カニエ・ウェスト対訳「Real Friends」ヴァース2(アルバム『The Life of Pablo』楽曲12)

0_Saint-West-is-already-staging-his-own-photoshoots-at-age-three
(下記歌詞にあるカニエ・ウェストの一人目の「ジュニア(長男)」が左=セイント(Saint)君。右は生まれたばかりの次男サーム(Psalm)君。)

2_Kim-kardashian
(この曲は2人の息子(男の子)に捧げた曲でもあります。)

Kanye West feat. Ty Dolla $ign – “Real Friends” (Verse 2)
カニエ・ウェスト feat. タイ・ダラー・サイン「リアル・フレンズ」(ヴァース2対訳)

[Verse 2: Kanye West & Ty Dolla $ign]
I couldn’t tell you how old your daughter was
Couldn’t tell you how old your son is
I got my own Jr. on the way, dawg
Plus I already got one kid
Couldn’t tell you much about the fam though
I just showed up for the yams though
Maybe 15 minutes, took some pictures with your sister
Merry Christmas, then I’m finished, then it’s back to business
You wanna ask some questions ’bout some real shit?
Like I ain’t got enough pressure to deal with
Please don’t pressure me with that bill shit
Cause everybody got ’em that ain’t children
Oh you’ve been nothin’ but a friend to me
Niggas thinkin’ I’m crazy, you defendin’ me
It’s funny I ain’t spoke to niggas in centuries
To be honest, dawg, I ain’t feelin’ your energy
Money turn your kin into an enemy
Niggas ain’t real as they pretend to be

(ヴァース2:カニエ・ウェスト&タイ・ダラー・サイン)
君の娘の年齢,そういや聞いていなかった
君の息子の年齢,それも知らなかった
自分にももうすぐジュニアが生まれんだ
それにすでに一人,もう長男がいる
家族のことはあまり言いたくない
集まりがあるなら,メシ食ってほぼ終わり
15分くらいなら辛抱して,君の姉妹と写真撮って
メリークリスマス,って祝って終了,すぐさまいつもの用事
リアルな人生を語り合いたいってのかい
ただでさえストレス感じてんのに,これ以上俺にプレッシャー与えんのかい
誰にだって悩みはあるし,子ども以外のことでもね
あぁ,あんたは俺にとって友人以外の何物でもなかった
他人は俺がイカレた野郎だと思ってた,でもあんたは俺の味方になってくれた
いつだったっけ,マジな仲間と話したの,もう何十年も前のように感じるぜ
正直言うと,あんたの気持ち,共感できねえ
カネは親族をも裏切り者と化す
他人は自分こそが「リアル」ってフリするだけで,全然ほんとは「リアル」なんかじゃないからさ

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

Advertisements

カニエ・ウェスト対訳「Real Friends」ヴァース1(アルバム『The Life of Pablo』楽曲12)

https___images.genius.com_8081e8ac10f2d6d81e23afa8b750152f.750x750x1
(上記写真はカニエ・ウェストが楽曲「Real Friends」をリリースした時のオリジナル・ジャケ。この曲は,人間関係の深くドロドロした暗黒の部分をエグり出すように描かれた楽曲。)

Kanye West feat. Ty Dolla $ign – “Real Friends” (Verse 1)
カニエ・ウェスト feat. タイ・ダラー・サイン「リアル・フレンズ」(ヴァース1対訳)

[Verse 1: Kanye West]
Real friends, how many of us?
How many of us, how many jealous? Real friends
It’s not many of us, we smile at each other
But how many honest? Trust issues
Switched up the number, I can’t be bothered
I cannot blame you for havin’ an angle
I ain’t got no issues, I’m just doin’ my thing
Hope you’re doin’ your thing, too
I’m a deadbeat cousin, I hate family reunions
Fuck the church up by drinkin’ at the communion
Spillin’ free wine, now my tux is ruined
In town for a day, what the fuck we doin’?
Who your real friends? We all came from the bottom
I’m always blamin’ you, but what’s sad, you not the problem
Damn I forgot to call her, shit I thought it was Thursday
Why you wait a week to call my phone in the first place?
When was the last time I remembered a birthday?
When was the last time I wasn’t in a hurry?

