第49位:ScHoolboy Qのシングル曲「Numb Numb Juice」(今年出たHip-Hop名曲・名場面ベスト50)

83-og

ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)と同じレーベル=TDE (Top Dawg Entertainment)所属の同胞=スクールボーイQ(ScHoolboy Q)が今年アルバム『CrasH Talk』をリリースしました。同アルバムからファースト・シングルである「Numb Numb Juice」を発表。イントロはめちゃめちゃカッチョよかったです。

同アルバムは米ビルボード200で第3位を獲得。リリース後1週間で8万1000枚売り上げるというこのアルバム売上不調の昨今においてはまずまずの記録でした。

全体的な売り上げはまずまずの記録としても,このシングル曲で,この冒頭のフレーズというのは,ツカみは完ぺき,記録よりも記憶に残る楽曲となりました。

Two-door coupe, hoppin’ out like Jack-in-the-Box, nigga
I’m gon’ shoot if this 30’s all that I got, nigga

ツードアのクーペで,ビックリ箱のごとく飛び出すぜ
両手にグロック銃,ぶっ放っちまうぜ

というふうにNワードを必ず語尾につけてラップをカマす一節です。
ここから次のヴァース「Time’s Up / Got my coins up, my bars up / Soon we find ’em」に入るくだりは絶妙です。「Soon we find ’em」で少しライム(韻)をズラすのは,最近の同じTDE仲間であるジェイ・ロック(Jay Rock)を彷彿とさせるラップをカマシてくれました。

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

Advertisements

カニエ・ウェストのニューアルバム『Jesus Is King』より,楽曲⑨対訳「Hands On」。

楽曲⑨「Hands On」feat. フレッド・ハモンド 対訳

EHYMUCCU4AExxvF

[Refrain: Fred Hammond]
Hand ’em
Hands up high, hands on, hands on
Hands on, hands up
In your face, the reason
Hands on, yeah, hands on

(リフレイン:フレッド・ハモンド)
手を合わせて
両手を高く,挙げて,合わせて
手を合わせて,両手を挙げて
あなたの顔に,目的は
手を合わせること,そう,手を合わせて

[Verse 1: Kanye West]
Cut out all the lights, He the light
Got pulled over, see the brights
What you doin’ on the street at night?
Wonder if they’re gonna read your rights
Thirteenth Amendment, three strikes
Made a left when I should’ve made a right
Told God last time on life
Told the devil that I’m going on a strike
Told the devil when I see him, on sight
I’ve been working for you my whole life
Told the devil that I’m going on a strike
I’ve been working for you my whole life
Nothing worse than a hypocrite
Change, he ain’t really different
He ain’t even try to get permission
Ask for advice and they dissed him
Said I’m finna do a gospel album
What have you been hearin’ from the Christians?
They’ll be the first one to judge me
Make it feel like nobody love me
They’ll be the first one to judge me
Feelin’ like nobody love me
Told people God was my mission
What have you been hearin’ from the Christians?
They’ll be the first one to judge me
Make it feel like nobody love me
Make you feel alone in the dark and you’ll never see the light
Man, you’re never seein’ home and you never see the domes
I can feel it when I write, point of livin’ in the right
If they only see the wrongs, never listen to the songs
Just to listen is a fight, but you booked me for the fight
It’s so hard to get along if they only see the slight
From the love of religion
What have you been hearin’ from the Christians?
They’ll be the first one to judge me
Make it seem like nobody love me
I’m not tryna lead you to Visas
But if I try to lead you to Jesus
We get called halfway believers
Only halfway read Ephesians
Only if they knew what I knew, uh
I was never new ’til I knew of
True and living God, Yeshua
The true and living God
(Somebody pray for me)

