コモン(Common)8分間ぶっ続けのフリースタイル。

2021年9月9日、コモン(Common)がドープすぎるフリースタイルラップをL.A.のPower 106局のL.A. Leakersショーで披露。8分間、ノンストップでどうぞ。

(キュレーティング:Jun Nishihara)

8/5に実施されたカニエ・ウェストによるAlbum Release Partyより(其の壱)

カニエ・ウェスト(Kanye West)による先々週の「Album Listening Party」に続いて、8月5日(木)には「Album Release Party」が実施されました。

そのワンシーンを以下に掲載しておきます。

共演ヴァースには、ジェイ・エレクトロニカ(Jay Electronica)のみならず、D-Block(LOX)メンバー3名全員が登場します。先般の『Dipset vs. LOX』を観た方もいらっしゃるでしょう。なんてタイムリーな楽曲でありながら内容はタイムレス(不変の)テーマで、非常に心にグッとくるものです。

文責:Jun Nishihara

NY州の規制も終わり、踊るフレンチ・モンタナ。

出ました、フレンチ・モンタナ(French Montana)の新曲「FWMGAB」-“Fuck WITH ME GET A BAG”の頭文字、あえて訳すなら「俺と連れて、がっつり稼げ」。テーマはシンプル、曲は超ダンサブル。聴いてみ、がっつり稼げ。

ちなみに、同曲の冒頭は、数多のヒップホップ曲のサンプリングとして起用されてきた「アモレス・コモ・ヌエストロ」を元ネタに回しています。

ついでに、こちらの名曲もどうぞ。シャキーラのヒップは嘘つかない。

ちなみに(が多いですが)、フレンチ・モンタナはモロッコ国のカサブランカ生まれで、NYのブロンクス育ちです。

(文責:Jun Nishihara)

ブラック・ロブの「ウォゥ!」なゲットー・ラップ。

今からおおよそ11年前,2000年2月15日に「Whoa!(ウォゥ!)」というゴテゴテのゲットー系ヒップホップ曲がリリースされた当時,この曲を耳にして,内側の五臓六腑を抉り出し,暴動にでも飛び出したくなるような相当キケンな匂いがする曲のように感じたのを憶えている。

この曲「Whoa!」はパフ・ダディ(改めP. Diddy改めDiddy)が指揮を執るバッド・ボーイ・レコーズ(Bad Boy Records)に所属するブラック・ロブ(Black Rob)の曲である。

これはいわゆる小ぎれいでナーディなヒップホップを生み出したカニエ・ウェストが登場する「カニエ以前」の時代のヒップホップである。まさに,汚らしく美しい“庶民の”ゲットー・ラップを反映し,しかもそこへパフ・ダディ節を根底に流したゴテゴテのヒップホップ曲であった。

当時,ゲットー出身の連中はこの曲に共鳴し,ストリートに於いて爆音で流した。

イルなもん見たらその時は叫べ「ウォゥ!」。アップタウンのイケイケ女見たとき叫んだぜ「ウォゥ!」。ダイヤとパールでまとった女「ウォゥ!」。腕にかざしたアイス(=ジュエリー)見ろよ「ウォゥ!」。カネは問題じゃねぇ,いくらでも積んだるぜ「ウォゥ!」。おまえらの動きにかけたるぜ急ブレーキ「ウォゥ!」。俺ら野郎たちはドウ(金)儲けて,ドロー(ハッパ)焚いて,ニトロ飛ばして,フロウかまして,かっこよくキメてヨゥ,ウォゥ!っていう内容の曲です。

そのブラック・ロブ(Black Rob)が先日,2021年4月17日にこの世を去りました。その前々週4月9日に伝説の男DMXが亡くなったばかりでした。二人であの世でヒップホップ曲を爆音で響かせ,同郷NY出身のビギーらとともに暴れてるに相違ないでしょう。

その「ウォゥ!」を以下に掲載しておきます。本物のヒップホップっちゅうもんはこういうもんだったというのを未来の世代の野郎どもへ,時々,思い出すようにしてくれや。

(文責:Jun Nishihara)