(ヴァース1:カニエ・ウェスト)
リアルな仲間,どれだけいる?
こん中で,嫉妬し合ってるのもいる,リアルな仲間
ほんの少しだろう,互いに笑顔は振る舞うが
「リアル」と呼べるヤツは少ない,信じれるかどうか
電話番号変更した,人との付き合いにうんざりしてた
肚黒い動機,君のせいじゃない
人のせいにしたくない,俺は俺で,いろいろやることあるからさ
あんたも自分の人生,思う存分生きればいい
俺はいわゆる親族の恥さらし,親戚との集まりが大キライだった
教会の聖餐式では,酒呑んで酔っ払ってた
タダ同然のワインをこぼして,俺のタキシードは台無し
街で過ごす一泊,何やらかしてやろうか
リアルな仲間,どこにいる? 全員俺らは,どん底から這い上がった
俺はいつもおまえのせいにしてばっか,でも悲しいかな,ホントはおまえのせいじゃない
クソッ,彼女に電話するの忘れた,まだ木曜かと思ってた
だってさ,俺に電話かけ直してくんのに,どうして1週間もかかるのさ
人の誕生日のことなんて,しばらく考えていなかったな
ここずっと俺バタバタしてて,しばらくひと息ついてなかったな

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト対訳「FML」全ヴァース訳(アルバム『The Life of Pablo』楽曲11)

video-234872
(写真はカニエ・ウェストの楽曲「FML」でコラボレートしているザ・ウィークエンド。)

Kanye West feat. The Weeknd – “FML”
カニエ・ウェスト feat. ザ・ウィークエンド「FML」(全ヴァース訳)

[Verse 1: Kanye West]
I been waiting for a minute
For my lady
So I can’t jeopardize that for one of these hoes
I been living without limits
As far as my business
I’m the only one that’s in control
I been feeling all I’ve given
For my children
I will die for those I love
God, I’m willing
To make this my mission
Give up the women
Before I lose half of what I own
I been thinking
About my vision
Pour out my feelings
Revealing the layers to my soul
My soul
The layers to my soul
Revealing the layers to my soul

(ヴァース1:カニエ・ウェスト)
ずっと待ってた
僕にぴったりの女性
そんな彼女との関係,壊したくない,浮気なんてもうしねえ
これまでずっと,ハメ外して生きてきた
今の仕事のこと考えると
責任だらけじゃねえか
すべてを尽くす
子供たちのためならね
愛している人のため,命を賭ける
神よ,ためらうことなく
俺にその使命を下してくれ
浮気した女なんて,もう忘れていい
だって今ある家庭を失いたくない
ずっと考えてた
希望について
こうして気持ちをさらけ出し
魂(SOUL)のヴェールを脱いでゆく
魂(SOUL)
魂(SOUL)のヴェール
魂(SOUL)のヴェールを脱いでゆく

[Chorus: The Weeknd]
They wish I would go ahead and fuck my life up
Can’t let them get to me
And even though I always fuck my life up
Only I can mention me

(サビ:ザ・ウィークエンド)
しくじって人生を台無しにしちまえ,って他人は思ってる
でもそんなものに影響されたくない
たとえ人生を台無しにしたって
それは俺が決めたことさ

[Verse 2: Kanye West]
See, before I let you go
One last thing I need to let you know
You ain’t never seen nothing crazier than
This nigga when he off his Lexapro
Remember that last time in Mexico?
Remember that last time, the episode?
Asking me why the hell I text in code?
Four times just to say, “Don’t text me, ho”
Told you four times, “Don’t test me, ho”
And we finna lose all self-control
But you ain’t finna be raising your voice at me
Especially when we in the Giuseppe store
But I’ma have the last laugh in the end
‘Cause I’m from a tribe called check a ho
Yeah, I’ma have to laugh Indian
‘Cause I’m from a tribe called check a ho
And I…

(ヴァース2:カニエ・ウェスト)
あのね,君を手放す前に
最後にひとつだけ,伝えておきたいことがある
こんなにクレイジーな野郎には後にも先にも俺だけさ
抗ウツ剤が抜けてる間はとくにね
メキシコで起こったこと,憶えてる?
この前のあのエピソード,憶えてる?
「あなたどうして暗号でメッセージ打ってくるの?」って
4回目にこう言っちゃうよ,「もうメールしてくんな,ゲス女」
4回もこう言っちゃうよ,「俺を試すんじゃねえ,ゲス女」
それで俺らは自制心を失うが
君は俺に声を荒げることはない
とくにジュゼッペのブランドショップにいる時は
でも最後に笑うのはこの俺さ
だって「ゲス女チェケッ」って部族出身だから
そや,インディアンスタイルの笑いで攻めたるで
だって「ゲス女チェケッ」って部族出身だから
おまけに・・・

[Chorus: The Weeknd]
They wish I would go ahead and fuck my life up
Can’t let them get to me
And even though I always fuck my life up
Only I can mention me
They wish I would go ahead and fuck my life up
Can’t let them get to me
And even though I always fuck my life up
Only I can mention me