(ヴァース1:カニエ・ウェスト)
ライトは全部消して,神の光のみにして
警官に車を止めさせられた,信号見えてなかったかと
夜中にストリートで何をしてるんだ
俺のようなヤツに人権を許されているか
憲法第13条,三振即アウト法
右に曲がるべきところを左に曲がっただけなのに
命がけで神に祈った
悪魔の声はもう聞かないと無視してやった
いままでの人生,あんたの声を聞きすぎていた
悪魔の声はもう聞かないと無視してやった
いままでの人生,あんたの声を聞きすぎていた
偽善者よりヤなヤツはいない
前とは違う,いや,そんなに変わっていやしない
許しを得ようとしたこともない
アドバイスを求めて,ディスられた
ゴスペル・アルバムを出そうと思うって伝えた
そしたら,キリスト教徒の人たち,どう反応したと思う?
まっさきに俺を軽蔑しようとすんだ
誰にも愛されていないんだなって思ったよ
まっさきに俺を軽蔑しようとすんだ
誰にも愛されていないんだなって思ったよ
次に俺はこう言った,「神こそが,俺の使命のように感じる」って
そしたら,キリスト教徒の人たち,どう反応したと思う?
まっさきに俺を軽蔑しようとすんだ
誰にも愛されていなんだなって思ったよ
暗闇の中で光もなくさまよう,そんな気持ち
メーン,家も見つからず,寝床もない
こう書いてるだけで気持ちがよみがえる,ちゃんと生きるとは
間違いばかりを探そうとするなら,曲を聴かなくてもいい
聴くだけでも戦いのように感じる,リング上での格闘のよう
侮辱的な面ばかり見るのなら,うまくやっていく余裕もない
信仰心を愛するということ
キリスト教徒の人たち,どう反応したと思う?
まっさきに俺を軽蔑しようとすんだ
誰にも愛されていないんだなって思ったよ
カネ儲けはやめにして
イエスを信じようとした途端
「中途半端な信徒」呼ばわりされた
新約聖書も中途半端にしか読んでいない,と
俺が経験してきたことを,ヤツらにわかってたまるもんか
生まれ変わったように感じた
生きる神が真実と知ったときに,イェシュア
生きる神が真実と知ったときに
(誰か,祈りを捧げてくれるか)

[Refrain: Fred Hammond]
Hand ’em
Hands up high, hands on, hands on
Hands on, hands up
In your face, the reason
Hands on, yeah, hands on

(リフレイン:フレッド・ハモンド)
手を合わせて
両手を高く,挙げて,合わせて
手を合わせて,両手を挙げて
あなたの顔に,目的は
手を合わせること,そう,手を合わせて

[Verse 2: Fred Hammond & Kanye West]
I deserve all the criticism you got
If that’s all the love you have, that’s all you got
To sing of change, you think I’m joking
To praise His name, you ask what I’m smoking
Yes, I understand your reluctancy, yeah
But I have a request, you see
Don’t throw me up, lay your hands on me
Please, pray for me
Hold myself on death
Hold it down, all fallen down
Somebody pray for me

(ヴァース2:フレッド・ハモンド&カニエ・ウェスト)
浴びせられる批判,もっともかもしれないな
そうやってしか愛せないなら,それまでなんだろうな
「前とは違う」なんて歌っても,あんたにはジョークにしか聞こえない
「神の名を讃えよ」なんて歌っても,俺がハイになってるとしか思われない
わかってる,どうも納得いかないことは,うん
でもお願いがあるんだ,いいかい
まだ諦めないでくれ,ぼくと手を合わせてくれ
お願いだ,祈りを捧げてくれ
生死にぼくをつつんでくれ
守ってくれ,ぶっ倒れた人たちのことを
誰か,祈りを捧げてくれ

[Refrain: Fred Hammond]
Hand ’em
Hands up high, hands on, hands on
Hands on, hands up
In your face, the reason
Hands on, yeah, hands on

(リフレイン:フレッド・ハモンド)
手を合わせて
両手を高く,挙げて,合わせて
手を合わせて,両手を挙げて
あなたの顔に,目的は
手を合わせること,そう,手を合わせて

(対訳:Jun Nishihara)

カニエ・ウェストのニューアルバム『Jesus Is King』より,楽曲⑥対訳「Everything We Need」。

楽曲⑥「Everything We Need」feat. タイ・ダラー・サイン&アント・クレマンス 対訳

EHYMUCCU4AExxvF

[Intro: Ty Dolla $ign & Ant Clemons]
We began after the storm inside
Lay the land (Ah), it’s just the morning light (Woo, woo)
Woo, woo, oh yeah