第30位〜第1位まで総まとめ:2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30

昨年2020年に最も活躍したHip-Hopアーティスト及びHip-Hopの名曲と名場面をおさらいしておきます。昨年11月末から12月,そして2021年3月にかけて,この企画を開催いたしました。

第30位〜第1位までをおさらいしておきます。
件名をクリックするとそれぞれのページに飛ぶことができます。

第30位:DaBabyのアルバム『BLAME IT ON BABY』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第29位:Lil Uzi Vertのアルバム『Eternal Atake』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第28位:A Boogie wit da Hoodieのアルバム『Artist 2.0』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第27位:Jadakissのアルバム『Ignatius』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第26位:Rick Ross vs. 2 Chainz(ヴァーサス・バトル)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第25位:Thundercatの2020年アルバム『It Is What It Is』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第24位:2020年大活躍若手ラッパー5名大放出。ロディー・リッチ,リル・ベイビー,リル・ダーク,NLE・チョッパー,そしてYoungBoy Never Broke Again。(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第23位:サウス出身の新人ワル女ラッパー=Mulatto(ムラート)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第22位:黒人女性シンガーの“comeback story”:2020年R&B界へ復帰したJazmine Sullivan (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第21位:歌モノ・リリカル,どちらも揃ったミックステープ『No Ceilings 3』をリリースしたリル・ウェイン (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第20位:ジャングルプッシーのニューアルバム『JP4』 (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第19位:まさに1年中Poppin(大ウケ)し続けたジャック・ハーロウの「What’s Poppin」 (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第18位:バスタ・ライムスの新盤ニューアルバム『Extinction Level Event 2: The Wrath of God』の破壊力について (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第17位:ジャンルを超越したマック・ミラーの遺作アルバム『Circles』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第16位:この時代にこのフローで勝負するコンウェイ・ザ・マシーンのアルバム『From King To A GOD』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第15位:現代の米HIP-HOP界に革命を引き起こし始めていた中で亡くなったポップ・スモーク(Pop Smoke)の名作『Shoot for the Stars, Aim for the Moon』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第14位:CHIKAというの名のラッパーによる本年リリースされた『Industry Games』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第13位:道に迷った時に聴くべきNasのアルバム『King’s Disease』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第12位:Big Seanのアルバム『Detroit 2』より2020年イチのフリースタイル曲「Friday Night Cypher」(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第11位:ブラック・ムスリムとして多彩なる宗教心を反映させた特異なアルバム『A Written Testimony』をリリースしたJay Electronica (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第10位:隔離(Quarantine)期間中でのカニエ・ウェスト率いる“Sunday Service Choir” (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第9位:2020年米XXL誌フレッシュマン・サイファー(ラップ・フリースタイル)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第8位:コロナ禍であるため,自宅から配信されたNPR主催“Tiny Desk (Home) Concert” (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第7位:今となってはHip-Hop及びR&Bアーティスト対決の鉄板の「場」となった“Verzuz Battle” (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第6位:Run the Jewelsが2020年にリリースしたアルバム『RTJ4』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第5位:NETFLIXラップ・バトル番組『リズム+フロー』で優勝したD・スモーク (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第4位:コロナ禍からBLM運動まで (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第3位:米BETテレビ局で放送された番組『ラフ・ライダーズ・クロニクル』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第2位:Freddie Gibbs + Alchemistのコラボ作『Alfredo』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第1位に行く前に,2020年リリースされた特別な楽曲について。

第1位:2020年冒頭から終盤まで,いやいや,いまだに終わらないMegan Thee Stallionの活躍ぶり! (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第1位のおまけ:メーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)の魅力,続く。

(文責及びキュレーティング:Jun Nishihara)

第9位:2020年米XXL誌フレッシュマン・サイファー(ラップ・フリースタイル)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

毎年恒例の米Hip-Hop雑誌“XXL”が開催する「Freshman Cypher」(1年生のサイファーフリースタイル)ショーが2020年も行われました。

2020年はコロナ禍ということもあり,三密を避けるため,距離を保つという観点から,3回に分けて,行われました。

まずは,この4名です。

NLEチョッパー(NLE Choppa)
ロッド・ウェイヴ(Rod Wave)
チカ(CHIKA)
リル・Tジェイ(Lil TJay)

