第21位:Big SeanのNYラジオ局,HOT97でのフリースタイル。(2019年Hip-Hop名曲名場面ベスト50)

だんだんとランキングが上がってきました。それにあわせてラッパーのレベルも上がってきます。

と,そう言って今,ハードルを上げましたが,そのハードルを上げても,ちゃんと期待通りカマしてくれるのがビッグ・ショーン(Big Sean)です。まずは今年8月にニューヨークのヒップホップラジオ曲=HOT97で行われたフリースタイルをご覧下さい。
冒頭はフレックスとビッグ・ショーンのトークが3分ほど入りますが,フリースタイルはタイムライン3:07から始まります。

5 P’s = Proper Preparation Prevents Poor Performance
(5つの“P”とは,つまり,事前の準備を怠らなけりゃ,イマイチなパフォーマンスも事前に防げる。)

なお,ビッグ・ショーンは今年のMTV Video Music Awardsでも以下パフォーマンスを披露してくれました。

Big Sean feat. A$AP Ferg – “Bezerk” です。

(文責:Jun Nishihara)

第31位:現代ヒップホップの教科書=Rapsodyアルバム『Eve』リリース (今年出たHip-Hop名曲名場面ベスト50)

このアルバム,ラプソディ(Rapsody)という女子MCのアルバムです。アルバム名は『Eve(イヴ)』。

収録楽曲1「Nina」より,ヴァースの冒頭1行を紹介します。

Emit light, rap, or Emmett Till
(ラップをして光を放つか,それとも,エメット・ティルのように殺されるか)

アルバムの冒頭から,もうこの強烈な1行です。

彼女(ラプソディ)にとって,死ぬことを避けるためには,ラップするしかない,と。生きることの根元にラップを見出すという強烈さに,我々ラップファンは心を奪われます。アルバムの一番始めの歌詞の1行にこの衝撃のヴァースをもってきたということ自体からして,「このアルバムは心して聞かなきゃいけねえな」と思わせてくれます。

ちなみにエメット・ティル(Emmett Till)というのは,黒人の歴史を学んだことがある人なら,もう知らない人はいないでしょう。ヒップホップをよく聴く人であれば,名前だけでも耳にしたことはあるでしょう。黒人歴史にとってとても重要な人物です。黒人がどれほど残虐な時代を経てきたかの象徴となる人物,エメット・ティルの歴史については,検索してみてください。

以下は,収録楽曲2「Cleo」より。

White men run this, they don’t want this kind of passion (Talk)
A black woman story, they don’t want this kind of rapping (Talk)
They love a fantasy, they love the gun bang action (Talk)
What good is a black women to them? (Yeah)
Raped us in slavery, they raping us again (Yes)
Only put us on TV if our titties jiggling (Uh)

この業界を牛耳っているのは白人,私たちのような情熱は,いらないって(で)
黒人女性の物語,そんなラップは聞きたくないって(それで)
ファンタジーが欲しいんだって,拳銃ぶっ放ってアクション満載のが欲しいんだって(で)
連中(経営陣幹部の白人連中)にとっちゃ,黒人女性になんの意味があるだって?(で)
奴隷時代に私たちをレイプして,ほら,今もこうしてレイプされている(そう)
乳を出して揺らしてる女しか,TVに出そうとしないヤツら(Uh)

このアルバム『Eve』は引き続き全曲をとおして聴くべしアルバムです。

ラプソディのフリースタイルも掲載しておきます。

How y’all gon boo Drake?
Knowing y’all wouldn’t have a boo without Drake

ドレイクをそんなにブーイングしなくていいじゃない
そもそもドレイクの曲のお陰で,あんたらにカノジョができたんでしょ
(ラプソディ,Funk Flex Freestyleより)

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

第10位「10分間ぶっ続けのフリースタイル・ラップ」(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング)

2018年総まとめヒップホップ曲ランキング《トップ30》です。
本日は第10位の発表です。

第10位:NYラジオ「HOT97局のFREESTYLES ON FLEX番組」で放送された,ブラック・ソートの10分間ぶっ続けのフリースタイル・ラップ。

10分間フリースタイルをマジでやり遂げた,ザ・ルーツのベテラン・ラッパー=Black Thoughtに拍手です。ラップやってるほうも汗だく。聴いてるほうも汗だく。最近のどんな若者ラッパーよりもタフなラッパーです。

このフリースタイルのハイライトを3つ。

1.映像2:11部分の”Pre-Kardashian Kanye!”(カーダシアンに会う前のカニエ!)つまり,恋愛にメロメロしていなかった頃のカニエのごとく!

2.映像3:48部分の”No doubt / Yo, the game went their own route / I can’t explain what these lame kids is talkin’ bout!”(マジで,ヒップホップが一人歩きし過ぎちまってる。最近のイカレたキッズ・ラッパーどもの言ってることは,わけわかんねえ!)つまり,口をもごもごするだけの最近ハヤリのラップ(=ちまたで噂のmumble rapというやつ)へのアンチテーゼ!

3.映像6:49部分の”My mother was a working-class very loving woman who struggled / Every dinner could’ve been the last supper.”(俺のおふくろは肉体労働者だったが,とても素敵な女性だった。常に俺たちを食わせるために苦闘してた。いつ晩飯が食えなくなってもおかしくなかった。)

おまけ:コメント欄より(「Chris Melendez」のコメント)
“Flex needs to bronze that mic and donate it to the Smithsonian.”
(フレックスは,このマイクをメッキ製にして,スミソニアン博物館に寄贈すべき!)

ブラック・ソート(Black Thought)のこの10分間ぶっ続けフリースタイルを聴いて,思いました。ベテラン・ラッパーもまだまだ捨てたもんじゃねえな,と。むしろ,最近の若者ラッパーどもは,こんなことできねえな,と。できるのは,ケンドリックくらいじゃないか,と。最近の若者ラッパーでこんなことできるのは,他にいねえよ,と。

(文責:Jun Nishihara)