現代の若者黒人文化をリードする人物(続編:レイアナ・ジェイ)

coz1hcmukaak0me.jpg_large_1-e1489962498849

以前,当サイトで「現代の若者黒人文化をリードする人物」として,レイアナ・ジェイを2回に分けて,取り上げました。 1回目はこちらで。 そして,2回目はこちらです。

今回で,彼女を取り上げるのは3回目になりますが,幾つかのライヴ映像等を本日はこのページにまとめて掲載しておきます。彼女の歌声を聴きたくなったら,ここへ戻ってきてください。

① Rayana Jay Presents: Love Me Like Sessions – “Know Names”

② Rayana Jay – “Sunkissed” (@ Sofar NYC)

③ For The Record: Rayana Jay performs “Sleepy Brown” and “Nothing To Talk About”(彼女の初期EPから楽曲「Sleep Brown」と「Nothing To Talk About」の生演奏です。)

④ Rayana Jay at Paramount 2018 Recap

⑤ 2017 Women to Watch: Rayana Jay(2017年注目の「若手女子」としてレイアナ・ジェイが取り上げられました。1993年生まれですので,まだ24歳の頃です。)

⑥ Rayana Jay – “Love Me Like” Trailer

⑦ Rayana Jay – “One More Time”

⑧ Rayana Jay – “Way Back”

⑨ Rayana Jay – “Sleepy Brown”(スリーピー・ブラウンっていうのは昔(いや,今も)米国南部(サウス)のヒップホップ発祥地であるジョージア州アトランタ市で生きた伝説であるアウトキャスト(OutKast)らと共に活躍したラッパーの名前ですね。彼へのオマージュである曲です。特に“What’s cooler than cool?! ICE COLD!”(クールよりクールなことってナニ?!「アイス・コールド!」)っていう超有名なアウトキャストの1行(ワンライン・シャウト)がサンプリング起用されています。)

⑩ Rayana Jay – “it’s you”(2020年5月にリリースされた彼女の新曲です。)

(文責及びキュレーション:Jun Nishihara)

第23位:黒人女性の(それも若者の)代弁者として艶麗な声で歌うわずか20代のRayana Jay。(今年出たHip-Hop名曲名場面ベスト50)

レイアナ・ジェイ(Rayana Jay)については,以前2回に亘って掲載いたしましたので,下記ページをご参照願います。

2018年11月28日
若手アーティストの街角:Rayana Jay – “Sunkissed”

2019年6月19日
現代の若者黒人文化をリードする人物(その①:レイアナ・ジェイ)

レイアナ・ジェイは本年,アルバム『Love Me Like』をリリースし,正式デビューを果たしましたが,上記ページに掲載したとおり,すでに3枚のEPをリリースしております。

その中から,”what’s cooler than cool?! ICE COLD!”(クールよりクールなものは何?!アイス・コールド!)で知られるサウスの生きた伝説的ラップデュオ=OutKastのフレーズをもじった歌詞を起用した楽曲「Sleepy Brown」を掲載しておきます。これはデビュー前の初期の頃のレイアナ・ジェイの歌。これからレイアナは有名になっていくわけですが,「無名時代の曲」というのは,将来,非常に貴重になりますので,じっくり聴いておくべし!!

レイアナ・ジェイ(Rayana Jay)は,いまだにWikipedia(ウィキペディア)には掲載されておりませんが,これからウィキペディアにも載るようになり,COMPLEX等のカルチャー雑誌でも取り上げられるようになり,はたまた,NPRラジオ主催の「Tiny Desk Concert(タイニー・デスク・コンサート)」にも出演するようになるでしょう。レイト・ナイト・ショーの米NBCネットワークtvのThe Tonight Show starring Jimmy Fallonにも!