続きまして,この4名です。

ムラート(Mulatto)
24kゴールデン(24kGoldn)
ファイヴィオ・フォーリン(Fivio Foreign)
キャルボーイ(Calboy)

最後にこの4名です。

ジャック・ハーロウ(Jack Harlow)
リル・キード(Lil Keed)
ポロ・G(Polo G)

2020年のフレッシュマンも充実しております。
毎年安定して,このように若手ラッパーがメインストリームに登場してきているわけですが,米Hip-Hop界は拡充していく傾向にあり,これからもたのしみです。

2020年も若手女子ラッパー(XXL FreshmanではMulattoとCHIKA)は強敵です。CHIKAに至っては,ここのサイファー(フリースタイル)では,まったく力まず,さらっと他の3人をやっつけてますね。ペットの犬であるヴィジョンを片腕で抱きながら,余裕でフリースタイルをカマシます。もっと強烈なフローをやってくれるだろうと期待していたのですが,良い意味で裏切ってくれました。メロディにさらっと乗っかって,チルな感じでフローを生み出す。どれだけCHIKAはversatile(多才)なのかが見てとれます。

(文責:Jun Nishihara)

第13位:道に迷った時に聴くべきNasのアルバム『King’s Disease』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

Nasの音楽は,道に迷った時に聴くべき原点である。
2020年8月にリリースされたアルバム『King’s Disease』は,新しくも旧い原点を示してくれている。

Nasはわれわれに,「あんたらが道に迷った時に聴ける音楽として,こんだけありますよ。こん中から,いまのあんたの境涯・苦境に合う曲を数曲セレクトして,それを聴けばいい。」という選択肢を大風呂敷を広げて,提供してくれている。

まさに,名曲の宝庫をわれわれの目の前に広げてくれていて,そこから今の自分に合った曲を選べばいいという,なんという贅沢。こんなことが出来るのは,Nasが1994年にデビューしてから,26年間という(もはや歴史上人物にさえもなりうるような)年月をかけてリリースしてきた数々の名曲があるからこそである。

そして2020年8月にリリースされた『King’s Disease』は,そのコレクションにまたもや選択肢を増やしてくれる(さらに目移りさせられてしまう要因となる)ディスクなのである。

そしてNasのカッコ良さについては,こちらのページを読んでいただければと思う。

2020年の第13位は文句無しのNasである。

そして,1月22日(金)に以下のミュージックビデオをリリースした。「27 Summers」とはその名のとおり「夏を27回経てきた」ということ,つまり,27年間,現役でやってきたということ(夏を制するとはその年のヒットを飛ばすということ)。

このビデオ,勢いだけは誰にも負けないDJ Khaledを迎えて,その勢いとは真逆に位置する安定感の塊のようなNasと組んで.ある意味,壮大なる楽曲である。

(文責:Jun Nishihara)

第15位:現代の米HIP-HOP界に革命を引き起こし始めていた中で亡くなったポップ・スモーク(Pop Smoke)の名作『Shoot for the Stars, Aim for the Moon』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

ポップ・スモーク(Pop Smoke)はデビューすることなく,2020年2月19日に亡くなった伝説のラッパーです。この人物は現代の米HIP-HOP界に全く新しいジャンルをもたらすことで,革命を引き起こそうとしていたラッパーです。

ポップ・スモークなんて,またそこら中にいるようなインターネットで有名になった若手ラッパーじゃないの,とお思いのそこのあなた。ポップ・スモークはちょっと変わっています。

ひとつにはヒップホップ・シーンに「ブルックリン・ドリル(ドリル・ラップ)」という新しいジャンルの風を吹かせようとしていたアーティストであるということ。

ふたつには,それを公式デビューする前からアンダーグラウンドで始めており,既に彼を知るファンの間では,「ドリル・ラップ」の神的な存在として崇められていた,ということ。

まぁ,次の曲を聴いてみてください。他のラップ曲とはちょっと違ったラップの仕方(フロー)を感じると思います。そしてガチガチとしたベースの効いたヘヴィーなビートがさらにそのフローの重さを増幅させています。これが「ドリル」というスタイルと云われています。