(サビ:ザ・ウィークエンド)
しくじって人生を台無しにしちまえ,って他人は思ってる
でもそんなものに影響されたくない
たとえ人生を台無しにしたって
それは俺が決めたことさ
しくじって人生を台無しにしちまえ,って他人は思ってる
でもそんなものに影響されたくない
たとえ人生を台無しにしたって
それは俺が決めたことさ

[Outro: Kanye West & Section 25]
See through the veil
And forget all of your cares
Throw them
Throw them away
Don’t stop your loving
Don’t stop for nothing
No, not for nothing
They don’t wanna see me love you
Don’t now, don’t stop it
They always love it
They always wanna
They don’t wanna see me love you
See through the veil
They don’t wanna see me love you
And forget all your cares
They don’t wanna see me love you
Throw them
Throw them away
Ooh, life’s a feeling and
Ooh, the body is a feeling

(アウトロ:カニエ・ウェスト&セクション25)
ヴェールがすけて見える
不安なんて全て取り払って
全てを投げ
全てを投げ出せ
愛することを忘れないで
愛することを忘れないで,何があっても
何があっても
君を愛することは,いけないことだと言われても
やめないで,やめないで
愛することを
他人はいけないと言ってくる
君を愛することについて
ヴェールがすけて見える
君を愛することは,いけないことだと言われても
不安なんて全て取り払って
君を愛することは,いけないことだと言われても
全てを投げ
全てを投げ出せ
オゥゥ,人生は感じるものさ
オゥゥ,体全体で感じるのさ

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト対訳「FML」ヴァース2(アルバム『The Life of Pablo』楽曲11)

drake-and-the-weeknd-performs-during-the-nothing-was-the-same-2014-world-tour-800x544
(上記写真は,ドレイクのレーベル=OVO所属のR&Bシンガー,ザ・ウィークエンド(The Weeknd)です。カニエ・ウェストとは本曲「FML」でコラボしました。(左=ドレイク,右=ザ・ウィークエンド))

Kanye West feat. The Weeknd – “FML” Verse 2
カニエ・ウェスト feat. ザ・ウィークエンド「FML」ヴァース2対訳

[Verse 2: Kanye West]
See, before I let you go
One last thing I need to let you know
You ain’t never seen nothing crazier than
This nigga when he off his Lexapro
Remember that last time in Mexico?
Remember that last time, the episode?
Asking me why the hell I text in code?
Four times just to say, “Don’t text me, ho”
Told you four times, “Don’t test me, ho”
And we finna lose all self-control
But you ain’t finna be raising your voice at me
Especially when we in the Giuseppe store
But I’ma have the last laugh in the end
‘Cause I’m from a tribe called check a ho
Yeah, I’ma have to laugh Indian
‘Cause I’m from a tribe called check a ho
And I…

(ヴァース2:カニエ・ウェスト)
あのね,君を手放す前に
最後にひとつだけ,伝えておきたいことがある
こんなにクレイジーな野郎には後にも先にも俺だけさ
抗ウツ剤が抜けてる間はとくにね
メキシコで起こったこと,憶えてる?
この前のあのエピソード,憶えてる?
「あなたどうして暗号でメッセージ打ってくるの?」って
4回目にこう言っちゃうよ,「もうメールしてくんな,ゲス女」
4回もこう言っちゃうよ,「俺を試すんじゃねえ,ゲス女」
それで俺らは自制心を失うが
君は俺に声を荒げることはない
とくにジュゼッペのブランドショップにいる時は
でも最後に笑うのはこの俺さ
だって「ゲス女チェケッ」って部族出身だから
そや,インディアンスタイルの笑いで攻めたるで
だって「ゲス女チェケッ」って部族出身だから
おまけに・・・

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

カニエ・ウェスト対訳「FML」ヴァース1(アルバム『The Life of Pablo』楽曲11)

0353d2f8948ef30eaa9b296a15cf5907.1000x1000x1
(本日の歌詞対訳は,カニエ・ウェストのアルバム『The Life of Pablo』楽曲11「FML」から,ヴァース1です。「FML」とは「Fuck My Life(クソ喰らえの人生)」という意味ですが,単なるそれだけではおもしろくないですので,カニエらしくヒネりを加えて,「For My Lady(俺の女へ捧げる)」という隠れた意味を含ませております。「俺のクソ喰らえの人生を,俺の女へ捧げる」というカニエらしい皮肉たっぷりのニュアンスが含まれております。ザ・ウィークエンド(The Weeknd
)をフィーチャリングしてお届けします。)

