コーチェラ音楽祭(Coachella)LIVE STREAM

現在週末のみ開催されているアメリカ最大の音楽祭=コーチェラ(Coachella Music Festival)は,以下でストリーミングライヴ視聴が可能です。(今年2019年は4月12日(金),4月13日(土),4月14日(日),4月19日(金),4月20日(土),4月21日(日)のみ開催。なお,ストリーミング(生放送Live Streaming)も同日のみ可能です。カニエ・ウェスト率いる“Sunday Service”のコーチェラステージは4月21日(日)開催です。)

コーチェラ(Coachella)は複数のステージで同時にミュージックライヴを行いますので,生ストリーミングもチャンネルが複数あります。

YouTubeのLive Stream(生放送)では,チャンネルが2つ用意されております。
(上記開催日以外は,チャンネルは無効となっております。)

全ては以下のリンクで閲覧可能です。
https://www.youtube.com/user/coachella

(↓上記開催日以外は,チャンネルは無効です。開催日(4/19~21)に復活します。)
チャンネル1(Channel 1)

チャンネル2(Channel 2)

出演アーティストの一部(これでも一部!この他にもたくさん出演します。)は以下のとおりです。

アンダーソン・パーク
ジャネル・モネ
ディプロ
ブラックピンク(K-Pop)
チャイルディッシュ・ガンビーノ
ティアラ・ワック
DJスネーク
ジュース・ワールド
ウィズ・カリファ
キッド・カディ
J.バルヴィン
ビリー・アイリッシュ
テーム・インパラ
プレイボーイ・カーティ
リコ・ナスティ
YG
プッシャT
バッド・バニー
リゾー
グッチ・ギャング
ケイトラナダ
ブラッド・オレンジ
ゼッド
カリード
H.E.R.
アリアナ・グランデ
(他)

(英語版)
Anderson .Paak
Janelle Monae
Diplo
BLACKPINK
Childish Gambino
Tierra Whack
DJ Snake
Juice WRLD
Wiz Khalifa
Kid Cudi
J Balvin
Billie Eilish
Tame Impala
Playboi Carti
Rico Nasty
YG
Pusha T
Bad Bunny
Lizzo
Gucci Gang
KAYTRANADA
Blood Orange
ZEDD
Khalid
H.E.R.
Ariana Grande
(and more and more!)

これだけのアーティストのライヴが生放送で,しかも無料で閲覧できるというこんなゼータクなことはそうそうありませんね。

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements

カニエ・ウェストの“Sunday Service”(さらなる,つづき:Week 12)

さて2019年,今年に入ってからずっと,カニエ・ウェストは“Sunday Service(日曜のミサ)”と名付けられたジャムセッションを欠かさず開催しております。先日は,その10週間分をまとめて掲載いたしました。

そして先週は,11週目をこちらに掲載しました

さらなるカニエ・ウェストの快進撃はつづきます。

本日は,“Sunday Service”の12週目(Week 12)を以下のとおり掲載いたします。

まずは,黒人が奴隷として雇われていた時代を彷彿とさせるこのセッション。
見ていただきたいのは,タイムライン00:38からの映像です。
00分38秒からの映像は,手拍子(clapping)と肉声(vocals)だけで音楽を作り上げるというゴスペル型の手法で,これはまさに映画『12 Years a Slave(邦題:それでは夜は明ける)』という奴隷として売られた黒人の奴隷体験記にも描かれていた映像を喚起させるセッションですね。

カニエ・ウェストは黒人としての原点に回帰し,このゴスペル型ジャムセッションを毎週日曜日に我々に見せてくれています。

我々がカニエ・ウェストの映像から学べることは,単なる黒人の歴史そのものというよりも,黒人の歴史をへて生まれてきた音楽,つまり,それこそがソウル・ミュージックなのであると思います。

ゴスペル型のジャムセッションや,軽率に使われがちな「ソウル・ミュージック」という用語ですが,本物(に近いもの)はカニエ・ウェストがこうしてタダ(無料)でYouTubeで見せてくれています。

それでは,カニエ・ウェスト,日曜のミサ,12週目ジャムセッションです。

Kanye West “Sunday Service” (Week 12, held on March 24th, 2019)

(Part 1)

(Part 2)

(文責:Jun Nishihara)