ここでまた,ドレイクの2017年リリースのミックステープならぬアルバム『More Life』を参照することになるですが,この『More Life』のアルバムではUKのヒップホップシーンで活躍する数々のUKラッパーがフィーチャリングされています。UKのヒップホップシーンはドリルにかなりの影響を与えたといわれます。(今までも当サイトで様々な場面で『More Life』を参照してきましたが,それだけこれは偉大なるアルバムなのです。)

たとえば次の曲を聴いてみましょう。この楽曲(『More Life』収録)が,上記Pop Smokeの曲に与えている影響を聞き取れますでしょうか。

この特殊な「ドリル」というスタイルを全米に爆発的に広めるきっかけを作ってきたポップ・スモーク(Pop Smoke)の業績・遺蹟(legacy)は偉大なるものです。

ポップ・スモークはドリルのスタイルを失わず,こんなメロディアスな楽曲も制作しています。

いやぁー,この元ネタ,わかります?
2001年8月にリリースされた,ジニュワイン(Ginuwine)の「Differences」です。
聴いてるとあらゆる思い出がよみがえってきて涙が出てきますので,ここら辺でやめときます。

(文責(もちろんあたしです):Jun Nishihara)

第16位:この時代にこのフローで勝負するコンウェイ・ザ・マシーンのアルバム『From King To A GOD』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

コンウェイ・ザ・マシーン(Conway The Machine)は2020年9月にソロデビュー・アルバム『From King To A GOD』をリリースしました。

ヒップホップが若年化してきたこの時代に,ゴテゴテのヒップホップ・フローで勝負するコンウェイ・ザ・マシーン。コンウェイのラップは,若手ラッパーどもの最近のマンブル・ラップなど怖いもの無しのごとく,ハードコア・ラップに忠実に,昔ながらのリリカル・フローをカマしてくれています。

いわゆる“マンブル・ラッパー”に象徴される若手ラッパーのスタイルがある一方,ハードコアなリリックのラップで勝負しているグリセルダ・レコード(Griselda Records)のメンバーであるコンウェイ・ザ・マシーンには,今後も目が離せないでしょう。何が注目かと言えば,も一回言っときます,若手ラッパーどもがいる中で揺らぎないそのハードコア・ラップです。

2020年9月には米公共ラジオ局であるNPR主催の“Tiny Desk (Home) Concert”(コロナ禍による自宅配信ver.)に於いて自宅から登場してくれましたので,こちらに掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

第17位:ジャンルを超越したマック・ミラーの遺作アルバム『Circles』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

マック・ミラー(Mac Miller)が亡くなる直前までレコーディングに取り掛かっていたという最後の遺作アルバムが2020年1月にリリースされました。アルバム『Circles』です。これは生前2018年にリリースされた『Swimming』とあわせて三部作(trilogy)の一枚として制作されました。三作目は叶わなかったですが,アルバム『Swimming』と『Circles』の二作(ふた咲く)をあわせて「Swimming in Circles(円状を泳ぐ)」というコンセプトが思索されていたようです。

『Circles』に似たコンセプトのアルバムには,ヒップホップ史上最も偉大なるヒップホッププロデューサーと云われているジェイ・ディラ(J Dilla)の『Donuts』というアルバムがあります。これもまたJ Dillaが亡くなる3日前にリリースされたアルバム(2006年2月6日)です。

“Circles”や“Donuts”のように,ぐるぐると回り続ける,永遠に終わることのない“トリップ”を表現するものには,The Notorious B.I.G.の“Life After Death”(死後の生き様)というのもひとつ,別の観点から永遠を象徴するものでしょう。上記3名はもうこの世にはいませんが,偉大なるアルバムをとおして「永遠」の音楽を我々に贈り届けてくれた,といえるでしょう。

もうひとつ,マック・ミラーの遺作アルバム『Circles』で特筆すべきことは,収録されている楽曲のジャンルの幅が非常に広いということです。“ジャンルレス”,つまり,特定のジャンルに縛られることなく音楽を作り上げることに成功した偉大なるアルバムとも呼べます。

(文責:Jun Nishihara)