2020年総まとめ“R&B版”:第30位〜第1位まで 

2020年の総まとめとして,HIP-HOP版は前回お届けいたしましたが,2020年R&B版を第30位〜第1位として,以下リンクでおさらいしておきます。

2020年総まとめ“R&B版”:第30位〜第1位まで

(文責:Jun Nishihara)

第30位〜第1位まで総まとめ:2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30

昨年2020年に最も活躍したHip-Hopアーティスト及びHip-Hopの名曲と名場面をおさらいしておきます。昨年11月末から12月,そして2021年3月にかけて,この企画を開催いたしました。

第30位〜第1位までをおさらいしておきます。
件名をクリックするとそれぞれのページに飛ぶことができます。

第30位:DaBabyのアルバム『BLAME IT ON BABY』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第29位:Lil Uzi Vertのアルバム『Eternal Atake』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第28位:A Boogie wit da Hoodieのアルバム『Artist 2.0』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第27位:Jadakissのアルバム『Ignatius』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第26位:Rick Ross vs. 2 Chainz(ヴァーサス・バトル)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第25位:Thundercatの2020年アルバム『It Is What It Is』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第24位:2020年大活躍若手ラッパー5名大放出。ロディー・リッチ,リル・ベイビー,リル・ダーク,NLE・チョッパー,そしてYoungBoy Never Broke Again。(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第23位:サウス出身の新人ワル女ラッパー=Mulatto(ムラート)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第22位:黒人女性シンガーの“comeback story”:2020年R&B界へ復帰したJazmine Sullivan (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第21位:歌モノ・リリカル,どちらも揃ったミックステープ『No Ceilings 3』をリリースしたリル・ウェイン (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第20位:ジャングルプッシーのニューアルバム『JP4』 (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第19位:まさに1年中Poppin(大ウケ)し続けたジャック・ハーロウの「What’s Poppin」 (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第18位:バスタ・ライムスの新盤ニューアルバム『Extinction Level Event 2: The Wrath of God』の破壊力について (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第17位:ジャンルを超越したマック・ミラーの遺作アルバム『Circles』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第16位:この時代にこのフローで勝負するコンウェイ・ザ・マシーンのアルバム『From King To A GOD』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第15位:現代の米HIP-HOP界に革命を引き起こし始めていた中で亡くなったポップ・スモーク(Pop Smoke)の名作『Shoot for the Stars, Aim for the Moon』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第14位:CHIKAというの名のラッパーによる本年リリースされた『Industry Games』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第13位:道に迷った時に聴くべきNasのアルバム『King’s Disease』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第12位:Big Seanのアルバム『Detroit 2』より2020年イチのフリースタイル曲「Friday Night Cypher」(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第11位:ブラック・ムスリムとして多彩なる宗教心を反映させた特異なアルバム『A Written Testimony』をリリースしたJay Electronica (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第10位:隔離(Quarantine)期間中でのカニエ・ウェスト率いる“Sunday Service Choir” (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第9位:2020年米XXL誌フレッシュマン・サイファー(ラップ・フリースタイル)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第8位:コロナ禍であるため,自宅から配信されたNPR主催“Tiny Desk (Home) Concert” (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第7位:今となってはHip-Hop及びR&Bアーティスト対決の鉄板の「場」となった“Verzuz Battle” (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第6位:Run the Jewelsが2020年にリリースしたアルバム『RTJ4』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第5位:NETFLIXラップ・バトル番組『リズム+フロー』で優勝したD・スモーク (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第4位:コロナ禍からBLM運動まで (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第3位:米BETテレビ局で放送された番組『ラフ・ライダーズ・クロニクル』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第2位:Freddie Gibbs + Alchemistのコラボ作『Alfredo』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第1位に行く前に,2020年リリースされた特別な楽曲について。

第1位:2020年冒頭から終盤まで,いやいや,いまだに終わらないMegan Thee Stallionの活躍ぶり! (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第1位のおまけ:メーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)の魅力,続く。

(文責及びキュレーティング:Jun Nishihara)

第13位:道に迷った時に聴くべきNasのアルバム『King’s Disease』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

Nasの音楽は,道に迷った時に聴くべき原点である。
2020年8月にリリースされたアルバム『King’s Disease』は,新しくも旧い原点を示してくれている。