Kanye West feat. The Weeknd – “FML” Verse 1
カニエ・ウェスト feat. ザ・ウィークエンド「FML」ヴァース1対訳

[Verse 1: Kanye West]
I been waiting for a minute
For my lady
So I can’t jeopardize that for one of these hoes
I been living without limits
As far as my business
I’m the only one that’s in control
I been feeling all I’ve given
For my children
I will die for those I love
God, I’m willing
To make this my mission
Give up the women
Before I lose half of what I own
I been thinking
About my vision
Pour out my feelings
Revealing the layers to my soul
My soul
The layers to my soul
Revealing the layers to my soul

(ヴァース1:カニエ・ウェスト)
ずっと待ってた
僕にぴったりの女性
そんな彼女との関係,壊したくない,浮気なんてもうしねえ
これまでずっと,ハメ外して生きてきた
今の仕事のこと考えると
責任だらけじゃねえか
すべてを尽くす
子供たちのためならね
愛している人のため,命を賭ける
神よ,ためらうことなく
俺にその使命を下してくれ
浮気した女なんて,もう忘れていい
だって今ある家庭を失いたくない
ずっと考えてた
希望について
こうして気持ちをさらけ出し
魂(SOUL)のヴェールを脱いでゆく
魂(SOUL)
魂(SOUL)のヴェール
魂(SOUL)のヴェールを脱いでゆく

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

元ネタの曲を知る⑩:クリス・ブラウン⇆Q-Tip&カニエ・ウェスト⇆アリシア・マイヤーズ

元ネタの曲が二重にさかのぼって発見できる場合があります。

今回もそのケース第2弾です。

先般リリースされたクリス・ブラウン(Chris Brown)のニューアルバム『Indigo』より,楽曲「Temporary Lover」の紹介です。これは,サウスイチのパーティー野郎=リル・ジョンをfeat.しており,以下のネタを回しています。

まずは,新曲のChris Brown feat. Lil Jon – “Temporary Lover”を聴いてみて下さい。

さて,上記楽曲を聴いた人はリアクションが二手に分かれると思います。ひとつはカニエ・ウェストがサンプリングした「Thank You」という曲をまっさきに思い出すという人。そんな方は,この曲を想起されたことでしょう。

Busta Rhymes feat. Q-Tip, Lil Wayne & Kanye West (2013)

上記楽曲のQ-ティップのフローは別格です。この曲に彼をもってきたカニエも素晴らしいセンスの持ち主です。

さて,上記2曲には,おおもとのネタがあります。以下のおおもとの曲をまっさきに思い出されたという方もいらっしゃいますでしょう。そんな方々,さすがでございます。

Alicia Myers – “I Want To Thank You”です。

1981年には既にヒップホップ界ではカーティス・ブローやシュガーヒル・ギャングが活躍しておりましたが,「ネタ回し」というテクニックはまだ生まれておりませんでした。その年に誕生したこの「I Want To Thank You」という名曲は,30年以上の時を経て,ヒップホップ界の大御所とR&B界の王子にサンプリングされることになりました。サンプリングされるということは,第一にリスペクトがなければ出来ないことでもあります。1981年当初の楽曲を最大の敬意をもって,2019年,このように再び蘇らせられたというのはまことにあっぱれなことでございます。

(文責:Jun Nishihara)

Nasアルバム『The Lost Tapes』(2002年)より,対訳「Purple」(全ヴァース対訳)

本日はNasの2002年リリース『The Lost Tapes』より名曲「Purple」の全ヴァース対訳を以下に掲載いたします。

[Intro]
Light it, uhh
Light it up, uhh

(イントロ)
火をつけろ,uhh
火をつけろ,uhh

[Verse 1]
The whole city is mine, prettiest Don
I don’t like the way P. Diddy did Shyne with different lawyers
Why it’s mentioned in my rhymes? Fuck it
It’s just an intro, hate it or love it, like it, bump it or dump it
Write it, across the stomach spell “God son”
Life is like a jungle, black, it’s like the habitat of Tarzan
Matter of fact, it’s harder than most can imagine
Most of my niggas packed in correctional facilities
Half of them passed on, MAC strong, couple of shots
Made the ghost leave a body, now they hauntin’ the block
Where they used to stand at, somebody’s takin’ they place
A younger man perhaps, hand slaps, can’t understand that
Same walk, same talk, I wonder can that be possible?
A thug dies, another step inside his shoes
And they will hurt you, layin’ low with a bottle
I’m blowin’ circles, my state of mind purple