(イントロ:タイ・ダラー・サイン&アント・クレマンス)
心に嵐が吹き荒れた後,僕らは始めた
土地をおこし(アー),朝の光が差した(ウー,ウー)
ウー,ウー,オゥ,イヤー

[Verse 1: Kanye West & Ant Clemons]
Woo-ooh, ooh-ooh
Switch your⁠, switch your attitude
Go ‘head, level up yourself
This that different latitude
Ooh-ooh, ooh-ooh
Life too short, go spoil yourself
Feel that feel, enjoy yourself ’cause

(ヴァース1:カニエ・ウェスト&アント・クレマンス)
ウー,ウー,オゥ,オゥ
入れ替えな,入れ替えな,キミの態度
どんどん進んで,レベルアップしな
もはや他とは緯度が違う
オゥ,オゥ,オゥ,オゥ
人生は短い,だからじぶんに贅沢させちゃいな
そのフィーリング感じな,すっかり楽しんじゃいな,だって

[Refrain: Ant Clemons & Ty Dolla $ign]
We have everything we need (Ooh-ooh, ooh-ooh, oh)
We have everything we need (Ooh-ooh, ooh-ooh, oh, oh)
We have everything we need (Ooh-ooh, ooh-ooh, oh)
We have everything we need (Ooh-ooh, ooh-ooh, oh, woah)
We have everything we need

(リフレイン:アント・クレマンス&タイ・ダラー・サイン)
必要なものは全て揃ってる(オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ)
必要なものは全て揃ってる(オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ)
必要なものは全て揃ってる(オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ)
必要なものは全て揃ってる(オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,ウォゥ)
必要なものは全て揃ってる

[Chorus: Ty Dolla $ign]
We began after the storm inside
Lay the land (Ah), it’s just the morning light (Oh, yeah)

(サビ:タイ・ダラー・サイン)
心に嵐が吹き荒れた後,僕らは始めた
土地をおこし(アー),朝の光が差した(オゥ,イヤー)

[Verse 2: Kanye West & Ant Clemons]
Switch my, switch my attitude
I’m so, I’m so radical
All these people mad at dude
This for who it matter to
What if Eve made apple juice?
You gon’ do what Adam do?
Or say, “Baby, let’s put this back on the tree” ’cause

(ヴァース2:カニエ・ウェスト&アント・クレマンス)
入れ替えた,入れ替えた,俺の態度
とっても俺は,とっても過激な野郎
あらゆる連中が怒ってる
これは共感する人だけに捧げる曲
もしイヴがアップルジュースを作っていたら?
あんたはアダムと同じことしただろうか
もしくはこう言っただろうか「ベイビー,この林檎,木に戻してやろうか」だって

[Refrain: Ant Clemons & Ty Dolla $ign]
We have everything we need (Ooh-ooh, ooh-ooh, oh)
We have everything we need (Ooh-ooh, ooh-ooh, oh, oh)
We have everything we need (Ooh-ooh, ooh-ooh, oh)
We have everything we need (Ooh-ooh, ooh-ooh, oh, woah)
We have everything we need

(リフレイン:アント・クレマンス&タイ・ダラー・サイン)
必要なものは全て揃ってる(オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ)
必要なものは全て揃ってる(オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ)
必要なものは全て揃ってる(オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ)
必要なものは全て揃ってる(オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,オゥ,ウォゥ)
必要なものは全て揃ってる

[Chorus: Ty Dolla $ign]
We began after the storm inside
Lay the land (Ah), it’s just the morning light

(サビ:タイ・ダラー・サイン)
心に嵐が吹き荒れた後,僕らは始めた
土地をおこし(アー),朝の光が差した

(対訳:Jun Nishihara)