Nasはわれわれに,「あんたらが道に迷った時に聴ける音楽として,こんだけありますよ。こん中から,いまのあんたの境涯・苦境に合う曲を数曲セレクトして,それを聴けばいい。」という選択肢を大風呂敷を広げて,提供してくれている。

まさに,名曲の宝庫をわれわれの目の前に広げてくれていて,そこから今の自分に合った曲を選べばいいという,なんという贅沢。こんなことが出来るのは,Nasが1994年にデビューしてから,26年間という(もはや歴史上人物にさえもなりうるような)年月をかけてリリースしてきた数々の名曲があるからこそである。

そして2020年8月にリリースされた『King’s Disease』は,そのコレクションにまたもや選択肢を増やしてくれる(さらに目移りさせられてしまう要因となる)ディスクなのである。

そしてNasのカッコ良さについては,こちらのページを読んでいただければと思う。

2020年の第13位は文句無しのNasである。

そして,1月22日(金)に以下のミュージックビデオをリリースした。「27 Summers」とはその名のとおり「夏を27回経てきた」ということ,つまり,27年間,現役でやってきたということ(夏を制するとはその年のヒットを飛ばすということ)。

このビデオ,勢いだけは誰にも負けないDJ Khaledを迎えて,その勢いとは真逆に位置する安定感の塊のようなNasと組んで.ある意味,壮大なる楽曲である。

(文責:Jun Nishihara)

第18位:バスタ・ライムスの新盤ニューアルバム『Extinction Level Event 2: The Wrath of God』の破壊力について (2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

2020年に出たHIP-HOP名曲名場面の第18位を飾るのはバスタ・ライムス(Busta Rhymes)の新盤ニューアルバム『Extinction Level Event 2: The Wrath of God』です。このアルバムが誇る破壊力についてはこちらに掲載いたしましたのでご参照ください。

2020年米R&B名曲第30位〜第1位発表!これだけ押さえとけば2021年のR&Bもよく見える。

どうもJun Nishiharaです。
お約束どおり,(日本時間)大晦日の夜8時になりましたので,2020年に世に出た米R&B楽曲について「第30位〜第1位」の発表をいたします。

明年2021年も,まだこの勢いは続きますので,とりあえずは現時点で,2020年に産声をあげた名曲30曲を集めました。第30位から第1位までを,以下発表いたします。

第30位:EARTHGANG feat. Wale – 「Options」
J.Coleのレーベル=Dreamville Records所属のイマ売れまくりのR&B及びラッパー軍団であるEARTHGANGより,12月18日にリリースされた楽曲。

 

第29位:Snoh Aalegra – 「Whoa」
ドレイクが2017年にリリースしたミックステープならぬアルバム『More Life』でフィーチャーされて一躍有名になったSnoh Aalegraの曲。今年2020年はSnoh Aalegraが大活躍した年でもありました。

 

第28位:Layton Greene – 「Chosen One」
昨年2019年にデビューを果たした若手R&Bの星。2020年12月18日リリースの楽曲です。

 

第27位:SiR feat. Boogie – 「Rapper Weed」
ケンドリック・ラマーの同胞=SiRより,本年リリースされた楽曲です。

 

第26位:Trey Songz feat. Summer Walker – 「Back Home」
ベテランR&Bアーティストであるトレイ・ソングスより。新型コロナウイルス感染拡大の影響による“STAY HOME”をテーマとした,まさにその名のタイトル「Back Home」なる楽曲です。楽曲冒頭の元ネタ分かります? 何を隠そう,Cam’Ronの「Oh Boy!」ですよ(笑)。ナツい! もっと上位でも良かった? そう,良かったね。(笑)でもこれよりもさらに良い曲が今年はリリースされまくったので,断腸の思いで26位になりました。

 

第25位:Bryson Tiller – 「Right My Wrongs」
この曲については,5年の時を経てヴィジュアルをリリースしたBryson Tiller。で取り上げました。正確に言うと「今年」リリースされた曲ではないですが,Bryson Tiller自身がこの曲がリリースされてから5年ぶりである本年に,再リリースするとして「旧く新しい楽曲」としてここに掲載いたします。MVは今年撮影された,全く新しい映像です。

 

第24位:K CAMP feat. Jacquees – 「What’s On Your Mind」
2015年にデビューアルバムをリリースしてから5年後の今年,アルバム『Kiss Five』をリリースしたK CAMPより,本楽曲が第24位を獲得。

 