(ヴァース1)
この街はどこまでも俺の街,イケメンの首領(ドン)
P.ディディが弁護士を数人雇い,シャイン*(註)相手に勝訴したのはイカセねえ
どうしてそんな内容のラップするかって? 理由なんてねえ
それがイントロ,好けど嫌えど,聴けど捨てれど
俺は“書いた”,肚に文字,「神の息子(ゴッド・サン)」と
人生はジャングル,真っ暗で,まるでターザンの住処
実際のとこ,ここは,おまえらが想像する以上にハードなトコ
俺の仲間のほとんどが,ムショにとっつかまえられている
その半分があの世にいっちまい,マック銃にやられ,2,3発喰らった
その霊は肉体を離脱し,いま,ゲットーをさまよい歩く
かつてハッスルしていた場所で,今となっては,別の野郎がそこにいるが
若手の野郎が,大金の取引を交わす,それが現実,俺は理解に苦しむ
似た歩き方,似た話し方,俺は思う,んなことあっていいのか?
サグは死に,ヤツの代わりに別のヤツがそこを継ぐ
そしてまた傷つけられる,ボトルを片手に身をひそめる
ケムリをふかして,円を吐く,俺の気分は「パープル」

[Break]
Light it, light it, uhh
Yeah… light it up
Light it up, uhh

(ブレイク)
火をつけろ,火をつけろ,uhh
Yeah… 火をつけろ
火をつけろ,uhh

[Verse 2]
Y’all just wanna deal with drama
Talk about niggas who got things, y’all ready to kill his mama
Everything you into is underworld related
You sell your man out, not even your girl is sacred
You don’t trust a soul, hold up, you moldin’ soldiers
To pull guns quick and always look behind the shoulder
Think of how many dudes died tryna be down with you
Everybody’s under six feet of ground but you
Still standin’, still roamin’ through the streets, that’s real
You a survivor, knowin’ all the beef is ill
You got a bunch of thugs with you even now that’s ready
Trustin’ your judgment, quick to put it down, they deadly
The hood love you, but behind your back they pray for the day
A bullet hit your heart and ambulances take you away
That ain’t love, it’s hate, think of all the mothers at wakes
Whose sons you killed and you ain’t got a cut on your face?
Unmarked police cars roam the streets hard, the heat is God
Somebody tell these shorties reach for the stars
Instead they tell ’em how to reach through the bars holdin’ a mirror
Lookin’ down a tear in jail, makin’ weapons to kill ya
Weed smoke, three tokes, nigga, pour more Henny
He sighs with eyes that seen a war too many
Cold-blooded murderers, universal
Hood to hood, blowin’ smoke, state of mind is purple

(ヴァース2)
あんたらはドラマのように騒ぎ立ててばっか
金持ちの連中に嫉妬して,おふくろを人質にして
かかわっている世界は,どこに行ってもウラの社会
仲間の魂を売るやつもいれば,ガールフレンドでさえ狙ってくるやつもいる
誰一人でさえ信用できない,そうだろ,無邪気なヤツを戦士に育てあげ
条件反射で拳銃を握るまでにしては,常に後ろを振り向かせて不安を駆り立てる
おまえらに尽くそうとして死んでいったヤツはごまんといる
そんなヤツらはすでに地中に埋葬され,生き残っているのはおまえだけという有様
未だ立ち続け,ストリートをさまよう,リアルだろ
そんなおまえは生き残り(サヴァイヴァー),どんなビーフもイカシてる
おまえの跡をつけるサグ連中,いつだって飛びつく準備はできている
決断すればすぐ,いさかいなくキメる,致命的
ゲットーに愛されているというが,陰でヤツらはおまえが銃弾に倒れる日を
望み続けて祈ってる,救急車のサイレンを聞きたがってる
それは愛なんかじゃねえ,ヘイトってもんだ,通夜に参列する母親がどれだけ多いか
おまえが仕留めたその息子,にもかかわらず,おまえはかすれ傷ひとつとない
覆面パトカーがストリートをさまよう真夜中,熱気はプンプン
誰か女子に言ってやってくれ,「星空に手を伸ばすんだ」って
現実は異なり,最近の女子は刑務所の鉄ポールの間から腕を伸ばし手鏡を持ち上げる
豚箱にぶち込まれ,涙がしみる,そしてまた新たに武器が生産される
ハッパを焚いて,3発吸い込み,ヘネシーそそぐ
数え切れないほど目の当たりにしてきた戦(いく)さを思い出す瞳にため息をつく
冷血の殺人鬼,世界中どこにでもいる
ゲットーからゲットーへ,ハッパを一服吐き出して,俺の気分は「パープル」さ

[Break]
Light it up, light it up, light it up, uhh
Light it up… light it up, light it up, uhh
Uhh… uhh, uhh, light it, light it, uhh

