ここへ来てフューチャー(Future)のアルバム『I NEVER LIKED YOU』がリリース!

5月にニューアルバムをリリース予定のケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)へ告ぐ。
フューチャー(Future)が出したこのアルバム『I NEVER LIKED YOU』を聴いて、慄くが良い。このアルバムを凌ぐことは相当難しいぜよ。

と、若干挑戦的な出だしで始めてみました。

プッシャ・T(Pusha T)のアルバムの次はケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)のアルバムだな、と思っていた諸君。

あいだにフューチャー(Future)がぶち込まれてきました。しかも、今回、クオリティ、かなり高めです。

2曲、掲載しておきます。
この2曲だけでは、アルバム全体の良さが伝わらないかもしれない。
というくらい、質は高いです。

まずは、カニエ・ウェスト(Kanye West)をfeat.したこの楽曲 - 「KEEP IT BURNIN」です。
カニエのヴァースが狂気の沙汰。
何回、set it offいうんやと。
フューチャーのふざけたbankのところとかね。
完全に真剣にラップやってるやつらをあざ笑うが如くの余裕さで恰好良い。

先週金曜日(4/29)にオフィシャルミュージックビデオが出ました。

2曲目は雰囲気がガラッと変わって、バラード系を。
ドレイク(Drake)及び最近ドレイクのアルバム『Certified Lover Boy』でもfeat.されたナイジェリア出身のソウル・シンガー=テムス(Tems)をfeat.した楽曲「WAIT FOR U」です。

Future feat. Drake & Tems – 「WAIT FOR U」

おまけに、調子に乗ってもう1曲。

Future – 「LOVE YOU BETTER」

先日リリースされたPusha Tの『It’s Almost Dry』アルバムとは景色/毛色は全く異なりますが、いずれも、2022年トップ10に余裕で入るというアルバムがはやくも登場してしまいました。

益々、ケンドリックのアルバムが愉しみでなりません。

(文責:Jun Nishihara)

出ました、プッシャ・Tのニューアルバム『It’s Almost Dry』!

1曲目からファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)の怪しげなビートでスピットするプッシャ・T(Pusha T)です。

1曲目:Pusha T (prod. by Pharrell Williams) – “Brambleton”

2曲目も引き続きファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)のイカレたビートでスピットする同じくプッシャ・T(Pusha T)。

2曲目:Pusha T (prod. by Pharrell Williams) – “Let the Smokers Shine the Coupes”

大ボスが出現したシーンでかかりそうな音楽です。なんじゃこれは。

アルバム全体的に、ファレルとカニエのビートで創作されているという、なんとも贅沢な仕上がり。

●ファレル(Pharrell)が手掛けたビートの楽曲番号:1、2、4、8、9、11
●カニエ(Kanye)が手掛けたビートの楽曲番号:3、5、6、7、10、12

全楽曲12曲で構成されているアルバム中、丁度ファレルとカニエで半々(6曲)ずつ手分けしてプロデュースしたアルバムという構成です。

ファレルとカニエの音の違いを聴いてみるだけでもおもしろいアルバムですが、プッシャ・T(Pusha T)が描き出すイメージを想像して聴いてみるのも良いでしょう。

飛んで、こんどはカニエ・ウェスト(Kanye West)制作のビート、12曲目の「I Pray For You」を掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

2022年のNYアンセム、Fivio Foreign x Alicia Keys x Kanye West出る。

2022年のNYアンセムは、まだ2月であるにもかかわらず、早くもこれに決まりです。
ファイヴィオ・フォーリン(Fivio Foreign)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)そしてカニエ・ウェスト(Kanye West)でコラボ作として発表した「City of Gods」。ミュージックビデオは未発表ですので、現時点では音源のみです。

途中、カニエがこう言い放ちます。
おっと、その前に、ファイヴィオがこう言います。
ブルックリン・ドリル(Brooklyn Drill)の威力を世界に知らしめた今は亡きポップ・スモーク(Pop Smoke)へ曲の冒頭でシャウトアウトを捧げます。