第23位:Eric Bellinger – 「One Thing Missing」

 

第22位:Jacquees feat. Chris Brown – 「Put In Work」

 

第21位:Mario – 「Pretty Mouth Magick」

 

第20位:Jessie Reyez feat. EMINEM – 「Coffin」

 

第19位:Usher – 「I Cry」

 

第18位:Ty Dolla $ign – 「Slow It Down」

 

第17位:Queen Naija feat. Mod da God – 「More Love」
来ました!クイーン・ナイジャのファンの皆さま,お待たせしました。ようやくクイーン・ナイジャが来て,いよいよテンション上がってきました。

 

第16位:Ne-Yo & Jeremih – 「U 2 Luv」
Ne-Yo復活!なかなか素敵な曲を制作してくれました。

 

第15位:Col3trane feat. Mahalia – 「Pretty」
Col3traneはノース・ロンドン出身の若手アーティスト。同じく英国出身のMahalia(マヘリア)と組みました。

 

第14位:Chris Brown feat. Young Thug – 「Go Crazy」
この曲,爆音で鳴らして,アメリカ中の若者たちが隔離期間(quarantine period)中もテンション上げまくりの2020年でした。

 

第13位:Giveon feat. Snoh Aalegra – 「Last Time」
サンファじゃないですよ,ギヴィオン(Giveon)ですよ。本年2020年,ドレイクの楽曲「Chicago Freestyle」にフィーチャーされて一躍有名となりました。

 

第12位:Kelly Rowland – 「Hitman」
出ました!ケリー・ローランド姉さん。待望のシングル曲「COFFEE」とともに,2020年にデスチャファンたちを「もうすぐアルバム来るんでないか」とワクワクさせてくれました。

 

第11位:SZA feat. Ty Dolla $ign – 「Hit Different」

 

第10位:Jazmine Sullivan – 「Pick Up Your Feelings」
ジャスミンについては,こちらで取り上げましたので,ご参考にされてください。

 

第9位:Savannah Cristina – 「Self Care」

 

第8位:Rayana Jay feat. City James – 「Made For」

 

第7位:Alicia Keys feat. Snoh Aalegra – 「You Save Me」

 

第6位:Summer Walker feat. Usher Session 32 / Come Thru
これは,米BET局で放映された2020年アワード賞でのライヴ・パフォーマンス模様です。大元の原曲を作ったアッシャー(Usher)自身登場します。

 

第5位:Usher feat. Lil Jon & Ludacris – 「SexBeat」
いやぁ,これは,コアなファンにとっては喜びの極み!16年ぶりですよ!このスリー・コンビが戻ってくるなんて!!!!!!2004年リリースの「Lovers & Friends」以来!リュダのラップ節もまったく衰えていない。この3人とも誰一人としてヴォコーダー(オートチューン)を使用していない。いやぁ,今年2020年にリリースされた全く新しい曲なのに,なぜにここまでなつかしく感じられるのか!

 

第4位:Chloe & Halle – 「Do It」
2020年は「Do It」があらゆる場所で流れていました。NYのモールに行っても,ラジオを流しても,MTV否BETでも。2020年に最も活躍したR&Bデュオであると断言できるでしょう。Chloe & Halle(クロイ&ハリー)です。

ちなみに先日12月8日発表のNPR Tiny Desk (Home Edition)にも登場しました。

 

第3位:Toni Braxton feat. H.E.R. – 「Gotta Move On」
大ベテランのトニー・ブラクストン(Toni Braxton)が戻ってきました。もう彼女の存在は,ソウル・ミュージックの歴史において非常に重要であり,とくに若手がひしめく2020年のR&B界にとって彼女の存在は欠かせない,大切です。若手だけではやはり,どこかで風に吹かれていってしまう。トニーのように重鎮はこういったベストリストに必ず必要です。

 

第2位:Teyana Taylor feat. Lauryn Hill – 「We Got Love」
今年もやってくれました。ある意味,この若さでベテランの域に達しているかのような貫禄があるティアナ・テイラー(Teyana Taylor)。あのローリン・ヒル(Lauryn Hill)をよくフィーチャリング・アーティストとして起用できたなぁと感心してばかりはいられない。この曲を聴いて,2020年の大晦日を踊って過ごして,2021年をそのまんま踊ったまんま,明けてくれぃ!

