第9位「ドレイクの“God’s Plan”という100万ドル(=約1億円)の予算をかけて製作したミュージックビデオ」(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング)

今年も残すところあと10日を切りました。

2018年総まとめヒップホップ曲ランキング《トップ30》です。
本日はいよいよ第9位の発表です。
トップ30からカウントダウンしてきたこのランキングですが,いよいよ昨日第10位を発表し,カウントダウンもあと少し,となってきました。

第9位:ドレイク(Drake)のシングル曲「God’s Plan」のミュージックビデオ。

上記ビデオを撮影するのにかけた予算はなんと,米貨$996,631.90ドル。ほぼ100万ドル(日本円で約1億円)です。ミュージックビデオ1つで,土地と家が1つずつ買えてしまう,という驚愕のビデオです。

このDrakeの曲は,今年の夏は「俺のもんだ」と予言するかのように「ひとまずの導火線」として発火した1曲でした。この「God’s Plan」のヒットを筆頭に,まさに「神が仕掛けた企て」のごとく,これに続くドレイクの曲は,次から次へとヒットの連続でした。この曲は1月19日にリリースされましたが,まさに今年1月から,アルバム『Scorpion』がリリースされた今年の夏を経て,そして,同アルバムからシングルカットされた曲の連続ヒットまで,今年のドレイクの勢いは12月になった今でも止まりません。「今年はドレイクのもんだ」というのはドレイクの予言ではなく,まさに神の予言のように,的中しました。

この曲の歌詞の中で特筆すべきは,ドレイクの謙虚さです。この曲でドレイクは繰り返し,次のセリフを曲の要所要所でリピートしています。

I can’t do this on my own.
(じぶん一人じゃ,できないことなのさ。)

それではこのミュージックビデオ中の3:14~3:20部分の生徒たちみんなで大合唱する歌詞部分を,これを読んでくださっている皆さんも一緒に合唱できるよう,歌詞と歌詞の意味内容をここで確認しておきましょう。

She said, “Do you love me?”
I tell her, “Only partly”
I only love my bed and my mama, I’m sorry

カノジョに聞かれた「あたしのこと愛してる?」って
俺は答えた「ちょっとだけな」
「ほんとに愛してるのは,おふくろと自分のベッドだけなんだ,ごめんな」

さて,もう一度上記ミュージックビデオを3:14の部分に合わせて,皆さんも一緒に大合唱に加わってみましょう。

せーの!

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements