ニューアルバム『Extinction Level Event 2: The Wrath of God』です。このアルバムが誇る破壊力についてはこちらに掲載いたしましたのでご参照ください。

第21位:歌モノ・リリカル,どちらも揃ったミックステープ『No Ceilings 3』をリリースしたリル・ウェイン (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

本年2020年の初頭1月にリル・ウェインがリリースした公式アルバム『Funeral』を聴いた時,リリカルな時代のウィージー(Weezy)が戻ってきた,と思ったのは私だけでは無いでしょう。

その勢いを落とさずほぼ1年間その勢いを保ち続けたリル・ウェインは,2020年11月に『No Ceilings 3』をリリース。このミックステープには『A Side』と『B Side』があり,後者は12月18日にリリース。

これは一応ミックステープという体裁を取っておりますが,クオリティはアルバムそのもの。datpiff.com等でダウンロード可能です。リリースから1ヶ月経た現在,既にダウンロード回数は300万回を超えております。再生回数ではなくダウンロード回数で300万回超えというのはなかなか調子が良いです。

アメリカのヒップホップ界(特にミックステープを聴く連中の間)では,リル・ウェインに対するリスペクトは堅いことが見て取れます。

リル・ウェインは楽曲『BB King Freestyle』でこうスピットします。

Everyone got they glass out, let’s drink to Weezy
Every nigga that stare me down just came to see me
Choppin’ up a lil’ cash cow, that’s steak I’m eatin’
Check deposits, high-risers with extra closets
The sex platonic, I talk intelligent, text Ebonics
The electronic guitars whinin’, that’s just Nirvana
Tommy gun on the counter, I call it Mr. Thomas
That’ll keep niggas honest
I’m dozin’ off in the driver seat ’cause the seat give massages

(対訳)
おまえらグラスを挙げな,ウィージーに乾杯
今まで俺のこと軽蔑してたヤツらにこの前会った
ヤツら「金のなる牛」を探してた,その目の前でステーキ食ってやった
預金額チェックしな,クローゼットだらけの高層マンションビル
セックスはプラトニック,トークはインテリ,SNSは黒人話法(エボニックス)
泣きのエレキ・ギター,バックで流れる,それニルヴァーナの曲
カウンターにトミーガン,「トーマスさん」俺が名付け親
正直に吐かせてやるよ
運転手席でうたた寝,マッサージ機能付きのシートだぜ
(楽曲「BB King Freestyle」より)

上記リリックを見ても分かるとおり,リル・ウェイン節連発。これを音源で聴けば,それがさらに感じられます。まぁ,聴いてみてください。

次に,ドレイクの「Laugh Now, Cry Later」をフリップした(捩った)リル・ウェインの「Something Different」を掲載しておきます。(これもミックステープ『No Ceilings 3』より。)

リリック“scroll down”の箇所で,ちょうど(↓)を出すという,こういう細かなネタをぶっ込んでくるのもウェインらしいですね。

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

第23位:サウス出身の新人ワル女ラッパー=Mulatto(ムラート)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

2020年にラップ界のメインストリームにその名をとどろかせた女子ラッパーの一人としてMulatto(ムラート)を第23位に取り上げたい。

彼女(本名:アリッサ・ミッシェル・スティーヴンズ)は米国北東エリア(五大湖エリア)のオハイオ州コロンバス市生まれ。しかし2歳の頃,南部ジョージア州に両親に連れられ移り住み,黒人の父親と白人の母親を持つにもかかわらず,アリッサ自身,皮膚の色が無色であったことから学校でイジメに遭っていたことが理由で,自分のことをその時からムラート(Mulatto)と呼ぶことにし,当初はMiss Mulattoという名でラップを始めた。

ちなみにMulattoというのは,黒人と白人の混血を指す言葉であり,奴隷制度時代には,黒人の血が一滴でも入っていればcolored(有色人種)として扱われ,差別の対象となった。有名人の間ではオバマ大統領もMulattoとして知られる。

その彼女(ムラート)が有名になるキッカケとなったMVを下記に掲載する。

Mulatto feat. Saweetie & Trina – “Bitch From Da Souf”

(文責:Jun Nishihara)

第24位:2020年大活躍若手ラッパー5名大放出。ロディー・リッチ,リル・ベイビー,リル・ダーク,NLE・チョッパー,そしてYoungBoy Never Broke Again。(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

2020年大活躍した若手ラッパー5名につき,それぞれ2曲ずつ以下に紹介するとともに,彼らを本年の第24位といたします。全員2020年にアルバムをリリースしました。(ロディー・リッチについてはアルバム『Please Excuse Me For Being Antisocial』をリリースしたのは2019年12月でしたが,実際全米第1位を獲得したのは今年2020年で,且つ,ラップ・アーティストとして爆発的に売れたのも今年2020年でしたので,今年にランクインすることになりました。)

① ロディー・リッチ(Roddy Ricch)
② リル・ベイビー(Lil Baby)
③ リル・ダーク(Lil Durk)
④ NLE・チョッパー(NLE Choppa)
⑤ ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲン(長!)(YoungBoy Never Broke Again)

昨年2019年に取り上げた大注目若手アーティストには,ダベイビーや大坂なおみの彼氏=YBNコーデーやMegan Thee Stallion(昨年第1位を獲得!)については,以下サイトをご参照願います。

2019年の第11位:イマドキラッパー最前線!若者黒人の間で今年超ハヤったDaBaby,おまけに今覚えておくべき4人のラッパー!(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