ひとまずは,来年2020年,レイアナ・ジェイは,NPRの「NPR Music: Tiny Desk Concert」に出ることになるになるのを期待して,本日の第23位を締め括ります。

(文責:Jun Nishihara)

現代の若者黒人文化をリードする人物(その①:レイアナ・ジェイ)

IMG_2524
(上記写真は,2019年4月4日にYouTubeにて生ストリーミングされた番組より。右から2人目がレイアナ・ジェイ。)

新人の女性若手アーティスト=レイアナ・ジェイは,今年でまだ25歳。昨年11月に当サイトでも取り上げました(→こちらです)

これまで3枚のEPを発表し,ついに今年3月22日に初の公式アルバム『Love Me Like』をリリースしました。

いまだにウィキペディアでは取り上げられておりませんが,上記アルバム『Love Me Like』はレイアナにとって人生初の全米ビルボードでチャートインし,冒頭の生ストリーミングでは女友達から「charting queen(チャートの女王)」と呼ばれるようにまでなりました(もちろん誇張していますし,大げさですけれど)。人生初にリリースしたアルバムが,全米ビルボードチャートのR&B部門第25位を達成。メジャーデビューは果たしていないどころか,インディーズのレーベル=EMPIRE RECORDSとの契約であるにもかかわらず,25位というのはアングラでのデビュー作にしてはなかなか良いポジションでしょう。

昨年レイアナ・ジェイについて書いた際に言及いたしましたが,レイアナは,つい最近まで,音楽だけでは食べていけず,アルバイトと兼業をしておりました。それがいつしか,やがて,アルバイトを辞めてもなんとか食べていけるようになり,音楽に専念するためニューヨークへも引っ越しをするようになり,EMPIREレーベルと契約を交わし,ニューヨークのスタジオでレコーディングをし,公式アルバムをリリースして,ついに全米ビルボードにチャートインする,というのをここ3,4年で果たしております。なかなか素敵な声の持ち主である彼女は,(ジャジーなのにジャジーすぎない)現在ヒップホップ界に蔓延る「ウケ」狙いのアーティストが多い中,そんなものたちとは全くかけ離れた,真の音楽的才能(歌手としての堅実な才能)の持ち主であるといえるでしょう。

本年3月にリリースされた『Love Me Like』より,以下の楽曲「Know Names」をご紹介いたします。

「現代の若者黒人文化(young black culture)をリードする人物」にレイアナ・ジェイを選んだ理由は,彼女はカーディBやニッキー・ミナージュのような派手さはまったくないですが,堅実な音楽性という意味では,最近ヒップホップ界に蔓延る「単なるハヤり」や「ウケ」を遥かに凌駕するものを彼女に感じたからです。冒頭の生ライヴストリームでは,レイアナは,1970年代に活躍したテディ・ペンダーグラス(Teddy Pendergrass)という黒人男性歌手についても言及しています。現代の新しいものばかりで固めるのではなく,「古きをたずねる」ということをちゃんとしています。そういった面を持ち合わせている若手アーティストはこれからも必ず伸びていくことでしょう。

昨年も書きましたが,彼女の名前=Rayana Jayの読み方は「レイアナ・ジェイ」です。英語でこれを発音すると,「レイナ」のように「ア」にアクセントを置きます。つまり「ア」を強く発音するのですが,レイアナ自身が経験した,以下のエピソードを紹介いたします。

あなたはスタバ(正式名:Starbucks)で働いていたとします。そこへ,とある黒人女性のお客さんがやってきて,抹茶ラテのトールを注文しました。スタバでは,カップにお客様の名前を書くことになっていますので,あなたは,その女性に尋ねます。「How may I call you?(あなたのお名前は?)」,すると女性はこう答えました「You can call me ‘Rayana(レイナ)’.」と。

さて,それを聞いたあなたは,彼女の名前を英語で,カップにどう書きますか?忘れてはいけないのは,ここはスタバです。まわりはお客様でにぎわっておりますので,けっして静かな場所とは言えません。静かなところで,耳をすまして,「レイアナ」と聞いたわけではなく,まわりで抹茶ラテを作るシェーカーがガガガガガガガーーーー!と鳴って,がちゃがちゃしているところでそのお客さんが「レイアナ」と発音するのを聞いて,あなたはカップにその名前を英語で書かなきゃいけないのです。さて,英語でなんと書きますか?

これは実際に起こったシチュエーションです。レイアナ・ジェイがアトランタ(ジョージア州アトランタ)にあるTrap Museumを観に旅行した際,寄ったスタバで出てきた抹茶ラテのカップにはこう書かれておりました。

「Rihanna(リーナ)」と。

IMG_2517

なお,女性ファッション雑誌(Nylon Mag)で取り上げられた企画「60秒でわかるレイアナ・ジェイ」を掲載しておきます。

最後に,レイアナ・ジェイの最新アルバム『Love Me Like』から楽曲「Know Names」をセッションした映像を掲載しておきます.

(文責:Jun Nishihara)