8/5に実施されたカニエ・ウェスト『DONDA』のAlbum Release Partyより(其の参)

前回に引き続きカニエ・ウェストのニューアルバム『DONDA』のアルバム・リリース・パーティー(8月5日(木)に開催)より、その模様を一部以下に掲載しておきます。

カニエ・ウェスト待望のアルバム『DONDA』は8/26(金)リリース予定

まぁこれはカニエ・ウェスト(Kanye West)独特のクリエイティビティによるもので、けっしてめずらしくはないことでしょう。さらに云うと、まったく「カニエらしい」考え方ともいえます。

またしてもカニエ・ウェスト待望のニューアルバム『DONDA』はリリースが延期せられ、リリース予定日は改めて8月27日(金)となり、前日(8月26日(木))にはその前夜祭として3度目のリスニング・パーティーを今度は故郷である米シカゴで開催することとなりました。

私は残念ながら、仕事があるので行けません。

(文責:Jun Nishihara)

8/5に実施されたカニエ・ウェストによるAlbum Release Partyより(其の壱)

カニエ・ウェスト(Kanye West)による先々週の「Album Listening Party」に続いて、8月5日(木)には「Album Release Party」が実施されました。

そのワンシーンを以下に掲載しておきます。

共演ヴァースには、ジェイ・エレクトロニカ(Jay Electronica)のみならず、D-Block(LOX)メンバー3名全員が登場します。先般の『Dipset vs. LOX』を観た方もいらっしゃるでしょう。なんてタイムリーな楽曲でありながら内容はタイムレス(不変の)テーマで、非常に心にグッとくるものです。

文責:Jun Nishihara

カニエ・ウェスト『DONDA』リリースは8月22日(日)予定。

カニエ・ウェスト(Kanye West)のニューアルバム『DONDA』のリリースは、月額音楽ストリーミングサイトであるアップルミュージック(Apple Music)では未だ見られず、iTunesの購入サイトのほうでは「Expected Aug 22, 2021」(8月22日リリース予定)とされ、以下の画面が表示されます。

ファイヴィオ・フォーリン(Fivio Foreign)のフリースタイル。

2020年10月にリリースされたNasのシングル「Spicy」にフィーチャリングされたファイヴィオ・フォーリン(Fivio Foreign)が調子に乗っています。そのファイヴィオがついこの前、7月15日にNYの米Hot97局に立ち寄って、Funk Flexのラジオ番組でフリースタイルをカマシましたところ、その映像を掲載しておきます。(まぁこのデカい態度、ベテランDJであるファンクマスター・フレックスの前で生意気ですね。)

(キュレーティング:Jun Nishihara)

LGBTQラッパー=ヤングM.A(Young M.A)を久しぶりに。

2020年10月にリリースされたヤングM.A(Young M.A)の「Dripset」。
NYをレペゼンするヒップホップユニット=ディップセット(Dipset)へのオマージュ。もっともDipsetの場合は、もともとThe Diplomatsというユニット名の前半を縮めて=dipを使っていましたが、ヤングM.Aの場合「Drip」というのはダイアモンドが鏤められた煌びやかなジュエリーがぽた、ぽた、ぽた、と水が滴るように垂れている(dripしている)状態から、リッチ(drip)な連中(set)ということで「Dripset」です。

Young M.A – “Dripset”

(文責:Jun Nishihara)

今回のコモン(Common)のミュージック・ビデオは「Imagine」です。


(左はアトランタ出身の29歳R&Bシンガー=PJです。)

時おり、このように私はコモン(Common)のミュージックビデオを掲載することにしています。なぜか?それは、コモンに代表されるいわゆる旧くも新しき良きコンシャス・ヒップホップを忘れさせないためです。

今回は、2021年7月1日に公開されたコモン(Common)feat. PJの「Imagine」です。

ちなみに今回は「フィーチャリング」アーティストとしてですのであまり脚光は浴びていないですが、上記楽曲でフィーチャリングされているR&BシンガーのPJの映像を以下に掲載しておきます。

(キュレーティング:Jun Nishihara)

Drake曰くニューアルバム『Certified Lover Boy』完成。そして8月5日にはカニエ・ウェスト『DONDA』アルバムリリース・パーティ開催予定。

7月31日(土)、ラジオ局SiriusXMに登場したドレイク(Drake)はこう云います。

Album’s cooked.
Certified Lover Boy on the way.
That’s for anyone in the way.

アルバムが完成した。
『Certified Lover Boy』がやってくる。
邪魔する連中どもよ、やってやる。

邪魔する連中ども(anyone in the way)というのは誰のことでしょうか。
1つ言えるのは、2018年にドレイクの息子についてディスラップをしたプッシャT(Pusha T)のことですが、そのプッシャTが所属するG.O.O.D. Musicレーベルは、カニエ・ウェストが創設したものでございます。

カニエ・ウェストは8月6日(金)に『DONDA』をリリース予定。
前日5日(木)には以下のとおり、アルバムリリース・パーティが開催される予定です。

(文責:Jun Nishihara)

久しぶりにアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)の名曲「Call Me」を。

当サイトでは、2018年にアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)への追悼の意味合いを込めて、アレサ・フランクリン特集をしました

そこで、久しぶりにソウルの女王(Queen of Soul)の名を持つアレサ・フランクリンの名曲「Call Me」を以下掲載しておきます。1970年及び1971年(つまりアレサ・フランクリンが28歳の頃)の映像です。

Aretha Franklin (LIVE 1970)

Aretha Franklin (Switzerland 1971)

Aretha Franklin “Call Me”

(キュレーティング:Jun Nishihara)