Pop was the king of New York, now I’m the nigga in charge
(NYのキングはポップ(・スモーク)だった、俺が後を継ぐ)

そしてカニエは自身のヴァースでこう言います。

Ayy, Fivi, excuse me, but this is the feature of the year
(エィ、ファイヴィ、すまん、これ、今年イチのフィーチャーだわ)

そして、これがその今年イチのフィーチャーです。

Fivio Foreign x Alicia Keys x Kanye West – “City of Gods”

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト、次のアルバム『DONDA 2』が出るとされる2022年2月22日までスマホを使わない宣言。

右腕のマッサージを受けながら、カニエはこう言います。

I don’t have a phone until 2.22.22.
My focus is taking my kids to school and finishing the album.

2022年2月22日までスマホは持たない。
子どもを学校に通わせることと、アルバムを完成させることに集中したいんだ。

第1位:カニエ・ウェスト (YE) のアトランタ及びシカゴでの計3回のリスニング・パーティー,日曜日のサンデー・サービス,ドレイクとのLIVEコンサート,Revolt TV番組「Drink Champs」への出演,Rolling Loud 2021でのフューチャーとの共演,そして,アルバム『DONDA』のリリース(2021年最高のHIP-HOPモーメントBEST 10)

表題のとおりです。
ひとつずつ,挙げていきます。

カニエ・ウェスト(Kanye West)のリスニング・コンサート第1回目 @ アトランタ(7月22日)

カニエ・ウェストのリスニング・コンサート第2回目 @ アトランタ(8月9日)

カニエ・ウェストのリスニング・パーティー第3回目 @ シカゴ(8月26日)

カニエ・ウェスト率いるサンデー・サービス(Sunday Service)(下記の映像は12月26日のもの)

カニエ・ウェスト(Kanye West)及びドレイク(Drake)との共演LIVEコンサート(12月9日)

カニエ・ウェストのREVOLT TV番組「Drink Champs」への出演(第1回目:11月5日)

カニエ・ウェストのREVOLT TV番組「Drink Champs」への出演(第2回目:11月11日)

Rolling Loud 2021でのフューチャー(Future)のステージにカニエ・ウェスト(Kanye West)登場(12月12日)

そしてアルバム『DONDA』リリース(8月29日)

2021年の第1位は,ようやくカニエ・ウェスト(Kanye West)に決まりです。このサイトを始めて,毎年,年末年始にランキングをやってきましたが,2018年:ミーク・ミル(Meek Mill),2019年:メーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion),2020年:2年連続でメーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)でしたが,ようやくカニエが第1位を飾る年がやってきました。

なお,ドレイク(Drake)については,ランキングを開始してから毎年トップ10入りを果たしていましたが,今年ニューアルバム『Certified Lover Boy』をリリースしたにもかかわらず,初めてランクインから外れてしまいました。

2021年も当サイトに来てくださり,ありがとうございました。
本年2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

(文責:Jun Nishihara)

第9位:さらば,Virgil Ablohよ。そしてカニエとファレルがノってるビデオ。(2021年最高のHIP-HOPモーメントBEST 10)

ハイエンドのストリート・ブランド「Off-White」の創設者であり,世界中の若者だけに限らず,大御所のファッション・デザイナーたちに認められ,ヒップホップ音楽に非常に近い存在で居続けてくれたファッション・デザイナーであるヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が2021年11月28日にこの世を去りました。彼はファッション・デザイン以外の世界でも,建築家やDJとして活躍をしておりましたが,最も世に知られているのは,やはりファッション・デザイナーとしてでしょう。

その彼(Virgil Abloh)の葬儀に盟友であるカニエ・ウェスト(Kanye West)やドレイク(Drake)も勿論参列しました。そして彼が生前最後に手がけたルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)メンズコレクションのランウェイが12月2日,マイアミで開催され,カニエやファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)も出席し,ヴァージル最後のコレクションを見届けました。