(ブレイク)
火をつけろ,火をつけろ,火をつけろ,uhh
火をつけろ,火をつけろ,火をつけろ,uhh
Uhh… uhh, uhh, 火をつけろ,火をつけろ

[Verse 3]
These hot-headed youngsters always get into trouble
Reactin’ before thinkin’, they easily irritated
And murder’s premeditated, it’s a fact that we sinkin’
When we should be climbin’, in a nutshell, it’s just jail
Drug sales, liquor and diamonds, niggas rewindin’
Instead of movin’ forward to blow up, so what’s the science?
People shoutin’, police pushin’ the crowd
And on the ground’s a young soldier with meat hangin’ out him
Am I hallucinatin’ off the hazin’?
Or did I just see a nigga shoot another nigga’s face in?
It’s a ugly nation, cops circle the block with mug shots
Photograph pictures of suspect faces
It’s usually two or three niggas who innocent
But if they lock the wrong ones up, then someone’ll snitch
A divide-and-fall strategy, they aren’t fair
I dig in my bag of weed that’s covered with orange hair
This Color Purple’ll make Whoopi give me the pussy
And Celie, Oprah and Danny Glover gots to feel me
This is how I escape the madness
Too much of anything’ll hurt you, so my state of mind’s all purple

(ヴァース3)
最近の若者は短気で浅はか,トラブルに巻き込まれてばっか
考える前に反応し,いともたやすくキレやすい
計画的殺人犯行,事実,落ちぶれていっちまってる
向上しなきゃいけねえ時に,結果,ムショ行き
麻薬販売,酒の密輸にダイアモンド,黒人は退化しちまうばかり
進化して,一発当てなきゃいけねえ時に,その心は,どんな理論だ
大衆は叫び,サツは群衆を押し分けて
地面に横たわるのは,若い黒人青年,片手に拳銃を握ったまま
俺はハッパの吸いすぎで,幻覚を見ちまってるのか
それとも黒人が別の黒人の顔面狙って一発撃ったってのは事実なのか
醜い国家,犯人の顔写真がはびこるエリア
容疑者のツラに向けシャッターを押す
中には2,3人,無実な連中もいる
しかし密告されるヤツらは,ほとんど無罪なヤツらばっか
「内輪揉めで,共倒れ」,それがサツの狙い
ハッパが大量に入ったバッグに手を突っ込み
『カラーパープル』映画のように,女が俺の胸に飛び込んでくる
セリー役のオプラがダニー・グローヴァーにそうしたように
そうやって俺は狂気から逃れてんのさ
なんでもやり過ぎは体に悪い,だから俺の気分は「パープル」さ

*註釈
シャイン(Shyne):90年代後半から2000年前半にかけて活躍したラッパー。一時はそのドスの効いた声で,ザ・ノトーリアスBIG(AKAビギー)の生まれ変わりとも称された。最大のヒット曲は,ヒップホップ史上,極めて危険で,最も“ビギーを彷彿とさせる”と呼ばれた名曲“Bad Boyz”。

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

Nasアルバム『The Lost Tapes』(2002年)より,対訳「Purple」(ヴァース2)

前回に引き続き,Nasアルバム『The Lost Tapes』(2002年)収録の楽曲「Purple」より,ヴァース2の対訳をお届けいたします。

tumblr_ml1q0iZVTt1s4bcbxo1_640

Nasが初めて雑誌“Mass Appeal”のカバーを飾ったのは上記写真の2002年でした。その11年後の2013年,Nasは同雑誌の株主となり,オーナー側の立場となりました。“Mass Appeal”雑誌は1996年にポップ・カルチャーやヒップホップ文化(特にグラフィティ等)を紹介する雑誌として創設されました。そして2014年には雑誌のみならず,Mass Appeal社はレコードレーベルとしても幅を広げていきました。以下のビデオは今年2019年に開催された,Mass Appealレコードレーベルの5周年記念パーティです。

なお,Nasが立ちあげた事業としては他にも“Sweet Chick”というレストランがあります。まさに米国時間7月19日(金)に『The Lost Tapes 2』のリリースイベントとして,米TIDAL社提供で生放送インタヴューが開催された場所も,ブルックリンはBedford Ave.に位置する“Sweet Chick”です。ロケーションの詳細はコチラをどうぞ。

IMG_1308

IMG_1320

IMG_1307

さて,前置きが長くなってしまいましたが,以下,2002年にリリースされたおおもとの『The Lost Tapes』収録楽曲「Purple」よりヴァース2対訳を掲載いたします。