2019年の第1位:2019年の夏を制し,遂に1年まるごとヒップホップ界を盛り上げてくれた大・大・大ブレイクアーティスト登場!Megan Thee Stallion! (2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

さて,本年2020年の若手アーティスト5名を以下に掲載いたします。

① ロディー・リッチ(Roddy Ricch)

Roddy Ricch -「High Fashion」

Roddy Ricch -「Trap Symphony with Live Orchestra on audiomack」(ライヴ映像)

② リル・ベイビー(Lil Baby)

Lil Baby -「We Paid」
(この曲にfeat.されている42 Duggという奇妙なラップ節を聴くと,Lil Babyのイマドキのラップでさえ「まとも」に聞こえてくるから不思議。)

Lil Baby -「The Bigger Picture」

③ リル・ダーク(Lil Durk)

リル・ダークに関しては,2020年クリスマス・イヴの12月24日にニューアルバム『The Voice』をリリースしました。

アルバムリリースと同時に12月24日にリル・ダークの公式YouTubeページに掲載された新曲「Still Trappin feat. King Von」は,同日(そしてクリスマスの12月25日)も引き続きYouTube上「#1 ON TRENDING(トレンディング第一位」を記録しております。

下記アルバムジャケにLil Durkと一緒に写っているのは今年11月に亡くなったキング・ヴォン(King Von)です。

Lil Durk -「Stay Down feat. 6lack & Young Thug」

Lil Durk -「3 Headed Goat feat. Lil Baby & Polo G」

④ NLE・チョッパー(NLE Choppa)

NLE Choppa -「Bryson」

NLE Choppa -「Shotta Flow」

⑤ ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲン(YoungBoy Never Broke Again)

YoungBoy Never Broke Again -「All In」

YoungBoy Never Broke Again -「Callin feat. Snoop Dogg」

(文責:Jun Nishihara)

第25位:Thundercatの2020年アルバム『It Is What It Is』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

少々毛色は変わって,ジャズ及びヒップホップの融合をどこまでも突き詰めていくサンダーキャット(Thundercat)の2020年リリースのアルバム『It Is What It Is』を本年重要度第25位としてランクインです。

黒人音楽の歴史上重要なアルバム『Drunk』を2017年にリリースして以来3年の時を経て,今年4月にリリースされた『It Is What It Is』では,変態心丸出しのMVで天才ぶりがぷんぷん匂ったサンダーキャット(Thundercat)のリードシングル曲「Dragonball Durag」は私個人的に大好きな曲なのですが,この「臭さ」にはなんとも言い表しがたい,飽きないエロさが含有されています。

そのMVを以下に掲載し,これを第25位としたいと思います。

(文責:Jun Nishihara)

第26位:Rick Ross vs. 2 Chainz(ヴァーサス・バトル)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

2020年8月6日に開催されたVerzuzバトルはリック・ロス(Rick Ross)対2チェインズ(2 Chainz)の対決でした。圧倒的にリック・ロスの勝利でしたが,このVerzuzバトル全体をHip-Hopの歴史で捉えた際,非常に重要な意味をもってきます。

Verzuzバトルそのものは,本年2020年3月,まさに新型コロナウイルス感染拡大が広がり始めた初期の頃,パンデミック緊急事態宣言発表時に創始されました。

つまり今年3月にVerzuz初の放映でもあり,その創始者でもあるティンバランド(Timbaland)とスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)のVerzuzバトルが繰り広げられました。

その映像については,さらに上位で発表していきます。

ひとまずはコチラのページで第26位:リック・ロス vs. 2チェインズの映像をどうぞ

(文責:Jun Nishihara)

第27位:Jadakissのアルバム『Ignatius』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第30位〜第28位までとはガラッと雰囲気が変わります。

第27位はジェイダキッス(Jadakiss)のアルバム『Ignatius』です。

まー,こちらを聴いてみてください。
この曲を聴くと,ここまで第30位〜第28位のアルバムをつまみ聴きしてきた曲とは,全く種が異なるということが分かると思います。同じHIP-HOPという所謂“ジャンル”にくくられた中にあるかもしれませんが,どれだけ幅が広いものか,わかっていただけると思います。

Jadakiss feat. Pusha T – 「Huntin Season」

90年代にHIP-HOPという言葉がカバーしていた幅の広さと,現在2020年にHIP-HOPという言葉がカバーする幅の広さ,というのは,「広さ」という意味でまず,異なってきています。そして次に異なるのはその言葉が表すものであったり意味するものであったり,定義も異なってきています。しかしながら,何よりも,90年代を生きた人々が「Hip-Hop」と聴いて想像するものと,2020年代に10代や20代を過ごしている現在の若者たちが「Hip-Hop」と聴いて想像するものが,異なってきている,というものは大きいでしょう。

Jadakissの「Hip-Hop」を聴くと,いつもこのように「Hip-Hop世代の変革」を感じます。

まずは聴いてみてください,Jadakissの「ME」を。

この曲からこのセリフ・・・

Never had a wack verse!

ダサいヴァースとは無縁で来たぜ!

直訳すると「イカシていないヴァースなんて1つも書いたことがない」,つまり,これまで俺がスピットしてきたラップに,ダサいヴァースなんて1つもねえよ!

これはJadakissにしか言えない称号。

第27位にするのがもったいないくらいデキの良いアルバム。

も1曲いっときまひょか。

Jadakiss – 「Catch & Release」です。

(文責:Jun Nishihara)