第1位に輝いた「Meek Mill feat. Rick Ross & JAY-Z – “What’s Free”」ヴァース1の対訳

102313-shows-106-park-meek-mill-french-montana-keyshia-chante-busta-rhymes-dj-khaled-ace-hood-swizz-beats-2

Meek Mill feat. Rick Ross & JAY-Z – “What’s Free”(ヴァース1対訳)

[Verse 1: Rick Ross]
Since a lad, I was cunning, just got a pad out in London
I keep stackin’ my money, I’ll need a ladder by summer
AK shots, niggas duckin’ stray shots
Been a top dog, that’s before the K-Dots
Crackin’ in ’06, immaculate showmanship
Talkin’ like you Mitch, disastrous on the strip
Holdin’ on your bitch, coulda never sold you a brick
With them people, you never been on a list
Mona Lisa to me ain’t nothin’ but a bitch
Hangin’ pictures like niggas swingin’ from his dick
We so different, you thought these didn’t exist
The Megalodon never seen on his wrist
I’m from the South where they never make it this rich
God is the greatest, but Satan been on his shit
Walkin’ the pavement, I pray I’m illuminated
Over a decade and never nobody’s favorite
Pot and kilo go hand in hand like we Gamble and Huff
My amigo, a million grams and we countin’ ’em up
You was dead broke, I let you hold a pack
You paid for it, but I fucked around and stole the track
Screaming “gang gang,” now you wanna rat
Racketeering charges caught him on a tap
Lookin’ for a bond, lawyers wanna tax
Purple hair got them faggots on your back

(ヴァース1:リック・ロス)
ガキの頃から悪知恵働かせ,ロンドンに豪邸買った
カネは金庫にどんどん貯まって,毎年夏にはハシゴを掛けてた
AK銃弾のシャワー,流れ弾をよける生き様
昔からワルのドン(=トップ・ドッグ),ケンドリック(=TDE)のずっと前から
2006年に大ヒット,エンタメの腕前は巧みなショーマン
おまえら,ドラッグディーラーの真似してると,マイアミじゃヤケドするぜ
自分の女をしっかり握っとけ,クラック売りさばいて女ごと奪っちまうぜ
他の連中のように,ヒットリストに載るんじゃねえぜ
モナリザは俺にとっちゃ単なる他人の女
絵画を壁に掛けるごとく,男どもを手先で操る女の様
他の連中とは一味違う
もう絶滅したと思ったろ,巨大ザメのメガロドン,ベナルスのダイバーウォッチ
俺はサウスの出身,サウスで俺ほど儲けたヤツは今までいなかった
神は最も偉大なる存在と言われるが,悪魔(サタン)も捨てたもんじゃねえ
舗道を歩きながら俺は祈った,将来も光り輝いて(イルミナティ)いることを
あれから10年越えのキャリア,誰からも嫌われ役でやってきた
鍋釜とコカ,互いに必要とする関係,ギャンブル&ハフの様
仲間とともに,1tのクラック捌いて,札束数えた
一文無しの野郎にも,1パック捌かせた
犠牲は払ってきた,ふざけあってトラック奪って
叫んだ「ギャング,ギャング」,よう,サツにチクろうとしてんのか
恐喝罪で告発され,ヤツ(=テカシ・シックスナイン)はブタ箱行き
ヤツは保釈金を求め,弁護士は税を課す
ムラサキ色の髪型で,ホモ野郎にタカられてんぜ

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements

第1位「ヴァースのトリはJAY-Z,ビートはThe Notorious B.I.G.,ラップはMeek Mill。その曲名は“What’s Free”。」(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング)

Meek-Mill-and-Jay-Z
(写真左端=ミーク・ミル(Meek Mill),真ん中右寄り=ジェイZ(JAY-Z),右端=DJクルー(DJ Clue))

12月1日から毎日1曲ずつアップしてきた今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキングの第1位を飾るのは・・・

Meek Mill feat. Rick Ross & JAY-Z – “What’s Free” です。

今年は1月のグラミー賞でケンドリックが素晴らしいのを見せてくれて,11月30日にヒップホップのど真ん中を行くミーク・ミルのアルバムがリリースされました。その間には途中,ドレイクやカニエ・ウェストやキッズ・シー・ゴーストやチャイルディッシュ・ガンビーノやエミネムやルーペ・フィアスコ,トラヴィス・スコットやコダック・ブラック,ミーゴスやテカシ69などなどあり,今年は見事なヒップホップに満ちた素晴らしい年でした。R&B界ではエラ・メイ(Ella Mai)のシングル曲「Boo’d Up」やカリード(Khalid)feat.ノーマニ(Normani)のシングル曲「Love Lies」,ジョージャ・スミス(Jorja Smith)の「Blue Lights」,そしてフランク・オーシャン(Frank Ocean)の「Moon River」などがあり,R&BアルバムではビヨンセxジェイZの『EVERYTHING IS LOVE』が出ました。R&Bの曲は今回,このヒップホップランキングでは取り上げておりませんが,R&B界もR&B界で,素晴らしい年でした。

さて,今年第1位を飾った「What’s Free」に話を戻します。

今年はミーク・ミル(Meek Mill)にとって人生が大きく変わる年でした。まず2018年4月24日にようやく刑務所から釈放されました。そこに行くまで,いろいろなことがありました。ミーク・ミルが囚われている(locked up)ムショの前や,故郷のフィラデルフィア(Philadelphia)の裁判所(Criminal Justice Court)の前で,ミーク・ミルをサポートする黒人群衆が集まり「Dreams and Nightmares Intro」を大合唱している映像も流れました。その映像がこれです。

#FreeMeekMillというハッシュタグで,ミーク・ミルの釈放を人々は求めました。その人々にミーク・ミルも御礼しなきゃいけませんね。これだけサポートしてくれた群衆に。

そしてもうひとつ。ドレイク(Drake)とのビーフ(=対立,喧嘩)を今年,全て終わらせました。ミーク・ミルがつい先日12月4日(ジェイZの誕生日)にNYの最大のヒップホップラジオ曲(HOT97)のDJ Funkmaster Flexの番組「Funk Flex Radio」に出演し,ドレイクに「I apologize(ここで謝るよ)」と和解を求めました。これを「ミーク・ミルとドレイクの和解の日」と名付けます(勝手に)。その映像がこれです。(以下映像の3:45からは,ミーク・ミルのフリースタイルが始まります。)

そしてドレイクも,自身のライヴツアーのステージにミーク・ミルを迎えるというファンにとっては最高に嬉しい瞬間を実現してくれました。その映像がこれです。(ミーク・ミルのヴァースをドレイクがマイク無しで口ずさんでいる映像が感慨深いですね。しかし,ドレイクのステージなのに,冒頭でミーク・ミルの曲が聞こえてきたとき,聴衆は戸惑ったでしょうねえ。「あれ?!どうゆーこと?この2人ビーフ中じゃなかったっけ?!」って。)

ライヴツアーといえば,ミーク・ミルは「あのヒップホップの伝説野郎=DMX!」をステージに呼んだこともありました。これです。

DMXの存在はヒップホップにとって,歴史的にかなりたいせつな人物です。彼の音楽は決して死なせないようにしないといけません。

そして最後に,#FreeMeekMillで暴れてくれた野郎たちへ,このビデオを捧げることとして,今年のカウントダウンの幕を閉じます。

皆さま,ここまでお付き合い頂き,ありがとうございました。

Meek Mill – “Dreams & Nightmares (Intro)”

(文責&曲選び:Jun Nishihara)