カニエ・ウェストのニューアルバム『Jesus Is King』より,楽曲③対訳「Follow God」。

楽曲③「Follow God」対訳

EHYMUCCU4AExxvF

[Intro]
Father, I stretch
Stretch my hands to you

(イントロ)
神よ,私は伸ばす
両手をあなたのもとに

[Verse]
Lifelike, this is what your life like, try to live your life right
People really know you, push your buttons like type write
This is like a movie, but it’s really very lifelike
Every single night, right, every single fight, right?
I was looking at the ‘Gram and I don’t even like likes
I was screamin’ at my Dad, he told me, “It ain’t Christ-like”
I was screamin’ at the referee just like Mike
Lookin’ for a bright light, Sigel, what your life like

(ヴァース)
生き写し,これがあんたの生き様,じぶんの人生,ちゃんと生きんだぜ
世間に見られる人生,いちいちバチバチ撮られて,書かれる人生
まるで映画だろ,だがな,ほんとのところは,生身の人間の人生
かかさず毎晩,そうだろ,かかさず毎対戦,だってそうだろ?
こないだインスタ見てた,もはや「いいね」が良くねえんだ
パパに怒鳴り声挙げてた,こう言われた「キリストらしくねえな」
レフリーに怒鳴り声挙げてた,まるでマイク・タイソンだろ
まばゆいスポットライトを求めてた,シーゲル※(註),どんな生き様してんだ
※(註):ビーニー・シーゲルのデビューアルバム収録の楽曲「What Your Life Like」言及

Riding on a white bike, feeling like excite bike (Stretch my hands to you)
Pressin’ on the gas, supernova for a night light
Screamin’ at my dad and he told me, “It ain’t Christ-like”
But nobody never tell you when you’re being like Christ
Only ever seein’ me only when they needin’ me
Like if Tyler Perry made a movie for BET
Searchin’ for a deity, now you wanna see it free
Now you wanna see if we, let’s just see if three a piece
Tell me what your life like, turn it down, a bright light

白いバイクに乗り,気分はエキサイトバイク(あなたに両手を伸ばす)
アクセルを踏んづけ,夜空にまばゆく輝く超新星
パパに怒鳴り声挙げてた,こう言われた「キリストらしくねえな」
だがキリストらしくやった時には,誰にも「キリストらしい」なんて言われねえ
必要なときにしか神と話そうと思わない
タイラー・ペリーがBETネットワークで映画を撮るように
神の存在をさがしてる,カネも払わず見つけようとしている
次は俺らがやってけるかどうか,それを試そうとしてる
どんな生き様してんだ,ライトを落とせ,まばゆいライト

Drivin’ with my dad, and he told me, “It ain’t Christ-like” (Stretch my hands to you)
I’m just tryna find, l’ve been lookin’ for a new way
I’m just really tryin’ not to really do the fool way
I don’t have a cool way, bein’ on my best, though
Block ’em on the text though, nothin’ else next though
Not another word, letter, picture, or a decimal (Father, I stretch)
Wrestlin’ with God, I don’t really want to wrestle
Man, it’s really lifelike, everything in my life (Stretch my hands to you)
Arguing with my dad, and he said, “It ain’t Christ-like”

パパとドライブしてた,こう言われた「キリストらしくねえな」(あなたに両手を伸ばす)
みっけようとしてる,新しいやり方を探してる
馬鹿な目だけには合いたくない,どうしてもそれだけは避けようとしてる
クールにはなれねえかもしれねえ,でもベストは尽くしてる
SMSでブロックして,後のことなんて何も考えず
もうたくさんだ,言葉,レター,写真,そして小数点(神よ,伸ばす)
神との格闘,もう格闘はしたくない
メーン,これが生き様だ,これが俺の人生だ(両手をあなたに伸ばす)
パパと口喧嘩して,こう言われた「キリストらしくねえな」

[Outro]
Man
You know, it’s like
Somebody only close who can get you, like, off your
I be on my
I woke up this morning, I said my prayers
I’m all good, then I tried to talk to my dad (Stretch my hands to you)
Give him some advice, he starts spazzin’ on me
I start spazzin’ back, He said “That ain’t Christ-like”
I said, “Aaah”

(アウトロ)
メーン
そういうもんだろ
身近でいる人しか,ほんとのあんたのことを
そういう気になんだ
今朝,起きて,祈りを捧げた
爽快な気分だった,で,パパに話そうとした(神よ,両手をあなに伸ばす)
俺なりのアドバイスをしてあげた,すると逆キレされた
じゃあ俺もキレるよ,こう言われた「キリストらしくねえな」
こう返した「アァァー!」