[Verse 2]
Y’all just wanna deal with drama
Talk about niggas who got things, y’all ready to kill his mama
Everything you into is underworld related
You sell your man out, not even your girl is sacred
You don’t trust a soul, hold up, you moldin’ soldiers
To pull guns quick and always look behind the shoulder
Think of how many dudes died tryna be down with you
Everybody’s under six feet of ground but you
Still standin’, still roamin’ through the streets, that’s real
You a survivor, knowin’ all the beef is ill
You got a bunch of thugs with you even now that’s ready
Trustin’ your judgment, quick to put it down, they deadly
The hood love you, but behind your back they pray for the day
A bullet hit your heart and ambulances take you away
That ain’t love, it’s hate, think of all the mothers at wakes
Whose sons you killed and you ain’t got a cut on your face?
Unmarked police cars roam the streets hard, the heat is God
Somebody tell these shorties reach for the stars
Instead they tell ’em how to reach through the bars holdin’ a mirror
Lookin’ down a tear in jail, makin’ weapons to kill ya
Weed smoke, three tokes, nigga, pour more Henny
He sighs with eyes that seen a war too many
Cold-blooded murderers, universal
Hood to hood, blowin’ smoke, state of mind is purple

(ヴァース2)
あんたらはドラマのように騒ぎ立ててばっか
金持ちの連中に嫉妬して,おふくろを人質にして
かかわっている世界は,どこに行ってもウラの社会
仲間の魂を売るやつもいれば,ガールフレンドでさえ狙ってくるやつもいる
誰一人でさえ信用できない,そうだろ,無邪気なヤツを戦士に育てあげ
条件反射で拳銃を握るまでにしては,常に後ろを振り向かせて不安を駆り立てる
おまえらに尽くそうとして死んでいったヤツはごまんといる
そんなヤツらはすでに地中に埋葬され,生き残っているのはおまえだけという有様
未だ立ち続け,ストリートをさまよう,リアルだろ
そんなおまえは生き残り(サヴァイヴァー),どんなビーフもイカシてる
おまえの跡をつけるサグ連中,いつだって飛びつく準備はできている
決断すればすぐ,いさかいなくキメる,致命的
ゲットーに愛されているというが,陰でヤツらはおまえが銃弾に倒れる日を
望み続けて祈ってる,救急車のサイレンを聞きたがってる
それは愛なんかじゃねえ,ヘイトってもんだ,通夜に参列する母親がどれだけ多いか
おまえが仕留めたその息子,にもかかわらず,おまえはかすれ傷ひとつとない
覆面パトカーがストリートをさまよう真夜中,熱気はプンプン
誰か女子に言ってやってくれ,「星空に手を伸ばすんだ」って
現実は異なり,最近の女子は刑務所の鉄ポールの間から腕を伸ばし手鏡を持ち上げる
豚箱にぶち込まれ,涙がしみる,そしてまた新たに武器が生産される
ハッパを焚いて,3発吸い込み,ヘネシーそそぐ
数え切れないほど目の当たりにしてきた戦(いく)さを思い出す瞳にため息をつく
冷血の殺人鬼,世界中どこにでもいる
ゲットーからゲットーへ,ハッパを一服吐き出して,俺の気分は「パープル」さ

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

Nasアルバム『The Lost Tapes』(2002年)より,対訳「Purple」(ヴァース1)

2002年にNYの街角でNasの『The Lost Tapes』というアルバム(当時はミックステープと呼ばれていた)を5ドルで購入し,ポータブルCDプレイヤーで聴き込んだ頃,まさかじぶんがこの曲を将来翻訳することになるとはこれっぽっちも思っていなかった。そして,そのアルバムを聴いていた当時は,日本語に訳すというマインドはまったく持たず,ありのままにNasがラップするのを聴いていた。「訳す」ということを考えず。

たとえば最近では,ラップを聴いていると,「ふむ,この部分は日本語に訳すとすればこう訳すだろう」ということを考えながら聴いている時もある。しかしそんなことは当時まったく考えずに聴いていた。

gettyimages-2289961-2048x2048
(上記写真は,2002年のMTV Music Awards(MTVミュージックアワード賞)のリハーサルにて。左からNas,Ashanti,Ja Rule。当時2002年,彼ら3人は,ヒット曲「The Pledge」という曲をリリースしていました。当時,アーヴ・ゴッティ率いるザ・マーダー・インクというレーベルが勢いつけてきており,アシャンティやジャ・ルールなどがヒット曲をリリースしていました。この楽曲「The Pledge」は2パックの楽曲「So Many Tears」をサンプリングしており,曲の終わりにかけて,2パック本人のセリフも登場します。)

