第19位「リル・ウェインの”Uproar”という今ハヤりの超ダンサブルな曲」。(今年2018年に出た最も偉大なるヒップホップ曲ランキング)

2018年総まとめヒップホップ曲ランキング《トップ30》です。

本日は第19位の発表です。

第19位:リル・ウェイン feat. スウィズ・ビーツのシングル曲「Uproar」です。

この曲を語るには,いくつか切り口があります。

まず1つ目は,上記ミュージックビデオに出演して猿暴れしているシギー(Shiggy)です。彼はドレイクの”In My Feelings”(あの「キーキー,Do you love me?ってやつです)の曲がシングルカットされる以前からインスタ上に自分のダンスを載せていました。そして彼のそのダンスがきっかけとなって,それを真似してインスタに載せる若者たちが全国に増えていきました。そうして始まったのが,「シギー・チャレンジ(Shiggy Challenge)」でした。これは一種のインスタ現象として今年イチ話題になりました。米国はもちろんのこと,海外のあらゆるTV曲でも報じられました。リル・ウェインはドレイクの師匠として,そして”In My Feelings”と同じく超ダンサブルな曲として,この「Uproar」は《第2のShiggy曲》と呼ばれるに至りました。

そして2つ目。このビートをプロデュースしたスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)の存在です。彼は昨年2月にヒップホップ界超ベテランのビートメイカー=Just BlazeとYouTube上で「ビート対決」しました。それが発端となり,スウィズ・ビーツはあらゆる場面で他のビートメイカーと対決するという機会を設けてきました。

まずは,全ての発端となったおおもとのビート対決(Swizz Beatz vs. Just Blaze)を観てみましょう。2時間以上ある大作です。

そして,マドンナやジャスティン・ティンバーレイク,ミッシー・エリオットやジェイZのビートベイカーとして活躍しているヒップホップ界最も偉大なるビート・プロデューサーであるティンバランド(Timbaland)ともビート対決しました。その映像が以下のとおりです。

(Swizz Beatz vs. Timbaland)

そのスウィズ・ビーツがリル・ウェインの超ダンサブルな曲でビートを作っているという事実も,この曲が「売れる」理由の一つとなっています。昔からThe L.O.X.やRuff Ryders(ラフ・ライダーズ)を聴いてきたゴッテゴテのヒップホップ・ヘッズたちにはたまらん曲ですね。90年代や2000年代初期に大活躍したスウィズ・ビーツが今爆発的に流行るポテンシャルを秘めているこんな偉大なる曲をプロデュースしたというのは,偉大なる事実です。

ビートメイカーといえば,単に「ビートを作って,そのビートをラッパーに提供している人」というように聞こえますが,スウィズ・ビーツも,ジャスト・ブレイズも,ティンバランドも,楽曲全体をプロデュースしているビート・プロデューサーと呼べるでしょう。

さてこの楽曲「Uproar」を語る上でたいせつな3つ目の切り口は,元ネタの曲を知るということです。

この曲には元ネタとなっている曲があり,それが2001年リリースのG.Dep feat. P. Diddyのシングル曲「Special Delivery」です。これはパフ・ダディ改めパフィー改めP.ディディ改めディディのレーベルBad Boy Entertainment(バッド・ボーイ・エンターテインメント)全盛期2000年代初期に流行った曲です。

リル・ウェインのこの曲だけでこれだけ語られるのですが,それだけ今年第19位にはもってこいの曲と呼ぶことができるでしょう。

(文責:Jun Nishihara)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s