ザ・カーターズのニューアルバム『Everything Is Love」より,楽曲⑤対訳「713」。

EVERYTHING IS LOVE

[Intro: Dre]
Uh, uh, uh
This (uh, uh) is (uh, uh), ouu!

(イントロ:ドレー)
Uh, uh, uh
これ(uh, uh)は(uh, uh)アウゥ!

[Chorus: JAY-Z & Beyoncé]
Cash, hit deposit, 24-carat faucets
Louis V and Goyard trunks all in the closet
Ain’t shit change, the streets is still watchin’
And my little baby Blue is like, “Who gon’ stop us, huh?”
Ain’t no way to stop this love
Ain’t no space if everything is love
Representin’ for my hustlers all across the world (still)
Still dippin’ in my low-lows, girl! (still)
I put it down for the 713 and we still got love for the streets (ow!)

(サビ:ジェイZ&ビヨンセ)
現ナマを預金へ,24カラットの水道蛇口
クローゼットには,ルイ・ヴィトンとゴヤールの高級トランク
何も変わっちゃいない,“ストリートは今も目を光らせている”
娘のブルーに言われたぜ「誰にも止められないわ」
誰にもこの愛は止められない
全てが愛でできているなら,スキは無い
世界中のハスラーの代表として(変わらず)
それでもロウ・ロウ*(註)を身にまとって,ガール(変わらず)
713(ヒューストン)に懸けて,ストリートを変わらず愛してる(アゥ!)

[Verse 1: JAY-Z]
We played it cool at the pool of the Cancun, VMA
Confidence you exude make the fools stay away
Me, I played my room, let the fools have they say
Fate had me sittin’ next to you on the plane
And I knew straight away, uh
The next time we would speak was like two years away
You had a man, you shut it down until you two had a break
I bet that dude rued the day
You kept me up on the phone while you were away
You came back, I let you set the date, Nobu on the plate
I brought my dude to play it cool, my first foolish mistake

(ヴァース1:ジェイZ)
カンクンのプールサイド,VMA(MTVのミュージックビデオ賞)ではクールにキメた
君が醸し出す自信で,もう愚か者は近寄れない
やることやって,愚か者にもしゃべらせてやった
飛行機で君がとなりに座ったのは,運命のおかげ
あれは君だったって,俺はすぐに気づいてた,uh
その後,君と話したのは,その2年後だった
君には別の男がいた,そいつにうんざりしていた君は,その男とついに別れた
ヤツはその日を悔やんだだろう
僕ら遠距離でも電話し合って,二人でずっと話してたっけ
再会して,デートにさそって,NOBU(高級レストラン)でディナーして
そん時,俺は自分のダチも連れてきた,クールにキメようと思って,でもかえってそれが仇になった

[Chorus: JAY-Z & Beyoncé]
Cash, hit deposit, 24-carat faucets
Louis V and Goyard trunks all in the closet
Ain’t shit change, the streets is still watchin’
And my little baby Blue is like “Who gon’ stop us, huh?”
Ain’t no way to stop this love
Ain’t no space if everything is love
I’m representin’ for my hustlers all across the world (still)
Still dippin’ in my low-lows, girl! (still), I put it down for the 713
And we still got love for the streets (ow!)

(サビ:ジェイZ&ビヨンセ)
現ナマを預金へ,24カラットの水道蛇口
クローゼットには,ルイ・ヴィトンとゴヤールの高級トランク
何も変わっちゃいない,“ストリートは今も目を光らせている”
娘のブルーに言われたぜ「誰にも止められないわ」
誰にもこの愛は止められない
全てが愛でできているなら,スキは無い
世界中のハスラーの代表として(変わらず)
それでもロウ・ロウ*(註)を身にまとって,ガール(変わらず)
713(ヒューストン)に懸けて,ストリートを変わらず愛してる(アゥ!)

[Verse 2: JAY-Z]
I never knew a lo-, lo-, lo-, love like this
Gotta be special for me to write this
Queen, I ain’t mean no disrespect
But the way I network, it’s hard for me to connect
My first time in the ocean went exactly as you’d expect
Meanwhile you goin’ hard, jumpin’ off the top deck
A leap of faith, I knew I was up next
I never told you, but I told a few people we wed
Me, I’m off to Rome, you goin’ back home instead
My first time in my life a live nigga felt dead
You came back, I had to act like it was cool in my head
Thoughts of jumpin’ the broom, a player never been swept

(ヴァース2:ジェイZ)
こんなラ,ラ,ラ,LOVEは初めてだ
特別なモノに違いない,こうして書いてんだから
クイーンへ,ディスってるワケじゃないけれど
時に仕事に追われて,君のことそっちのけになることさえある
初めて南の島へ二人で旅行した時,期待どおりだった
おもいっきり楽しんだ,君は船のデッキから海へ飛び込んだり
「全てを懸けて飛び込んだ」,次は俺の番だった
君には内緒で,俺は決心していた,「結婚決めた」って,仲間にも言った
俺は仕事でローマへ,君は故郷ヒューストンへ戻った時,離ればなれになって
人生で初めて,あれだけイキッてた俺は生気を失ったようになった
やがて二人は一緒になって,まるで今まで「なんてことなかった」かのように君の前で振る舞った
君との結婚に踏み切った時も,プレイヤーの俺はいつだって冷静に振る舞った

[Chorus: JAY-Z & Beyoncé]
Cash, hit deposit, 24-carat faucets
Louis V and Goyard trunks all in the closet
Ain’t shit change, the streets is still watchin’
And my little baby Blue is like “Who gon’ stop us, huh?”
I’m representin’ for my hustlers all across the world (still)
Still dippin’ in my low-lows, girl! (still), I put it down for the 713
And we still got love for the streets (ow!)

(サビ:ジェイZ&ビヨンセ)
現ナマを預金へ,24カラットの水道蛇口
クローゼットには,ルイ・ヴィトンとゴヤールの高級トランク
何も変わっちゃいない,“ストリートは今も目を光らせている”
娘のブルーに言われたぜ「誰にも止められないわ」
誰にもこの愛は止められない
全てが愛でできているなら,スキは無い
世界中のハスラーの代表として(変わらず)
それでもロウ・ロウ*(註)を身にまとって,ガール(変わらず)
713(ヒューストン)に懸けて,ストリートを変わらず愛してる(アゥ!)

[Outro: JAY-Z]
To all the good girls that love hustlers
To the mothers that put up with us
To all the babies that suffered ’cause us
We only know love because of ya
America is a motherfucka to us, lock us up, shoot us
Shoot our self-esteem down, we don’t deserve true love
Black queen, you rescued us, you rescued us, rescued us

(アウトロ:ジェイZ)
ハスラー男子好きの,女子たちへ
俺たちのような男を育ててくれた母たちへ
俺たちのせいで苦しんできた子供たちへ
君たちのおかげで,俺は愛を知ることができた
糞食らえのアメリカだけどよ,ムショにぶち込まれたり,銃で撃たれたり
自尊心を踏みつぶされて,まるで真の愛に値しないかのように
だけど「ブラック・クイーン」,あなたがそんな俺らを救ってくれた
あなたがそんな俺たちを救ってくれた,あなたが俺らを救ってくれた

*註釈:このサビはDr. Dre feat. Snoop Doggの名曲「Still D.R.E.」より。それをジェイZではなく,ビヨンセがラップしている凄まじき事実はさて置き,Dr. Dreが言う「ロウ・ロウ」とはウェッサイの象徴でもある「ロウライダー」を意味していた。しかしこうしてビヨンセがラップすることにより,「ロウ・ロウ」に新たな意味が加わり,それは時にビヨンセ自身も愛用する「マノロ・ブラニクの高級デザイナー靴」を意味することとなった。(米語でManolo Blahnikの発音は,“lo”に第2アクセントが置かれるだけでなく「ロー」ではなく「ロウ」と発音されるためである。)ロウライダー(車輪)にしても,このように高級デザイナーのヒール(両足)にしても,それはどちらも「前に進む」という隠れた意味を持たせている。さらに凄いのは,おおもとのDr. Dreのこのヴァースは,ジェイZが書いていたという事実である。ジェイZが書き,Dr. Dreがラップをしていたので,こうして17年の時を経て当楽曲に起用されたのは,時空を経た逆輸入とも言える。

(文責:Jun Nishihara)