さて,そのNasの偉大なるウラのアルバム『The Lost Tapes』(2002年)から,楽曲「Purple」の対訳を掲載いたします。

Nas(ナズ) – “Purple” (Verse 1) 対訳

[Verse 1]
The whole city is mine, prettiest Don
I don’t like the way P. Diddy did Shyne with different lawyers
Why it’s mentioned in my rhymes? Fuck it
It’s just an intro, hate it or love it, like it, bump it or dump it
Write it, across the stomach spell “God son”
Life is like a jungle, black, it’s like the habitat of Tarzan
Matter of fact, it’s harder than most can imagine
Most of my niggas packed in correctional facilities
Half of them passed on, MAC strong, couple of shots
Made the ghost leave a body, now they hauntin’ the block
Where they used to stand at, somebody’s takin’ they place
A younger man perhaps, hand slaps, can’t understand that
Same walk, same talk, I wonder can that be possible?
A thug dies, another step inside his shoes
And they will hurt you, layin’ low with a bottle
I’m blowin’ circles, my state of mind purple

(ヴァース1)
この街はどこまでも俺の街,イケメンの首領(ドン)
P.ディディが弁護士を数人雇い,シャイン*(註)相手に勝訴したのはイカセねえ
どうしてそんな内容のラップするかって? 理由なんてねえ
それがイントロ,好けど嫌えど,聴けど捨てれど
俺は“書いた”,肚に文字,「神の息子(ゴッド・サン)」と
人生はジャングル,真っ暗で,まるでターザンの住処
実際のとこ,ここは,おまえらが想像する以上にハードなトコ
俺の仲間のほとんどが,ムショにとっつかまえられている
その半分があの世にいっちまい,マック銃にやられ,2,3発喰らった
その霊は肉体を離脱し,いま,ゲットーをさまよい歩く
かつてハッスルしていた場所で,今となっては,別の野郎がそこにいるが
若手の野郎が,大金の取引を交わす,それが現実,俺は理解に苦しむ
似た歩き方,似た話し方,俺は思う,んなことあっていいのか?
サグは死に,ヤツの代わりに別のヤツがそこを継ぐ
そしてまた傷つけられる,ボトルを片手に身をひそめる
ケムリをふかして,円を吐く,俺の気分は「パープル」

*註釈
シャイン(Shyne):90年代後半から2000年前半にかけて活躍したラッパー。一時はそのドスの効いた声で,ザ・ノトーリアスBIG(AKAビギー)の生まれ変わりとも称された。最大のヒット曲は,ヒップホップ史上,極めて危険で,最も“ビギーを彷彿とさせる”と呼ばれた名曲“Bad Boyz”を下記掲載しておきます。

(文責及び対訳:Jun Nishihara)

おまけ:
Shyne – “Bad Boyz”

Nasは現代ヒップホップの原点である。

61760258_119021232674635_2998363044366335932_n

昨日(米国時間では本日),Nas(ナズ)が『The Lost Tapes 2』をリリースしました。

時をさかのぼり,2002年のニューヨーク。
マンハッタンの街角(ストリート)で売られていた『The Lost Tapes』のミックステープを5ドルで購入し,SONYのポータブルCDプレイヤーで以下の曲をかける。

このNasのフローとビートの流れを聴くと,いまだに当時を思い出す。

曲の冒頭で,イントロが終わるのを待たずに,ラップを開始するNasのスタイル。そしてビートに飲み込まれず,むしろ,ビートをラップ側に寄せていくというNasのフロー。

ラッパーの中には「ビートに飲み込まれたようなラップをする」ものがいる。
しかしNasのスタイルはまったくそれとは異なり,「Nasのタイミングでビートに乗っかり,Nasのタイミングでビートから降りる」という,素人のビートメーカーとしてはいつNasがラップを始めるかも,ラップを止めるかも予想がつかない。まったくの即興めいたラップをやってのけている。

もう1曲,オリジナルの『The Lost Tapes』から,この曲を掲載しておきます。

ヒップホップ界で最も偉大なるオモテのアルバムがNasの『Illmatic(イルマティック)』(1994年)であるならば,Nasのこの『The Lost Tapes』(2002年)は,最も偉大なるウラのアルバム(もしくはミックステープ)と呼ぶことができる。

そして2019年7月19日,あれから17年の時を経て,『The Lost Tapes 2』がリリースされた。

17年の時を経ているのにもかかわらず,Nasのフローがまったく衰えていないことは特筆に値することである。

そしてこんなことは言いたくないが,「これこそがNYのフロー」という懐かしい気持ちをも思い起こさせてくれるし,おまけに「これこそが現代が忘れかけているラップだ」という今の若き世代のラッパーどもの背筋を伸ばしてくれるような,いわゆる「王道のラップ」がこのアルバムに収録されている。

最近のへなちょこなラップで満足していてはいけない。

今こそ昨日リリースされたばかりのNas『The Lost Tapes 2』を聴いて,「王道のラップ」を思い出すべきだ。

ラップが来た道を思い出せないのであれば,あんたらのやってるそれは「ヒップホップ」じゃない。

(文責:Jun Nishihara)