同ランウェイに出席するカニエとファレルのこのような動画がSNSにアップされ,一躍話題となりました。

この映像をよく見ると,カニエが反応する部分とファレルが反応する部分が微妙に異なっていて,おもしろいなぁと思いながら何回も見ていました。

その曲が,こちらです。
Quarteto Em Cy – “Tudo Que Voce Podia Ser”

今やHIP-HOP界のみならず,音楽界全体的にといっていいほど,異才プロデューサーとして知られるカニエとファレルが二人揃って,ノってる(vibin’する)映像というのはレコーディングスタジオ以外では非常に珍しい瞬間です。その瞬間が少しでも垣間見れたというのは,有難いことであることから,これを2021年の第9位として自信を持ってここに掲載いたします。

(文責:Jun Nishihara)

2021年にカニエ・ウェストとアンドレ3000がコラボレーションを果たすとは、誰が予想したか?

前回、ナズ(Nas)とローリン・ヒル(Lauryn Hill)のコラボレーションについて掲載しました。
それと似たような現象が2021年に起こっています。それがカニエ・ウェスト(Kanye West)とアンドレ3000(Andre 3000)のコラボレーションです。
(これについては上記リンクにて書きました。)

そして遂にその楽曲が、正式に、11月5日に“改めて”リリースされたカニエ・ウェストの本年名作『DONDA』のDeluxe Editionに収録されましたので、掲載しておきます。

(文責:Jun Nishihara)

カニエ・ウェストのビート・プロダクション・クレジット楽曲(その③)

前回このコーナー、「その1」と「その2」を掲載いたしました。
本日は「その3」として、引き続きカニエ・ウェスト(Kanye West)のプロダクション・クレジット楽曲を5曲紹介いたします。

1. Cam’ron – “Down And Out”
まず1曲目は、ジャスト・ブレイズ(Just Blaze)ではなくカニエ・ウェスト(Kanye West)がビート・プロダクションを手掛けたハーレム出身キャムロン(Cam’ron)の名曲です。ジャスト・ブレイズ作といっても遜色無い作品です。この楽曲がリリースされたのは2004年、そしてレコーディングも同年です。カニエが公式デビューを果たしたのも2004年ですので、まさにカニエのデビュー当時の作品であるにもかかわらず、このデキ。

2. Ludacris – “Stand Up”
2曲目は、リュダクリス(Ludacris)の2003年リリースの楽曲「Stand Up」です。これは当時のNYのクラブ中でそれこそヘヴィロテでかかっており、この曲が出た瞬間、全員がバカ踊りするほどガチ盛り上がりとなったリュダのシングル曲です。ビート・プロダクションは当時、その頃はまだ、水面下で「インテリ」「オタク」のヒップホップ野郎というイメージでやっていたカニエ・ウェストの作品です。

3. Brandy – “Talk About Our Love”
懐かしいですね。ブランディ(Brandy)の2004年の楽曲です。当時、ブランディは別のヒップホップ・プロデューサーであり、その世界ではすでに重鎮として知られていたティンバランド(Timbaland)と組むことが多かったのですが、レーベルの提案でカニエ・ウェストの作品に乗っかったっちゅう訳で、この作品が生まれたということです。

ちなみに、この曲のミュージックビデオのセット(撮影場所)で初めて、カニエ・ウェストはキム・カーダシアン(Kim Kardashian)に出逢ったというわけです。

その運命となったミュージックビデオがこちら。

4. The Game改めGame – “Wouldn’t Get Far”
当時この曲が出たときは、異色のコラボレーションだと思いました。西海岸(ウェッサイ)ばりばりのゲーム(Game)とシカゴ出身で、芸術大学卒業のアート系(artsy)のカニエがタッグを組んだんですからね。

5. JAY-Z & T.I. feat. M.I.A., Kanye West & Lil Wayne – “Swagga Like Us”
この5曲の中ではダントツの名曲の極みです。
フィーチャリングアーティストが豪華すぎる。
2009年グラミー賞でのパフォーマンスにしても、グラミー賞ヒップホップ部門の歴史上、重要な一場面を飾りました。

(文責:Jun Nishihara)