 

第1位:H.E.R. – 「Damage」
意外でした。こんなに素晴らしい曲がまだ彼女の楽曲ヴォルトに残っていたとは。出しても出しても,まだまだ溢れ出す才能。その溢れ出てきたのが本楽曲「Damage」でした。2019年にグラミー賞受賞したのは記憶に新しいですが,グラミー賞を受賞したことで「終わらない」のが,彼女(H.E.R.)の尽きぬ才能の源泉の証であると言えるでしょう。

さて,2020年,まもなく終わりますが,コロナ禍でも,ここまで素晴らしいR&B楽曲が生まれた年でもありました。

皆さん,今年も当ページにお越しいただきまして,ありがとうございました。
明年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは,良いお年を〜。
Happy Holidays!
and… Happy New Year!

(文責:Jun Nishihara)

【2020年米R&B第30位〜第1位発表!】2020年大晦日!当サイト(本ページ)で,2020年に出たR&B名曲第30位〜第1位の発表をします。

本日,2020年大晦日12月31日,日本時間の夜8時に,当サイト(本ページ)で,「2020年にリリースされたR&B名曲第30位〜第1位」を発表いたします。

日本では紅白歌合戦が始まる時間ですが,紅白歌合戦は横目に,R&B好きの方はこちらへどうぞ!

R&B好きの方にとっては「なんでこの曲が10位?!」「なんであの曲が30位?!」などとツッコみどころ満載なものになるかもしれませんが,まさにそうやってツッコんでもらいながら,見ていただければと思います。

第1位の座を獲得するのは,どのアーティストか,そしてどの曲か。

乞うご期待!

第23位:サウス出身の新人ワル女ラッパー=Mulatto(ムラート)(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

2020年にラップ界のメインストリームにその名をとどろかせた女子ラッパーの一人としてMulatto(ムラート)を第23位に取り上げたい。

彼女(本名:アリッサ・ミッシェル・スティーヴンズ)は米国北東エリア(五大湖エリア)のオハイオ州コロンバス市生まれ。しかし2歳の頃,南部ジョージア州に両親に連れられ移り住み,黒人の父親と白人の母親を持つにもかかわらず,アリッサ自身,皮膚の色が無色であったことから学校でイジメに遭っていたことが理由で,自分のことをその時からムラート(Mulatto)と呼ぶことにし,当初はMiss Mulattoという名でラップを始めた。

ちなみにMulattoというのは,黒人と白人の混血を指す言葉であり,奴隷制度時代には,黒人の血が一滴でも入っていればcolored(有色人種)として扱われ,差別の対象となった。有名人の間ではオバマ大統領もMulattoとして知られる。

その彼女(ムラート)が有名になるキッカケとなったMVを下記に掲載する。

Mulatto feat. Saweetie & Trina – “Bitch From Da Souf”

(文責:Jun Nishihara)

第24位:2020年大活躍若手ラッパー5名大放出。ロディー・リッチ,リル・ベイビー,リル・ダーク,NLE・チョッパー,そしてYoungBoy Never Broke Again。(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

2020年大活躍した若手ラッパー5名につき,それぞれ2曲ずつ以下に紹介するとともに,彼らを本年の第24位といたします。全員2020年にアルバムをリリースしました。(ロディー・リッチについてはアルバム『Please Excuse Me For Being Antisocial』をリリースしたのは2019年12月でしたが,実際全米第1位を獲得したのは今年2020年で,且つ,ラップ・アーティストとして爆発的に売れたのも今年2020年でしたので,今年にランクインすることになりました。)

① ロディー・リッチ(Roddy Ricch)
② リル・ベイビー(Lil Baby)
③ リル・ダーク(Lil Durk)
④ NLE・チョッパー(NLE Choppa)
⑤ ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲン(長!)(YoungBoy Never Broke Again)

昨年2019年に取り上げた大注目若手アーティストには,ダベイビーや大坂なおみの彼氏=YBNコーデーやMegan Thee Stallion(昨年第1位を獲得!)については,以下サイトをご参照願います。

2019年の第11位:イマドキラッパー最前線!若者黒人の間で今年超ハヤったDaBaby,おまけに今覚えておくべき4人のラッパー!(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

2019年の第1位:2019年の夏を制し,遂に1年まるごとヒップホップ界を盛り上げてくれた大・大・大ブレイクアーティスト登場!Megan Thee Stallion! (2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