(対訳:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト“Sunday Service”まとめ(つづき:9月1日,9月8日,9月15日開催分) あと,黒人の「揺れ」について。

カニエ・ウェスト軍団が毎週日曜日に開催する“Sunday Service”(日曜のミサ)ゴスペルを今年初の日曜日から欠かさずアップしてきました。カニエ・ウェストのこのサンデー・サーヴィスは初回分からかなりの盛り上がりを見せてきましたが,ここへ来て,アメリカ全土の主要都市を回り始めております。今までは,主にカリフォルニア州カラバサス(カニエの豪邸近隣)で実施されてきましたが,カラバサス市を飛び出します。ついに8日,15日にはカリフォルニア州さえも出ます。

9月1日(日):カリフォルニア州ワッツ市(歴史的黒人コミュニティが集まる市街)

9月8日(日):カニエの生まれ故郷であるイリノイ州シカゴ市

9月15日(日):ジョージア州アトランタ市(←これまでのSunday Serviceとは,確実に異なっております。ミニコンサートと呼んでもよいほど,本格的になってきました。この観客(audience)の数はこれまでとは確実に違います。4月のイースター祭の日に開かれた特別な“Kanye West’s Easter Sunday Service”を除いては。)
※特に下記映像0:44秒から始まる観客側にいる複数メンバーが同時に揺れる映像は,これはこのブログで今までも何度も買いてきましたが,これこそが「奴隷時代を経た先祖の血が入った黒人にしかできないリズム感とともに“体のうねり”」ですね。しかも一人でやっているのではなく,一人一人各人のうねりが合わさって,映像2:41からの爆発力ある黒人の女性も含めたバワーとエネルギーは物凄いものです。これに近いものをこの人たちは毎週日曜日にやってきているのですから,この継続するエネルギーもすぐれています。何度も何度もこれでもかと突き続ける,といいますか,揺れ続けるエネルギーは圧巻です。そしてその上にさらに声!メンバーの中には白人もちらっといますが,この黒人の揺れに付いていけるでしょうか。たとえば下記映像7:28の箇所で,まわりの黒人は揺れていますが,真ん中にポツンと映る白人は静止していたり。これはもう体の作りというか,魂の熱(=体温)の違いであるから,もうしょーがない!黒人が揺れていて,白人が揺れていないなんて,もうこの子は責められない。「揺れる」はもうこのブログのキーワードでもあります。下記映像17:29からはウケのいい曲「Father Stretch My Hands」も鳴り始めます。映像タイムライン18:16からの黒人たちの「揺れ」もまことに見事です。映像タイムライン20:45からの黒人の手拍子(clapping)と揺れも,まさにこの映像の真骨頂です。

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト対訳「Real Friends」ヴァース1(アルバム『The Life of Pablo』楽曲12)

https___images.genius.com_8081e8ac10f2d6d81e23afa8b750152f.750x750x1
(上記写真はカニエ・ウェストが楽曲「Real Friends」をリリースした時のオリジナル・ジャケ。この曲は,人間関係の深くドロドロした暗黒の部分をエグり出すように描かれた楽曲。)

Kanye West feat. Ty Dolla $ign – “Real Friends” (Verse 1)
カニエ・ウェスト feat. タイ・ダラー・サイン「リアル・フレンズ」(ヴァース1対訳)

[Verse 1: Kanye West]
Real friends, how many of us?
How many of us, how many jealous? Real friends
It’s not many of us, we smile at each other
But how many honest? Trust issues
Switched up the number, I can’t be bothered
I cannot blame you for havin’ an angle
I ain’t got no issues, I’m just doin’ my thing
Hope you’re doin’ your thing, too
I’m a deadbeat cousin, I hate family reunions
Fuck the church up by drinkin’ at the communion
Spillin’ free wine, now my tux is ruined
In town for a day, what the fuck we doin’?
Who your real friends? We all came from the bottom
I’m always blamin’ you, but what’s sad, you not the problem
Damn I forgot to call her, shit I thought it was Thursday
Why you wait a week to call my phone in the first place?
When was the last time I remembered a birthday?
When was the last time I wasn’t in a hurry?

(ヴァース1:カニエ・ウェスト)
リアルな仲間,どれだけいる?
こん中で,嫉妬し合ってるのもいる,リアルな仲間
ほんの少しだろう,互いに笑顔は振る舞うが
「リアル」と呼べるヤツは少ない,信じれるかどうか
電話番号変更した,人との付き合いにうんざりしてた
肚黒い動機,君のせいじゃない
人のせいにしたくない,俺は俺で,いろいろやることあるからさ
あんたも自分の人生,思う存分生きればいい
俺はいわゆる親族の恥さらし,親戚との集まりが大キライだった
教会の聖餐式では,酒呑んで酔っ払ってた
タダ同然のワインをこぼして,俺のタキシードは台無し
街で過ごす一泊,何やらかしてやろうか
リアルな仲間,どこにいる? 全員俺らは,どん底から這い上がった
俺はいつもおまえのせいにしてばっか,でも悲しいかな,ホントはおまえのせいじゃない
クソッ,彼女に電話するの忘れた,まだ木曜かと思ってた
だってさ,俺に電話かけ直してくんのに,どうして1週間もかかるのさ
人の誕生日のことなんて,しばらく考えていなかったな
ここずっと俺バタバタしてて,しばらくひと息ついてなかったな

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

Nasは現代ヒップホップの原点である。

61760258_119021232674635_2998363044366335932_n

昨日(米国時間では本日),Nas(ナズ)が『The Lost Tapes 2』をリリースしました。

時をさかのぼり,2002年のニューヨーク。
マンハッタンの街角(ストリート)で売られていた『The Lost Tapes』のミックステープを5ドルで購入し,SONYのポータブルCDプレイヤーで以下の曲をかける。

このNasのフローとビートの流れを聴くと,いまだに当時を思い出す。

曲の冒頭で,イントロが終わるのを待たずに,ラップを開始するNasのスタイル。そしてビートに飲み込まれず,むしろ,ビートをラップ側に寄せていくというNasのフロー。

ラッパーの中には「ビートに飲み込まれたようなラップをする」ものがいる。
しかしNasのスタイルはまったくそれとは異なり,「Nasのタイミングでビートに乗っかり,Nasのタイミングでビートから降りる」という,素人のビートメーカーとしてはいつNasがラップを始めるかも,ラップを止めるかも予想がつかない。まったくの即興めいたラップをやってのけている。

もう1曲,オリジナルの『The Lost Tapes』から,この曲を掲載しておきます。

ヒップホップ界で最も偉大なるオモテのアルバムがNasの『Illmatic(イルマティック)』(1994年)であるならば,Nasのこの『The Lost Tapes』(2002年)は,最も偉大なるウラのアルバム(もしくはミックステープ)と呼ぶことができる。

そして2019年7月19日,あれから17年の時を経て,『The Lost Tapes 2』がリリースされた。

17年の時を経ているのにもかかわらず,Nasのフローがまったく衰えていないことは特筆に値することである。

そしてこんなことは言いたくないが,「これこそがNYのフロー」という懐かしい気持ちをも思い起こさせてくれるし,おまけに「これこそが現代が忘れかけているラップだ」という今の若き世代のラッパーどもの背筋を伸ばしてくれるような,いわゆる「王道のラップ」がこのアルバムに収録されている。

最近のへなちょこなラップで満足していてはいけない。

今こそ昨日リリースされたばかりのNas『The Lost Tapes 2』を聴いて,「王道のラップ」を思い出すべきだ。

ラップが来た道を思い出せないのであれば,あんたらのやってるそれは「ヒップホップ」じゃない。

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト対訳「Waves」全ヴァース訳(アルバム『The Life of Pablo』楽曲⑩)

square-1428088704-1428011167-77988621
(上記写真はビヨンセ(左)とクリス・ブラウン(右)。クリス・ブラウンは以下楽曲「Waves」でカニエ・ウェストとコラボレーションしました。)

Kanye West feat. Chris Brown, Kid Cudi & Chance the Rapper – “Waves”
カニエ・ウェスト feat. クリス・ブラウン,キッド・カディ&チャンス・ザ・ラッパー「Waves」(全ヴァース訳)

[Intro]
Turn me up!

(イントロ)
音アゲてくれ!

[Verse 1: Kanye West]
Step up in this bitch like (turn me up!)
I’m the one your bitch like
Yeah I’m the one your bitch like (turn me up!)
And I be talkin’ shit like
I ain’t scared to lose a fistfight (turn me up!)
And she grabbin’ on my **** like
She wanna see if it’ll fit right (turn me up!)
That’s just the wave

(ヴァース1:カニエ・ウェスト)
シーンにスキップして入ってきた(アゲてくれ!)
おまえの彼女が惚れてる男
そうさ,俺は,おまえの彼女が惚れてる男(アゲてくれ!)
おまけに,こんなくっだらねえことほざいて
「コブシの喧嘩に負けるのは怖くねえ!」(アゲてくれ!)
女は俺の股間をがっつり掴んで
試してんのさ,すっぽり入るかどうか(アゲてくれ!)
それが「ウェーブ」ってもんさ

[Chorus: Chris Brown & Chance The Rapper]
(Yeah) Waves don’t die
Let me crash here for the moment, yeah
I don’t need to own it
No lie
Waves don’t die, baby
Let me crash here for a moment
Baby, I don’t, I don’t need to own you
(Yeah, yeah, yeah, yeah) (turn me up!)

(サビ:クリス・ブラウン&チャンス・ザ・ラッパー)
(そうさ)ウェーブは死なない
しばらくここで,波打たせてくれるかい,イヤー
永遠を求めているわけじゃない
ほんとうさ
ウェーブは死なないよ,ベイビー
しばらくここで,波打たせてくれるかい
ベイビー,俺は君と,永遠を求めているわけじゃない
(イヤー,イヤー,イヤー,イヤー)(アゲてくれ!)

[Verse 2: Kanye West]
Sun don’t shine in the shade, ugh (turn me up!)
Bird can’t fly in a cage, ugh (turn me up!)
Even when somebody go away (turn me up!)
The feelings don’t really go away
That’s just the wave

(ヴァース2:カニエ・ウェスト)
日陰に太陽は当たらない,アッ!(アゲてくれ!)
鳥はケージの中じゃ飛び立てない,アッ!(アゲてくれ!)
たとえ去る人がいたとしても(アゲてくれ!)
気持ちまで去っていくことはない
それが「ウェーブ」ってもんさ

[Chorus: Chris Brown & Chance The Rapper]
(Yeah) Waves don’t die
Let me crash here for the moment
I don’t need to own it
No lie
Waves don’t die, baby
Let me crash here for a moment
Baby, I don’t, I don’t need to own you
(Yeah, yeah, yeah, yeah)

(サビ:クリス・ブラウン&チャンス・ザ・ラッパー)
(イヤー)ウェーブは死なない
しばらくここで,波打たせてくれるかい
一生モノじゃなくたっていい
ほんとうさ
ウェーブは死なないよ,ベイビー
しばらくここで,波打たせてくれるかい
ベイビー,俺は君と,永遠を求めているわけじゃない
(イヤー,イヤー,イヤー,イヤー)

[Bridge: Chris Brown]
No lie
No lie
No lie
You set the night on fire
I’m still gon’ be here in the morning
No lie

(ブリッジ:クリス・ブラウン)
ほんとうさ
ほんとうさ
ほんとうさ
君が夜を燃え上がらせてくれる
僕はここにいるよ,朝までね
ほんとうさ

[Interlude: Kid Cudi & Kanye West]
Humming

(インタールード:キッド・カディ&カニエ・ウェスト)
“ハモり”

[Outro: Chris Brown]
No lie
Ooh baby, ooh baby, ooh yeah
You set the night on fire
I’m still gon’ be here in the morning
No lie