さて,本年2020年の若手アーティスト5名を以下に掲載いたします。

① ロディー・リッチ(Roddy Ricch)

Roddy Ricch -「High Fashion」

Roddy Ricch -「Trap Symphony with Live Orchestra on audiomack」(ライヴ映像)

② リル・ベイビー(Lil Baby)

Lil Baby -「We Paid」
(この曲にfeat.されている42 Duggという奇妙なラップ節を聴くと,Lil Babyのイマドキのラップでさえ「まとも」に聞こえてくるから不思議。)

Lil Baby -「The Bigger Picture」

③ リル・ダーク(Lil Durk)

リル・ダークに関しては,2020年クリスマス・イヴの12月24日にニューアルバム『The Voice』をリリースしました。

アルバムリリースと同時に12月24日にリル・ダークの公式YouTubeページに掲載された新曲「Still Trappin feat. King Von」は,同日(そしてクリスマスの12月25日)も引き続きYouTube上「#1 ON TRENDING(トレンディング第一位」を記録しております。

下記アルバムジャケにLil Durkと一緒に写っているのは今年11月に亡くなったキング・ヴォン(King Von)です。

Lil Durk -「Stay Down feat. 6lack & Young Thug」

Lil Durk -「3 Headed Goat feat. Lil Baby & Polo G」

④ NLE・チョッパー(NLE Choppa)

NLE Choppa -「Bryson」

NLE Choppa -「Shotta Flow」

⑤ ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲン(YoungBoy Never Broke Again)

YoungBoy Never Broke Again -「All In」

YoungBoy Never Broke Again -「Callin feat. Snoop Dogg」

(文責:Jun Nishihara)

第25位:Thundercatの2020年アルバム『It Is What It Is』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

少々毛色は変わって,ジャズ及びヒップホップの融合をどこまでも突き詰めていくサンダーキャット(Thundercat)の2020年リリースのアルバム『It Is What It Is』を本年重要度第25位としてランクインです。

黒人音楽の歴史上重要なアルバム『Drunk』を2017年にリリースして以来3年の時を経て,今年4月にリリースされた『It Is What It Is』では,変態心丸出しのMVで天才ぶりがぷんぷん匂ったサンダーキャット(Thundercat)のリードシングル曲「Dragonball Durag」は私個人的に大好きな曲なのですが,この「臭さ」にはなんとも言い表しがたい,飽きないエロさが含有されています。

そのMVを以下に掲載し,これを第25位としたいと思います。

(文責:Jun Nishihara)

第27位:Jadakissのアルバム『Ignatius』(2020年Hip-Hop名曲名場面ベスト30)

第30位〜第28位までとはガラッと雰囲気が変わります。

第27位はジェイダキッス(Jadakiss)のアルバム『Ignatius』です。

まー,こちらを聴いてみてください。
この曲を聴くと,ここまで第30位〜第28位のアルバムをつまみ聴きしてきた曲とは,全く種が異なるということが分かると思います。同じHIP-HOPという所謂“ジャンル”にくくられた中にあるかもしれませんが,どれだけ幅が広いものか,わかっていただけると思います。

Jadakiss feat. Pusha T – 「Huntin Season」

90年代にHIP-HOPという言葉がカバーしていた幅の広さと,現在2020年にHIP-HOPという言葉がカバーする幅の広さ,というのは,「広さ」という意味でまず,異なってきています。そして次に異なるのはその言葉が表すものであったり意味するものであったり,定義も異なってきています。しかしながら,何よりも,90年代を生きた人々が「Hip-Hop」と聴いて想像するものと,2020年代に10代や20代を過ごしている現在の若者たちが「Hip-Hop」と聴いて想像するものが,異なってきている,というものは大きいでしょう。

Jadakissの「Hip-Hop」を聴くと,いつもこのように「Hip-Hop世代の変革」を感じます。

まずは聴いてみてください,Jadakissの「ME」を。

この曲からこのセリフ・・・

Never had a wack verse!

ダサいヴァースとは無縁で来たぜ!

直訳すると「イカシていないヴァースなんて1つも書いたことがない」,つまり,これまで俺がスピットしてきたラップに,ダサいヴァースなんて1つもねえよ!

これはJadakissにしか言えない称号。

第27位にするのがもったいないくらいデキの良いアルバム。

も1曲いっときまひょか。

Jadakiss – 「Catch & Release」です。

(文責:Jun Nishihara)