(アウトロ:クリス・ブラウン)
ほんとうさ
ウゥベイビー,ウゥベイビー,ウゥイヤー
君が夜を燃え上がらせてくれる
僕はここにいるよ,朝までね
ほんとうさ

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト対訳「Waves」ヴァース2(アルバム『The Life of Pablo』楽曲⑩)

justin-bieber-support-chris-brown-backlash
(写真はジャスティン・ビーバー(左)とクリス・ブラウン(右)。クリス・ブラウンは,以下楽曲「Waves」でカニエ・ウェストとコラボレーションしました。)

Kanye West feat. Chris Brown – “Waves” (Verse 2)
カニエ・ウェスト feat. クリス・ブラウン「Waves』(ヴァース2対訳)

[Verse 2: Kanye West]
Sun don’t shine in the shade, ugh (turn me up!)
Bird can’t fly in a cage, ugh (turn me up!)
Even when somebody go away (turn me up!)
The feelings don’t really go away
That’s just the wave

(ヴァース2:カニエ・ウェスト)
日陰に太陽は当たらない,アッ!(アゲてくれ!)
鳥はケージの中じゃ飛び立てない,アッ!(アゲてくれ!)
たとえ去る人がいたとしても(アゲてくれ!)
気持ちまで去っていくことはない
それが「ウェーブ」ってもんさ

エミネムのラップ術に学ぶ(その②:教材はロジックの楽曲「Homicide」)

前回は,エミネムのラップ術について,1.アクセントの場所を入れ替えるワザを取り上げました。
本日はその②として,以下のとおり説明していきます。

2.次から次へと連打のように繰り出す韻踏み

まずは以下のヴァースをご覧下さい。

Big bills like a platypus
A caterpillar’s comin’ to get the cannabis
I’m lookin’ for the smoke but you motherfuckers are scatterin’
Batterin’ everything and I’ve had it with the inadequate
Man, I can see my dick is standin’ stiff as a mannequin
And I’m bringin’ the bandana back, and the fuckin’ headband again
A handkerchief and I’m thinkin’ of bringin’ the fuckin’ fingerless gloves back
And not giving a singular fuck, like fuck rap

上記の赤文字で反転している箇所の特に下線を引いているシラブルは韻を踏んでおり,これをまるでエミネムは連打するかのように,次から次へをスピットしています。

この部分を音声で聴いてみましょう。
以下のタイムライン,2:49〜3:02の部分です。

ものの13秒で以上のヴァースをスピットするのも驚くべきことではありますが,それ以上に注目すべきは「韻踏みを1秒に1回以上繰り出しているということ」です。13秒のうちに14回韻を踏んでいますので,その計算になります。

3.息の長さ

これは言うまでもないことですが,上記のヴァースにしても,ひと息でラップをやり遂げています。最後の「fuck rap」という箇所で息継ぎをして,その後の「I sound like a fuckin’ millionaire」のくだりへと進んでいます。

息継ぎはリセットです。たとえ,へとへとになっていたとしても,エミネムはこんなことないでしょうが,ぐだぐだのラップになっていたとしても,息継ぎの箇所で一旦持ち直して,心機一転,新たな心持ちで,その後に進めていけるようになります。

息継ぎをどこでするかという大切さはあります。ラップは息継ぎの場所で決まります。むかしから思っていたのは,ジェイZ(Jay-Z)は息継ぎがとてもうまい人だな〜と思って聴いておりました。しかも息をしているということが判らないように,「息の音」をひそめている。ラッパーによっては,「スーッ」とはっきりと息継ぎをしていることが聞こえる人もいますが,ジェイZはむかしから聞こえなかった。自分でもラップしてみると必ず,「スーッ」とやってしまうのですが,慣れてくると,「息の音」をひそめて息継ぎをすることができるようになってきます。意識をするかしないか,という要素もあります。「スーッ」と聞こえるように息継ぎするのが悪いというわけでもないです。ラップは芸術ですから,どちらが正解ということはないですが,おそらく息の音を聞かせると,敵に心の内を読まれてしまうキケンがあるので,下積み時代をハスラーとして過ごしたジェイZは,人に心の内を読まれないようにするため,自然に息の音を消すことを身につけていったのかもしれません。それが彼のラップに顕在していた,と言えるかもしれません。

(文責:Jun Nishihara)